ゆきももこの猫夢日記

色々ありすぎて

2014年05月31日18:54

29日 AM
品川区から私の連絡先を聞いたという人からTELあり
テレビで行政の犬猫問題への取り組みを見た、可哀想な猫の里親になりたいと
しかし声が明らかに高齢な感じ
案の定、70代前半でしかも一人暮らしと。
高齢の猫ちゃんもいますが…と一応言ってみたが、「子猫が良い」と。
里親制度の決まり事(飼育環境の確認や契約書など)の、ほんの「さわり」を説明していたら「面倒なんですね!可哀想な猫がたくさんいるから力になりたいと思ったのに!わかりました!もう良いです!」と。
よくあることだけど残念だし虚しい気持ちになる・・・


愛護センターから目の開いてない乳飲み子2匹お願い出来ないかと連絡あり
この日は家の修理で留守番中、明日アサイチで行くからと答える

午後
25日の里親会に参加した、ボラ友の保護猫がパルボ発症濃厚と連絡あり
うちはワクチン前のダイヤモンドちゃんが参加してたが、そのパルボ疑いの子を抱いたお客さんが、ダイヤモンドちゃんも抱っこしたらしい。
もしそうなら感染の可能性、 大。
Aちゃんにお預けのスゥイートちゃんも然り
ゾッとして夜までおちおち出来ず、家中消毒したり洗濯し続ける

Aちゃんに確認するとスゥイートちゃんは食欲ないと。
前日ワクチンしたせいもあるかと、様子見するようにAちゃんにお願い

夕方、
Aちゃんからスゥイートちゃんがアイシアの子猫用を食べたと連絡あり

ダイヤモンドちゃんもよくよく思い出したら、里親希望者さんにダイヤモンドちゃんが抱っこされたのはパルボ発症濃厚の子よりも先だったし
スゥイートちゃんは抱っこさせていないはずなので、(完全にではないけど)心配度が下がって少し気が楽になる

ルビーちゃんオパールちゃんの里親さんから、ルビーちゃんに蚤が3匹いました~と近況メール
ガーン!なんで~?
慌ててTELして謝ったら、「蚤くらいこちらで何とか出来るから大丈夫ですよ~」と言っていただく;;


明日アサイチでセンターだから今夜こそ早く寝ようと思っていたら
5/1脱走の子が遂に発見と里親さんから連絡あり
家前の排水溝の中にいて、出入り口を塞いで上に夫が乗っています!と
捕獲器も入らず、どうやって捕まえたら良いか、良策が思い浮かばない
ここで無茶して逃げられたら、もう会えないかもしれない

まだ猫の世話がたくさん残っているからすぐに行けず
早朝行って帰りにセンターに寄るという無謀な計画を立て、
乳飲み子授乳も早めに終わらせて小熊部屋に降り、さて寝ようとした30日深夜過ぎ

お届けからちょうど1ヶ月目の蜂蜜ちゃんの里親さんからメール

急に痩せた
オレンジ色の排尿がありすぐ受診

胸水が溜まっており、コロナ抗体値が高値

FIP疑いと言われましたと…

目の前が真っ暗になる
読んだ感じだと間違いなさそうだし
下手したら1~2週間で死ぬのではと感じる

続けてメールで、「今苦しそうなので夜間病院に向かっています」と。

受診結果を待つ間、当然眠れるわけないし

1.お届けからまだ1ヶ月しか経ってないこと

2.先住猫ちゃんと未だにイマイチな様子らしいこと

3.うちではコンデンスミルクと侘佑ととても仲良しだったこと

4.私なら家で介護(注射も胸水抜くのも)出来ること

などから、FIP確定ならうちに戻そうと考えながら夜が明ける

里親さんとは、万が一こんなことが起きた時は蜂蜜ちゃんの為に一番良いように手を尽くそうと話し合っていたが
1ヶ月経ち、里親さんは応じてくれるだろうか?


早朝
ボラ友のパルボ疑いだった子が亡くなったと連絡あり(涙


脱走猫のところにはそんなこんなで結局行けず

TELしようとした時にあちらからTELあり
「ぷくちゃん捕まえました!」とTT
かなり噛まれたそうですが、里親さん、死ぬ気で離さなかったと

とりあえず一つ良いことがあった…と思いながら朝の世話をして10時にセンターへ向かう

途中、蜂蜜ちゃんの里親さんからTELあり
夜間病院でまた胸水を抜いた
帰りにそのままかかりつけで再度診察してもらったら、胸のリンパ腫だったと…

FIPなら助からないが、リンパ腫なら抗癌剤が効くかもという期待があり
早速抗癌剤の1回目をしてもらっていると。

私も、FIPの看取りでないなら話がだいぶ変わるので
とりあえず1回目の抗癌剤して、1~2日様子見してからまた、どこで介護するか相談することに。
それでもショックには変わらない
運転中ずっといろんな後悔ばかり頭をよぎる

10:30センターより生後約5日の乳飲み子2匹引き出し


帰り道、港区の給食ボラ「猫の郵便」さんから留守電あり
頼みたいことがあるからTELくれないかとだけ入っている
信号待ちの合間に、要件を留守電にいれてとメール

すぐ留守電入り、要約すると「【茨城の件】で抗議分を提出したい、ゆきももこさんが文章を考えてくれないか。詳細はブログを見たらわかる」と。

茨城の件とは、茨城の愛護センター体制が劣悪かつ非人道的で、動物の為に身を粉にして働いていた職員の山崎さんが、上司に疎まれ長年のパワハラにあい、とうとう耐えきれなくなって自殺したという
私はマイミクさんのつぶやきを見て胸をいためてはいたが、
パソコンひらく時間も他人のブログを見る時間もないからとても無理と返信

12時帰宅

留守番だったダイヤモンドちゃんや他の保護子猫達が心配でまず確認
みんなギャー鳴きしていて元気

乳飲み子は体重130g前後
シリンジでとりあえず授乳し、飲めたので放置

それから延々猫の世話
暑すぎて汗びっしょりに

昼過ぎAちゃんから、スゥイートが食欲がないからad缶を無理やり食べさせたら食べたと連絡あり

31日お届け予定のスゥイートの里親さんからは準備万端で楽しみにしているとメールあり

もしかしたらお届け延期のほうが良いかもと思いながら、メールの返信する時間なく
今度は目黒区の3月の相談者さんからTEL
餌やり禁止され何とかならないか、苦になって心労で死にそうだと愚痴

都内の多くの餌やりさんも同じように頑張っているから頑張ってと励ます

この件を目黒区にねじ込まなければいけないので、関係者2名に連絡

夕方体力限界でちょっと休憩していたら
蜂蜜ちゃんのことで泣きたくなってしまって、同じくお届け1ヶ月目の小熊ちゃんの里親さんに報告兼ねて泣きTEL入れてしまう

小熊ちゃんは先住ちゃんもおらず、里親さんの愛情独り占めして元気いっぱい


スゥイートがやはり食欲なく少し下痢して今吐いたとAちゃんから連絡あり

パルボで嘔吐繰り返すようになったらもう助けてあげられないので万が一を考えて、夜間病院に

Aちゃんちに迎えに行き、Aちゃんとスゥィートを見守りながら 「こんなに可愛いのに絶対違う!絶対違うよね」と言い合う
その間また2回も嘔吐

夜間病院では
検便陰性、採血の結果もパルボ疑い低し

Aちゃんと手を取り合って泣いて喜ぶが、
先生からは、まだ潜伏期間の可能性もあるし覇気がないのでそのまま入院したほうが良いだろうと。

楽しみにして待っていた里親さんには、Aちゃんから延期の連絡

5/31
夜間病院からAちゃんを送って3時くらい?帰宅
乳飲み子授乳
白丸オムツ交換

2時間寝てスゥイートをお迎えに(この夜間病院は夜間のみなので8時に閉まって無人になるので迎えに行かなくてはいけない。良い病院なんだけど毎回それが難儀)

スゥイートは朝5時に食べさせた後嘔吐なし
パルボならもっと激烈なので、違うよね!
うんうん、そだね、多分ワクチンの影響だねと先生。
せっかく静脈を確保してもらったので、抜かずに退院→Aちゃん宅へ

10時帰宅

脱走猫ぷくちゃん里親さんからメール
ずっと溝にいたらしくお腹の毛が擦り切れてましたが以外は血液検査も異常なしと。

同じタイミングで、しめじちゃん(元みなみちゃん)里親さんから、また食いしんぼ近況メールあり癒される

夕方
スゥイート、少し活気と食欲出てきたとAちゃんからメール

ダイヤモンドちゃん
すこぶる元気

蜂蜜ちゃん、蜂蜜ちゃん…

今日はまだ里親さんから連絡なし

私、 夕方2時間くらい仮眠とりたかったが 結局できなかった
やっと今ダイヤモンドちゃんを遊ばせながら携帯でこれ書いたわ…



↓ポチっと応援お願いします
にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ

◇ご支援のお願い◇

ねこひと会の保護猫は、NPO法人nekonoko の定期譲渡会、Smile Catの定期譲渡会に参加するほか、各保護宅にていつでも面会可能です。

お問い合わせは yukimomoko55nekohito@gmail.com まで

※里親希望の方必読※【譲渡方針・譲渡の流れ】


【ねこひと会はフォスターペアレントも募集中♪】


*******************************

◆ゆきももこの特に読んで欲しい日記◆


↓一日一ポチよろしくお願いします
にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ
<< 乳飲み子2匹 ゴロゴロちゃん達 >>