ゆきももこの猫夢日記

猫ボラ志望

先日の葡萄ちゃんの里親さんが猫ボラしてみたいと言うんです。

近所に今にも生まれそうなお腹の子がいたので手術したいとのこと。
里親さんが餌付けしている子ではなくたまたま見かけたんだそうです。
私が行けたら良かったんだけど、ちょっと行けないし、今にも生まれるというので、忙しいボラ友さんに泣きついて行ってもらい、捕獲器の使い方等指導してもらいました。

里親さんは私から「まず聞き込みして情報を集めること」と言われ、電話を切ったらすぐに実行したらしく、ボラ友さんが出向いた時はすでに餌やりさんを見つけていました。
妊婦猫さんは、餌やりさんのところに出入りする子でもなさそうとの事・・・。
捨てられた子かもしれないし(手術しないでおいて妊娠したら困って捨てる人がいる)、お腹が大きいのは見間違いだったかもしれないけど、とりあえず何日か見回りと餌付けをしてもらいました。
しかし当の妊婦猫さんはそれっきり現れず・・・。
餌付けしていた子ではないのでそんなにがんばらなくて良いからと伝えました。

里親さんは「何か自分にできることがあればやってみたい」そうです。
保護もTNRも人手が増えるのは嬉しいけど、やりだすと中途半端じゃやめられないし、下手なことしたら逆に不幸な子を増やしたりもし兼ねないので、まずは、地域の人の意識を変えることから始めてみては?とお薦めしました。

猫ボラの初めというのは、「かわいそうな猫がいたから餌をあげていたらどんどん増えて大変なことになり、自分が苦情を言われる立場になってしまって、このままではいけないと思って手術することになった」
というパターンがけっこう多いから、近所との連携なんかやろうと思ってもなかなかできないんです。
だから何もしないうちにやる気になったというのはしめたものなんです。

里親さんはあれからまた聞き込みして、近所にTNRしている主婦グループみたいなのがあるとわかったそうです。
まずはその人達と交流してみるとのこと。

できることを行動に移すことって、なかなか簡単なようでできないから、こういう話を聞くとちょっと嬉しいです^^

*****************************

九ちゃんとその仲間達を応援してください!
どうかよろしくお願いします!

※※都内で虐待・里親詐欺※※
里親探し中の方はくれぐれもお気をつけください。

◆特に読んで欲しい日記◆

旧・ゆきももこの猫夢日記はこちら

ねこひと会里親募集中の子達
<< ベジフェス、絵本の紹介 栞ちゃん不妊手術 >>