久しぶりに(-.-;)

2014年08月21日12:56

もう終わったと思っていた現場で、実はまだ妊婦(らしき)猫が1匹残っていると聞き、もう~!と思って出向いたのです。
ターゲットの猫はすぐに現れたけど、なかなか用心深くて姿を消してはまた現れの繰り返しで、諦めようかと思うと出てくるのでこちらもなかなか引けず。

そうこうしていたら深夜、遠目に見てもヤバい感のあるオッサンがやってきて、私と捕獲機を見るなり、「お前か~!!猫ちゃん連れてったのは~!!猫ちゃんを返せ~~~!!」と追っかけて来たのです。

実はかなり前に、某区の某学園周囲のTNRをした時にもそっくりな事があり、その時もオッサンでしたが、まるでホームレスのような風貌も持っているビニール袋も、言動もそっくり。

あの時はオッサン自ら交番に走り、「おまわりさん!こいつら猫殺しです!ボクの猫ちゃんがあそこにもこっちにも埋められてます!」と騒いで、捕獲機積み自転車で去ろうとしていたボラ仲間を「僕の猫ちゃん返せ~!」と追ってきたんだっけ・・・?

そんな遠い思い出が一瞬で蘇り、え~?なにこれデジャヴですか~?と走って逃げました><ノノ

隣接した交番に駆け込むと当然オッサンも追ってきたのですが、交番には捕獲の件の連絡と、毎回最初に挨拶していたので、すぐ対応してくれて

いえね、オッサンの猫でもなんでもないんですよ、もちろん。
不妊去勢にも反対だった過去のオッサンと違って、説明すれば何とか納得してくれました。

最近大田区のほうで毒餌が撒かれてかなりの猫が殺された件で、自分の餌やりしていた猫が心配でたまらなかったと。
捕獲の張り紙もうさん臭くて信じられなかったと。

ただこの方の餌やりは、生の魚や肉をお皿にも入れずに直置きしていくという(よくあるけど)とても不衛生で迷惑なやり方なので、
今後はここでの餌やりはしなくて良いのですよ、他にも十分あげている方がいますから、と説明。

最初の凶暴な感じはすっかり落ち着き、最後は「安心しました。猫ちゃん達をよろしくお願いします。」と言って去っていきました。

そんなこんなでこの夜もターゲットは捕まらずでした。
きっと依頼者以外にもたくさん餌やりがいるんだろうな~--;




↓ポチっと応援お願いします
にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ

◇ご支援のお願い◇

ねこひと会の保護猫は、NPO法人nekonoko の定期譲渡会、Smile Catの定期譲渡会に参加するほか、各保護宅にていつでも面会可能です。

お問い合わせは yukimomoko55nekohito@gmail.com まで

※里親希望の方必読※【譲渡方針・譲渡の流れ】


【ねこひと会はフォスターペアレントも募集中♪】


*******************************

◆ゆきももこの特に読んで欲しい日記◆

◆ゆきももこの特に読んで欲しい日記2◆

↓一日一ポチよろしくお願いします
にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ

by yukimomoko | 2014-08-21 12:56 | 猫活動・日本の愛護事情  

<< めぇちゃんと紙風船 珍しくTNRが続いています >>