人だけでなく自分までも騙そうとする人
2007年01月19日22:58

猫の里親探しは難しいです。
よく「里親詐欺っていうのがあるんてすって? 知らない人に渡すなんて怖くて疑心暗鬼になりませんか?」と言われる事がありますが、私はいつもこう答えるのです。
「いえいえ、詐欺ならどこか怪しかったりで違和感を感じると思いますよ。本当に怖いのは、自覚なく無責任な飼育をする人なんですよ。」と。

自分は猫が好きだ、可哀想な猫を助けたい、猫を我が子同然に愛せる、何があっても猫を一生大切にする…
と、自信満々だった人が、ちょっと思い通りにいかないだけであっという間に愛情が冷めたり、自信を失ってイッパイイッパイになって、簡単に飼育放棄する。。

そういう人達を実際にたくさん見てきました。
そういう人達は、挫折する自分を認めたくなくて、相談する相手がいても平気を装ったり、事が発覚してもしらばっくれたりする事が多いようです。



ここで、最近身近で起きた2つの事件について書きます。
ひとつは飼育放棄を認めない里親の話。
もうひとつは近況報告をごまかし里子を遺棄した里親の話です。


1つ目の話はミクシイの動物愛護系コミュに立ったトピから始まりました。
とても人懐こい猫を保護したけれど、エイズキャリアなのでなかなか里親が決まりません…という内容のトピです。
トピではたくさんの応援コメントが書かれ、少しして2匹の先住猫がいる人が里親に立候補しました。

里親は、愛護への関心が高いことをアピール、「すべての猫ちゃんラブ」というような人で、元親はこんな良いご縁はないと思ったのだそうです。

それから一年弱。元親と里親の関係は友人付き合いで良好でした。

ところが、去年の秋頃から里親の都合で、その子は病院に預けられました。
そして、3ヶ月以上過ぎた今も、そのまま病院に預けられたままなのです。

それだけでも元親にとっては穏やかではないと思います。3ヶ月も預けなくてはいけない事情って何? これから先も本当に大丈夫なの?
里子の幸せを本当に願っている元親なら、当然そう思うでしょう。

ところが、それだけでなく、さらに驚く事実がわかったのです。
預けた日から3ヶ月、里親は一度も病院に面会に来ず、℡すらしていなかったのです。

え?大事な子を病院に預けっぱなしで様子も聞かないなんて、心配じゃないの?愛していないの?

しかも里親は、支払いも滞納していました。一度も支払いをせず面会にも来ず、病院からの留守電にも全く答えず、預けた時からそれっきりだったのです。

困った病院から元親に相談が来て、次々わかった里親の非常識な行為。

これはもう、事実上の飼育放棄・・・。

元親はとてもショックを受けました。
しかし、まだ里親を信じたいという気持ちも捨てきれません。
元親は、強く言いたいところを抑えて「お見舞いくらい行ってあげて」と里親に頼みました。

けれど里親は、「猫の所有権は自分にある、猫を入院させ面会や℡をどれくらいするかは自分の自由だ。過干渉するな。」と言って、元親をなじりました。

元親はそれでも怒らず、飼育できないなら他に里親を探すから、と…最大限の気配りをしつつ提案しましたが、それを受け入れると飼育放棄を認めることになるので、里親はがんとして受け付けないのです。

明確な理由もなく病院に預けたまま放置し、入院費も払おうとしない里親には、もうその子を引き取る意思がないのは明らかです。

たとえ引き取っても、愛情を持って育ててくれるか、元親はもう信じることはできません。
自分の飼育放棄を認めたくないがために、引き取ったふりをして捨ててしまわないとも限りません。

この元親さんは、いわゆる【一般の人】で、ボランティアではなかったため、譲渡契約書を書いていなかったので猫を奪い返すのはとても難しかったのですが、

病院とボランティアの協力で、何とかこの猫の身柄確保は無事にできそうです。

ミクシイのトピで可哀想な猫の里親として名乗り出て、本人も良いことをしたと思っていたのでしょう。周りからも「ありがとうございます!」「優しい人にもらわれて良かった!」と持ち上げられ、引き取った猫との幸せ日記を書いて、マイミク達からも喜ばれていた手前、「もう飼育出来ません」と認めたくなかったのでしょうか。
元親が里親募集を再開したら、自分の飼育放棄がトピで応援してくれた人達に知られてしまうと恥じたのでしょうか。

人の心とは本当に弱いものです。
けれど振り回される猫のことを思うと、怒りを覚えずにはいられません。。




もうひとつの話も酷いのです。
これは、私が去年里子に出した「もわ太」のことを載せた里親サイトを見ていて気がつきました。
もわ太と並んで「里親決定」の報告がされているギニー君と言う子。。。
なんと、今、則( )さんの所にいるラムちゃん本猫ではないですか!
http://www.nyanpararin.com/satooya/kettei/2005.html (すみません、リンク切れてます)

ラムちゃんは05年秋に大田区でボランティアに保護され、則( )さんのお家の子になりました。
餌場近くにいきなり現れた長毛の猫を見て、迷子か捨て猫か?とボラさんにすぐに保護されたラムちゃん。
外では草の中で丸くなって怯え、保護された時はかなり汚れて毛玉の中にごみがたくさん取り込まれていたそうです。

里親決定報告に載っている「ギニー君」はそれより4ヶ月ほど前に里親決定している事になっていました。

調べてみると、やはりサイトでの報告どおり、7月に大田区の里親さんに引き取られていました。
元親さんに連絡すると、たしかに保護現場近くの人に里子に出した自分の保護猫だと言い、大変なショックを受けていました。

「ギニー君」の元親さんは契約書は書いていたものの、近況報告は4ヶ月までしかしていなかったのだそうです。
最後の報告は夜鳴きの相談で、元親さんが夜鳴き対策のアドバイスをした後、「解決しました。」という報告が最後でした。

元親さんは、里親を信じていましたので、報告を聞いてすっかり安心していたのです。

時期を計算すると、ラムちゃん(ギニー君)は、その頃に遺棄されたと思って良いと思います。

この里親さんも自称「野良ちゃんラブ」「猫の気持ちを尊重して気長に見守りたい」という人だったそうで、ギニー君は怖がりで人馴れしていないという説明を聞いて
「お任せください!気長に見守ります!」と、引き取ってくれたのだそうです。

里親の思うように懐かず、その上夜鳴きも始まって、イッパイイッパイになったのでしょうか。

「お任せ下さい!」と自信満々で言った手前、根をあげることを責められるとでも思ったのでしょうか?
自分がそんなに根性がないなんて、自分で認めたくなかったのでしょうか?
4ヶ月も一緒に暮らして遺棄するなんて、いくらイッパイイッパイになったからと言ってもギニー君への愛あはなかったのでしょうか。。。

元親が問いただすと、その元・里親はあっさりと遺棄した事を認めましたが、「保護されて良かったです。ギニー君にごめんねとお伝えください…。」と元親にメールしてきたそうです。

可哀想なギニー君。元も捨てられていた所を保護されたそうなので、2度も愛してもらえず棄てられたという事になります。

棄てられた時、どんなに怖かったでしょう。驚いたでしょう。


私自身も、初期の頃の里親で、悩み相談などもして友人付き合いしていた人から遺棄されていたことがありました。

彼女の近況報告は写真なしで言葉だけ。
遺棄が発覚した時に、残った猫は奪い返しました。
その時、「どうして相談してくれなかったの?」と問い詰めると、彼女の答えは「そんなの・・・言えないよ・・・。」と。

ああ、人の心とはなんと弱く身勝手で情けないのか。。。結局この人も、相談相手がいちにも関わらず、自分が悪く思われたくないがため、自分擁護のために猫の命を軽視したのです。



飼育放棄はいつどんな事情ができるか、誰にも予想ができないので、仕方ないと思います。
そう、たとえ私達から見てあり得ないような事情でも、本人の精神がいっぱいになってしまったら仕方ないのです。

弱い里親さんに当たった時、元親は感情的になって責めてしまいがちですが、根をあげた里親さんへ寛大な気持ちで接することも大事なのだと思います。
里親さんがいっぱいいっぱいになった時に正直に打ち明けられるよう、里親さんへのフォローは気をつけないと、かえって猫が辛い目にあいかねません。

けれど、「何か困ったらどんなことでも相談して」と言ってくれる相手がいたにも関わらず、相談することを恥と思い、嘘をつき、遺棄という罪を犯すことを選んでしまう心理。
しかも、自分が挫折したことや嘘をついたことを自分でも認めない人もいるのです。

そんな腹立たしい人達も、里親になろうとした時はそんな事をするつもりはなかったはずなのです。
自分は立派な里親になれるつもりでいたはずなのです。

だから、里親探しは本当に難しいのです。
だから、後々までの近況報告は絶対に必要だとおもうのです。



妙な縁で同じ家族になった「旧ギニー君」(今ラムちゃん)と、私の保護猫だった「旧もわ太」(今ユメ吉)。
今は幸せにしています。
e0144012_17084871.jpg




◇ご支援のお願い◇



↓ポチっと応援お願いします
にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ

ねこひと会の保護猫は、NPO法人nekonoko の定期譲渡会、Smile Catの定期譲渡会に参加するほか、各保護宅にていつでも面会可能です。

*******************************
リンクのご協力お願いします!
       ◆◆◆SOS!世田谷区連続猫虐待事件!◆◆◆
e0144012_5262467.gif

◆ゆきももこの特に読んで欲しい日記◆


↓一日一ポチよろしくお願いします
にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ
by yukimomoko | 2007-01-19 22:58 | 猫活動・日本の愛護事情

~ゆきももこの活動日記 - 里親さん募集中 - ねこひと会
by yukimomoko
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
検索

サポーター募集中!


【終了】里親さん急募!


ペットのおうち
ペットのおうち

いつでも里親募集中
以前の記事
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 01月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 06月
2005年 05月
最新のトラックバック
里親会&写真展のお知らせ
from おっとりおとなネコ里親募集
※ 被災動物の安否確認サ..
from ETERNAL×PACE ~..
被災動物への支援
from MADAM-ZOO [別館]..
【猫吉散歩】~秋のドライ..
from 【猫吉日記】
ペット税について:ペット..
from TokyoianBlog
世田谷の猫「ソラ」ちゃん..
from 猫まっしぐらなスピ♪ライフコ..
警戒されてるわ~
from 里親募集中の猫さんの預かり日記
01/24 譲渡会@中目黒
from MADAM-ZOO [別館]..
何もできないって言葉
from ねこ☆にゃらーず
1月24日開催
from 里親さん募集中【保護猫日記】
ブログジャンル
猫
ボランティア