ゆきももこの猫夢日記

5日の保護と7日の捕獲

先日の日記で書いたお巡りさんの子猫は、近所のオバちゃんボラさんが半分預かってくれて、残りはお巡りさんの奥さんが自分で育ててみます!と言って家でみてくれてます。
だから私は大丈夫です^^;


6日になな猫さんに預かってもらっていた真綾のお届けがあり、その帰り道でちょうど民家で増えた野良親子の話があったから寄って行って、子猫2匹保護。
e0144012_13555095.jpg

少し大きいけど触れるし懐きそうなので、そのまま病院で検査とワクチン済ませ、日曜日の里親会(犬猫救済の輪主催)に参加させてみる。
(お金は相談者持ち)

今もう子猫でもなかなか里親さんがは決まりにくくなってますが
幸運にも女の子はすぐに里親さん内定しました♪
男の子も懐きが良いから頑張って相談者さんに保護して貰って里親捜しします。

7日に母猫のほうが来たと連絡があり捕獲。
母猫はもうすでに次の妊娠をしていてかなりお腹が大きかったです。
e0144012_13232977.jpg

心配でしたが、無事に堕胎させました。

可哀想にという思いはもちろんあります。
でも、それよりも先に、「やった!(生まれる前に捕獲が)間に合った!」という気持ちのほうが大きいのです。

我ながら鬼のようですよね。
でも生まれている子猫達の保護依頼もたくさん断っている状況です。
生まれている子を見捨てなくてはいけない辛さ、何とも言えない辛さです。
生まれていない子はごめんなさい。堕胎させてください。

その代わりこの前の子猫達は絶対に幸せにしてもらおうね。
三毛母さんも、これからはもう出産や子育てで体力使わなくて良いし、餌やりのオバちゃんもご近所への気兼ねが減るからたくさんゴハンをもらえるからね。。。
<< ネロズ達お試し中悲喜こもごも^^; 高熱が出る・歩けなくなる、子猫の病気 >>