猫活動の覚悟

H賀さんが倒れて色々大変だけど、実は何よりも大変なのがボラ仲間をなだめることなんです。
何しろこの人達は、私のようにしたくてしているのではないので、猫活動をやるという覚悟がないと言うか根性が欠けていると言うか。

H賀さんがいつか倒れたらこうなるのはわかっていた事なのに、「どうしようどうしよう」と泣き喚くばかりで 。。。

H賀さんが心配で泣くんじゃないんです。
外猫のえさやりを代わりにしなくちゃいけないから泣いてるんです。
挙句に「H賀さん、猫を置いていくなんてひどい!」とか「家猫を預かってくれる人がいるなら外猫を一匹でも預かってもらえないかなあ?」とか勝手な事ばっかり言いやがるんで ーー;

毎日のえさやりはたしかに大変なんです。
大体H賀さんがやっていた範囲が広すぎたんだから、無茶で無理な事をしていたんだけど、今さら泣いても仕方ないじゃないですか。
体がきつくてしんどいなら、一日置きにするとか範囲を少しずつ狭くしていくとか妥協するしかないじゃないですか。
猫は可哀想だけど、他にも餌を貰っているはずなんですよね・・・。

でも、そう言ったら「ゆきこさんはえさやりしてないから、あの子達を見たらそんな事言えないのよ~。」と責めるんですよ。
あのねえ・・・やりたくないっってあんまり愚痴るからそう言ってるんじゃないーー;

本当に心配で可哀想と思うなら、順番に少しずつ保護して、残りの子は苛められないように住民に理解を求めるしかないんですよ。
2年前からそう言ってたんだけど「だって・・・。」と言うばっかりで。
そりゃあね。仕事もしてるのに夜中のえさやりはきついと思います。
手伝えなくて悪いと思います。

大体ね、H賀さんをサポートするために作った会のはずなんですが、「置いていくなんてひどい」なんてどうして言えるんだろう?
「H賀さん心配しないであとは任せて。今までお疲れ様。」ってなんで言えないんだろう?
「家猫の預かりがあるなら外猫預かって」なんて勝手なことどうして言えるんだろう?
預かり先に猫1匹頼むのがどんだけ大変か本当にわかっているの?

挙句に「ゆきももこさんは餌やりしないから・・・」?
それを言っちゃあおしまいですよ。

やるなら泣き言言わないでやる。やれないならやれないでやれる事だけやる。
そうでないと続けられないと思います。

by yukimomoko | 2008-01-08 15:40 | 猫活動・日本の愛護事情  

<< ぴすけの犬歯ゲット H賀さんとH賀さんの猫達 >>