ゆきももこの猫夢日記

庭で猫が出産!

★★情報求む!!★★→【拡散希望】被災№31脱走中 情報求む!【拡散希望】

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
2013年07月05日23:16
庭で猫が出産!
 
…という相談が今週は4件。

今日、他区のボラ友にも、私にきた相談と同じ地域から相談があったと聞いて、同じ人かと思ったら、別の人。

春の出産ラッシュ第一弾が終わり、第二弾の季節になって、同じような相談が増えてきたようです。

野良猫が自分の家のお庭で勝手に出産したらびっくりして、水をかけて追い払ったり子猫をゴミ袋に詰めてゴミに出したりする人もいるので、相談してきてくれる方達は善良な方達だと思います。

けれども、一般の人は「困っている。どうしらた良いのか?」と言えば、行政やボランティアが猫をすぐに連れて行ってくれると思っていますから、自分で何とかすることはまったく考えておらず「どうしたら良いか?」ではなく「どうにかして」というのが真意ですよね。
私もかつてそういう時期がありました^^;

私の過去の話はまた別でお話しするとして


庭など自宅の敷地内に、飼い主不明の猫が子猫を産んだ場合、


餌付けをしていないのならそんなに心配することはありません。
ぶっちゃけ、猫はあちこち移動しながら子育てをするので、そっとしておけば殆どはそのうちいなくなります。

けれど、猫活動をしている立場からすると、できれば子猫は保護して母猫は頃合いをみて不妊手術して欲しいところ。
目の前のことだけをどうにかしても、本当の解決にはならないからです。

庭など自宅の敷地内に、飼い主不明の猫が子猫を産んだ場合は、

餌付けしているのなら母猫の不妊手術をし、手術後もそれなりに管理する
餌付けしてないなら、餌をあげている人を見つけて不妊手術をするように話し、
子猫は保護、できないなら、母猫と同様、管理して見守り、頃合いを見て不妊去勢をしなければいけません。
これをTNR活動と言います。
そして最善策は、ご近所にも理解と協力をいただけるよう働きかけ、町ぐるみで猫の管理をしていくこと。これを地域猫活動と言います。

けれど、それは日本の猫問題事情を憂いている人の考えること。
普段、猫なんかまったく関係なく過ごしている人達には、不妊手術や管理なんて想像もしていない話なんです。

だから、私達の役割としては、そういう人達に日本の猫問題事情について、少しでも考え方の幅が広げられるように、行政の方針やボランティアの活動を伝えるのが大事です。

そのうえで、どこまでやれるか、やりたいか。何が望みか、を聞き出し、相談者さんの望む範囲のアドバイスをするのです。

もちろんその時点で「まあ!そうなんですか!じゃあアドバイス通りにやってみます!」なんて言ってくれる人はめったにいません。
相談者さんがその気がないなら、こちらも強制はできませんし、私的には当然ストレスもたまりますが…
啓蒙というのは一度の説明で成せるものではないので、今は逃げられても心のどこかに留めておいてもらえれば、それで御の字かな…と思います。
いつか将来、何かをやろう!と思ってもらえるようになれば。。。

今回、1件目と2件目の相談者さんは、そんな事にはまったく興味なしの、ただただ「猫にいなくなって欲しい」という方だったので、
「そのうちいなくなりますから餌はあげないでそっとしておいてください。」「もし1ヵ月以上も動かなかったら改めてご相談ください。」と言って終わりました。

3件目の相談者さんは、猫は好き、ご近所も猫は好き、でも餌はあげていないので自分は無関係だからお金も出す気はない。でも子猫が居ついては困るので子猫を持って行って欲しい。
「餌をあげてる家は知ってるんですけどねえ」と。
「ご近所にカンパを呼び掛けたり餌やりさんに声をかけたりという事はやれますか?ご近所だから変に角を立てたくないというなら間に入りお話ししますが、どうしますか?」と言うと
「そうですよね、そりゃそうですよね、はい、わかりました、考えてみます」とは言ってくれたけど、最初から丸投げのつもりだった人なので、おそらくそれっきり。

相談現場の子猫達がどうなったのか…見ていない子達でもずっと心残りですが、私にはここまでしかできません。

4件目の方は、奥さんは猫が怖くて触れないのに、子猫だけでも保護して里親探しをしてあげたい、母猫は手術をしたい、いつどんな風にどうやれば良いのか?という前向きなご相談だったので、直接的なお手伝いをしてあげられそうです。
みんな4件目の方のような相談なら嬉しいのですが…。



・室内飼いの徹底・・・新しく飼う猫は外飼いにしない! (可能なら今外飼いしてる子も室内に!)
・不妊手術の徹底・・・すでに外飼いの場合は必ず不妊手術をする!(室内飼いももちろんしてほしい!)
・無責任な餌やりをしない・・・野良猫に餌をあげる場合も不妊手術をする責任を持とう!

これらがもっともっと一般に浸透すれば、このような相談は減っていくでしょう。

ゆきももこはいつも同じことばかり言ってるな!と思う人もいると思いますが、
私はこれからも繰り返し繰り返し、同じことをみなさんにお伝えしたいと思います。



↓ポチっと応援お願いします
にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ

ねこひと会の保護猫は、NPO法人nekonoko の定期譲渡会、Smile Catの定期譲渡会に参加するほか、各保護宅にていつでも面会可能です。

*******************************
リンクのご協力お願いします!
       ◆◆◆SOS!世田谷区連続猫虐待事件!◆◆◆
e0144012_5262467.gif

◆ゆきももこの特に読んで欲しい日記◆


↓一日一ポチよろしくお願いします
にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ
<< 今日のごはん ゆきももこ 2013.4~6月... >>