~ゆきももこの活動日記 - 里親さん募集中 - ねこひと会

by yukimomoko

ダブルキャリアの爺ちゃん猫

2012年08月27日22:28

以前TNRの依頼をしてきた相談者さんから、
「ヨレヨレの衰弱した猫が(玄関前に)来て居ついている。もう死にそうだから家に入れようと思うけれど、どうしたら良いか?」と相談がきました。

私はいつも言ってることですが、保護というのはむやみにやるのはあまりおススメしません。

と言うのも、保護した本人が途中で挫折すると、せっかく家猫になっていた猫は気持ちを翻弄されてしまうし、人に懐かず家猫になるのに年月がとてもかかる猫の場合は、保護されるよりも外でできるだけ快適な暮らしができるようにしてあげるほうが猫にとっては良い場合もあるからです。

【保護】というのは、猫が安心しのんびり暮らせる環境で、十分面倒をみてあげられて、保護した本人も精神的にもなにもかも、安定しているのが理想ですよね。
もちろん、なにもかも理想通りにはいかなくても、外よりはマシでないと、保護する意味がありません。
そして、「マシ」よりもさらに上の「保護した甲斐があった」と本人も思えるような環境にしてあげるのを目指すことが大切です。

そうでなければ、緊急性のない猫を保護するのは考えもの。
猫にとっては小さな親切大きなお世話になってしまいます。

緊急性がある場合は、そういう後先なんか考えずとにかく保護してほしい。
あとはがんばれば何とかなるものです。

と私は思い、保護したいと言う相談があれば、いつもそのように説明してきましたが、これがなかなか一般の人にはわかってもらえない。

全然保護の緊急性もなければ人懐こいわけでもない猫を、通りすがりに「気になる」というだけで、保護することに執着して、止めるのも聞かずに保護。
しかも自分では保護できなかったり、がんばって自分で保護してもすぐに挫折したりという人、本当に多い・・・。
逆に、「動けなくなっていた子猫がいたけれど、無責任なことはできないので保護しませんでした。」なんて、それは見過ごしてはだめだったのに・・・という話を私にわざわざ聞かせる人もたくさんいます。

この場合、猫は弱っているので緊急性はあり。けれど相談者さんの過去の相談の時には、ちょっと怖がりの美猫を1匹保護して、すぐに里親さんが見つかったので気を良くして、止めるのも聞かずにけっこう難物の子を2匹続けて保護。数ヶ月がんばって里子に出したという経緯がありますが(里親探しは私)、途中弱気になって何度も挫折しそうになったのでした。

その人が「死にそうだから保護する」と言ってきても、手放しで勧めるにはちと危うい感じでした。
死にそうなのに途中で挫折されてはたまりません。
それに、本当に死にそうなのかどうかも、話に聞いただけではわかりません。

「まあとにかく、死にそうだって思っても実際どうだかわかりませんから、一度受診しましょう。」と勧めて、一緒に病院へ。

そのキジトラの男の子は、いかにも年寄りっぽく痩せて毛並みはばさばさ。
いかにも何か持ってる感じ。
けれどキャリーを覗いて声をかけただけで咽喉を鳴らしまくりの甘えん坊。
私の昔の保護猫、へけ爺を思い出しました。

検査の結果は、残念というか予想通りにダブルキャリア(白血病とエイズの両方を持っている)でした。
そして脱水と貧血がひどく、先生の診たてでは余命あと2~3週間。。。ということでした。

皮下点滴を少し入れましたが、それ以上の積極的な治療は特にしませんでした。

相談者さんは余命が短いと聞いて保護すると決心したのです。

おうちでは美味しいものをあげてのんびりさせてあげることにしましよう。
無理な延命はせず安楽に過ごせるように見守ってあげましょう。

そう話しました。

けれど、それで回復したり予想以上に長生きしたりすることもあるからね・・・と重々言っておきましたが、もしそうなった時にどうするか。
つまり、短い間ならなんとかがんばれるけど、長くなるとどうなるか・・・
そこはまだ不安なようです。
しかし、先生の診立て通り、回復の希望はあまりないと思います。

相談者さんには「元気になるなら嬉しいじゃないですか!」と励ましましたが、実際困るって気持ちも良くわかるんだよねえ。。。

もう一つには、相談者さんは働いているので(しかも毎日深夜の帰宅)お留守番が長いこと。

ダミ声で甘えるへけ爺似のあの子・・・可愛いくて、できれば私が連れて帰りたかったくらいでしたが、まだ養生中の私にはそれ以上の手助けもできず。

相談者さんがなんとかがんばってくれることを祈ります。


↓ポチっと応援お願いします
にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ



ねこひと会では、福島原発被災猫の一時預かり様を募集しています。
ねこひと会で保護している被災動物一覧はこちら→
また、猫の移動の際の搬送ボランティアさんも募集しています。
詳細はこちら→


ねこひと会の保護猫は、NPO法人nekonoko の定期譲渡会、Smile Catの定期譲渡会に参加するほか、各保護宅にていつでも面会可能です。

*******************************
リンクのご協力お願いします!
       ◆◆◆SOS!世田谷区連続猫虐待事件!◆◆◆
e0144012_5262467.gif

◆ゆきももこの特に読んで欲しい日記◆

ねこひと会・里親募集中の子達
一時預かり、搬送協力常に募集中です!

↓一日一ポチよろしくお願いします
にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ
by yukimomoko | 2012-08-27 22:28 | 猫活動・日本の愛護事情