~ゆきももこの活動日記 - 里親さん募集中 - ねこひと会

by yukimomoko

いなくなったら探してあげて!

昨日の電話での問いあわせ。

3ヶ月から飼っていた猫がいなくなったので次を飼いたいと。

聞いたら、いなくなってまだ3週間だというのです。

しばらく窓を開けて帰ってくるのを待っていたそうですが、ポスターもろくに貼らず、警察、センター等への問い合わせもまだ。

♂、去勢済み、月齢まだ8ヶ月くらいで人馴れしていた室内飼いの子。

帰ってこないんじゃなくて、帰りたいのに帰れないんですよ!
たった3週間で次の子なんて・・・その子が可哀想!探してあげてください!

と言うと、「わかりました。」と。。。



この方に限らず、飼い猫がいなくなっても、「そのうち帰ってくるだろう。」と熱心に探さず、帰ってこないと「自分で出て行ったのだから仕方ない(外が好きなのだろう)」と諦めてしまう方がけっこう多いようです。
また、探したいけどどうやって探したら良いかわからない人も。

猫にもよりますが、去勢不妊手術をしていて、人に懐いている猫は、脱走してもたいてい2~3日以内に帰ってきます。
帰ってこない場合、帰りたくないから帰ってこないのではありません。
まして、完全室内飼いで育てた子は、自分で外に出ても、怖くて隠れています。
たいてい、家から離れずすぐ近くにいるものです。
帰りたいけど帰れない何かがあるか、帰ってきても気がついてあげられないかです。

それでも、探してあげないと、日が経つにつれどんどん移動していく可能性は高くなります。


☆猫がいなくなったら☆

1.時間を問わず名前を呼ぶ。
  答えなくても聞こえているはずです。
  家から離れないよう、声を聞かせて安心させてください。

2.家周囲に、トイレの砂や餌を置く。
  覚えのある匂いを撒いて、安心させてください。
お腹が空いて移動しないよう、置き餌をしてください。
餌が減らなくても諦めないで続けてください。

3.迷子のポスターをいなくなった場所を中心に貼ってください。
  できれば写真を入れて、連絡先、いなくなった場所、日時、猫の特徴を。
  ペットショップや動物病院にも。
  どの町にも必ず猫に餌をあげている方がいます。
  迷った猫は餌場に行き着くことが多いのです。
  最初の何日かは隠れていても、そのうち餌やりさんが気がついてくれます。

4.犬のお散歩の人にも声をかけてみてください。
  隠れて出られなくなった猫を、犬が見つけてくれる事例がたくさんあります。

5.警察、保健所、愛護センターへ問い合わせてください。
  保護され、善意で届けられている可能性がありますが、飼い主の名乗りでがないと、数日で殺処分されてしまいます

6.最悪の場合を考え、区の清掃課に事故死猫の収容がなかったか問い合わせてください。
  区によって、動物死体の引き取りは、清掃課だけでなく複数の課や下請け業者に委託して行っている場合があります。
  また、休日は下請け業者に一任していて、区は把握していないこともあります。
  問い合わせ時によく確認し、一度だけでなく何度か問い合わせしてください。   
  遺体が首輪を付けていても確認され、飼い主に連絡が来るとは限りません。
  また、記録や申し送りもきちんといしていない場合がほとんど
なので、問い合わせは何度かしてください。

7.ペット探偵という業者もいます。(ぼったくりも多いので注意。)
  新聞に折り込みチラシを入れるという手もあります。
  ネットの迷子情報に投稿して見つかった例もまれにあります。


帰りたいよ~。お腹空いたよ…おうちはどこ?…パパ、ママ、どこ?

猫は迎えに来てくれるのを待っているかもしれません。

迷子の子を捜してあげるのは飼い主の義務です。
どうか諦めないで探す努力をしてあげてください!


*******************************

       皆さまリンクや宣伝よろしくお願いします!!     
       ■ 多頭崩壊現場の猫達の里親さん急募 ■
e0144012_22134477.jpg


◆特に読んで欲しい日記◆

ねこひと会
里親募集中の子達
一時預かり、搬送協力急募です!

にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ にほんブログ村 猫ブログ 猫 里親募集へ
by yukimomoko | 2010-03-23 23:55 | 猫活動・日本の愛護事情