ゆきももこの猫夢日記

ボランティアと動物病院

「猫ボラとお金」という日記を書きましたが、今日は番外編です。

猫ボラにとって、協力してくれる動物病院はとてもとても大事です。
けれど、意外と協力してくれる病院は少ないんです。

まず、野良お断りという病院。
これはもう私達にとっては問題外なんですが、けっこうあります。
里親探しのポスターさえ貼ってくれない。
けっこうあります。

それから野良オッケー、と言っても、料金はボラ対応してもらえない病院もあります。

TNRの捕獲は、相談者が出す場合もありますが、出してもらえない場合も多く、女の子1匹5000~10000円前後がボラ価格。
一般料金だと2~3万円。
かなり違います。

助成金が出る区もあれば出ない区もあります。
出ても、融通の利かないシステムになっていて使いにくかったり(事前に必ず申し込みが必要だったり期限がついていたりなど)
助成金が使える病院も限られていて、使えても元の料金が高かったり。

捕獲だけでなく保護すれば、里親さんに出すまでにボラ価格でも1匹5000~30000円。
病気や保護が長引けばもっともっともっと。

年に数匹くらいに活動を抑えれば何とか普通料金でもやっていけるかもしれませんが、そうもいきません。

野良オッケー、料金もボラ対応オッケー、
と言っても、

言いにくいけど、腕がイマイチな場合もあります。



相談などでTNR捕獲をする場合の現場は、数も多く、しかも妊娠していて早くしないといけない子がいっぱい・・・というケースがほとんどです。
もっと早く相談すれば良いものを、たいていギリギリになって言ってくることが多いから。。。
そういう時、できるだけ一度に済むように多く獲ります。
残りの子達は、先に獲った子達が病院にいる間に捕獲したほうがやりやすいので、連日で捕獲を行ったりします。

そうなると、一度に多数匹の手術を引き受けてくれる病院が必要です。
野良オッケー、ボラ価格で腕も良い、でも、普通の小さな町医では、無理して頼んでも3~4匹まで。
特に捕獲のシーズンはどの病院もいっぱいなので、普通は2匹以上頼むのは遠慮してしまいます。
それでもどうしても3匹、4匹と無理にお願いして、先生が診療時間が終わった後まで手術をしてもらって何とかなっているという状態。


車のあるボラなら、少し遠くても、対応してくれる病院に運んだりできますが、それも連日だと遠くは身体的にキツイ・・・。
仕方なく、少し高くても腕が確かで近くの病院に行くしかない時もあるんです。
もったいないけど、体力と時間のほうが大事なんですよね。

車を持っていないボラは、自転車や電車で通いやすい場所でないと困ります。
車がないと、一斉捕獲した時は仕方ないので自転車で複数の病院に2匹ずつとかに分けて搬送します。
一斉捕獲の時はそんな風にして、同じ日に複数の病院への搬送を行ったりきたりするわけですが
空の捕獲器を抱えて電車やバスに乗るのはけっこう辛いです。
猫入り捕獲器を自転車で二個運ぶのも、けっこう辛いです。
猫も、電車や自転車でガタガタと運ばれるのは可哀想・・・。

だから搬送さんをあちこち手配して頼んだり、見つからなければタクシーを使う人もいます。
タクシーだと、捕獲の日の行き帰り、リリースの日の行き帰りで2往復もタクシーを使うことになります。
年配のボラさんなんかでは搬送さんを探す術もないので、もっぱらタクシー。
先日の現場のボラさんは、まさにこうしていました。



野良猫のTNR・保護活動は動物病院の協力なしにはできません。
特に車がないと、いえ、あっても、時間や体力、お金、技術、いろいろなことを考えると、行ける病院が限られてしまうんです。




また、ボラ対応してくれる病院が、ボラの活動を理解してくれているとは限りません。

うちの先生は、無理も聞いてくれるし何でも気兼ねなく相談できるし、本当に感謝してるんですが、私にこんな事言うんですよ。

「一度堕胎手術を見たら良い。自分がどんな(酷い)事をやっているかわかるよ。」

それってあんまりな言葉だと思いませんか?ーー;
私も言われっ放しではなく、「言う相手が違うだろ!」って言い返しますが。

また、別の先生は、手術の傷の経過を数日見てからでないと退院はだめと言います。
それは普通ならとってもありがたいし安心なんですが、一斉捕獲でリリースも同じ日にする場合は使えません。。。

また、別の先生は耳カットをしてくれません。
どうしてですか?また捕まってお腹を開けられる子もけっこういるんですよ?と訊ねると、その先生はこう言います。

「人間のエゴで不自然な傷をつけられない。お腹を開けないとわからない?そんな医者に連れて行かなければ良い!」

不自然な、って・・・不妊手術自体そうじゃないですか。。。
そんな医者に連れて行かなければ良い!って言われても、上に書いたようにえり好みする余裕はボランティアにはありません。
それに、野良猫の不妊手術をしようと思う人がすべてベテランのボラとは限りませんし、色んな獣医を知っているわけではありません。
引っ越してきたばかりの人が太った猫を見て慌てて捕獲することだってあるんです。


そういう現実を、自分が経験していないからと言って拒絶と非難。

こんな風に、協力してくれる獣医さんでさえ、野良猫問題もボランティアの活動も、全然理解してくれてなかったりするんですよね。


ボランティアに協力したいと手をあげてくれる先生も時々いるから今後は増えてくるかもしれません。

でもまだまだ少ないですね。。。

正直、ボラに協力する先生達は、かなりしんどいだろうと思いますしね.


結局、獣医もボラも人手と時間とお金の問題なんですよね。
善意の先生ばかりが負担を背負うという点は、ボランティアと同じ。。。



*******************************

       皆さまリンクや宣伝よろしくお願いします!!     
       ■ 多頭崩壊現場の猫達の里親さん急募 ■
e0144012_22134477.jpg


◆特に読んで欲しい日記◆

ねこひと会
里親募集中の子達
一時預かり、搬送協力急募です!

にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ にほんブログ村 猫ブログ 猫 里親募集へ
<< スノードロップちゃん。スノーフ... ノムちゃん受診 >>