ゆきももこの猫夢日記

今日の捕獲(続・M町ぼろ家の先のP )

2016年03月05日02:18
昨夜は花粉が酷すぎて、薬を飲んでも全然追いつかないくらいに鼻水が出て、お陰で3時間も眠れず睡眠不足でふらふらでした。
でも、昨日の夕方捕った親子猫が病院にいるうちに、残りの中猫と黒猫を捕りたくて、連日の作業となりました。

ターゲットの黒はすぐに現れ、5分でゲット。
けれど、痩せた中猫はぴゅっと逃げてしまい。。。

少し捜索。

すると、昨日は暗くてわからなかった、庭先に餌皿を置いている餌やりを発見。

ああ、餌やり見つかって良かったわ。。。
何しろ、効率良くTNRする為には、餌やりを見つけて声をかけるのは基本です。
猫が何匹、何時頃にどこに集まるかなどの情報を(ある程度は)持っているし、もしかしたら耳カットがなくても手術済の子がいる場合もあります。

何よりも『餌やりと不妊手術はセットでやらなくてはいけないんですよ』という事を話さなければいけません。

けれども、餌やりが見つかって、ああ、良かったわ。。。と思うけど、わーい♪と喜ぶほど嬉しくもないんですよね。

だって、考えてもみてください。
餌やりがまともな人なら良いのですが、嫌な人だと私だって嫌な気持ちになります。
誰だって、嫌な気持ちになるかもしれないことなんか、したくないでしょう。
そして、嫌な餌やりに当たる確率は、半々かそれ以上。

本音を言えば、餌やりなんか無視して勝手にやりたいところですが、啓発活動もしなければ、不幸な猫は結局減りません。
猫の情報も欲しいので、ふぅ~と深呼吸して気力を上げて声をかけます。

インターホン越しに、「都の動物愛護推進員をしているボランティアの者ですが。。。」

こういう肩書というのは、便利なもので、大抵の方はここまで言った時点ですぐに玄関先まで出てきてくれます。

餌やりしている人は、近所の目を気にしていたり、すでにトラブっていたりする場合も多いので、猫の苦情ではないという事を最初に伝え、まず安心させる事が大事です。

そして、野良猫のトラブルを減らすための行政の対策であるTNR(不妊手術をして、その場所で生を全うさせる)の説明をして、捕獲への協力をお願いするわけです。

たとえ初めて聞く話だとしても、半数の人は前向きに「うんうん」と聞いてくれて、良心的な人ならお金もちゃんと出してくれるし、自ら捕獲作業を行うために指導を受けてもくれます。

そういう人ばかりならこちらも、気が楽だしやり甲斐もありますが、そういう人は半数かそれ以下なわけで。

今日のこの人は、表に出てきてくれる様子もなく
「お庭でゴハンをあげている猫ちゃん達の情報をいただきたいのですが。。。」まで話しても

「…別に何も話すことはないですけど?」

あーこれ、アカンやつや。。。

と思いながらも、ここまできて私も引く気はないので、「今から捕獲作業をしますので、お庭のお皿を片付けていただいてよろしいですか?」と言うと、ようやく「…ちょっと待って下さい、今出ます。」と言って出てきてくれました。

そこで、もう一度説明をして、捕獲器設置をお願いすると、案の定拒否。

猫に餌はやってるが自分の猫ではないんだから迷惑なんだよ!ですと。

可哀想だから餌をあげてるだけだ、餌をあげてるけどたまにあげるだけだ、餌をあげてるからってなんで手術しなくちゃいけないんだ、餌はあげてるけど自分の猫ではない。。。

無責任餌やりの定番の言い分にはもう耳タコです。


迷惑ってのはお前さんみたいなのを言うんだっちゅうの!

とは、もちろん私も言いませんが。。。!

お皿は下げてもらわないと困ります、餌をあげてるならそれくらいの協力はしてもらわないとね、とそれだけは譲れないという態度言うと、しぶしぶお皿を下げてくれました。

「手術した後の猫はまたここに返しますから、餌は最後までちゃんとあげて下さいね。」

と話しているのに背を向けて、もう関わらないでくれとばかりにさっさと家に入ってしまいました。

こういう人の気持ちを変えるのは、なかなか容易ではありません。

まあ、逆ギレして都に苦情を入れたり訴えてやる!とか逆上する人もたまにいるんだから、お皿を下げてくれただけでもマシか。

お隣のお家は、お庭にペットボトルが並べられていて糞尿の被害にも遭っているらしかったのですが、声をかけるととても好意的で、捕獲器も置かせてもらえました。

ほどなく、流れてきたのか、いかにもオスオスしたキジが現れ、すぐにでも入りそうな勢い。

ありゃりゃ。。。あの痩せた子を捕りたいんだけど、困ったな。。。と思いましたが、よく見ると足を怪我しているようだったので、まあ良いか、とその子をゲット。
e0144012_15085512.jpg

捕獲器の中でもガツ喰いだし、何だか目が小さくて可愛いげのある奴なんですけど。

その後、小柄な痩せた子はとうとう会えませんでした。

黒はけっこう怖くて、写真撮るにも冷や汗です。
e0144012_15132359.jpg

黒は撮りにくい。。。尻尾は短い真っ黒、たぶん♂。

明日の手術予約は無理矢理ねじ込んでもらいました。
先生様、本当にありがとうございます(-人-)


↓ポチっと応援お願いします
にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ

◇ご支援のお願い◇

ねこひと会の保護猫は、NPO法人nekonoko の定期譲渡会、Smile Catの定期譲渡会に参加するほか、各保護宅にていつでも面会可能です。
お問い合わせは ねこひと会 yukimomoko55nekohito@gmail.com まで

※里親希望の方必読※【譲渡方針・譲渡の流れ】

【ねこひと会はフォスターペアレントも募集中♪】

*******************************
◆ゆきももこの特に読んで欲しい日記◆
◆ゆきももこの特に読んで欲しい日記2◆

↓一日一ポチよろしくお願いします
にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ
<< しょうぶ、採血結果不良で(;_;) ぽて男とジャガリ子ちゃん >>