O町・野良猫問題の元凶は

2012年03月10日14:34

ふう・・・。

例のO町のメイン餌やりとやっとコンタクトが取れて。。

まともな人なら保健所さんに一緒に行って、ああしてこうして・・・と淡い期待があったのですが、やはり無理でした。
まあ、マトモな人ならあんな状況にはならないのわかっていたんですが。

名前は、元々の相談者さんが調べた通り、M。
餌場も、相談者さんの調べたとおりでしたが、餌やりの時間が違っていました。

相談者さんとMがコンタクトを取った頃と今は、餌やりの時間を変えているそうです。

あの「カリカリばら撒きオバさん」とも「マブダチ」だと得意気に話したM。
あのカリカリばら撒きオバさん、私がメイン餌やりさんを探していると話しても、「Mという人知りませんか?」と尋ねても、「知らない」と言ったくせに。。。ーー

餌やりの時間を変えた理由はと言うと、クレーマーにクレゾールを撒かれ、保護しようと思っていた子猫と、貰い手が決まっていた子猫が死んだので怖くなり
「刺激しないように目立たない時間にしよう」と思ったんだと。

が、これがすべて本当かどうか怪しいです。

だってね、コンタクト取ってみてわかりました。
「怖くなって」とか「刺激しないよう目立たないよう」なんて可愛いたまではありません。
それに、猫を保護するとか貰い手探すとかあり得ない人。

手術済みの子達については、さも自分で手術したかのように言っていたけれど、神奈川のボラさんに確認したら依頼どころかお金も一銭も出さなかったそうです。
嘘つきですね。
それに、自分が餌やりしている猫なのに、どの猫が♂か♀か、どの猫が手術済みかどうか、耳カットしてるかどうか、それどころか猫が何匹いるかさえ、わからないような人でした。

手術済みの子を何度も捕りやがって!と怒っていたと思えば、「勝手に耳を切りやがって!誰が頼んだ!」と言ったりするのは、 別に耳カット反対の思想があるわけでもないけれど、とにかく攻撃したくてそういう「いちゃもん」をつけてるんですね。

「リサーチしないで他人の餌場に手を出すな!」なんて正論で攻めてくるのは、多少の「知恵」もあるのかもしれません。

まったく無知なら仕方ないとも思いますが、そうでないのなら、なおさらたちが悪いですね。

とにかく私と柚子さんへの「復讐」に燃えていて、「一生かけても居場所を見つけ出して復讐してやる!」だってーー
凶暴極まりないです。
ああいう人がいると、たとえばこの前「地元なのでなにかできる事をしたい」と声をかけてくれた人や、今後も何かしたいと思う人がいても、手が出せません。
何かしたらすぐ攻撃され、怖くてみんなすぐにやめてしまうでしょう。
そう、私の元々の相談者さんのように。

実際、万が一傷害事件でも起されては困るので、私からは一般の方に働きかけることができません。
このMさえいなければ、給餌・清掃活動をするボランティアを募れたかもしれませんが、まさにすべての元凶はこのMですね。

今後もしここで地域猫活動するなら、このMが餌やり担当になるのが妥当ですが、トラブルを起こさずに全うな活動が出来るとは到底思えません。
そうなると、Mを排除するのが一番良いですが、大人しく引き下がるとは思えない。

区民でもない部外者の私に出来る事は、子猫が生まれたらまた誰かに通報してもらって、可能な限り1匹ずつTNRすること、クレーマーの人には、保健所の担当さんから、頭にきても猫に罪はないのだから、くれぐれも「駆除」などしないように、そして猫の駆除は「愛護法違反」と説明してもらうよう働きかける、くらいですか。。。




↓ポチっと応援お願いします
にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ

ねこひと会では、福島原発被災猫の一時預かり様を募集しています。
ねこひと会で保護している被災動物一覧はこちら→
また、猫の移動の際の搬送ボランティアさんも募集しています。
詳細はこちら→

ペットを探している飼い主様に教えてあげてください!
飼い主さんが自分で投稿もできます!
【アニマルファインダー】

希望者には無料で送付します!
【被災保護動物リスト集を作る会・この子達を保護しています】


*******************************
リンクのご協力お願いします!
       ◆◆◆SOS!世田谷区連続猫虐待事件!◆◆◆
e0144012_5262467.gif

◆ゆきももこの特に読んで欲しい日記◆

ねこひと会・里親募集中の子達
一時預かり、搬送協力常に募集中です!

↓一日一ポチよろしくお願いします
にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ

by yukimomoko | 2012-03-10 14:34 | 猫活動・日本の愛護事情  

<< ぼく、あんこでしゅ O町黒白リリースとメイン餌やり... >>