ゆきももこの猫夢日記

2013年 02月 07日 ( 1 )

野良猫が増えて困っています

e0144012_13505186.jpg

自分で餌付けしている猫が増えてしまって、「どうしたら良いかわからず困っている」という相談はとても多くあります。

また、自分は餌付けしていないけれど、自宅周囲や通勤途中や会社周囲で野良猫が増えて、困っているという相談も時々あります。

自分が餌付けしていない人からの相談は、残念ながらほとんどが相談と言うよりは「ああボランティアさんボランティアさん、猫なんとかしてください。あ、言っておきますが私は無関係ですから。」という丸投げで、そのほとんどがTNRではなく「保護」の依頼です。
餌付けしていない人が、自分が苦労をしてまで野良猫問題を解決しようと思ってくれるなんて、ほとんど稀ですもんねえ。。。

言うまでもなく、ボランティアは常に自分の周りの案件だけでいっぱいいっぱいで、丸投げ相談で保護を引き受けるような余裕はどこのボランティアもありません。
それに、目の前の猫をただ保護するだけでは、問題の根本は解決しません。

e0144012_1354618.jpg

大田区のリーフレットが簡単でわかりやすいのでご紹介します。

野良猫・飼い主不明の猫がどうも最近増えたな・・・と思ったら、
問題を解決するには、TNR活動、地域猫活動が一番効果があります。
e0144012_13573536.jpg

 ◆不妊手術
 ◆餌付けの管理
 ◆糞尿の管理
 ◆周囲の清掃

1.まず、餌やり(野良猫に餌をあげている人)と、猫に迷惑している人を見つけること(餌やりは、定期的にあげている人だけでなく、不定期にあげている人の協力も必要です。)、猫の数と性別を把握すること、猫が現れる場所と時間帯を把握すること。これはTNR(不妊手術をして元の場所に戻すこと)を効率良く行うためにとても重要です。
e0144012_140860.jpg


2.仲間を見つけ、不妊手術を行う。
e0144012_142414.jpg


3.餌やりの場所や時間などルールをきちんと決め、後片付けもする
e0144012_145040.jpg

※2.と3.は順序が逆になってもかまいません。

4.決めたことを実地した後は、その後も取りこぼしが子猫をどこかで産んだりしていないか、捨て猫やどこかで繁殖させられている猫が増えていないか、流れてきて居ついた猫がいないか、など、【猫の数が増えたらすぐに気がつけるよう、数や特徴を継続して管理する事】も重要ポイントです。
e0144012_1473413.jpg


これが、本当のTNRなのです。闇雲に、ただ行き当たりばったりで捕まった猫だけ手術すれば良いというものではないし、手術をしたらそれで終わりというのでもいけないのです。

そして、これらを地域ぐるみで取り組むことが、いわゆる「地域猫活動」というもので、野良猫問題を解決する一番効果的な方法なのです。
e0144012_1494376.jpg


e0144012_14104880.jpg


どこまでやるかはケースバイケースですが、餌やりをしている人であろうと餌やりしてない人だろうと、【相談してきた本人が責任を持って動く】という点は同じで、

私たちボランティアがお手伝いできる事は、
1.や3.のやり方をアドバイスすること。 2.で捕獲が困難な猫の捕獲指導や代理捕獲を行うこと。 4.でもし里親探しができるような子猫が発生した時に、里親探しのフォローをすること。

それくらいなのです。

野良猫問題は地域の社会問題。
理想通りにやれなくても、少しずつできることから始めてみませんか?

拡散希望!!
3月9日@原宿 ねこひと会里親会!【震災から2年 ぼく達を忘れないで!】写真展も開催!
http://www.satoya-boshu.net/keiji/viewtopic.php?f=3&t=2146


↓ポチっと応援お願いします
にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ



ねこひと会では、福島原発被災猫の一時預かり様を募集しています。
ねこひと会で保護している被災動物一覧はこちら→
また、猫の移動の際の搬送ボランティアさんも募集しています。
詳細はこちら→


ねこひと会の保護猫は、NPO法人nekonoko の定期譲渡会、Smile Catの定期譲渡会に参加するほか、各保護宅にていつでも面会可能です。

*******************************
リンクのご協力お願いします!
       ◆◆◆SOS!世田谷区連続猫虐待事件!◆◆◆
e0144012_5262467.gif

◆ゆきももこの特に読んで欲しい日記◆

ねこひと会・里親募集中の子達
一時預かり、搬送協力常に募集中です!

↓一日一ポチよろしくお願いします
にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ