ゆきももこの猫夢日記

早朝の捕獲

H文谷のある公園で餌やりをしている人から捕獲の依頼があり捕獲してきました。
e0144012_15411456.jpg


この人はボランティアではなくいわゆる「猫おばさん」と言われる人達で、一応自分が餌をあげている猫の避妊去勢や餌場の掃除など心がけています。
けれど、こういう「猫おばさん」は年配の方が多いので、体が思うように動かなかったりとか捕獲の仕方がわからないとかで、抱っこできる猫以外の猫は手術ができないままで困っているんです。

今朝の依頼は「最近現れた子がメスっぽい。それに妊娠しているようだ。」との事。
まだ寒い時期だけど、一昨日ネットに乳飲み子の里親募集が出ていたからもう出産している子もいるみたい。
依頼の子が妊娠しているかどうかはっきりわからないけど、もし妊娠していたらできるだけ早く手術してあげないと可哀想なので早めにする事にしました。

殆どの餌やりさんは一目につかないように深夜に餌をあげている場合が多いけど、この人は朝の5時からでした。
餌やりが無責任餌やりで協力してくれないとすっごい大変なんですけど、餌やりさんが協力してくれたら猫はすぐに来るので、あとは簡単です。

簡単とはいえ女の子は用心深いのでけっこう時間がかかります。
今朝の子は1時間以上かかりました。
でも子猫が産まれないためにやらないといけないことなので苦にはなりません。

今回の病院搬送は餌やりさんがしてくれるので楽チン^^
明日明後日の東京は雪になるらしいので3泊くらいさせてもらってからリリースします。
どうか妊娠してませんように。
<< 生意気ぴすけ 避妊手術と堕胎 >>