ゆきももこの猫夢日記

ハードでした(泣)

e0144012_2059174.jpg
e0144012_20591280.jpg
e0144012_20592469.jpg
e0144012_20593764.jpg
e0144012_20594717.jpg


3日に引き続き、南相馬から10日の深夜、追加で猫26、犬6がきました。

このレスキューは、実働部隊は主にアニマルフレンドシップさん、人猫共生会議さん、その他ちばわんさんや捨て猫防止会のボラさんもレスキュー部隊に参加してくださっています。 初陣にはねこひと会マリアさんも行きましたが、第2陣には参加していません。

ねこひと会は、保護動物の飼い主さん問い合わせ窓口と、一時預かりさん探しなどの担当。


10日は、その預かり場所や搬送さん探しで一日中℡とメールのし続けで、11日は、マリアさんに同行して、都外の動物病院に全頭連れて行き、ここ数日ゴハンもろくに食べれてないしお風呂なんかもちろん、着替えすらしてないです。

11日連れて行った病院では、健康上問題ない子はその日のうちにみんな不妊手術してもらいました。

ハードでした。。。
私はボラ歴8年目?くらいですが、まだまだ甘ちゃんだなとつくづく思いました。
何しろたくさん一度に持ち込んだので、場所がなく、まるでセンターの収容場所のようなコンクリの広い檻、3つあるのですが、1つには重症の猫がケージのまま点滴入れられていて、1つには、フリーにしている犬。1つの檻と、狭い通路いっぱいに、猫が入ったままの捕獲器を並べられました。

何しろたくさんなので間違いがあってはいけないので、捕獲したその場で、捕獲器にどこで保護したかの管理のための番号、スクリーニングを受けてからの放射線の被爆線量、その他情報を書いたガムテが貼られていました。
そこへ先生が一匹一匹捕獲器の外から前麻酔の注射。
猫がクタッとなった隙に、その管理番号札を書いたガムテを貼って、先生が手術へ連れて行く(手で)、捕獲器が空いた隙に私達は捕獲器の掃除。
捕まえられたままだったから中は糞尿まみれの新聞紙がずたずた状態。
全部きれいにしたら檻の掃除。掃除と言っても時間がないから超大雑把ですがそれでも大変だった。。。

すごい数をどんどんそうやっているうちに、手術した子がもう済んで、また先生が手でそのまま抱いて「はいはい、どいてどいて~!」と帰ってくる、それを今度は別の場所の床に寝かせて、気つけの注射を先生が順番でして、まだクテッとなっている猫を私達が順番にケージに戻す、戻す前に管理番号札付きの首輪をつけてあげて、ついでに爪も切りました。
本当はその時写真を1匹ずつ撮らなければいけなかったのですが、私達3人の手伝いボラだけでは写真を撮る時間も余裕もとてもありませんでした。

搬送中からハァハァ言っていた子が病院に着く前に1匹亡くなり、もう1匹も病院について色々やってもらったけれど、残念ながら亡くなってしまいました。
被災地ではかなり衰弱していたので本当は捕獲後すぐに病院に行けば助かったかもしれませんが、もちろん病院などなく、急ぎ東京に戻って朝イチでの受診が精一杯のことです。それはもう仕方ないよ、と先生は慰めてくれましたが、現場まで行って保護し、東京まで運んでくれたアニマルフレンドシップさんは泣きまくっていました。
こればっかりはいくら慰められても、泣けてしまいます。

犬達は、みんなとても良い子で、マリアさん宅で一晩過ごした間、ちょっと鳴いたりはしたようですが、病院に行く時はいっしょに車に乗って、座席でとても良い子にしていました。
みんな嬉しそうで、私が助手席から話しかけると、可愛い目で見つめ返し、くーんくーんと甘えてくれました。

犬はみんな首輪付きなので、本来なら勝手に手術してはいけないのでしょうが、みんな盛っていて、♂が女の子に乗ってしまって離れないのです。
こんな非常事態での保護なので、猫も犬もみんな手術せざるをえませんでした。
1匹だけ、セッターが乳癌だったので不妊手術は見合わせました。
それに他はみんなミックス犬でしたが、セッターだけは明らかに純血種だったので、万が一飼い主が繁殖させる気でいたら困ったことになります。
不妊手術は見合わせ、乳癌治療が優先か?その判断はセッターを引き受けてくれるちばわんさんにお任せとなりました。

そのセッターちゃんは下痢で下半身びっしょりでしたが、元気でお散歩したがって、私は犬の扱いは不得手なのですが少しだけ散歩させてあげました。
天気も良かったし暖かかったのでセッターちゃんはとても喜んで、ぐいぐいすごい力で引っ張りました。可愛かったです。
排水溝を見つけると、ちゃんとそこでしゃがんで、おしっこをチ~っとしたので、「偉いね!良い子ね!」と褒めてあげました。
その後でその子が乳癌とわかったので、思わず涙が出てしまいました。

犬は、私のねこひと会では無理なので、ほとんどちばわんさんが引き受けてくれますが、ちばわんさんも「わん」と付くけど基本は猫ボラさんなのだそうです。
なので、ちばわんさんのほうでも緊急に一般家庭での一時預かりさんを募集すると思います。
すっかり薄暗くなって、やっと帰り支度に入り裏口から出ようとしたら、まだそこでケージに入れられていた柴犬みたいな雑種の子が、悲しそうにクーンクーン!!どこに行くの!と絶叫しだしたので、戻ってケージ越しに撫でてあげるとすぐに鳴きやみました。
被災地でずっと飼い主が戻ってくるのを待っていた子達です。
また置いていかれると思って不安だったのでしょう。
可哀想に。。。もう心配しなくていいんだよ!

昨日までに、犬の飼い主さんの名乗り出が3匹あり、1匹は飼育困難ということで所有権をこちらにお任せしてくれました。2匹は嬉しいことに飼い主さんが後日お迎えに来てくれることになりました。

他には、保護した子で一匹、飼い主さんが判明していますが、今は引き取りは無理ということで、明日、一般の預かりさん宅に移動します。

それから他には、猫を探しているという人が3人問い合わせてきて、1名の方の猫は、第一陣で保護した子ではないかと確認してもらいましたが、残念ながらハズレでした。
私達もガッカリですが、飼い主さんはもっともっとガッカリしたことでしょう。
あとの2名の方の探している猫ちゃんも、残念ながらこちらでは保護されていませんでした。

私は、最近の外出時は、2匹の乳飲み子連れて行き、出先で授乳しているのですが、昨日は、遅くても15時に帰宅するつもりでいたのに結局20時帰宅となってしまって、乳飲み子のミルクが途中でなくなり焦りました。
2匹の乳飲み子のうち、1匹(黒トラ)がどうも先天的におかしいみたいでテンカンのような発作を起こします。
昨日は発作がとても多く、ちょうど病院にいたので診てもらいましたが、やっぱり小さすぎて何もできないと言われました。

そんな中、お届け後に障害がわかった子猫の里親さんや、凶暴で触れなかったような子の里親さんから「元気です♪可愛いです♪」というお便りがあり、心底癒されました。

今日は、あの地震から1ヶ月でしたが、相変わらず大きな余震が続いてます。
この1ヶ月、私にはとても長かったです。
とにかく被災地の子を保護するには今いる保護っ子達を一日も早く減らさなきゃと、必死でした。
1ヶ月で里親さんにお届けした子が12匹もいました。
それもハードだったです。
それだけ里親さんからの近況報告メールが来るのですが、対応できないのです。
まだお届けして日が浅いのにせっかくのメールにお返事しなかったら、近況報告は不要なのかな?と思われ、来なくなってしまいます。
返事書けなくても待っているということを忘れないでいて欲しいです。


引き続き、被災地から保護してきた子の一時預かりさんを募集します!

飼い主さんがわかった場合でも、引き取りにこれない場合もありえます。
最悪そのまま里親になるつもりの、一般のご家庭からのお申し出をお待ちしています!

◆参照◆
ロケットニュース・犬編
今回の子達が被災地でさまよっていた様子やボラさん達が保護した様子が書かれています。セッターちゃんや車に一緒に乗った子達も出ていました!
(問い合わせ窓口が間違っているから修正依頼中です。)
ロケットニュース・猫編

◆保護活動関連ブログ◆

アニマルフレンドシップさん

cat's 21さん

ねこひと会マリアさん



◆問い合わせ窓口は◆
 ねこひと会 
 のらねこ墨田さん 
 ちばわんさん 

飼い主さんが一日も早く見つけてくれるように、リンクやツィッターでの拡散をよろしくお願いします!        





にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ にほんブログ村 猫ブログ 猫 里親募集へ


*******************************

リンクのご協力お願いします!

         ◆◆車上猫SOS・残された17匹!◆◆
e0144012_12513935.jpg


   ◆◆◆SOS!世田谷区連続猫虐待事件!◆◆◆
e0144012_5262467.gif


    
◆◆◆
◆特に読んで欲しい日記◆

ねこひと会
里親募集中の子達
一時預かり、搬送協力常に募集中です!


◆◆cat care housueでは、随時里親募集の子の面会可能です♪◆◆ 
             ♪♪毎週プチ里親会開催♪♪
e0144012_13203366.gif



にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ にほんブログ村 猫ブログ 猫 里親募集へ 
<< 乳飲み子は一応順調 和みのジュンちゃん >>