【よくあるTNRのケース】

先日からTNRを行っている現場ですが。

◆餌やりMさん…自称80歳のお婆さん(ただし60代だという近所の証言あり。見た目もつるてか肌)餌は置き餌。1日1回。その他気まぐれで餌を置いていく人が何人かいる模様。

◆相談者Hさん…餌やりもしていないし餌やりお婆さんとも赤の他人。餌やりさんにたまたま相談され、見るに見兼ねてTNRと保護をしたいと思い、ねこひと会に相談してきた。しっかり者で責任感もある若くて美人なお姉さん。

◆場所…住宅地と公園と道路の狭間。餌場は公園内と他人のアパート前。猫が屯うのは主に公園と住宅の間の道路。猫が巣喰っていそうなのは住宅が密集している奥2方面。(どちらも立ち入り不可能)


◆最初の相談内容…公園に母猫と子猫計7匹、お金は餌やりMさんが負担、保護する子は相談者Hさんが出すので捕獲と里親探しの協力をして欲しい。


◆お金のこと
手術しないで増やしてしまった餌やりというのは、年金暮らしのお年寄りや失職中の人が多く、それだからこそ手術も捕獲も自分でできなかったわけなんですが、自らボラに相談してくる人は、分割にしてでもちゃんと「払います」と言ってくれるものです。

それ以外で手術を怠ってきた餌やりというのは、要するに【ケチ】な場合が多いのだと思います。
このMさんもまさにそう。
Mさんは、Hさんに相談した時「お金は出す」と言ったのだけど、それ以降はお金の話になると目を逸らし話を変え、そそくさと帰っていくようになってしまいました。

私も優しく言ったり諭したり強く言ったり、色んな言い方をしてみたけれど、「無理無理!1000円だって無理!」「年金暮らしだから。お金は全然ないもん。」「あ~困った困った。」を繰り返すばかり。
「とにかくリリースの時に領収書を持ってきますからね。」と言うと、次の日から姿を見せなくなってしまいました。(4日後にカムバック。ただしお金の事は逃げる。)

相談者Hさんは、そこは責任感のある人で、「もちろんMさんが出さなくても私が出します!」と言ってくれてますが、内心はトホホ…といった感じでしょう。
お気の毒なので、できるだけ安い病院を紹介してあげたいと思います。

それにしたって、最初の数よりうんと多くなれば、すべてHさんに負担させるわけにもいかないので、結局ボランティアが負担することになります。 トホホ…。



◆猫の把握と捕獲の仕方の関係
猫の数は、「最初の話と違う!」というのはよくある事だけど、この現場も最初にリサーチした日に「別腹の子猫がいる!」とわかりました。

ただ、数がはっきりしないし、母猫も特定できない。
と言うか、母猫らしき猫が姿を見せもしない。

初日のリサーチ。
子猫達は5ヶ月以上の子が4匹。少し小さいのが3匹。
どれも手術しようと思えばできる大きさです。
5ヶ月の子は秋には発情しそうです。

けれど母猫はすでにお腹に入っているかもしれないので、やっぱりここは母猫優先で捕獲したいところ。

次の日のリサーチ。
私達が餌を出しても猫はなかなか集まらない。
餌やりMさんが来ると、自転車の音だけで猫が集まってくる。
こういう無責任な餌やりでも、捕獲作業の時にはいてもらわなくては困るという事です。
餌を出して集まってくる猫を数えて、そこの場所の猫の数や性別を把握します。

これがとても重要なのです。
なぜなら、把握することで捕獲の優先順位、捕獲の作戦が変わります。
把握しないまま行えば、気がつかないで捕りこぼす子が出てきます。
せっかく何日もかけ、何万もお金をかけてTNRしても、♀1匹でも気がつかないで捕りこぼせば、あっという間に元の木阿弥になります。
数を把握することで、確実に不妊手術ができるのです。

この場所も、餌付けリサーチ3日目で、あれあれ?数がまた違う気が・・・。
どうも2腹ではなく、少なくとも3腹、つまり母猫が3匹はいるようです。
e0144012_13234158.jpg
e0144012_13235411.jpg
e0144012_132455.jpg


こういうリサーチをせずに、ただ行き当たりばったりでTNRするというのも、まったく意味がないわけではありません。
少なくとも手術した分だけは、新たに生まれずに済むには済みます。
が、上記したように、取りこぼしがあれば結局2~3年でまた増えてしまいます。

また、地域の住民の方の協力と、TNR後の餌付けも重要です。
地域の方へは、活動への理解をお願いし、情報提供のご協力をお願いします。
餌付けは、単に猫を飢えさせないというためだけではなく、流れ猫や捨て猫の把握をして、迅速に不妊手術するためにも欠かせないものなのです。

この現場については数日も通ってどの日も3時間以上の作業。
空振りの日は2~4時間も張り込み。 一晩はお手伝いボラさんが徹夜。
ボランティアだからと言って決してさくさく捕獲をしているわけではないのです。

◆結局
土曜日までに、9匹捕獲し、6匹をリリース。
e0144012_14211629.jpg

3匹は里親募集ができるかどうか短期間だけHさんが保護中です。

残りの、サビは耳カットあり(手術済み)。
e0144012_1421511.jpg


黒白成猫(おそらく母猫)と黒子猫は別の餌場あり、白三毛はまた別の餌場あり(おそらく手術済み)、という予想。
近隣住民の方に呼びかけ、情報提供のお願いをして、いったん休憩です。

Mさんの餌やりは典型的な迷惑餌やりだし(置き餌するなと指導してもやめないーー;)

なんじゃこりゃー!!?な餌↓
e0144012_14225836.jpg


甚だ無責任でアテにならないので、代わりにHさんにしっかり餌付けしてもらい、黒白母猫とサバ白手袋だけは早めにTNRできるようにしたいと思っています。



↓一日一ポチよろしくお願いします^^
にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ にほんブログ村 猫ブログ 猫 里親募集へ


*******************************

リンクのご協力お願いします!

     ◆◆車上猫SOS・残された17匹!◆◆
e0144012_12513935.jpg


   ◆◆◆SOS!世田谷区連続猫虐待事件!◆◆◆
e0144012_5262467.gif


    
◆◆◆
◆特に読んで欲しい日記◆

ねこひと会
里親募集中の子達
一時預かり、搬送協力常に募集中です!

にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ にほんブログ村 猫ブログ 猫 里親募集へ

by yukimomoko | 2010-09-09 13:01 | 猫活動・日本の愛護事情  

<< 仮名まだ H公園の連日捕獲 >>