ゆきももこの猫夢日記

ゆきももこ6月の近況と、優太の一周忌

なんとなんと…ろくに更新できないまま6月も半ば過ぎてしまいました( ;∀;)
保護猫の状況は、今のところあれ(5月の近況)から新規はなく、里子出しは少しずつ進んでいます。
その代わり、入院相談者さんは未だ入院中…ゆくゆくは美月ちゃんを引き取らなくてはいけなくなる予感が…。
それと、ポンポンらーやコマリ、トマトちゃんの元飼い主のお婆ちゃんが転倒して骨折→入院、そのまま施設に入ってしまうかもしれなくなって、お婆ちゃんが世話していた残りの4匹のうち、3もしくは2匹を月末に引き取る事になりました。

他には、高齢の方が家の中にも外にも猫を抱えてて手放そうとしなくて近隣が困っているという相談。。。本当に最近、高齢の方絡みの相談が増えてきました。
これは猫問題と言うより高齢者問題として行政が手を貸してくれないと、私達個人ボランティアだけでは抱えきれません。。。

保護猫達の譲渡までの里親さんとのやり取り、譲渡後のやり取りが同時に数人、相談が数件、メールのやり取りと猫の世話で1日が飛び去っていき、ゆっくり座る暇もありません。

昨日は優太の一周忌だったので、優太の死んだ経緯を書きますね、と里親さんに約束していたのですが、そんなこんなで間に合いませんでした。


優太は、怖がりのミルクと一緒に猫飼い初めての独り暮らしの男性に譲渡された子でした。
実は、里親さんが最初に見初めたのは怖がりのミルクのほうで、猫初心者さんにミルクだけでは少し荷が重かろうと、人懐こい優太を一緒に出したのです。

お届けの時の優太(上)とミルク(下)
e0144012_13555683.jpeg

案の定全く懐かないミルクの代わりに、優太は里親さんにすぐに甘えるようになり、3にんで楽しく暮らしていたのです。
それが、譲渡からたったの3ヶ月で優太は悪性の貧血を発症、里親さんが手を尽くしてくれたのですが、空しく亡くなってしまいました。

猫の活動は辛い事の連続なんですが、それでも里親さん達との絆、幸せになった子の近況を支えにして何とかやっていける。。

優太が亡くなって1年、あれだけ怖がりだったミルクは、年明けくらいから少しずつ里親さんに心を開くようになって、最近はこんな可愛い写真を撮らせてくれるようになったそうです。
e0144012_13564725.jpg

ミルク、それと最近新しく来た優ちゃんと里親さんが、1日でも長く元気で幸せでいれますように。。。
全ての里子ちゃんと里親さんが、ずっとずっと幸せでいれますように。。。

(優太が死んだ経緯については、参考記事として近いうちにアップしたいと思っています。)

現状、こんな感じのゆきももこです。
またしばらく開くと思いますが、どうぞよろしくお願いします。




↓ポチっと応援お願いします
にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ

◇ご支援のお願い◇

ねこひと会の保護猫は、NPO法人nekonokoの定期譲渡会Smile Catの定期譲渡会に参加するほか、各保護宅にていつでも面会可能です。

お問い合わせは ねこひと会 yukimomoko55nekohito@gmail.com まで

※里親希望の方必読※【譲渡方針・譲渡の流れ】

【ねこひと会はフォスターペアレントも募集中♪】

*******************************
◆ゆきももこの特に読んで欲しい日記◆
◆ゆきももこの特に読んで欲しい日記2◆

↓一日一ポチよろしくお願いします
にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ
<< 昨年度の東京都の殺処分数 2017.3月~5月 ゆきもも... >>