自家繁殖の子達と飼い主の事情・ちびちび達が亡くなった背景

昨年末から相談を受けてから、手入れをしている自家繁殖のおうちは、別に繁殖させようと思って増やしたわけではありません。
ただ、少しのんきで無知だったのです。

最初は、発情すれば部屋を分ければ良いや、程度の考えで乗り切ってきて、
それが、経済的な事情で狭いワンルームに引っ越すことになり、隔離ができなくなって、
その時はもう、手術しなければと思っても、お金がなかったのです。

そして、そうなった時に、どこへ相談したら良いか、ということも、すぐに思いつかなくて、やっと思いついたのがもう年末だったのです。

ぎりぎりセーフ、といったところでしょう。
もし年末に相談がなければ、今頃はまた成猫達は妊娠していたろうし、去年の夏以降生まれの子達も、間もなく妊娠していたでしょう。

その、お金がないという理由はここでは言えませんが、まあ、だらしなくて、とかそういった理由ではなく、同情すべき理由であるとだけ言っておきます。


この相談者さん達とは、この1ヵ月半、少ししか接していませんが、それなりに信頼関係はできています。
ただ、正直言えば多少いらいらすることもありました。

まず、こういう相談者さんは、切羽詰った時は泣きついてきて、咽喉元過ぎたらわがままを言ったり約束を反故にしたりといった事が往々にしてあります。
なので、最初に念書を交わして、猫は2匹まで減らすことと約束したのですが、不妊手術を済ませた事と、最初の2週間で、夏からの子猫達7匹のうち、6匹がパ~ッと里親さんが決まったことで、たぶん気持ちが少し楽になったのでしょう、猫を6匹は残したい、と言い出しました。

気持ちはわかるのですが、それは猫の幸せを考えて自分の欲望は諦めてください、私だって、何日も徹夜で育てた子を今までに何匹も里親さんに出してきたんですよ、とお話しました。
頭ではわかっているのでしょうが、気持ちの整理がなかなかつかないのでしょう。
成猫達は、子猫のようにすぐに里親が決まるわけではないので、ゆっくりと気持ちを整理してくださいとお話しました。

実際、こんな飛び入りの募集をすることで、私の保護猫達の募集は後回しになってしまうし、冬で、子猫が少ない時期は、本当なら大人の猫達に里親さんが決まるチャンスがあるのですが、この子達のおかげで、そのチャンスがそれだけ奪われてしまっているのです。
それなのに、そんなわがままを言われ、少しいらいらしてしまいました。

また、これもわからなくてもしょうがないのですが、私達ボラがこういう相談を受けた時の、身体的ダメージ。。。大変なものなのです。
通常通りの活動に加え、年末からお正月過ぎまで連日お見合いとお届け・・・本当にへろへろでした。

そういう事をまったくわかっていないので、たとえば、里親会の後で寄った時なんか、こちらは倒れそうなのに、空気が読めなくてのんびりとした会話をされて、疲れていたので少しいらいらしてしまいました。

また、お届けが決まったシャイクロちゃんを、お届け前にワクチンに連れて行かなくてはいけなかったのですが、私はもう、疲労困憊していて時間も厳しい。
それで、自分達で連れて行ってくれと伝えたところ、「行けない」と言うのです。

別に時間的に無理があるわけではないし、健康状態も、動物病院の受診くらい問題ないはずなのにと不審に思い、どうしてですか?と訊ねると「お金がない」と言うのです。
それを聞いた時は「住む家のある大人が5000円のお金もないと言うのですか?」と少し怒ってしまったのですが、「恥ずかしながら厳しいのです」と同じ答えが返ってきました。

考えたら、本当にお財布に何十円とか何百円とかしかない状態になってしまった人を、私も今まで何人か見ているし、そういう人は実際いるのですよね。

それで、仕方なくワクチンは、里親さん宅に移動してからしてもらうように、里親さんにお願いしました。
(実際は、ちびちび達のことで私が動けなくなってお届けが延期になったので、ワクチンはこちらでできました。)


それでも、かかった医療費は分割で必ず毎月払うと言ってくれているし、
思いがけずかかった今回のちびちび達の医療費は、クロチビちゃんの夜間病院だけで3万円強、そのほか入院費が数万円かかったのですが、それも払うと言ってくれています。

実は、ちびちび達の亡くなった原因は、カリシ感染による口内~舌炎で食事が取れなかったための衰弱死でほぼ間違いないのですが、そもそもそのウィルスは、もしかしたら私達ボランティアが立ち入った時に持ち込んだか、不妊手術&ワクチンで一斉受診した時に、病院で感染したか、の可能性がとても高いと私は思っています。(それまでワクチンもした事がなく病気知らずだったことと、潜伏期などから。)

大人の猫達にもカリシの軽い症状が出たし、里親さん宅に行った8月生まれの子猫達も、里親さん宅で体調を崩し、里親さんにとてもご苦労をおかけしてしまいました。
(10月生まれの黒5匹達は、ワクチンがうまく効いたのか、まったく症状が出ませんでした。)

ああいう、他からの侵入がほとんどなかったおうち、言わば無菌状態のような場所にレスキューに入る際は、もちろん、感染には気をつけなくてはとわかっていましたが、それでももう少し気を使わなければいけなかったのか・・・!と考えてしまいました。


しかも、クロチビちゃんがうちに来たあと、夜間病院に駆け込む事態になったのは、どうも私の与えたミルク・・・ノムちゃんを育てた【高栄養免疫サポート】という粉ミルクなのですが、これが固まりやすいという欠点があって、クロチビちゃんは咽喉の炎症で嚥下が悪かったせいで、それで、食道も気道も曲がってしまうほどの塊が溜まってしまったらしいのです。

そうなると、うちに来た直後に亡くなったクロチビ①ちゃんも、脱水でも低血糖でも誤嚥でもなく、もしかしたら窒息だったのか・・・?とも思いました。
今となってはそれもわからないことですが。。。




相談者さんには、すべてその通りの話を伝えています。
それでもかかった医療費全額を払うと言ってくれました。

ただ、第一回目の支払いを、少し待って欲しいと言われました。


私は、ちびちび達の医療費は、本当は要らない、もらうとしても半額でももらえたらそれで良いと思っていますが、相談者さんとの頼関係は、今後も壊さないように気をつけていく必要があると思います。

残りのちびちびを無事に里親さんに送り出し、成猫達もせめてあと4匹は里親さんを見つけてあげたいと思っています。





↓一日一ポチよろしくお願いします。
にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ にほんブログ村 猫ブログ 猫 里親募集へ


*******************************

リンクのご協力お願いします!

         ◆◆車上猫SOS・残された17匹!◆◆
e0144012_12513935.jpg


   ◆◆◆SOS!世田谷区連続猫虐待事件!◆◆◆
e0144012_5262467.gif


    
◆◆◆
◆特に読んで欲しい日記◆

ねこひと会
里親募集中の子達
一時預かり、搬送協力常に募集中です!


◆◆cat care housueでは、随時里親募集の子の面会可能です♪◆◆ 
             ♪♪毎週プチ里親会開催♪♪
e0144012_13203366.gif



にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ にほんブログ村 猫ブログ 猫 里親募集へ r

by yukimomoko | 2011-02-05 12:55 | 終了【2010.自家繁殖子猫達】  

<< 昨日の代理お見合いクリクリ スーチーお届けT▽T >>