まだ間に合う!【パブコメ】被災地関係の追加意見も出して!

私の意見は現実的ではないかもしれませんが、賛同してくださった方は賛同の箇所だけでもコピーして使っていただいてかまいません。
以下も幼稚な文章で恥ずかしいですが、コピペでも良いのでお願いします!

・・・・・・・・・・・・・・

宛先:環境省自然環境局総務課動物愛護管理室御中
   aigo-arikata@env.go.jp

件名:「動物愛護管理のあり方について(案)(「動物取扱業の適正化」を除く)」に関する意見

1.意見提出者名 

2.住所/〒

3.連絡先/TEL  E-mail 

4・意見

【該当箇所】7p 8その他(5)災害対応

[意見1]災害対応においては行政と民間の協力体制の強化を求める。 特に協力体制を取る民間ボランティアは、NPOなどの団体に限ることなく、実績があれば個人のボランティアも採用すること

[理由]現在の被災地、特に原発事故による立ち入り制限区域において、行政とその認めた愛護団体だけでは、捕獲の手技においても保護・管理の場所や人手においても、民間のレベルには及ばず、十分なレスキューが行えなかったのはこの9ヶ月間で明白であり、審査もなく個人ボランティアを締め出す理由はない。


[意見2]災害発生時には被災地に残された犬や猫の繁殖を防止するための不妊手術を行政が主体となり民間の愛護団体等に協力を依頼し、徹底して行うこと

[理由]
災害が広範囲になれば当然被災する動物の数は膨大となり、一度に保護できるものではない。保護に至るまでに繁殖し、さらなる被災動物を増やす前に、保護活動と平行して迅速に不妊措置を行うべきである。


[意見3]現在の警戒地域に取り残される動物への給餌の立ち入りについて、飼い主またはボランティアの希望があれば認めるべき。またそれ以外にも行政が主体となり給餌活動を行うべき。

[理由]現在警戒地域に取り残された動物の保護計画が発表されたが、一ヶ月ですべての動物が保護できるとは思えない。そもそもここに至るまでの9ヶ月間、給餌に入ることもままならず、飢えて死に至った動物は数知れない。現在も各地に原発が残っている以上、地震大国の日本では同じような災害が起きないとも限らない。人が立ち入れない場所に動物が取り残された場合の処置を真剣に考えておくべき。


にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ

ねこひと会では、福島原発被災猫の一時預かり様を募集しています。
ねこひと会で保護している被災動物一覧はこちら→
また、猫の移動の際の搬送ボランティアさんも募集しています。
詳細はこちら→

ペットを探している飼い主様に教えてあげてください!
飼い主さんが自分で投稿もできます!
【アニマルファインダー】

希望者には無料で送付します!
【被災保護動物リスト集を作る会・この子達を保護しています】

応援しています!
にゃんこはうす
e0144012_38464.gif



↓一日一ポチよろしくお願いします
にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ

*******************************
リンクのご協力お願いします!
       ◆◆◆SOS!世田谷区連続猫虐待事件!◆◆◆
e0144012_5262467.gif

◆ゆきももこの特に読んで欲しい日記◆

ねこひと会・里親募集中の子達
一時預かり、搬送協力常に募集中です!
◆◆cat care housueでは、随時里親募集の子の面会可能です♪◆◆ 
             ♪♪毎週プチ里親会開催♪♪
e0144012_13203366.gif

by yukimomoko | 2011-12-07 15:51 | 猫活動・日本の愛護事情  

<< パブコメ終わり・・・次は被災地! 迷子捜索の子、その後 花梨ちゃん >>