ボラ活動は忍耐の連続・・・①

以前のTNRでの出来事。

餌やりさんにこちらから声をかけてTNRしてもらう時の定番のやり方ですが、ちょっと失敗してしまった例です。


猫に餌をあげている女性がいたので声をかける。女性はAさんとする。

ゆ「こんにちは!猫ちゃん可愛いですね~。いいね~美味しいのもらってるの~。」

A「こんにちは。ホホホ…いえね、野良ちゃんなんだけどうちにも2匹猫がいるから餌だけでもと思って。」

自宅の横で餌をあげているが、その場所は厳密に言えばお隣さんの敷地。
おうちは小さな通りに面している。
猫は1匹、隣のガレージに住み着いているらしく、塾帰りの小学生達が通りすがりに車の下を覗いて「猫ー!」とか叫んでキャッキャ♪と行ってしまった。
猫は馴れていて子供達も見るのを楽しみにしているのだね。
Aさんが出てきたので、通りの向かいからもう1匹走って出てきたが、そちらは警戒しているのか、隠れてしまった。

ゆ「2匹いるんですね。」

A「ええ、そう。さっきのがお母さんでこっちは子供ね。子供は2匹いたんだけど1匹はどこ行ったんだか。」

ゆ「ああ、親子ですか~。」

A「そう!お母さんはこの子とそっくりよ!」

ゆ「じゃあどっちも黒白ちゃんですね!子猫は春生まれかな?」

A「そうそう。毎年産むんですよね。」

ゆ「このへんには他に猫はいますか?この前あっちでサビ猫見たんですが。」

A「サビ?知らないわ~。この辺ではここの2匹だけ。」

ゆ「大変ですね~。餌あげてて子猫が生まれるとご近所の目とか気を使うでしょ~。」

A「そうそうそうなの~。他にも餌あげてる人いるんだけどね!私だけじゃないんだけどね!」

ゆ「あ、そう~。他にも餌あげてる人いますよね。あの、こんな事言うと迷惑かもしれませんけど、手術とかってやりませんか?不妊手術。」

A「そうね~、やりたいのは山々だけど、捕まらないのよ。」

ゆ「え!?やりたい?ほんと~。いえね、お金のかかることだから強制はできないなって思ってちょっと遠慮したんですけどね!やる気ありますか~?」

A「ええ、やりたいわ~。」

ゆ「だったら私が捕まえて病院にも連れて行きますよ~。お金は普通の飼い猫だと女の子は2~3万かかったりするけど、助成金もあるし安くしてもらって1匹1万くらいでやれるから。。。」

A「え~?そうなの?助かるわ~。じゃあやってもらいたいわ~。」

ゆ「2匹で2万と消費税くらいね。出せますか?」

A「そりゃそれくらい出すわよ~。」

ゆ「わあ嬉しい~♪ ありがとうございます~♪」

A「でも捕まらないわよ?」

ゆ「大丈夫大丈夫。私は捕まえられるから。」

こんな感じで話をまとめて、あとは病院の予約が取れたら餌やりさんに伝えて捕獲日を決めるんですが、その時はちょうど4日後の水曜日に3匹分予約してキャンセルになっていたので、その日にしようと思い、火曜日の同じ時間に捕獲を行うことにした。

1匹はまだ若く、人馴れもしているので、里親探しをする気はないかと聞いてみたが、

A「うちは2匹いるから。。。奥さんのお宅では(保護と里親探し)してもらえないの?」

私ももちろん、里親探しのお手伝いはできるけど保護はできませんと答える。

ゆ「じゃあ、火曜日のこの時間に来ますね。 火曜日は餌はあげないで待たせておいてくださいね。お腹がいっぱいだと私も失敗しますから。」

と話す。

Aさんも
A「はいはい、火曜日ですね。じゃあよろしくお願いします。」と答える。

自転車で行けるし数も少ないし、楽な現場だな~と思ったんですが、これがあとで大変嫌な思いをすることになりました。

火曜日のその時間に行くと、まず目に入ったのはカリカリがてんこ盛りになっているお皿。。。

ゆ「(心の声)あ~あ、餌あげないでね、って言ったのにあげちゃってるよ。。。今日はだめかな?・・・」

Aさんのおうちのチャイムを鳴らそうと思った時に、人馴れしている子供のほうが出てきたので、一応捕獲器を仕掛けるとすんなり入ってくれました。

そこでAさん宅のチャイムをピンポーン♪

出てきたのは男性で、Aさんの息子さんでした。A´とします。

ゆ「(名刺を渡し)お母様はおいででないですか?猫の事、お聞きしていませんか?」

先に取れた子猫のほうを息子さんに見てもらいました。

A´「母は旅行に行ってます。猫は里親が見つかったって言ってたけど。。。」

ゆ「え!里親!? 違いますよ~。私は里親ではないですよ!里親探すかみたいなお話はしましたけど。手術をするために捕まえてあげますよ、という話をしたんですよ…困ったな、お金のかかる話ですから勘違いされていては困るんですが。。。お母さんとは連絡取れませんか?」

A´「お金がかかるんですか?」

ゆ「はい、♀1万弱ですね。どちらも女の子ですから2匹で2万ちょっとですね。高い病院だと3万くらい取られることもありますが、大田区は助成金もあるし、私が良心的な病院に連れて行きますから。」

手術した猫は耳カットして返すこと、ボランティアは労力の提供はするが、費用はできれば餌やりの人に出してもらいたいこと、Aさんに先日説明した話を、A´さんにも同じようにお話しました。

A´「ああ、耳カットね。」

ゆ「あ、耳カットについてご存知?」

A´「ええ、知っていますよ。よく聞きますよ。」

ゆ「あら~嬉しい♪」

というような会話もありました。

息子のほうは猫ボラの活動を多少なりとも知っている様子。
けれど、Aさんのほうはあれだけの会話をしたにも関わらずまったくの勘違いをしているようで、内心

「これではお金をもらえないかもな・・・。」

と思いました。

けれど、女の子一匹残しても仕方ないし、せっかく病院の予約もあるので、もし「お金は出さない」と言われてもしゃあないな、と思いつつ、息子・A´さんにはもう一度お母さんに確認してと伝えました。

A´「そうですか。わかりました。母には伝えておきますョ。」

ゆ「お願いしますネ!どちらにしても、メス猫は手術しないと増えてしまうので母猫のほうも捕りますね!」

A´「母猫捕れるかな~?」

ゆ「そうですね~。お母さんが餌をあげていってるからわからないけど。この子と似た黒白ちゃんですよね?」

A´「はい、そっくりですよ。」

ゆ「わかりました。じゃあもう少し粘ってみますよ。捕れなかったらまた来ますから。」

A´「そうですか。よろしくお願いします。」


息子さんが家に入ってから、30分ほどで母猫と思われる子がゲットできました。
もう一度声をかけようかと思ったけど、その日はもう一件、別の捕獲の時間が迫っていたので、もうAさん宅に声をかけないで、そのまま帰りました。

あ~、ここで声をかけておくべきだった・・・。
いや、たとえ声をかけていてもどうだったかな・・・?

さて一体このあとどうなったのでしょ~か?

続きは、長くなるのでまた別日記書きますね^^ゞ



↓一日一ポチよろしくお願いします^^
にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ にほんブログ村 猫ブログ 猫 里親募集へ


*******************************

リンクのご協力お願いします!

         ◆◆車上猫SOS・残された17匹!◆◆
e0144012_12513935.jpg


   ◆◆◆SOS!世田谷区連続猫虐待事件!◆◆◆
e0144012_5262467.gif


    
◆◆◆
◆特に読んで欲しい日記◆

ねこひと会
里親募集中の子達
一時預かり、搬送協力常に募集中です!


◆◆cat care housueでは、随時里親募集の子の面会可能です♪◆◆ 
             ♪♪毎週プチ里親会開催♪♪
e0144012_13203366.gif



にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ にほんブログ村 猫ブログ 猫 里親募集へ r

by yukimomoko | 2010-12-05 00:19 | 猫活動・日本の愛護事情  

<< オト吉一周年だって^^ フー、スー、チー、やっと触れる... >>