ゆきももこの猫夢日記

極悪相談者が多いのです

2016年04月03日14:59
こういう活動をしていると、見ず知らずの人から色んな相談が入ります。

飼えなくなった猫や外にいる猫をどうにかして欲しいという相談がとても多いのですが、ほとんどの人は、自分が何かするつもりはなく、出来るだけ手早く押し付けておさらばしたい、という気持ちが見え見えです。
もちろん、そんな人の丸投げを受けるわけないんですが、そんな相談でなく真面目な相談でも、簡単に引き受けることはなく、まず相談者自身でどうやれば良いかのアドバイスをします。

最初から丸投げしようとしていた相談者さん達は、こちらが時間を割いて丁寧にお返事を書いても、もうそれきりお返事は来ません。
私の返事が、自分の望んだ内容ではないからだと思います。

返事が来て、最初のうちだけ言うことを聞いていても、途中で挫折して音信不通になる人も多いし、音信不通ならまだ良いけど、逆ギレして暴言を吐いて去る人も多いです。

時間も心もかけて対応しても、後ろ足で砂を掛けられるみたいなもんですね。

毎年、何十の相談者がいて、活動12年越えて、まっとうにアドバイスを実行してくれた人は一桁、やっと越えるか越えないかくらいしかいませんでした。


だから、相談者、という人達にはとても用心しているのです。

見ず知らずの人からの相談なんて、はなから無視すれば良いのかもしれませんが、私はどうしてもその後ろにいる猫のことが気になるので、どんな相談にも一応お返事を出すし、相談者さんに無理な事情があれば、どうしても手を貸してしまいます。

それが、やっぱり甘いのかもしれないですね。
私はなんだかんだ甘ちゃんなんで。

私の回りのボラ仲間達も、同じようなお人好しが多いので、極悪相談者に引っかかってしまうことは日常茶飯時で。

そう言えば、だいぶ前ですがこんな事もありました。
http://yukimomoko.exblog.jp/17565876/


この話 ↑ もすごかったけど、ねこひと会でも数年前にひどい極悪相談者に引っ掛かったことがありました。

その話は長くなるので、次回(そのうち)にしたいと思います。



↓ポチっと応援お願いします
にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ

◇ご支援のお願い◇

ねこひと会の保護猫は、NPO法人nekonoko の定期譲渡会、Smile Catの定期譲渡会に参加するほか、各保護宅にていつでも面会可能です。
お問い合わせは ねこひと会 yukimomoko55nekohito@gmail.com まで

※里親希望の方必読※【譲渡方針・譲渡の流れ】

【ねこひと会はフォスターペアレントも募集中♪】

*******************************
◆ゆきももこの特に読んで欲しい日記◆
◆ゆきももこの特に読んで欲しい日記2◆

↓一日一ポチよろしくお願いします
にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ<
<< ボーイ君の家猫修行2 しょうぶと新入り達 >>