ゆきももこの猫夢日記

進む自治体の意識野良猫の捕獲や駆除目的の引き取りを行わない自治体とその理由

ここ数日、三重県の某町内会で、猫の一斉駆除が始まるという回覧板が廻ったという騒動があったようです。
問題の某町内会は、おそらく日本の愛護事情や法律に無知で、安易に駆除の選択をしたのでしょうから、全国から批判を受け、さぞや驚いたことでしょう。

この件は、ボランティアさんや担当保健所の方の適切な対応で、一応、駆除は中止となったそうです。

けれど、今後TNRをするとしても、リリースした猫達の存在を認めてもらえるのか?
そのための働きかけなど、関わることになったボランティアの方達の苦労は計り知れません。

また、TNRの資金はどうするのか? 

行政が出す?→難しいでしょう。
地元住民が出す?→それが理想ですが、なかなか難しいでしょう。
では餌やりが出す?→迷惑餌やりが出すというのはまず難しいでしょう。

数十匹は軽くいるだろうと想像できる数を、ボランティアの方に資金の負担までさせるわけにはいきませんよね。

必死で某町内会に抗議して下さった方達は、どうかその後も具体的な応援をしてあげて欲しいなと切に思います。

本題、多くの自治体は、野良猫の捕獲や、駆除目的の引取りをしていません。
野良猫は、動物愛護管理法で定められた、愛護動物であり、みだりに殺してはいけないと法で定められているからです。
また、野良猫問題の解決には不妊去勢の徹底が唯一の方法である、という認識も自治体に広まってきているからです。

けれど、餌だけばらまき不妊手術をしようとしない迷惑餌やりや、「気に入らないものはとにかく排除」という偏った人格の人たちがいる限り、野良猫の問題はなかなか解決しないし、愛護法で完璧に守られているとはいえない猫達が、今後も虐待の犠牲になる可能性はあるでしょう。

この両者に一般の方が惑わされないようにしなければいけません。

迷惑餌やりは猫を救う行為ではなく、猫が嫌われ、猫を苦しめる行為だということ。
野良猫といえど、給餌の停止を含む駆除は虐待であり、立派な違法行為であること。


このことを一般の方達が正しく認識する必要があるんですね。

そのために私も、がんばってがんばって活動していきます。
そして、ブログをこれからも書いていきます。



尊敬する結さんのブログより転載です。

『犬猫救済の輪』動物愛護活動ドキュメンタリー

進む自治体の意識
野良猫の捕獲や駆除目的の引き取りを行わない自治体とその理由


いまだに飼い主不明の猫を捕獲し保健所に持ち込もうとする人々がいます。
動物の命を奪うこと、排除することで問題を解決しようとする方法は、知恵のある人間として行うべきことではありません。

飼い主の不明な健康で自立できる猫の捕獲や引き取りについて、処分目的の引き取り等多くの自治体が否定する見解を出しています。
http://yokohamaaigo.web.fc2.com/hikitori.htm
                                                                             
滋賀県 法第35条第2項に基づく引取りは、健康なねこである場合は、迷っているねこについて行っております。
ご存知のように法第44条第4項においてねこは「愛護動物」に指定されており、同条第1項によりみだりに殺し、または傷つけることが禁止されております。
飼い主のいないねこの引き取りを求められる場合、善意による持込もあるとは思いますが、実際その多くは駆除を目的とした持込です。
持ち込まれる際には聞き取りにより確認はしますが、善意によるものかあるいは駆除目的なのかその判別は困難を極めます。
したがって、手づかみや袋やキャリーで持参されたといえども、飼い主のいないねこの引取りは行っておりません。
飼い主のいないねこについては引き取れない理由を伝え、以下のように説明します。
「飼い主のいないねことはいえ、この世の生を受けた何物にも代え難い大切な命です。
健康なねこであれば当施設内で処分されるよりは、そのまま地域においていただいた方がそのねこにとってはしあわせではないでしょうか。
当所としては飼い主のいないねこが地域で共生できるように地域の取り組みを推進しておりますし、要望があれば必要な支援もさせていただいております。

                                                                            
東京都 拾得者からの引き取りに際しては、故意又は悪意により捕獲したねこを引き取ることの無いよう、拾得にいたった経緯などを聴取し、原則として自活しているねこについては、引き取りをしておりません。 都民から、飼い猫不明ねこの引き取りを求められた際には、上記事項を説明しております。

沼津市 行政に野良猫を捕獲して欲しい、というご意見がよくありますが、野良猫も「動物の愛護及び管理に関する法律」で愛護動物とされ、またこの法律の目的は、人と動物の共生に配慮することであり、処分を目的に猫を捕獲することはできません。

熊本県
野良猫の搬入はできませんので,ご注意ください。

堺市 猫の場合、法的な規制はありません。このため、堺市ではのら猫の引き取りは実施しておりません。また、全国的にも、のら猫の駆除目的の引き取りは実施しておりません。

横浜市 
 http://cgi.city.yokohama.jp/shimin/kouchou/search/data/22003689.html                                                    動物の愛護及び管理に関する法律第35条では、「犬またはねこの引取りをその所有者から求められたときは、これを引取らなければならない。」(第1項)、「前項の規定は所有者の判明しない犬又はねこの引取りをその拾得者その他のものから求められた場合に準用する。」(第2項)と規定しています。
また、平成18年1月20日付環境省告示第26号の「第1 犬及びねこの引取り」においては、「都道府県等は、この引取り措置は、緊急避難として位置づけられたものであり、今後の終生飼養、みだりな繁殖の防止等の所有者又は占有者の責任の徹底につれて減少していくべきものであるとの観点に立って、引取りを行うように努めること。」
(第1の1)と規定しています。

これらのことから、本市では、所有者の判明しない猫のうち、自らエサを食べることができるなど、自活可能な猫の場合は、遺棄等への緊急避難的な措置を除き、引取りを行わないこととしています。
また、猫については、首輪等の所有者明示をせずに屋外で飼育している方がまだ多いのが実情であり、所有者がいる猫を引取ってしまう可能性があります。
猫についてお困りのことがありました場合、所有者もしくは占有者を特定し、飼養方法の指導等により、状況の改善を図ることが大切と考えますので、ご理解ください。(転載以上)
                                                                                          にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ

リンクのご協力お願いします!

ねこひと会で保護されている被災動物一覧はこちら→

ペットを探している飼い主様に教えてあげてください!
飼い主さんが自分で投稿もできます!
【アニマルファインダー】

希望者には無料で送付します!
【被災保護動物リスト集を作る会・この子達を保護しています】


ねこひと会では、計画避難区域の飼い猫の一時預かり様を募集しています。
また、猫の移動の際の搬送ボランティアさんも募集しています。

詳細はこちら→



↓一日一ポチよろしくお願いします
にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ

*******************************

リンクのご協力お願いします!

         ◆◆車上猫SOS・残された17匹!◆◆
e0144012_12513935.jpg


   ◆◆◆SOS!世田谷区連続猫虐待事件!◆◆◆
e0144012_5262467.gif


    
◆◆◆
◆特に読んで欲しい日記◆

ねこひと会
里親募集中の子達
一時預かり、搬送協力常に募集中です!


◆◆cat care housueでは、随時里親募集の子の面会可能です♪◆◆ 
             ♪♪毎週プチ里親会開催♪♪
e0144012_13203366.gif



にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ にほんブログ村 猫ブログ 猫 里親募集へ 
<< 被災3子猫募集開始 被災No.138紗耶ちゃん受診 >>