2017年 04月 01日 ( 3 )

 

しょうぶ、食べれません

2017年04月01日23:08
しょうぶが日に日に良くなくなっていて、毎日ほとんどまともに食べれてないので、仕方なくちゅーるをあげています。

ちゅーるだけはまだいくらでも食べれる勢いで食べてくれます。
あとは、以前好きだった物も本当に舐める程度でやめてしまいます。

点滴を50だけ増やそうかと試みたけど、吸収しなくてやっぱり、200㏄/1日がマックスです。
受診しても仕方ないしな…と思うけど、心の準備のために今の状態を把握しておきたいな、という気持ちもあるけど、
やっぱりなかなか受け入れがたいと言うか
しょうぶが、かわいすぎて辛い。
最近、私の側を離れないようになりました。

この前、ニュースでパンダの赤ちゃん見たけど、しょうぶに似てると思いました。これホントよ d(-_-;)
まじでパンダの赤ちゃんと同じくらい可愛いのです。

乳呑み子が来てから、すごく気にして少しだけ活気が出て授乳の邪魔をします。
それが、困るけど嬉しいです。



↓ポチっと応援お願いします
にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ

◇ご支援のお願い◇

ねこひと会の保護猫は、NPO法人nekonokoの定期譲渡会Smile Catの定期譲渡会に参加するほか、各保護宅にていつでも面会可能です。

お問い合わせは ねこひと会 yukimomoko55nekohito@gmail.com まで

※里親希望の方必読※【譲渡方針・譲渡の流れ】

【ねこひと会はフォスターペアレントも募集中♪】

*******************************
◆ゆきももこの特に読んで欲しい日記◆
◆ゆきももこの特に読んで欲しい日記2◆

↓一日一ポチよろしくお願いします
にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ

by yukimomoko | 2017-04-01 23:08 | 【頭の大きなしょうぶ】募集中  

めも(カボが終わる…、乳呑み子きた、イギー春だから裸に)

2017年04月01日23:06
乳呑み子ボラのアムちゃんに、しみトモ面白いよと勧められて読み出したコミコだけど、私が読んでいた漫画のしみトモ、おだやかじゃないね、喫茶店、ちよこや、高圧ポメ、ほとんど終わってしまうことになって
特にカボ!が道半ばで打ち切り最終回になるとわかった3月半ばからもうほんと気力がなくなって辛くて、まるで、希望に満ちてこれから社会人としてがんばろう!と思っていた新社会人の息子がふいに事故にでも遭ってやりたかったことが全て不可能になって、それでも悲しさや不安や不満を隠して元気に振る舞おうとしている、そんな姿をただ見ているだけで何もしてあげることが出来ない母親のような悲しさで、
とうとうその最終回が来週に迫ってきていて、もう大袈裟でもなんでもなく本当に気持ちが暗くて、書きたいことがたくさんあったはずの作者さんの気持ちを思うと悲しくて泣いてたんですが、このままの状態で1週間も過ごしたら私は参ってしまうと思って、さっきとうとう初めての課金して来週の先読みをしてしまいました。
読んで、それでますます泣きました。
今も泣きそうです。。
作者さんもカボ達も大好きでした(T_T)
コメ欄の熱烈カボ軍団の中に私と同じくらい本気で悲しんでいる人が何人もいます。
どうしてもどうしても、秋先生にカボの続きを書いて欲しいです(T_T)


と、本当はカボのコメント欄で書きたいんですが、コメントの仕方が未だにわからなくて
この気持ちを一体どうしたら…(T_T)

いい歳のおばさんがと引かれると思うのですが、ゆきももこは漫画が大好きなんです。
猫の事だけがんばってると思って応援して下さってた方をもしがっかりさせたならすみません… (T人T)



猫の方は、それなりにそれどころではなくて、
まず、しょうぶもだけど、ペコも食べさせる苦労は相変わらずで、毎日メタカム6滴。これで何とか食べれるけど、5滴に減らすともう食べれない。
7滴だとだいぶ食べる気になって催促もあるけど、6滴で食べてるなら出来るだけ量は絞っていきたい。


そんなこんなで猫の事をしなくちゃいけないのに、カボが終わることが悲しすぎてダラダラ怠けていたら、案の定と言うかバチが当たって、夕方から乳呑み子が来てしまいました。
生後約3日が、2ひき
体重は90と100です。

1時間~2時間おきの授乳でたったの2~4㏄飲んでます
なかなか難しいです


ただ、最近元気がなかったしょうぶが、乳呑み子をすごく気にして少し活気が出て授乳の邪魔をします
困るけど嬉しいです


イギーの服がもうみすぼらしいので一昨日脱がせて裸のイギーにしました。
そしたらマヨのイギー虐めがまた激しくなってしまいました。
裸だとムカつくのでしょうか?



もうまたミルクやらなくちゃ…



↓ポチっと応援お願いします
にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ

◇ご支援のお願い◇

ねこひと会の保護猫は、NPO法人nekonokoの定期譲渡会Smile Catの定期譲渡会に参加するほか、各保護宅にていつでも面会可能です。

お問い合わせは ねこひと会 yukimomoko55nekohito@gmail.com まで

※里親希望の方必読※【譲渡方針・譲渡の流れ】

【ねこひと会はフォスターペアレントも募集中♪】

*******************************
◆ゆきももこの特に読んで欲しい日記◆
◆ゆきももこの特に読んで欲しい日記2◆

↓一日一ポチよろしくお願いします
にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ

by yukimomoko | 2017-04-01 23:06 | うちの猫とゆきももこの気持ち  

熊本県センターの2つの事件について

(この日記を読む前に、1つ前と2つ前の日記も見てくださいね。)

私は身近な事でイッパイイッパイなので、手が出せないような話は極力見ないようにしているし、お世話になったボラさん達のお手伝いも全然出来ていません。

でも、先日、マリアさんから熊本県センターによる2つの事件について、熊本県警に意見を送ってくれと言われたので、取り急ぎの意見を送ったのですが、1度見てしまうともうダメで、それからどうにもこの件が気になってたまりません。

結さんに確認したら、この件の署名は今後も無期限で(事件が解決するまで)続けるという事なので、私も書くことにしました。


熊本県は、平成26年からの動物愛護推進10年計画において、

センター引取数 50%減 、譲渡返還率 倍増 という10年後の目標を立てていました。

それなのに収容される以外にも、積極的に捕まえて引き取り数を自ら増やし、譲渡・返還どころか、 職員の判断で勝手に殺したなんて、どうしてそんな事になったのでしょう。

まず、熊本市のセンターやボランティアががんばってもがんばっても収容される動物が一向減らないのは、もはや震災は関係なく、
動物を終生飼養しなくてはいけないという県民の意識が低いからなのです。

収容された動物を安易に殺してしまった職員も、殺処分を減らそうという意識が低いのです。

この件について、
「病気や人に危害を及ぼす恐れのある動物を外に出すのは危険なので間違っていない」という趣旨の発言をした熊本県知事も、同じ程度の認識しかないということなのです。

熊本市センター職員さんと地元ボランティアさん達の業績で「熊本県は殺処分ゼロ」と良いイメージを持たれていましたが、
熊本県の本当の姿は愛護とはほど遠い意識の低さ、ということが明るみになったのが今回の事件なのだと思います。

もしかしたら、

「熊本県のセンターは処分する為の施設だったんでしょ? だったら収容された動物を処分したからって何が問題なの? 県に報告しなかったのはまずいのかもしれないけど…結局処分される運命だったんでしょ?仕方ないんじゃないの?」

なんて思っている人もいるかもしれません。

少し説明をすると、
たしかに、熊本県のセンターは殺処分の為の施設でした。
殺処分ゼロとして有名なのは、県のではなく熊本「市」のセンターのほうなのです。

それが、去年の震災があって、飼い猫が収容されてくる可能性が高くなったため、熊本県は県のセンターのほうでも殺処分停止の措置をとっていました。

そして震災後、東京都では全国自治体に先駆けて、熊本県動物管理センター収容犬猫を引き取り、里親探しをしてきました。

言うまでもなく、 熊本県が収容動物を殺処分するような事態にならないための手助けです。

ねこひと会でも、数匹と小数ながら熊本の被災猫を引き取り、幸せにするために尽力してきました。

ところが、今回明るみになった事件。

その殺処分停止措置期間中にも関わらず、熊本県の動物管理センター職員が県からの許可のない犬猫の殺処分を行った。。
しかも県への報告もせず内々で行ったわけですから、
行政による殺処分とは明らかに違ったもので、県職員による違法な殺処分、動物の虐殺と捉えられると思います。

そして、収容された動物以外にも、敷地内に迷いこんで来た猫を、わざわざ捕獲器で捕らえ、飼い猫の可能性があったにも関わらず、これも内々に殺処分してしまった件。

これももしかしたら、
「センターとか保健所が猫を捕獲して処分するのは当たり前の業務なんじゃないの?」

なんて思っている人もいるかもしれません。

しかし、どんな苦情があっても、行政が外にいる健康な猫を捕獲するという事はありません。
行政が外にいる猫(たとえそれが野良猫だったとしても)をわざわざ捕獲器で捕獲し、殺してしまうなどあってはならない異常な事なのです。

以上の事から、 一連のことは動物の愛護及び管理に関する法律違反と捉えられても仕方ない事なのです。

また 熊本県の動物管理センターでは、全国からの支援金で潤沢な資金が確保されているにも関わらず、収容動物は満足に餌も与えられず、負傷や病気があっても医療措置もとられず放置されるという事が日常的に行われています。

今、熊本県知事が『動物管理センター』の名称を『動物愛護センター』に変え、収容動物の殺処分をゼロにするという理想を掲げて話題になっています。
もちろんその事には賛同しますが

目標実現するためには、知事はまず足元で起きた動物愛護法違反の事柄をきちんと検証しておく必要があるはずです。

ここより転載(犬猫救済の輪活動ブログより)
僕たちだって生きたかった。
僕たちの声になってください。
二度とこのような悲劇がおきないように、
弘済会を告発するように知事にお願いしてください。
知事に、正しく理解していただかなくては、殺処分されてしまいます。


熊本県知事への直行便
https://www.pref.kumamoto.jp/chiji/entry/pub/AnsForm.aspx?c_id=6&entry_ins=1

熊本県知事室 秘書課
電話    096-333-2022
ファックス 096-385-2066
メール   hisyo@pref.kumamoto.lg.jp





↓ポチっと応援お願いします
にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ

◇ご支援のお願い◇

ねこひと会の保護猫は、NPO法人nekonokoの定期譲渡会Smile Catの定期譲渡会に参加するほか、各保護宅にていつでも面会可能です。

お問い合わせは ねこひと会 yukimomoko55nekohito@gmail.com まで

※里親希望の方必読※【譲渡方針・譲渡の流れ】

【ねこひと会はフォスターペアレントも募集中♪】

*******************************
◆ゆきももこの特に読んで欲しい日記◆
◆ゆきももこの特に読んで欲しい日記2◆

↓一日一ポチよろしくお願いします
にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ

by yukimomoko | 2017-04-01 03:00 | 【熊本被災猫】募集中