ゆきももこの猫夢日記

カテゴリ:ねこひと会について( 6 )

ねこひと会は安易な譲渡はしません

飼い主のいない動物に飼い主を見つける活動をしている人は、それそれが色んな事情や考え方で活動をしていると思います。

ねこひと会では、保護猫の新しい飼い主探しについて、「里親」という言葉を敢えて使ってきました。そして、今後もそうするつもりでいます。
それは、ペットとしての猫ではなく我が子として、単なる飼い主ではなく親として、保護猫達を愛育して欲しいという願いが込められているからです。

ねこひと会の里親さんへの条件は色々ありますが、けして【狭き門】ではありません。
独り暮らし、共働き、男性、猫初心者、小さなお子さまがいるご家庭…全てその生活環境や猫の状態・性格により譲渡可能です。

しかしながら、審査は厳しく行います。

安易な譲渡は安易な飼い主を作り、不幸な動物を増やす事を知って欲しいのです。

審査を厳しくしたら助けられる数が減るのではないか?という意見がありますが、
安易な譲渡で不幸な子を増やすよりもましであるとねこひと会は考えます。

どんな人と関わったかで動物の運命は変わります。
私は、せめて自分が関わった子だけは何としても幸せにしてあげたい。
力及ばず不幸な結果になってしまった時は、死ぬまでその罪を悔いて背負いたい。

ねこひと会は、そんな気持ちで里親探しをしています。

ーーーー

ねこひと会の里親探しについて

アンケート、身分証の提示、保証人の承諾、基本の飼育指導、飼育環境の確認、繁殖禁止、後々までの近況報告、契約書への署名捺印をお願いします。

詳しくはこちらをご覧ください。
→【譲渡の流れ】
http://yukimomoko.exblog.jp/i130/




↓ポチっと応援お願いします
にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ

◇ご支援のお願い◇

ねこひと会の保護猫は、NPO法人nekonokoの定期譲渡会Smile Catの定期譲渡会に参加するほか、各保護宅にていつでも面会可能です。

お問い合わせは ねこひと会 yukimomoko55nekohito@gmail.com まで

※里親希望の方必読※【譲渡方針・譲渡の流れ】

【ねこひと会はフォスターペアレントも募集中♪】

*******************************
◆ゆきももこの特に読んで欲しい日記◆
◆ゆきももこの特に読んで欲しい日記2◆

↓一日一ポチよろしくお願いします
にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ

TNRの猫達

e0144012_14430627.png
e0144012_14432428.png
e0144012_14434188.png
e0144012_14440744.png
e0144012_14442669.png

この子達はねこひと会でTNR(捕まえて不妊手術を施し元の場所に戻す事)された野良猫達です。(2015~2016年の一部)

怒り、戸惑い、怯えたまなざし。
本来の目は、もっと優しいのを知っています。又このまなざしが飼い猫になれば変わるのも、知っています。
どんなに怯えていても、お家があって愛してくれる人がいて、そして時間をかけてもらえれば、みんな優しい目に変わるのです。
人を信じて、甘える、優しい目に。

全国で起きている飼い主のいない猫(野良猫)を巡るトラブルや、毎日たくさん殺処分される猫の数を少しでも減らすために、野良猫の不妊手術をする活動(TNR)が行われています。
これは、全国の自治体が、動物愛護推進計画として取り組んでいる活動です。

猫達は、身勝手な人間に増やされ、今度は人間の都合で怖い思いをして不自然な体にされ、また過酷な外に放されます。

野良猫が迷惑だと声を荒げる人達へ。
ほんの少しだけ彼らを哀れんでください。
無責任・無関心な人間が悪いのであって猫に罪はないのです。


ーーーー

■ねこひと会のTNRは、基本は相談者さんや行政からの依頼で行います。(活動許容範囲:大田区、目黒区、品川区、世田谷区、港区、神奈川県は東京寄りならば可能)
■ねこひと会でTNRを行う場合の費用は、基本は相談者さんにご負担をお願いします。
■作業は無料ですが、搬送する場合はガソリン代をいただく場合があります。
■手術費用に関しては、区により助成金の額や申請方法が違うので、わからない場合はご指導いたします。
■ねこひと会でTNRされる猫は、基本は子宮と卵巣の全摘出、耳カット(不妊手術の目印)を施し、2泊してからリリースされます。
■ねこひと会では妊婦猫を捕獲した場合、基本的には堕胎をしています。また、授乳中の場合は捕獲出来ない場合もあります。


※遠方でも捕獲のご指導致します。
悩むよりまずはご相談ください。


ねこひと会とは


🐈ねこひと会とは🐈

「ねこひと会」は、犬猫の殺処分ゼロを目指す、個人ボランティアのグループです。

主な活動は、行き場のない猫の里親探し、TNR活動、人と猫の関わり方についての啓発、猫の飼育やトラブルなどへのアドバイスなどです。

「ねこひと会」は、里親探しを通じて、飼育放棄、遺棄や虐待、などの不適切な飼育をする飼い主をなくすよう努めています。

「ねこひと会」は、猫を巡る人間同士のトラブルを減らし
人にも猫にも優しい社会になることを目指して活動しています。

「ねこひと会」は、動物愛護精神のもとに
個人個人が無理せずできる活動を行うよう努めています。。

「ねこひと会」の活動は、善意の方々からのご支援により支えられています。




※2013.ねこひと会はメンバー各自が独立して活動することになりました。
旧ねこひと会の活動はこちら
→【ねこひと会過去の活動】http://cathuman.exblog.jp/i19/

いつでもフォスターペアレント募集中(対称猫は随時更新)

ねこひと会では、以前から考えていたフォスターペアレント様の募集をようやく開始することにしました。
フォスターペアレント制度とは、里親になるのは無理だけど、保護中の子のために何か力になりたいという方へ、対象猫に対して、定額で毎月3千円のご支援をお願いするというものです。

私が体を壊したり、他メンバーも多忙だったり、メンバー離脱などでなかなか手が付けられず、気が付いたら構想を告知してから早や2年も経ってしまってました。

その時の記事はこちらになりますがこの制度への想いを書いていますのでご確認ください→【フォスターペアレント制度を考えています】

ねこひと会のフォスターペアレント制度については、いくつかの決まり事を設けましたので、下記ご参照ください。

1.募集対象は、単にご縁がつきにくくて残っている子ではなく、
高齢、病気、超繊細などのハンデがあって、里親探しが難航している保護猫達です。
ハンデのない子は何年残っていても、対象にはなりません。

2.里親募集可能な子は諦めることなく、里親募集も同時進行していきます。

3.フォスターペアレントご希望の方は、対象猫の中から気になる子を選んでいただき、毎月定額でのご支援を継続していただきます。
  (お一人様から複数の子へのご支援も歓迎いたします。)

4.フォスターペアレント様が同じ子に被ると、人気の子は良いのですが、不人気の子が不憫な気持ちになるので1匹1名様とさせていただきます。

5.4と同じ理由で、金額の差がつかないよう、ご支援は毎月最低で3000円均一でお願いいたします。

6.振り込み先は、対象猫専門口座を設けると管理する負担が大きいので、ねこひと会の通常口座への振り込みとなります。

7.ご希望の方は、最初にメールで申し込みをお願いいたします。ご都合が悪くなりフォスターペアレントを抜ける際にも必ずご一報下さるようお願いいたします。

8.フォスターペアレント様には、日常の個別メール対応はできないと思いますのでご了承ください。
  (対象猫達の様子は、出来る限りブログにて定期的にご報告させていただきたいと思います。)

9.対象猫に特別な事態が起きた時、例えば里親さんが内定したとか不幸にも予後不良の病気が発症したとか亡くなったとか、そんな時には出来る限り早くフォスターペアレント様に個別でお知らせをしたいと思います。

10.フォスターペアレント様が対象の猫達に会いたいというご希望は、大変申し訳ないのですが、ご遠慮お願いたします。
  (お客様としてではなく、保護部屋のお世話ボラさんとしていらっしゃっていただける分には歓迎いたします。)

11.10について、対象猫が余命いくばくもなくなった時など、特別な事態の時は、出来る限りご希望に応じ、面会の場を設けたいと思います。

12.対象猫が病気した時の治療や検査については、ねこひと会の方針にお任せくださいますようお願いいたします。

13.対象猫に、幸運にも里親さんが決まった場合の里親さんについては、ねこひと会での見極めを信じていただくようお願いいたします。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

【現在の対象猫】
※2015.2.28 追記
※2015.10.22しょうぶとはぴかむちゃん追加
※2016.7.7 福島の被災猫 クニクニ、熊本の被災猫 ヒバリとリンドウを対称猫に追加
※2016.7.10 虐待現場で保護された礼音と花音を対象猫に追加※2017.5月 礼音と花音は、預け先のsmile catさんが丸受けしてくれる事になりましたので、フォスターペアレント募集は終了します。里親さんはsmile catさんのほうで引き続き募集!応援よろしくお願いいたします!

※2017.4月 飼育困難になった高齢飼い主から引き取ったトマトちゃんを対象猫に追加しました。
※2017.4月 熊本の被災猫 カン太とうさこちゃんを対象猫に追加しました。


★福島の被災猫クニクニ<
e0144012_04314203.jpg


★熊本の被災猫(エイズキャリア)ヒバリ君
e0144012_04334576.jpg


→※追記 里親さん決定にてフォスターペアレントは募集終了!

★熊本の被災猫(エイズキャリア)リンドウちゃん
e0144012_04351822.jpg

→※2016.8.8 フォスターペアレント様決定♪

★虐待現場で保護された礼音と花音
e0144012_21162732.jpg

http://smilecat.jp/satooya/profile_kanon_leon.html
→ ※2017.5月 礼音と花音は、預け先のsmile catさんが丸受けしてくれる事になりましたので、フォスターペアレント募集は終了します。里親さんはsmile catさんのほうで引き続き募集!応援よろしくお願いいたします!

★事故で下半身麻痺になったはぴかむちゃん
e0144012_20225722.jpg
 はぴかむちゃんの保護ブログはこちら→☆ http://yukimomoko.exblog.jp/i122/
→※2016.7.11フォスターペアレント様決定♪


★下半身麻痺・高齢・腎不全の白丸→※2014.9.1追記・フォスターペアレント様決定!追記・2014.10.18虹の橋に引っ越しました
  白丸の保護ブログはこちら→

★白血病母子感染の去年の子猫 小熊ちゃん →※2014.8.11追記・里親様決定にてフォスターペアレント募集終了

★同上 白血病母子感染 ブラウニーちゃん →※2015.8月・フォスターペアレント様決定! ※追記2016.1.4虹の橋に引っ越しました

★同上 白血病母子感染 コンデンスミルクちゃん→※2014.11.9追記・フォスターペアレント様決定!
※追記2016.9.1~トライアル開始にてフォスターペアレントは終了! ※追記2017.1.10里親さんの元で虹の橋に。


★同上 白血病母子感染 蜂蜜ちゃん→※追記・2014.6.13 里親さんのもとで虹の橋に

  小熊~ズの保護ブログはこちら→

★親子の中で1匹だけ白血病陽性が出てしまった房ちゃん
e0144012_19042371.jpg
  房ちゃんの保護ブログはこちら→
※追記→2015.5.16リンパ腫のため虹の橋に・・・


★保護した時すでに白血病陽性だった侘助
 
e0144012_19054995.jpg
  侘助の保護ブログはこちら→ →※2014.9.7追記・フォスターペアレント様決定!
※追記 2016.6.29 慢性腎不全のため虹の橋に

★凶暴家庭内野良のレオ&ペコ →※2014.8.11追記・フォスターペアレント様決定! →※追記 2015.8.20レオ、ペコを残して虹の橋へ

  レオペコの保護ブログはこちら→


★下半身麻痺だけど楽しく暮らすあしたべちゃん
→※追記 2015.9月フォスターペアレント様決定!
e0144012_19074342.jpg
     あしたべちゃんの保護ブログはこちら→


★障害児だけど一生懸命のしょうぶ
e0144012_04002602.jpg
 しょうぶの保護ブログはこちら→
→※追記2015.9月フォスターペアレント様決定!

★お婆ちゃんと暮らしていたとてもとても怖がりのトマトちゃん
e0144012_12100697.jpeg


★熊本被災猫のカン太(エイズキャリア)
e0144012_12113626.jpg


★熊本被災猫のうさこちゃん
e0144012_12124108.jpg






どうぞよろしくお願いいたします。

↓ポチっと応援お願いします
にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ


◇ご支援のお願い◇


ねこひと会はいつでも里親さん募集中~♪

※里親希望の方必読※【譲渡方針・譲渡の流れ】

ねこひと会の保護猫はNPO法人nekonoko の定期譲渡会、Smile Catの定期譲渡会に参加するほか、各保護宅にていつでも面会可能です。

お問い合わせは yukimomoko55nekohito@gmail.com まで

*******************************

◆ゆきももこの特に読んで欲しい日記◆


↓一日一ポチよろしくお願いします
にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ

なぜ里親さんにお金の負担をお願いするか

以前、匿名さんからこんな質問のメールをいただきました。

「保健所などから保護した犬猫について、センターで引き取る際にかかった以上の金額を里親に請求することはありますか?
例えば、血液検査・不妊去勢手術、検便、駆虫、ワクチンが済んだ状態でセンターからほぼ無料で引き取った犬猫について、引き取ってからの病気の有無に関わらず医療費として1頭あたり2~3万の金額を請求するような事です。 」



【お答え】
他の自治体のことはわかりませんが、東京都の愛護センターからボランティアに引き渡してもらえる猫は、簡単なノミ駆除、3種ワクチン、成猫であれば不妊・去勢手術、頼めば検便 程度の処置がされています。

エイズ・白血病の検査はされていません。

そうした処置費用はセンター持ちなので、ボランティアに請求されることはないので【完全無料】です。
ですが、当会の保護猫の里親になっていただく場合、里親さんへのお金のご負担は「保護猫にかかった医療費」という名目で一律でお願いしています。
これはセンター猫に限ってのことではなく、譲渡費用というのはあくまでも私達の活動へのご支援ということでいただいているので、
いただく金額=その猫にかかった費用の実費ということではないのです。


金額設定は、参加させていただいている里親会(譲渡会)の主催の方が一律で決めてくださっているので、里親会で決まった子についてはそれに沿って、里親会以外で決まった子についても、それに準じた額で頂いています。

旧・ねこひと会で保護した被災地の猫については、当初は行政や一般の善意の方から、かなりの額の被災猫用ご支援をいただいていましたが、だからと言って、被災猫の里親さんからお金をいただかない、という事はしませんでした。
(最初はいただかなかったりという事もありましたが、被災猫には、高額なご支援を上回る高額な保護費がかかったりで、当時のメンバーで色々話し合った末に、通常通りにご負担をお願いすることになりました。)

要するに、譲渡費用は活動へのご支援なので、センター出身であろうと相談者からの引き取りであろうと、被災猫であろうと飼い主放棄の猫であろうと、すぐに里親さんが決まった場合であろうと、里親さんへの費用負担はお願いしているということで、その費用は必ずしも実費ではないということです。



里親さんへお金の一部負担を一律でお願いする理由としては、

1.保護している間にどれくらいのお金がかかるかは、猫の状態や保護期間によって1匹1匹全然違うので、1匹ずつ個別設定するのは無理があるため

2.私達の活動は、お金持ちの趣味や道楽ではなく、行政の方針と動物愛護の精神に添った社会活動ですが、行政からの資金援助は一切なく、すべて個人の私財を使っての活動です。
そして私達は、一般の善意の方からのご支援により支えられているので、里親さんになる方に無料で保護猫を譲渡するのは、むしろ不誠実で非常識だと思っています。

3.費用のご負担をお願いすることで、里親希望の方に命ある動物の飼い主になるという自覚を持ってもらいたいため。また、里親さんが猫にお金をかけて大切にしてくれるかどうかの判断の一つにもなります。(実際に「1万円もかかるなら要らない」と辞退する人も時々います。)

4.日本では、動物のボランティア活動について、何もかも無償で提供するべきだと勘違いをしている人が多いので、
行政からの支援も何もなく、個人が私財を投じて不幸な猫を減らす努力をしているという事実を知ってもらいたいため。

などかな、と考えています。


ボランティアの活動について、まったく無知な方には、この説明だけでは分かかりにくいかもしれないので、
動物ボランティアがどんなふうにお金を使い、里親さんへどんな説明をして請求しているかなど、例を幾つか挙げてみます。

例えば、愛護センターで1回目のワクチンをしていても、子猫だとかなり幼齢でされている場合が多いので、その場合はノーカウント・・・ボランティアが追加で2回行い、計3回となりますが、里親さんに「ワクチンは3回しています」と説明はしても、3回分のワクチン代を請求することはありません。

例えば、保護後あっという間に里親さんが決まった子の場合は、医療費だけでなく食費もほとんどかかっていませんが、逆になかなか里親さんが決まらない子は、保護しているだけで食費が月に2~3千円かかることになります。
年を越せば、またその年の分のワクチンもしなくてはいけません。
当会の場合は、保護が長くなるとエイズ・白血病の検査の再検査をすることもありますし、ある程度歳のいった成猫では年に一度血液検査も行います。
けれど、それら全ての医療費のご負担を里親さんにお願いする事は、よほどの何か特例でない限りありません。

当会で3年ほど前、マリアさんが愛護センターから引き出した成猫は、重度の障害があったので高額な治療を施しましたが、残念ながら死んでしまいました。
(つまり、すべての保護猫に里親さんが見つかるわけではないので、里親さんが決まらなかった猫の場合は、当然里親さんからのお金は入りません。難病やエイズ・白血病キャリアで居残っている子達然りです。)

それに、ほとんどの保護子猫は、下痢や風邪や寄生虫などで、医療費はとてもかかっていますが、どんなに医療費がかかった子でも、その里親さんに「風邪の時の医療費をください」「下痢の時の治療費もください」とはとても言えません。(すごい金額になってしまう事もあります^^;)

医療費に関しては、当会ではかかりつけの先生が保護活動への理解があり、ボランティア価格でかなり安く診てもらえます。
しかし、すべてのボランティアがボランティア対応の獣医を利用できているとは限りません。
当会にしても、かかりつけの獣医が休診日の時などは、通常の料金を払って別の病院の診察を受ける場合もありますし、難病の場合は、専門の病院があると聞けば、遠くてもがんばって受診することもあります。
夜に急変があり、緊急病院にタクシーを飛ばして行くこともしばしばです。
が、そういう痛い出費があっても、里親さんへ請求することはありません。

また、医療費のみではなく他にもいろいろと出費があります。
当会でも、体の弱い子には特別食を与え、高額なサプリを与え、冬はすべての部屋の暖房、夏は冷房、除菌のための消毒もけっこうかかりますし、
被災地への往復高速代、ガソリン代、ひっきりなしにかかる相談TELなどの携帯代。譲渡会を主催している団体であれば、その会場費、宣伝費、駐車代。。。

これくらい例えを出せば、ボランティアの出費がいかに多いかわかっていただけるでしょうか?

ボランティアの活動を理解していただくことは、不幸な猫を減らすための啓蒙活動の一環でもある、と当会では考えています。

こうした活動を続けるにはお金が必要で、そのお金は、ご賛同いただける方、「活動はできないけれど何か協力をしたい」と思ってくださる方からいただく。
そして、そのお金を支えにして、また一生懸命実働に励む。

というのが動物ボランティアのあるべき姿勢だと当会は思っています。

とはいえ、ボランティアの活動内容もお金事情も、一般の方はまったく知りませんし、また、疑い深い人や愛護に悪意のある人達から、お金の面で誹謗中傷を受ける場合も多いのはたしかなので、里親さんからお金をいただく場合は、事前の説明が必須だと思います。

もちろん、活動の報告と収支報告もとても大事だと思います。

私は「抜け」も「落ち」も多く、収支や活動報告も遅れがちですが、
ありがたいことに、里親さん側からはいつもご理解いただき、今のところお金に関しての苦情もトラブルもありません。

私がこの活動を始めた頃は、「里親さんにお金の請求なんてしたら猫をもらってもらえない」と言って、泣く泣く自腹で活動している保護主が多かったのですが、最近は保護主の意識も里親さん側の意識もずいぶん変わってきたおかげなのだと思います。

意識を変えることが活動を支え、不幸な猫を1匹でも多く助けることが出来る。
そのために、里親さんにお金の負担をお願いするのは、必要だと思うのです。


↓ポチっと応援お願いします
にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ


★更新しました→【ねこひと会活動収支報告】

◇ご支援のお願い◇


ねこひと会の保護猫は、NPO法人nekonoko の定期譲渡会、Smile Catの定期譲渡会に参加するほか、各保護宅にていつでも面会可能です。

*******************************

◆ゆきももこの特に読んで欲しい日記◆


↓一日一ポチよろしくお願いします
にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ

ねこひと会へのご支援のお願い

◇ねこひと会へのご支援のお願い◇

お振り込み先

 ★みずほ銀行  
   みずほ銀行戸越支店
 (普)ねこひと会 123-2180141 ネコヒトカイ

 ★郵貯      
   ゆうちょ銀行 記号10010-  番号29555501  ネコヒトカイ   



 ★他行からゆうちょ口座にお振り込みの場合  
    ゆうちょ銀行〇〇八店(ゼロゼロハチ店)店番008 普通 口座番号2955550 ネコヒトカイ

上記口座はご支援専用口座です。
振り込まれる方・振り込まれた方はご一報いただけると非常に助かります。


★物資のご支援も助かります。

頂けると特に助かる物
・ヒルズ ad缶
・ロイヤルカナン ウルトラソフトムース ベビーキャット
・カルカン子猫用パウチ
・高齢猫用のフード(ペースト状などの食べやすい物)
・ペットシート(60×60)※違うサイズでも歓迎
・使い捨てカイロ
・ダンボールの爪研ぎ
・食欲のない子や懐いていない子用のオヤツ(焼きカツオのパウチ(高齢用)やちゅーるなどよく使います)

※離乳用の缶詰や子猫用のカリカリはお陰様で十分足りております。
また腎不全や尿路疾患用の治療食も足りております。

※カリカリは大袋ではなく、できれば小分けになっていると助かります。



★ご支援物資送付先  大変お手数ですが、一度お問い合わせメールをくださいませ。

★お問い合わせアドレス 
   yukimomoko55nekohito@gmail.com

いただいたご支援については、ブログ上で会計報告いたします。

(個人からのご支援についてはお振込み名のイニシャルを表記させていただきます)


ねこひと会では、活動に必要な寄付金・支援金・支援物資を募集しています。
保護猫は成猫・子猫にかかわらず体調がすぐれない子も多く
医療費の他にも良質のフードや高額なサプリ代もかかっています。
なにとぞお力添えをよろしくお願い致します。

※旧ねこひと会の口座は、各メンバー独立により閉鎖しました→


↓ポチっと応援お願いします
にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ

ねこひと会の保護猫は、NPO法人nekonoko の定期譲渡会、Smile Catの定期譲渡会に参加するほか、各保護宅にていつでも面会可能です。

*******************************
リンクのご協力お願いします!
       ◆◆◆SOS!世田谷区連続猫虐待事件!◆◆◆
e0144012_5262467.gif

◆ゆきももこの特に読んで欲しい日記◆


↓一日一ポチよろしくお願いします
にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ