ゆきももこの猫夢日記

おだやかじゃない現場3

2015年11月05日23:21

昨夜は結局子猫は見つからず。

その代わり、5か月齢の女の子1匹
この子は、餌付けされていたお宅の飼い猫になれる運の良い子
e0144012_05202275.jpg


今日の昼~夕方は、一番近いHさんが捕獲器の監視
もし子猫が入ったら私もすぐ行くことになっていたけど、私の交代時間まで結局連絡なし。

現場に着いて、Hさんと交代する前に、まだ行っていない路地を探索。
すると、一軒の古いお家の玄関先に、大きな三毛を発見。

おいおい、三毛がまたいたよ、、、三毛が多いなあ・・・まったく、おだやかじゃないよね・・・若くなさそうだけど手術してるのかな・・・と思いながらさらに行くと、そのお家の裏側の隙間、路地ではなく、隣家との境の隙間に、子猫を発見。

もう薄暗くてよく見えないし、私の気配に雲の子を散らすようにして隠れてしまったので、はっきりと確認できなかったけれど、1ヵ月越えくらいのが数匹。

地面に一生懸命に顔を近づけていたので、何か食べていた様子。
お皿は見えない。直置きで何かあげているのか?このお家の人なのか?
ここでも子猫が産まれているのか・・・一体何匹いるんだ・・・

頭がくらくらしてきましたが、ふと

あれ?だけど待てよ?

行き止まりや曲り道ばかりだったので、位置がよく把握できていなかったけれど、ここは現場の空き家の通りの一本隣の路地なのではないか。

家と家の隙間は、人は通れないけれど、猫達は行き来できる。
いわゆる「猫道」なんですが、
もしかしたら、さっき見た子猫達と探している子猫達は同一なのか?

とにかく、今まで母猫といた子猫だから、早く保護してあげたいけど・・・と思いながら、現場に戻ると、確かに聞こえた!小さい子猫の叫ぶ「ミーミー!」という声!

いるいる!どこかな?と探すが見当たらない。
そこへ、HさんからTEL。

「今、現場ですが、鳴き声が聞こえましたよ!」と私が言うのと同時に、Hさんが
「捕まえました!さっき捕まったんです!」

そしてまた、ほぼ同時に「ええー!?」

なんと、Hさんは私が着く直前に子猫一匹をすでに保護。
じゃあ、ゆきこさんが聞いた声は・・・?とHさん。

「いやいや、別の子ですね。子猫は一匹じゃないってことですね。」
(やっぱりさっき見た子猫達なのか?)

と、思いながら私が見た子猫達の話をHさんに伝えていると、あ!横切った横切った!
例の空き家の向かいの家と家の隙間から、子猫が走り抜けていきました。
それも、3匹。
隙間の奥は、たぶんさっき見回った時に子猫数匹を見た路地のはず。


「やっと姿を見れましたよ。捕まえた子と合わせて4匹ですね。」
「あら~・・・4匹も・・・。」

Hさんのタメイキに私も同じ気持ちでしたが、まあ、1匹だけって事はあまりないからね・・・。
初日の見回りの時に見た別の子猫達も4~5匹いたし。

捕獲器は一応3台あったので、さっそく設置。

それにしても、最初は、「乳飲み子」という話が「1ヵ月いかないくらい」と変わっていたけど、
さっきチョロチョロしていたのは、1ヵ月は軽く超えてるぞ・・・まあ、小さいことは小さいが・・・。

まさか、さらに小さい子がいるんじゃないですよね?と心配に思いましたが、餌やりさんに確認した母猫の数と合っているので、間違いはなさそうです。

小さいわりにとても怖がりな子達で、なかなか捕獲器に近づこうとしませんでしたが、可哀想に、空腹には勝てず。

2時間ほどで残りの子猫達、無事保護できました。


それから、S川さんが成猫1匹。

e0144012_05203880.jpg

子猫も無事保護したし、今夜はこれでおしまいにしましょうと、さっき帰ってきました。

置き場所がないので、とりあえずお風呂場です。

e0144012_05210073.jpg



↓ポチっと応援お願いします
にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ

◇ご支援のお願い◇

ねこひと会の保護猫は、NPO法人nekonoko の定期譲渡会、Smile Catの定期譲渡会に参加するほか、各保護宅にていつでも面会可能です。
お問い合わせは ねこひと会 yukimomoko55nekohito@gmail.com まで

※里親希望の方必読※【譲渡方針・譲渡の流れ】

【ねこひと会はフォスターペアレントも募集中♪】

*******************************
◆ゆきももこの特に読んで欲しい日記◆
◆ゆきももこの特に読んで欲しい日記2◆

↓一日一ポチよろしくお願いします
にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ


<< げりこねこ 難しいはぴかむちゃん >>