ゆきももこの猫夢日記

丸投げ以上の負担をかけないで

こういう活動をしていると、色々な相談が来るものですが、ボラ仲間や里親さんなどからではない、全く見ず知らずの人からの相談は本当にいきなり、一方的にやってきます。

もちろん、それも不幸な猫を減らす活動の一環だと思っているので、少しでも助けになるならと、私に出来る限りのアドバイスをしたり、時には実際に現場に行ったり保護を引き受けたりもします。

けれど、いつも不思議で仕方がないのですが、相談者さんというのは、相談するという立場でありながら上から目線の人がとても多いのです。

何か勘違いというか、私達が仕事ででもやっていると思っているからなのでしょうか?
それとも、そもそも赤の他人を頼ろうとする人だから、非常識なのでしょうか?




■実例 1.
【優しくて常識的なこの私が、可哀想な猫の情報を与えてやるから何とかしろ。もちろん私は無関係だから何もしないがな?的な】

ついこの前ですが、こんなメールが来たのです。

(全文そのまま。地名のみ私が伏せ字)

野良猫あげてる年寄がいます。
⚪⚪サービスエリアの所に⚪⚪とか企業が駐車してるところで餌をあげてる方います。
迷惑なので注意した結果聞き入れてくれません。それどころか逆上です。
私は悪くないとか知らんとか。
自分には無理なので何とかしてください



この相談メール、文章はヒドイですが、丸投げ以外の何物でもない強い意思が感じられます(笑)

場所はものすごく遠くです。
私にそこまで行けと?(笑)
状況の説明も不十分だし、何より、自分の名乗りさえありません。
もしかしたら子供なのかな?とも思いましたが、
とりあえず、

迷惑って、どんな風に迷惑になってるのですか?
見ず知らずの人に相談するのに名乗りもないのですか?
名前くらい名乗ってくださいね。
自分は何もしないという丸投げ相談は無責任ですよ?

と返事しました。

もっと優しく言っても良いのですが、優しく言ってあげても無責任な人の無責任さは変わりません。
単にメールが苦手な責任感のある人なら、この程度のお説教で逆ギレすることはありません。

この相談者は案の定、早速キレて速攻で返事が来ました。

(原文まま)
貴方この道で飯を食べてるですよね。
素人とは違うんですよ。
ストレスを他人に当たらない様にしてくださいね
他にあたります。



やれやれ…┐('~`;)┌
最初のメールに書かれていた

「迷惑なので注意した結果聞き入れてくれません。それどころか逆上です。
私は悪くないとか知らんとか。」


というのは、自分自身の事だったのかな?




■実例 2.
【私の相手を迅速に、もっと丁寧にしろ!的な】

相談者さんには、相談している立場でありながら、自分の相手をまずしろ!という要求が強い人が割といます。

この前の相談者さんは、私の指示を聞くという約束はほとんど守ってくれなかったのです。
そのために生じた人間関係のトラブルを、私が裏で苦労して何とか取り持っている間、自分がないがしろにされた気持ちになったようなのです。
それで、色々と質問のメールが何度も来たのですが、何しろその人の相談を受けた為に体力と時間をとられ、なおかつ本当に死ぬか生きるかの緊急な相談を同時に受けたりもしていた時だったので、はっきり言って、何ヵ月先まで答えなくても誰も困らないような質問なんか、やっぱり後回しにしてしまいます。

それでも、待っているだろうと気を使って、取り急ぎの返事を出す事もあったのですが、
それがまた気に入らなかったらしく、あんな短いメールで済ますなんて失礼だ!と。。。

一体ぜんたいあなたは何様ですか?(笑)

その人の相手をしていた間の半端ないストレス…本来なら、ないはずのストレスですよね。
相談以上のストレスをかけないで欲しいです。




実例 3.【保護主の権利を主張するタイプ】

これは、自分で保護出来ないという相談者からの依頼を受ける場合に時々あるのですが、
丸投げした子について何だかんだと情報を要求したり、権利を主張してくるタイプです。

相談者さんから保護を引き受ける場合は、対象猫が本当に保護が必要な子で、かつ、相談者さんが本当に自分で保護を出来ない事情がある場合に限ります。
もちろんその保護を引き受ける場合には、かかる費用は頂くことにしています。

けれど、イメージ5割の相談者さんはお金を出してくれません。
たとえお金を出してもらっても、丸投げ相談は丸投げ相談なので、その後の猫の処遇等については口出し禁止、というお約束にしています。

と言うのも、度を超して保護主気取りで情報を求めたり権利を主張する人が時々いるからなのです。

今どうですか?元気にしていますか? 程度でも、場合によっては負担になる時もあるのですが、
やれ餌はそんなのじゃダメだとかやれあそこの病院に行けだとか、どこのどんな人に里子に出したのかとか、里親の住所氏名を教えろとか…

一番困るのは、せっかく里親さんが決まったのに、やっぱり自分で飼う、その子を保護したのは私なのだから返してくれと、保護主である事を主張。

保護主というのは、ある程度の責任を負う覚悟のある人の事で、何もしないで人に丸投げした人には、そんな権利はありません。

この活動を始めた頃には、この手の相談者さんに連続で当たってしまい、本当に翻弄されて困りました。

今は、上記のようなお約束を事前にしているので、少しは苦労が減りました。

それでも私は、相談者さんの心情を考え、その子がその後どうなったかのご報告は出来るだけするようにしていますけどね。。。



実例 4.
【もはや何が何だか…猫の事関係なく依存?するタイプ】

少し前の相談者さんがそうですが
行き倒れの子猫の保護を依頼してきたのです。
その子の状態は酷く、保護しなければ死んでいたと思うので、相談してくれただけでもありがたかったのですが。。。

1~2ヶ月ほどしてからです。
猫の様子を聞きたがるのではなく、 丸投げした言い訳を長々書いてくるから始まって、
「何か力になりたいので教えてください。」と繰り返すので、少額でもカンパしてくれれば嬉しいし助かります、と答えるとそれは何となくスルー… 。

そのうち、自分の人間関係の苦労や仕事の愚痴なども始まり、
どれも長文で、目を通すだけでも時間をとられます。(深夜です。)

もうこれで最後です、と書かれているのにすぐまたメールが来るんですよね。

翌朝、メールを数えたら一晩に8通も来ていました(*_*)

ゆきももこがいちいち相手をしたから頼られたんじゃないの?と思うかもしれませんが、この時はさすがにスルーしました(^o^;)


あなたの突然の大変な相談を快く受けてくれた相手に、相談以上の負担をかけないで欲しいです。



↓ポチっと応援お願いします
にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ

◇ご支援のお願い◇

ねこひと会の保護猫は、NPO法人nekonokoの定期譲渡会Smile Catの定期譲渡会に参加するほか、各保護宅にていつでも面会可能です。

お問い合わせは ねこひと会 yukimomoko55nekohito@gmail.com まで

※里親希望の方必読※【譲渡方針・譲渡の流れ】

【ねこひと会はフォスターペアレントも募集中♪】

*******************************
◆ゆきももこの特に読んで欲しい日記◆
◆ゆきももこの特に読んで欲しい日記2◆

↓一日一ポチよろしくお願いします
にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ
<< 熊本県 捕獲されて殺された子の... 『のら猫の命をつなぐ物語 家族... >>