ゆきももこの猫夢日記

めも(しんどいトライアル中、ヒヨドリお届け前、熊本子猫とレイレイ放牧、母猫ちゃん預け)

2016年08月05日23:59
里親探しはお届けしたらそれで終わりと思われているかもしれませんが、実はその後もけっこう大変なんです。
何があるかと言うと、トライアル中の近況報告を受けるという大仕事があるんです。
トライアル中は(基本)毎日写真付なので、里親さんのほうもかなり大変だと思いますが、私のほうは同時に複数の里親さんとやり取りしなくてはいけない時もあるし、春の子猫の立て込む時などは里親希望の方とのやり取りとも重なって1日中メールし続けて夜中になるなんて日もあります。
時間も体力も使いますが、精神的なほうのストレスもかなりあります。
頼りになる里親さんもいれば、こんな調子で大丈夫かな?これじゃあ返してもらわなくちゃいけなくなるかも…と心配させられる里親さんも中にはいます。
特に子猫の譲渡の時は、里親さんのほうでは問題なく思えていても、報告を受けるこちらからすればハラハラする事の連続だったりもします。
当の里親さんのほうは、待ちに待った子猫来て可愛いし嬉しいし楽しいしで、綱渡りのような状況になっているとも気づいていないこともあります。
里親さんが自信を無くさせないよう、押し付けがましく聞こえないよう、里親さんが立派な猫親になれるようフォローするのは、精神的にもけっこうくたくたになります。
そんなトライアル期間を何とか乗り越え、何とか今回もエイエイ、メイメイ、トイトイ、フィフィ、正式譲渡になりました。
みんなみんな幸せになあれ!


明日のヒヨドリのお届けは、以前の保護猫(キマル)の里親になってくれた人なので、気が楽です。
ヒヨドリは来た時はどぶの匂いで顔は膿んで腫れていたし、風邪やらカビやら苦労したけど、めんこい良い子に育ってくれました。
幸せになってほしいです。


リビングに移動した熊本子猫達は、まだ完全フリーではなく、1日2時間×2回遊ばせて収容。
ムクドリヒヨドリカワラヒワのムヒカ子猫達も同様。
それと入れ換えに、小さなレイレイの放牧、これは1時間もせずに収容。
子猫達を放牧する間、エイズキャリアのリンドウちゃんはケージに。


子猫達を遊ばせる間はトイレの失敗しないか怪我や誤飲しないかとかどんなイタズラするかとかみていないといけないから時間とられてしまう
まあ、毎度のことですが(-_-)

ーーーーー

サビ子猫に蝉をせっせと運んでいた母猫は、
今日退院させて、夕方cat care houseにお預けしてきました。
落ち着いたら引き取って子猫達と会わせてあげようと思います。

しかし、その子猫達は未だにゼッコネ(絶叫子猫)だし、懐くのはかなり時間がかかりそう。

難易度低い順に一見白黒風三毛、アメショ風、サビ、アメショ三毛

で、アメショ三毛はかなり手強くて未だにタオルなしでは触れません(-_-;)
これは里親見つかるか…見つかっても里親さんが苦労しそうです(-_-;)

他の3匹は、愛撫に緊張しながらも時々気持ち良さそうな顔になっております。

何とか家猫になれるでしょうか。。


↓ポチっと応援お願いします
にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ

◇ご支援のお願い◇

ねこひと会の保護猫は、NPO法人nekonoko の定期譲渡会、Smile Catの定期譲渡会に参加するほか、各保護宅にていつでも面会可能です。
お問い合わせは ねこひと会 yukimomoko55nekohito@gmail.com まで

※里親希望の方必読※【譲渡方針・譲渡の流れ】

【ねこひと会はフォスターペアレントも募集中♪】

*******************************
◆ゆきももこの特に読んで欲しい日記◆
◆ゆきももこの特に読んで欲しい日記2◆

↓一日一ポチよろしくお願いします
にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ
<< 昨日の譲渡会とリンドウちゃん(... めも(熊本子猫、レイレイ→リビ... >>