避妊手術と堕胎


私、「地獄落ち 覚悟でしてます 野良堕胎」という一句を2年前に書きました。
今の日本ではそれしか不幸な子を減らすことができないと信じているから。


先先週から、2匹の姉妹野良の子猫を保護して自分ちの子にしたいという方から相談がきてまして。

年配の母娘で猫飼い初めて。近所の子猫が気になって・・・と言うんです。
野良ちゃんをおうちに入れたら色々苦労がありますよ?大丈夫ですか?一度家に入れて「やっぱりだめだった。」とまた外に戻すのは捨てられるのと同じだからそれはできないですよ?

と話したところ、苦労は覚悟です、幸せにしてあげたい、母親も同じ気持ちです!というので、では一日も早く保護するようにと言いました。

ほどなく1匹保護できました。
特に問題もなく、おうちに馴染んで甘えているようです。

よかったですね♪
早くもう一匹も保護してあげたいですね!

そう言ってたんですが、ここで急にこんな話になりました。

・・・実は残っている子はもしかしたら妊娠してるかもしれない。うちでは猫を飼うのも初めてだし、2匹以上は無理。
私も母も授かった命を奪うことはできないので、このまま外で暮らさせようかと思う。

やだもう勘弁して><
そのまま外でなんて、産まれた子猫はどうせ死んでしまうし、母猫だっていつまで元気でいられるかわからないし。
無事に子猫が生き残っても、それが女の子ならまた子猫を産んでしまいます。
驚いた事に、先に保護した「姫ちゃん」も妊娠の可能性があるのに堕胎も不妊手術もするつもりはないって言うんです。

いや~困りました。
私達は飼い猫に不妊手術をしろと強制する事はできません。
たとえ、外飼いしてる子でも、今の日本では「不妊手術の義務」がないので、無責任、無知で増やしている人に説得以外にする術がありません。

この相談者さんは無責任とかいうのではなく無知なんだと思います。
野良猫の悲惨な状況をよく知らないんです。
健康な体に人間の都合でメスを入れるのは忍びないと言うんです。
姫ちゃんが妊娠していたら産ませて、何とか貰い手を見つけてあげて後は絶対に妊娠しないように気をつけますから!と言うんです。。。

私は、いろんな例をあげて、自分で飼えないなら生ませないで手術&妊娠してたら堕胎して欲しいと必死で説明したんですが、気持ちは揺れているけどどうしても決心がつかない、あまりに悩んで鬱になると言って泣かれてしまいました。(メールなのでイメージですけど)

このままだと残っている「ミケちゃん」の保護さえ諦めてしまいそうだったので、仕方なく「完全室内飼いなら無理に手術しなくても良いですよ。」と言いました。
もし妊娠してたら生ませて里親を探してあげましょう、と。
その代わり、残っている「ミケちゃん」もおうちに入れてあげて、2度と妊娠しないようにしてあげて欲しいと。

もしかしたら「ゆきももこさん、なんて甘い!」とお叱りを受けるかもしれません。
でも、正しいと思っていても強引に強制すれば何もかもだめになるので、こういう相談者にはある程度の妥協が必要だと思います。

生ませるのを認めてあげるのは私は本当は辛いです。
生まれたらどんなに可愛いかは知ってます。
でも、その子達の里親探しがどうなるか、また里親になってくれる人がいたなら本当は殺されないで済んだ子がもらってもらえたのではないか、と思えるから・・・。

とにかく無事に残りの子も保護すること。
ちゃんと病院に連れて行って診察を受けさせること。
そして、完全室内飼いで猫と幸せに暮らせること。

これだけやってもらえれば良しとしました。
数日後、お外に残っていた「ミケちゃん」も無事に保護して、二匹とも妊娠していないことが無事にわかりました。
(子猫を産ませて里親探しをしましょう!と言った責任があるので、心底ほっとしました^^;)

今、相談者さん母娘は、2匹の子猫との生活に一喜一憂してがんばっています。
これから徐々に猫との暮らし、猫の生態、日本の猫事情、猫を飼う人としての責任など色々学んでくれればと思います。

by yukimomoko | 2008-02-05 15:33 | 猫活動・日本の愛護事情  

<< 早朝の捕獲 猫を捨てるということ・無責任に... >>