保護猫訃報


ねこひと会では、6~8月にかけて保護猫が相次いで亡くなりました。

先日センターから引き出した、4ヶ月齢の3子猫のうち、膿胸だったコタ君が、19日、治療の甲斐なく亡くなりました。
この子達は飼い主の持込です。
センターに持ち込むくらいならなんで産ませるんでしょう。
近親交配が何度も続くからでしょうか。
飼育放棄の子猫は身体が弱い気がします。
病気がわかっていたら譲渡対象にならずに処分されていたかもしれなかったコタ君。
結局亡くなりましたが、ガスで非情に殺されるよりは、少しは幸せに亡くなったのだと思いたい。
詳細はマリアさんのブログをご覧ください。
http://nekohitomaria.blog109.fc2.com/blog-entry-36.html





深夜にマリアさんが保護した、怪我をしていたボン君が23日早朝亡くなりました。
当初は両足切断と言われたけれど、片足だけで何とかなりそうだと言われ、その手術もがんばって耐えたのですが、体力が持たなかったのか。。。残念です。。。

保護した夜のボンちゃんしか会ってないけれど、可愛い良い子だったのに…AD缶をシリンジであげるとちゃんとぺちゃぺちゃと食べてくれたのに…。

もう少し早く治療していれば助かったのでは?
あの夜に夜間病院に行けば助かったのか?

今となっては悔いだけが残ります。

詳しくはマリアさんのブログを…。
http://nekohitomaria.blog109.fc2.com/blog-entry-39.html





この日記の目の悪い子。
http://yukimomoko.exblog.jp/12852273

ねこひと会の保護猫ではないけれど、捕獲の現場で保護して入院させていたこの子も、Mさんがおうちで介護して、先日亡くなりました。
目の腫れていたのは、結局悪性腫瘍で、かなり末期だったらしいです。




癌と言えば、やはりマリアさんが保護していたマルちゃんも、顔が悪性腫瘍で崩れていて、ぽたぽたと血を垂らすくらい酷かったのですが、
マリアさんができるだけ自由に暮らせるようにしてくれて、最期はマリアさんに見守られて静かに息を引き取りました。
これはもう、2ヶ月も前になります。

http://nekohitomaria.blog109.fc2.com/blog-entry-19.html



8月になってからあっという間に時間が過ぎていきます。
もうすぐに秋。
今年も4ヶ月しか残っていないけれど、あとどれだけ保護猫がきて、どれだけ看取ったり介護したりしなければいけないのか。
考えただけで気が重いですが、立派に亡くなっていく猫達のことを思うと、凹んでいられません。
これからもくじけずがんばります。


・・・・・・・・・・

こういう日記の後にカンパのお願いするのは気が引けるのですが、現実問題、保護活動というのはお金もフードもかなりかかかります。
大変申し訳ありませんが、余裕のある時に少しずつでもかまいませんので、ご支援をお願いいたします。
カンパの振込先、物資の送付先はこちら↓
http://nekohito.org/donation.html

収支報告はまだ途中ですが、こちら↓
http://nekohito.org/action.html


↓一日一ポチの応援もよろしくお願いします!
にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ にほんブログ村 猫ブログ 猫 里親募集へ


*******************************

リンクのご協力お願いします!

   ◆◆◆SOS!世田谷区連続猫虐待事件!◆◆◆
e0144012_5262467.gif


    
◆◆◆
◆特に読んで欲しい日記◆

ねこひと会
里親募集中の子達
一時預かり、搬送協力急募です!

にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ にほんブログ村 猫ブログ 猫 里親募集へ

by yukimomoko | 2010-08-24 12:25 | 猫活動・日本の愛護事情  

<< 先日の里親会と雑居時代子猫 変わり果てた・・・ >>