ゆきももこの猫夢日記

ある餌やりボラさんの嘆き

餌やりボラさんは、たくさんの子をみているので、保護ボラさんよりも割り切って猫の世話をしないといけません。
外の猫の世話の過酷さを知らない保護ボラさんは、時にそんな餌やりボラさんを非難しがちですが、それぞれの事情を考える思いやりを忘れないで欲しいものです。


ーある餌やりボラさんからのメールー

何か誤解をされてしまいますが私たちだって… 今まで関わってきた猫に対して…どうしても外に馴染めない子たちやなんかは里親さんを探します。
それでも 見つからない場合は多額の費用を払い病院に預け里親さんを見つけます。知り合いのシェルター持ってる人も皆手一杯で預かれません。
仲間にしろ私にしろ餌場が何ヵ所もあり…そこには…それぞれ数十匹居ます。皆、元は飼い猫ですよ…。
手術費用だって今までは自腹でやってきました。
助成金が出るようになったのだって最近です。
某所の猫20匹去年手術しました。餌だけやってる人に相談されて視察にいきましたが…最初一組の親子だけと聞いていましたが案の定沢山居ましたよ…五組の親子が…。
そして自治会長たちと話し合いを持ち手術の重要性、それに伴う近隣の苦情等々…そして事前にいくらいくらかかるので寄付を集めてくださいませんかといっても最初は協力するふりしてのらりくらり…。
待ってらんないので…皆が各々何万かの自腹きって
それでも足りないので私たちの会で集めてた貯金をおろし 貯金が0になりましたよ… 何だか…私たち… ただ手術やったら里親も探さずに… 冷たく思われてるようですが
私は3つのバイトを掛け持ちし…何ヵ所かの餌場を毎日まわり…
その中で…
出来る限りの事をやってるつもりなんですよ。
私の仲間は、年間計算したら去年だけでも80万使ったそうです。私はアバウトな性格なので計算はしません… 仲間ほどではないですが多分、餌代から医療費で毎月諭吉殿が数枚、飛んでいきます。
ゆきももこさんも同じだと思います。
私達はけして餌だけボランティアではないのです…猫に命かけてます。
私たちも仲間も 保護して里親さんを見つけてあげたいのです。
でもシェルターもないな中で… いつも何十匹かの猫たちを どうやって保護するのですか。
結局もとの場所に戻して餌だけやるしかないじゃないですか。
私たちも辛いのです。。。




こんな思いをしなくて良い世の中になるために、繁殖制限、遺棄防止、安易な飼育の阻止、を私はこれからも呼びかけます。

***********************

e0144012_22134477.jpg

■ 多頭崩壊現場の猫達の里親さん急募 ■

皆さまリンクや宣伝よろしくお願いします!!

◆特に読んで欲しい日記◆

ねこひと会
里親募集中の子達
一時預かり、搬送協力急募です!
<< そんなの「愛護」じゃないでしょ? 遺棄された子達、新たに保護 >>