お粗末な記事

お粗末な記事

目白の猫虐殺事件の件で先日、取材を受けたのだけど、何のための取材だったの?と言いたくなるようなお粗末な記事になってしまいました。

だってね、猫嫌いと猫好きの軋轢のせいで虐待が減らないって書いてて、取りようによっては嫌いな人、迷惑を受けた人は虐待をしても良いとお奨めしているようにも取れる。
まるで虐待は動物愛護派と駆除派の問題のように締めくくられて。
それに私達が「可哀相だと言って自由に餌を撒き散らす」無責任餌やりのようにも取れるし・・・

とにかく何を言いたいのかさっぱりわからない的外れな記事です。

私達の主張(裁判は明らかに手抜きで理不尽だった等)に偏らず中立な意見でとお願いしましたが・・・一体何と何の中立だというつもりで書いているんでしょう?

虐待は犯罪です。好きとか嫌いとか歩み寄りとか言う問題ではありません。

猫の問題を解決する為には歩みよりはもちろん大切です。
私達もそのために必死で活動しています。

でも、その趣旨で書くのなら別の機会に書くか、私達の取材を元に書くなら不必要な箇所を削って世間の無関心や法律の甘さなどもっと大事な事について書いて欲しかった。
記者さんはメモもろくに取っていなかったし、ボランティアの活動はおろか、こげんたちゃんの事さえ知らなかったので、「え?」と驚いたんですが、
結局は記者さんでさえ「動物虐待」について興味も認識もないっていう事なんでしょうね。


問題の箇所↓
『しかし、逆に野良猫により、ガーデニングや庭などに糞や尿の被害を受けた人も多く、その為か猫、及びその愛護団体を嫌う人もまたネット上に多数存在する。その中にはネットで猫から庭を守る為の猫の駆除法などを話合い、時に猫の駆除=猫殺しになる過激派や、猫を虐待する事により注目を浴びたい愉快犯なども生んでいる。更に、自治体への野良猫の駆除の申請などをする人もいる為、愛護団体との溝は深い。

これ以上、虐待死させられる猫を増やさない為にも、愛護派と駆除派、双方の歩み寄りと、お互いの考えや被害を理解した上での解決策が必要ではないだろうか?可哀想だからと野良猫の為に餌を撒くのも 自由だが、それで増えた猫に庭をあらされた人間が猫を殺しては、いつまでもこの問題は終わらない。』


まあ、里親さんとか猫友に聞いたらそんな風に思わなかったって言うんで妥協しましたが・・・
きっと「ねこひと会ってなんでこんな記事書かせるの!?」って全国のボラさん達からは思われてしまうだろうなと思います><
本当にすみません;;
by yukimomoko | 2008-03-04 11:43 | 猫活動・日本の愛護事情