~ゆきももこの活動日記 - 里親さん募集中 - ねこひと会

by yukimomoko

最近の不穏な流れ・・・

荒川区の餌やり禁止条例が、反対署名を無視してほとんど修正なしに可決されたのはご存知だと思います。

最近多いですよね、ボラだけでなく、猫が好きな人がいやな気分になるようなニュースが。

先日の、地域猫のモデル地区になっている都営住宅の住民が訴訟とかいうニュース。

この男性は、家賃滞納や近所とのトラブルなど元からあるモンスタークレーマーで、今回急に猫の事を言い出したそうです。
読売新聞はそういう事は書かないで、さもモデル地区でトラブル!みたいに、しかも一面に持ってくるなど悪意を感じます。

それより先の、三鷹市で将棋の名人が餌やりをめぐるトラブルで近隣住民と裁判とかいうあのニュースも。


これも完全に報道側の悪意がありますね。
加藤名人の猫はたったの4匹だそうです。
元は多かったけど、10年かかって今は4匹。
悪臭たってほとんど臭わないと、現場を知るボラさんに聞きました。
クレーマー住民グループの中に、報道関係者がいたようです。

荒川区の条例可決で、このチャンスに!とばかりにやったのではないでしょうか。

板橋区の条例は、犬の苦情が何千件もきていて、条例の話は何年も前から出ていたらしいです。
荒川区のとちょうど並んだから変な勘繰りをしてしまった。。。

どちらにしても、「猫の餌やり=すべて悪い」というイメージを一般に植えつけてしまうことには変わりませんが。

ただ、中野区は、ほぼ白紙になったそうです。
実際、カラスの餌やり夫婦にはほとほと困ってはいるが、条例化しても本当の迷惑餌やりには効果は期待できないし、それよりも住民間の対立を無駄に招くほうを憂慮し、区長と区議会で「再検討」(=事実上白紙)になりました。

行政にも話のわかる人がいるので、諦めず訴え続けたいと思います。

・◆・◆・◆・◆・◆・◆・◆・◆・◆・◆・◆・◆・◆・◆・◆・◆・◆・◆・◆・
◆特に読んで欲しい日記◆

ねこひと会
里親募集中の子達1
里親募集中の子達2

カンパのお願い
旧・ゆきももこの猫夢日記はこちら
by yukimomoko | 2008-12-20 15:37 | 猫活動・日本の愛護事情