ゆきももこの猫夢日記

期限付きの呼びかけがいけない理由

センター等施設に収容されている子は可哀想ですよね。心配ですよね。
どの子も何とか助かって欲しいですね。
私も気持ちは同じですよ。

でも、「××までに処分される子がいます!どなたか助けてください!」というような呼びかけは感心しません。
いったい、発言者はどこまでの責任を持たれる覚悟なんでしょう?
ただ可哀想な子がいるから誰か助けて!だけでは、丸投げと同じです。

それに、こういう表現は、少なくとも私にとっては脅迫です。
私のように感じる人がこれを見て、たまらなくなって無理して引き取り大変な苦労をしても、それはその人の勝手ですか?
(本当はもちろんその人の勝手、自己責任ですよね。
私が引き受ける時には私が決めたことだと思って引き受けますけどね)

けどね、・・・そう仕向けた人の責任というのは本人も自覚していただかないと。。。
「私は助けたいから呼びかけただけ。それが何が悪い?」と言う人が大変多いですが・・・。

ボランティアが呼びかける場合、引き出し前でも本当に緊急の一時預かりが欲しい場合等で、その先はボランティアが責任を持つのが前提になっています。(の、はずです。)

もし、一般の人がそういう呼びかけをするなら、施設からの引き出しについて、里親さんへの引渡しについて、動物の状態の把握(健康状態、しつけ等)など、自分でできるようになってからですね。

ちゃんとしたサイトで未保護動物や期限付きの掲載を禁止にしているのはそういう理由だと思います。


特にこれからボランティアをするつもりの方は、気をつけて欲しいと思います。

*******************************

       皆さまリンクや宣伝よろしくお願いします!!     
       ■ 多頭崩壊現場の猫達の里親さん急募 ■
e0144012_22134477.jpg


◆特に読んで欲しい日記◆

ねこひと会
里親募集中の子達
一時預かり、搬送協力急募です!

にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ にほんブログ村 猫ブログ 猫 里親募集へ
<< やっぱり現場の確認は大事 つくしの嫌がらせ >>