ゆきももこの猫夢日記

カテゴリ:動物に関する事件やニュース( 53 )

捕まりました

夕方、ボーイとガールの現場のボラさんに担当の刑事さんから、虐待の犯人が捕ったと報告があったそうです。

ニュースによると40代の男で、現場のすぐ近くの住民だったようです。
猫が嫌いとか餌やりへの嫌がらせとかではなく、単なる鬱憤晴らしで10匹の猫を殺したと。
犠牲になった子の数は現場ボラさんが把握していた数とほぼ合っていました。。

保護できなかった子達が心配だったので、一安心しました。


■猫に熱湯掛け殺す=容疑で41歳男逮捕―警視庁
(時事通信社 - 04月26日 19:01)
http://news.mixi.jp/view_news.pl?media_id=4&from=diary&id=3966247


↓ポチっと応援お願いします
にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ

◇ご支援のお願い◇

ねこひと会の保護猫は、NPO法人nekonoko の定期譲渡会、Smile Catの定期譲渡会に参加するほか、各保護宅にていつでも面会可能です。
お問い合わせは ねこひと会 yukimomoko55nekohito@gmail.com まで

※里親希望の方必読※【譲渡方針・譲渡の流れ】

【ねこひと会はフォスターペアレントも募集中♪】

*******************************
◆ゆきももこの特に読んで欲しい日記◆
◆ゆきももこの特に読んで欲しい日記2◆

↓一日一ポチよろしくお願いします
にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ

速報!川崎市猫虐待・里親詐欺事件判決

被告 廣瀬勝海

判決 懲役3年、執行猶予5年

取り急ぎ。


にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ

ねこひと会では、福島原発被災猫の一時預かり様を募集しています。
ねこひと会で保護している被災動物一覧はこちら→
また、猫の移動の際の搬送ボランティアさんも募集しています。
詳細はこちら→

ペットを探している飼い主様に教えてあげてください!
飼い主さんが自分で投稿もできます!
【アニマルファインダー】

希望者には無料で送付します!
【被災保護動物リスト集を作る会・この子達を保護しています】

応援しています!
にゃんこはうす
e0144012_38464.gif


*******************************
リンクのご協力お願いします!
       ◆◆◆SOS!世田谷区連続猫虐待事件!◆◆◆
e0144012_5262467.gif

◆ゆきももこの特に読んで欲しい日記◆

ねこひと会・里親募集中の子達
一時預かり、搬送協力常に募集中です!

↓一日一ポチよろしくお願いします
にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ

川崎市猫虐待里親詐欺事件第2回公判(後半)

関連日記【川崎市猫虐待里親詐欺事件第2回公判】より続く~



いよいよ被告人の尋問になりました。
被告人は、一貫して【悪びれず、言葉多く】な態度。

◆弁護士の尋問により

事件当時無職であったが、月に2回は面接を受け、就職活動に励んでいたこと
仕事については医師からは無理にしなくて良いと言われたこと
障害者支給は手続き中であること
過去の仕事中に躁鬱になったのは上司のイジワルのせいだということ

などを答弁する。

言葉数が多く、上司に虐められたことなどは得意げにも見えるくらいの話しぶり。
笑いも混じる。


父親の仕事を丸々引き継いだのか?

「いえ、丸々は(笑)」

履歴書を書く時に苦痛とか?

「苦痛ですね(笑)」

それはなぜ?

「間違えないように書く、文字をうまく書く、というのが苦痛。字が震えるのも苦痛。その3点ですね。」

虐待もストレスからか?

「そうですね。」

なぜ猫だったのか?犬は?

「猫が馴染みだった。ワンちゃんは鳴いちゃう(笑) 亀でも良いかなと思ったが(笑)亀は水槽を洗うのが面倒(笑)」

(笑い連発・・・)

猫以外に暴力は?

「3人の子供がいるが手を挙げたことはない。妻には喧嘩の時にビンタ数回(笑)」

子供とは今も会うのか?

「頻繁に(笑)今も面会に来る(笑)子供とも遊ぶ(笑)」

(離婚して妻側に引き取られた子供達からも今なお慕われている良き父親だと言いたいのか。)



「5月(事件最初)に猫に求めたものは?」

「癒しですね。」「実は昔インコも飼っていたが、かごを開けた時に飛び出して蛍光灯にぶつかって死んだ。こんなにすぐ死ぬなら可哀相だね、と言ってもうそれから飼わなかった(笑)」

(インコのカゴを部屋で開けたとたんに死ぬほど蛍光灯にぶつかったりするだろうか?)

猫達を虐待した時の心情について質問され、

思い通りにいかなかったからか → 「はい」
腹を立ててやったのか → 「はい」
征服感のようなものを感じたのか → 「はい」

それらは躁鬱病が関わっていると思うか

「躁なら躁がずっととか欝なら欝がずっととかではなく、躁と欝がぐるぐる瞬時に入れ替わる感じ」 

(弁護士の立証1の『ラピットサイクル』をここで主張!)

被害者に猫を殺したとメールで伝えた時の気持ちは?
自分ではやめたいのにやめられなかったのでこれでやめられる、というようなことを言い、自分で行っていたおぞましい所業を心では止めたいと思っていたような主張。

グンとニコルの世話をどうしていたかを質問された時は「おトイレしたらすぐきれいにしてあげたり、お水もすぐ換えてあげたり・・・」と、やたら「お」をつけた話し方をしていたが、この質問の時も、「もう疲れちゃった」「猫ちゃん」「ミスティちゃん」「大事な、猫ちゃん、ミスティちゃん」というような、なんとも【良い子】ぶった話し方。

(被害者や傍聴席一同にとっては、「殺したくせに、被害者の前で『ちゃん』なんか付けるな!」と感じたと思います。)

被害者から「警察に通報する」と返事が来た時の気持ちは?との問いに、動物愛護管理法、と言おうとしてなかなか言えず、笑う。

「動愛法で、虐待は罰せられると多少なりとも知っていたので、処罰を受けるだろうな、と思った」

それは自暴自棄な感じ?それとも反省?

「後者です!」 大きな声で即答。

自分の行動をどう思っているか?

「けして少なくない頭数の猫ちゃん、14、5匹だと思いますが、猫ちゃんが成仏できるよう日々祈ってます。実際世間に出て、社会に出て猫ちゃんに関わらないようにした方がよいのかもしれませんが、ボランティア活動に身を呈してもよいのではないかと思ってます。」

(あまりに身のほど知らずと言うか、罪や自身をわかっていないと言うか、この身勝手発言には傍聴席一同どよめきと忍び声が漏れる。)  
(被害猫の数をどうしてはっきり言えないのか!? )
(それに、ここでも被害者への謝罪の言葉はなし!)

◆被害猫の数

弁護士は、席を立ち、被告人の元に行き、嘆願書を見せて被害猫の数を問う。
嘆願書に書いている数の数12組20匹ではなく、14、5匹であると答える被告。

(嘘!わかっているだけで20匹以上いるのはわかっているのに、平然と嘘を言う被告!)

「もしかしたら20匹近いと思うが、20匹を超えることはないです。記憶としては14、5匹なので、そっちが正しいです。」

(嘆願書は被害者が数を割り増しして作ったかのようにするための尋問。)


ここで弁護士からの尋問が終了。
すると、被告は突然「ちょっと良いですか。一言だけ」と言い出す。


◆被害弁済についての廣瀬の発言

「自分はお金がないので、被害弁済は長い目でみてほしい。よろしくお願いします。」という内容。
裁判官に向って、規律して一礼。

(お金で解決できることではない!心から反省し悔いてくれれば、被害者の心はどれだけ救われるだろう。それがまったくわかっていない!)



◆検察からの尋問

ここでの被告は、【てへぺろ笑い】炸裂といった感じでした。
話すのが嬉しい、聞いてもらえるのが楽しい、というようにも見えました。

父親から猫を飼ってはいけないと言われたのに、どうして飼ったのか?の問いに

「飼いたいものは飼いたいって感じですかね(笑)」

インターネットの掲示板から猫をただで手に入れるようになったのはなぜか?の問いに

「お金をかけてまで飼うものではないし(笑)」

被害者について、商売の業者からではなく猫を愛して保護活動をしている人から騙し取ることについてどう思っていたのか?との問いに

「猫に愛情を持っている人たちだなあ、熱心に活動しているなあと思った。」
「(騙し取ることは)黙っていればそうそう見つからないと甘く捉えていた(笑)」

検察は、ペット業者と違って保護活動をしている人達が、猫を大事に育て、適正に飼育できる人に譲渡するために審査等行い、幸せにしてもらえると信じて譲渡していることを再三主張してくださいました。
そうした、被害者達から猫を騙し取るということの惨さ、被害者に与えるダメージなどは考えなかったのか?との問いに、

「そこまでは考えが及んでなかったですね。」


◆虐待の仕方、心情

(ここでは、沈黙する場面もありましたが、自分の所業を思い出して悔恨の念で言葉が出なくなる、というのではなく、正直に思い出せない、という沈黙であったと思います。)


スキとキラを放り投げて頭を踏みつけた時の感触はどうだったか?との問いに

「逆上してたので正直。。。(沈黙)」「覚えていない」

数回踏んづけて、その後顔を確認したということだが?との問いに

(逆上していて覚えていない、と言いながら、切れ切れに話し続け)

「数回踏み付け・・・タバコをにじるようにして顔を確認したら歪んでいたので・・・」
「やっちゃった!」「やっちゃったな!と思いました。」

やっちゃった、というのは?

「血が、階段の踊り場が血糊でだいぶ汚れて掃除しないといけないな、残酷な現場になってました(笑)」

スキを殺して部屋に戻ってどうしましたか?

「キラが怯えて威嚇したので、じゃあお前も同じ目に遭わせてやると、同じように放り投げました。
「こう・・・(片手を出しガチャポンを回すような手つき)、アパートのコンクリのところに顔を正面から数回ぶつけました。」

右手で小さく丸めて前に突き出すように手を差し出してましたが、投げたのではなく、ぶつけたということですか?その後、顔を見たんですか?

「はい。スキは歪んでいましたがキラは歪むと言うより潰れていました。」

(平然と残酷な描写を正確に述べる被告!)

よく観察してますね。と検察に言われ、「あ(笑)はい。」


◆躁鬱病で精神喪失状態だったと主張

マルとパクをもらうと決まっていたのにさらに続けてスキとキラをもらったのはなぜか?

「どの猫を幾日にもらってといった、日にちの前後関係がマヒして覚えてない。」

今回の事件の間も躁と鬱がぐるぐるしていたのか?
逆上すると歯止めが利かないという自覚はあるか?それは病気のせいか、性格のせいか?

「(書き取らなかったが、やたら長い前置きをして)性格か躁鬱か自分では判断できない」と。


◆躁鬱病について

検察の尋問が終わり、裁判官から「薬は飲んでるんですか?飲むとある程度抑えられるということですか?」と質問あり。「はい」と答える。

事件当時は飲んでいたか?

「やや雑でした。一気に3日分とか(笑)」

(あくまでも、犯行は逆上したから、逆上するのは病気のせいで、その病気は薬で抑えられるという主張。)

検察からは、「主治医の診断書に躁の時に見られる症状は、【怒りっぽくなる】ではなく【浪費】とありますよ、自分で自覚したほうが良いですよ」、と指摘される。

(自己の症状を把握していないのは、病気の治療に前向きに取り組んでいるという被告や証人(両親)の主張と矛盾するということ。)


◆裁判官より

癒しが目的と言っていたが、猫を飼ったのは癒しが目的だったのではないのか?

「そうですね。この後何らかの形で刑を与えられて実社会へ出て行くと思いますが、正直猫とは関わりたくないです。(笑)」

(問いへの答えになっていない!それに弁護士からの尋問の時には「ボランティアになって尽くす」ようなことを言っていたのにここでは「関わりたくない」!やはり、先の言葉は心から出たものではなかったということなのでは?)


被害者の心情は被害弁償を受け入れる状況でないということはわかっているか?
署名が数万あるということについて、どう考えているか?

「社会的反響というか、猫を愛する方が多いんだな、私が思っていた以上に反響が大きいんだなと。」

(最後の最後まで被害者への言葉はなし! )


◆求刑

検察より、執行猶予なしの、懲役3年が求刑されました。

検察は、被告の犯行を【積極的】【狡猾】と述べ、被害者は利益目的の業者ではなく、猫の保護活動に真摯に従事している人達であること、その里親探しの仕方も審査や契約書をもって慎重に行っていたことを強調、その被害者の受けた精神的苦痛の大きさを訴え、この犯行が単なる【動物愛護法違反】ではないと主張、被告が初犯であることを考慮しても、その被害数の多さ、供述時の悪びれない態度などから、厳罰に処すべきと述べました。

(この間の被告は、また閉眼で無表情でしたが、しらっとした感じ。)

弁護士は、事実争いはしない(事実は認めるということ)が、初犯であることと、躁鬱病であること、すでに社会的制裁を受けていること等から執行猶予付きが相当である、などと述べました。

(この時、被告は目をぎょろっろ開け、傍聴席を見たり、また閉じたり。)


◆被告の最終陳述

「14、5匹のかわいい猫ちゃんをいとも残虐に殺してしまったこと大きく反省しております。亡くなった命はもう戻ってきませんが、これから不幸な猫ちゃんが一匹でも出てこないことを祈って私自身、殺してしまった猫ちゃんの成仏を一生かけて祈って参りたいと思っています。ありがとうございました。」



以上です。



閉廷、17時ジャスト。
次は5月23日 13:30~ 同法廷にて。【判決】になります。


帰り道の電車から書いたように、閉廷してからは、傍聴席一同、抑えていた怒り、悲しみが一気にどっと溢れて、涙がこみ上げるのを我慢できませんでした。
あの両親の「たかが猫くらいでとんだことだ」とでも思っていそうな態度。横柄な話しぶり。
被告の、笑い混じりの供述。惨い殺し方。
被害者に対しどう思うか?と何度か問われたにも関わらず、とうとう一度も謝罪の言葉がなかった被告。
被害者の方達が掲げていた写真に写った、愛らしい、愛らしい子達。なんの罪もない、無垢な子猫達。
幸せにね、元気でね、と送り出した、その直後に大事な子を殺されていた被害者の方達。。。

今も日本中で、同じような犯行が起きているのです。
たくさんの署名や被害者の思いが、裁判官にどうか伝わりますようにと、40時間近く経った今も、胸が苦しくなる思いでいます。

初犯で求刑が3年だと、実刑は難しいのでは?ということを言う人もいましたが、来ていた報道の方からは、「(実刑の)期待はできる」とも聞きました。

あとはもう祈るしかありません。


最後に、被害に遭った子達の写真を一枚だけ、被害者の方達のご了承を得ましたので、ここに載せます。
e0144012_3164599.jpg


私が聞いた、スキちゃん、キラちゃん、チビちゃん、ハナちゃん、コブちゃん、チップちゃん、ミスティちゃん、蘭丸ちゃん、グンちゃん、ニコルちゃん、私は名前を聞いていない子達、また、きっと名前も付けられることもなく殺された子達、どうかどうか安らかに。

より詳細で正確な傍聴記録は被害者の方のブログへ→【みりんたらさんのブログ・カテゴリ廣瀬勝海事件】




↓ブログランキングの応援お願いします
にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ

ねこひと会では、福島原発被災猫の一時預かり様を募集しています。
ねこひと会で保護している被災動物一覧はこちら→
また、猫の移動の際の搬送ボランティアさんも募集しています。
詳細はこちら→

ペットを探している飼い主様に教えてあげてください!
飼い主さんが自分で投稿もできます!
【アニマルファインダー】

希望者には無料で送付します!
【被災保護動物リスト集を作る会・この子達を保護しています】

応援しています!
にゃんこはうす
e0144012_38464.gif


*******************************
リンクのご協力お願いします!
       ◆◆◆SOS!世田谷区連続猫虐待事件!◆◆◆
e0144012_5262467.gif

◆ゆきももこの特に読んで欲しい日記◆

ねこひと会・里親募集中の子達
一時預かり、搬送協力常に募集中です!

↓一日一ポチよろしくお願いします
にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ

川崎市猫虐待里親詐欺事件第2回公判

【事件概要】

【第一回公判の記事】

2回目の裁判傍聴に行ってきました。
いつも私は、裁判傍聴の記事は事実だけを書き、自分の主観は別記するのですが、検察や弁護士がどういう意図で尋問し、それに答えた被告人や証人の態度がどうだったか、というのを書きたいと思います。
となると、事実だけではなく、私の主観も入った記事になることを最初にご理解ください。

それから、1回目公判の記事にはあえて書きませんでしたが、今回は被告人の供述した具体的な虐待の方法も書きますので、負担になる方はご注意ください。
被害に遭った子達の元気だった時の姿も、被害者の方の許可をいただいたらお見せしたいです。


・・・・・・・・・・

本日、時間は14時30分からでしたが、やはり傍聴希望者が多かったので抽選になり、当たった人だけが13時半から入館しました。
前回と同じ法廷で、傍聴席は60、うち報道関係者用が6席。

今回は、2012年2月13日と4月10日に追起訴された分の罪状(詐欺罪)、及び証拠等資料の確認のあと、証人と被告人に対する弁護人と検察からの尋問がありました。



被告・廣瀬は前回と同じ緑色のトレーナーで、やはり同じ茶髪に金髪が混じって、少しそれが伸びた髪。
まったくやつれた様子のないふくよかな体格で現れました。
前回と同じく伏目で無表情。
ただ、裁判官が話す時だけは、まるで心象を良くするために弁護士から指導でもされているかのように裁判官のほうに顔を向け、それは裁判中ずっと忘れることはありませんでした。

その胡散臭い態度だけでなく、私が裁判中通して感じたことは、第1回目と同じ被告はまったく反省しているように見えなかったことです。

最初の何分間か、被告は明らかに眠そうで、10分ほど経過した時に、【コックリ】したのをはっきり見ましたし、供述が始まってからも、何度も笑い混じりの話し方をして、他人事のように話しぶりでした。

笑い混じりというのは、自分の言葉に照れ笑いすることがあるでしょう?「あ、今俺変なこと言っちゃった!」「我ながら今のちょっと面白くね?」的な。または、少しお恥ずかしいんですが・・・的な照れ笑い、今風に言うと、あれです、【てへぺろ】。

そんな感じの笑いです。度が過ぎると、【ヘラヘラ】と言っても良いくらいの、そんな(笑)でした。
それは、証人として出頭した両親も同様でした。
罪を悔いていれば、とてもそんな話し方になれるものではないと思います。

彼らの口から出る言葉に笑いが混じるたびに、たぶん傍聴席全員が怒りと悔しさで煮えくり返りそうになっていたと思います。



検察も裁判官も前回と違う人でした。
弁護士のほうはちょっとはっきりしませんが、やはり違う人だったように思います。

検察は超早口で、聞き取りにくく、最初は「やる気ないの?」と少し不安を感じましたが、罪状等読み上げる時には、単なる動物愛護管理法違反ということだけでなく、被害者が【不幸な猫を減らすために身心を削って活動している人達】であることを強調し、その精神的被害を訴え、被告人の所業の卑劣さを強調してくださいました。

弁護士も、尻すぼみな話し方で、非常に聞き取りにくかったです。
あんな被告人には、通り一遍の弁護しかする気にならないのだろうな、と、そうであってほしいと、聞いていて思いました。

裁判官は、前回は下ばかり見てやる気がなく、「動物虐待みたいなショボイ事件はどうでも良いんだよ。」とでも思っているような、とてもひどい裁判官だったのですが、今回の裁判官は、優しい口調ながら、話す相手の顔をちゃんと見て熱心に聞き入ってましたし、傍聴席からすすり泣きが聞こえると、目を向けしっかり見たりもしていました。


◆資料確認

最初に資料の確認がありましたが、資料は傍聴席には見えませんし、「資料○○ページの××行目△△項目が・・・」など、しかもぼそぼそと小さな声ですから、さっぱりわかりません。
この、資料の確認は開廷から十数分経った頃だと思いますが、被告が居眠りしそうになり頭を【コックリ】したのはこの時でした。
私たちは、検察が何を言っているか必死で耳を傾けていたのに、当の被告はコックリ・・・とは!



◆被害者の心情

検察より、被害者の心情が述べられました。

被害者Kさん・・・被告には心から反省してほしい。それができないなら、一生刑務所に入っていてほしい。

被害者Kさん・・・自分が被告を信じて猫を渡したせいで猫が惨い目に遭った。猫への懺悔の気持ちは一生消えない。被告には厳しい実刑を望む。

被害者Tさん・・・自分の猫は生きて取り戻せたが、戻った猫は愛玩動物として致命的なトラウマを負った。これは自分のせいだと自分で自分を責めてしまう。被告は反省しているとは思えない。必ず再犯すると思う。



(この時の被告は、閉眼のままでしたが、瞼が少しぴくぴく動き、一度薄目を開けました。
多少は聞いているが、反省でではなく反発のような感じかなと思いました。)



◆嘆願書

検察は、被告を厳罰に処して欲しいという願いで全国から集められた嘆願書を提出。
机の上に高く積んで総数を告げ「まだまだ今現在も届いている」と言いました。



◆猫の保護にかかった費用

各被害者が、被害猫を保護している間にかかった費用を述べました。
これは、詐欺罪ですから、現実的にお金の被害を訴えるためなのでしょうか?
けれど、金額の問題ではない!というのがその場にいた一同の共通した思いだと思います。


◆被告の供述に基づく猫の虐殺した時の心境等

痛めつけてぐったりした子猫の咽喉をドライバーで刺すと耳から鮮血が出た時は快感を感じた。
シッポの曲がっているのが気に入らないと思い、ハサミで根元から切った。など。


(この時の被告は相変わらず閉眼だが、多少聞いている様子。こぶしを握っているが強くではない。)


◆被告人の供述に基づく、被告人が猫を騙し取って虐殺を繰り返すようになるに至るまでの経緯

最初は愛護センターで1匹の子猫を譲り受け、しばらく育てたが、外に逃げてしまい、追いかけるとバイクの下に隠れた。捕まえようとしてバイクを押すとバイクが倒れて下敷きになり子猫は死んだ。またセンターで譲り受けようとしたが、「外に逃がすような人にはあげられない」とはっきり断わられた。そこで動物病院で子猫を貰い受けたが、先天的な病気で病院にかけたり介護したがすぐに死んでしまった。やっぱり野良猫はすぐ死ぬと思い、今度はペットショップで9万円で3ヶ月の子猫を買い、10日間ほど育てたが、いう事をきかないと往復ビンタをしたり風呂に沈めたりして殺した。その時は「ご主人様」のような快感。次にインターネットで子猫を貰い受けることを考えるようになり、2匹の子猫を貰い受け、本当は育ててその2匹に子供を生まそうと考えたが、結局すぐに殺した。その頃から育てる意思はまったくなくなり殺すためにインターネットの掲示板で猫を探すようになった。

というような供述を、検察にする際も、まったく悪びれず(検察も感じている!)に話したという。


(この頃、被告はようやく眠気が覚めたようで時々目を開け、検察を見たりしていた。)


弱いものを「支配」しているという感覚でストレス解消になった。
チビとハナという子猫は、首を絞め、玄関のドアに投げつけて殺した。
蘭丸という子猫は、元親に返して欲しいと言われ返した。
コブという子猫は、数時間玄関のドアに叩きつけ殺し、やはり元親に遺体を引き取らせた。
チップという子猫は長く生きたほうで、1~2週間の間デコピンなどで痛めつけていたが天井に投げつけて殺した。死体はゴミ袋に入れてゴミに出した。


(傍聴席後方からは嗚咽。最前列で被害猫達の写真を掲げていた被害者の方だろうか、その方の写真を持つ手も震えていた。)



」◆弁護士の立証
弁護士から8つの立証が出されました。無論、刑罰を軽くするため情状酌量を訴えるのが目的です。

1.精神科の医師の証言より~ 被告はH19から躁うつ病で通院。症状は軽度の躁、中軽度の欝であり、常に躁か欝かである「ラピットサイクル」という症状である。

(第一回公判では、精神的疾患についてはまったく触れていなかったのに、やはり来たか、という感じです。
なんでもかんでも精神疾患と言えば罪にならないというお決まりの逃げ口。)

2.元妻から℡での証言より~ 離婚した原因は、欝がひどくなり引きこもってしまったため。自分への暴力は喧嘩した時に殴る蹴るなどあったがその程度。3人の子供達への暴力はない。

3.ロイヤルカナンのキャットフード購入の記録

(標準以上のフードを買っていたんですよ、可愛がっていたんですよ、と言いたいのか。)

4.マイクロチップの挿入証明

(ショップで買った子猫?よく聞き取れなかった。マイクロチップを入れるほど可愛がっていたと?気分にそんなにムラがあるなら、流行物に飛びつくように思いつきで入れることもあるだろう。結局殺したのになんの言い訳になるのか。)


5.アニコム保険への申し込み

(だからそれがなんだというのか?結局殺したではないか!というのは4と同じ。)

6. (書き取れず)

7. (書き取れず)

8. (書き取れず)


(6~8は書き取らなかったので忘れてしまいましたが、聞いていて、「要するに飼育の意思があったと言いたいわけね!1~5同様、そんなの殺した言い訳にならない!」と感じました。)


◆証人尋問 ~ 父親が弁護側の証人として登場しました。

被告は父親に一礼した後、また閉眼で無表情。

こんなことは言いたくないのですが、父親は、「この親にしてこの子か!」・・・と言いたくなるような態度でした。

自分の息子がこんな酷い所業を行ったというのに、世間様申し訳ありません・・・という様子が微塵も感じられません。
堂々として、と言っても過言でない態度で、大きな声でまるで世間話でもするかのような話し方。

弁護士からの質問に、逆質したり、長々と熱弁をふるおうとするので、弁護士からも裁判官からもたしなめられる場面が何度もありました。
なんと言っても傍聴席一同の怒りを買ったであろうことは、時々笑いを交えて話すのです。
私は、父親が笑った回数を付けていますが、4回笑いました。


弁護士からは、被告人の仕事や別居の理由、病気、病気の原因、など質問があり、
「被告が躁鬱病を病んでいたこと」
「その原因は仕事のストレスであったと思われること」
「躁鬱病を患ってからは人が変わったように(本来は優しいと主張)なったこと」
「家族も被告自身も治療の努力をしたこと」

など証言。

(要するに、「病気になったのは辛いことがあったからだ。病気は治療の努力をしたが治らなかった。事件を起したのは病気のせいだ。」と主張したいのです。)


次に、被告が猫を飼いたいと相談した時のことや、飼いだした時について質問。

「アパートで飼えるなら飼えば良い、と言いました。」 
(息子は猫を問題なく飼える!という主張したいのですね!)

「『猫を見に来て。可愛いよ』なんてメールもきましたしね~。」
(息子は猫を可愛がっていたし、それをメールしてくるほど親子の絆もあると主張したいのです!)

今回の事件については?と聞かれ

「想像もできません!」と大きな、いばったような言い方。

しかし実際にこうした事件を起してしまった、その原因はなんだと思うか?との質問に

「原因ですか~?難しいなあ。」   (のんきな言い方!他人事か!!)

「病気のせいですね(笑)」

今後の更生を家族がするという話で、同居ではなく「近くに住んで」と言う父親に対し「なぜ別居なのか?」と質問され

「家が狭いことと・・・プライバシーもありますしね!(笑)」


検察から「被告が猫を飼いたいと言った時に、これは被告の供述ですが、『お前じゃ猫は飼えないぞ』と言ったそうですが?」との質問に「さあ、ちょっと記憶にありませんね~」

「被告は、以前自分が妹の猫にデコピンをしていたのを知っていてそう言ったのだろうと言ってますが?」との質問に
「デコピンとは!?ああ!(アハ!という笑)さあ、聞いたかもしれないが見ていない。」

裁判官から、被告の離婚についての相談はあったか?との質問に
「そういうのは家内のほうが(笑)」


(被告人はと言うと、この時は父親の答弁ということで余裕が出たのか、眼をぎょろりと開けてチラチラ傍聴席を見ている。)


◆母親への尋問

続いて母親が登場。
父親があんなでも、もしかしたら母親はさすがに泣くのでは?と少し期待したのですが、見事に裏切られました。

母親は、声は小さかったですが、やはり何の悪びれた様子もなく、被告が小さい時からいざこざを嫌う優しい子だと主張。
妹に優しい。
学校で虐める、虐められる、といった心配は一切なかった。

「問題はなかった?」との質問に 「高校で遅刻するくらいで(笑)」と。

「妹の野良猫を可愛がろうとして懐かれなくて(笑)」

「交通事故に遭った猫を抱えてきて『おふくろ、なんとか助けてやってくれ』といったこともあったんですよ。」

それはいつ?

「結婚2~3年目です。病気になる前です。」 (病気になる前は優しい子だったと言いたいのだ。)

猫を飼いだしてから相談はあったか?

「懐かなくて寂しいとか(笑)」

「事件を起した原因は?」との質問には、「離婚による寂しさ、癒されたい。イライラが募って」など
また「人間に暴力が向くことは絶対にない」と主張。

「気が小さいんですよ、血を見たくない性格。包丁を置かないでと(笑)包丁を出しておくと、ちゃんとしまってください、と言うような(笑)」

事件の猫への虐待について

「全然気がつかなかった。10月には可愛がっていた。」

(息子が猫を次々殺していたことにまったく気がつかなかったような母親が、どういう確信を持って「人への危害は絶対ない!」と言い切れるのか?)

高校の頃に妹の猫にデコピンなどしていたのは知っているか?の質問に

「はい、ええ、虐待じゃないです(笑)少しかまいすぎるんですね(笑)それで嫌がられていたのだと思います。」

検察から、被告の病気について、一緒に病院に行ったことがあるかと質問。

「病院には一度もない」

(父親が病気の治療に親子で努力したという主張と矛盾。検察は両親の責任も追及している。)

裁判官からも質問
(内容は書きとめられなかったが、検察と重複するような内容。母親は笑い混じりで応答。)


息子がこのようなことを起し、親として今後どのようにしたいか?との問いに、父親も母親も、再犯しないよう更生させる、(ただし同居ではなく別居で)など応答。

こうして笑い混じりで尋問が終わったが、両親とも、被害者への謝罪の言葉は一切ありませんでした。


(母親が退場する際も被告人は特に表情の変化なし)

30分しかなかった1回目と違って、2時間半に渡った今回の裁判。

長くなりますので、被告人の尋問は後半へ続きます。
【川崎市猫虐待里親詐欺事件第2回公判(後半)】




↓応援お願いします
にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ

ねこひと会では、福島原発被災猫の一時預かり様を募集しています。
ねこひと会で保護している被災動物一覧はこちら→
また、猫の移動の際の搬送ボランティアさんも募集しています。
詳細はこちら→

ペットを探している飼い主様に教えてあげてください!
飼い主さんが自分で投稿もできます!
【アニマルファインダー】

希望者には無料で送付します!
【被災保護動物リスト集を作る会・この子達を保護しています】

応援しています!
にゃんこはうす
e0144012_38464.gif


*******************************
リンクのご協力お願いします!
       ◆◆◆SOS!世田谷区連続猫虐待事件!◆◆◆
e0144012_5262467.gif

◆ゆきももこの特に読んで欲しい日記◆

ねこひと会・里親募集中の子達
一時預かり、搬送協力常に募集中です!

↓一日一ポチよろしくお願いします
にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ

30万の子犬、来た日に衰弱死…ペット通販苦情

30万の子犬、来た日に衰弱死…ペット通販苦情

 犬や猫のインターネット販売を巡るトラブルが相次いでいる。

 「購入後すぐ死んだ」「代金を払ったのに届かない」といった苦情は、国民生活センターが統計を取り始めた2006年度以降、昨年度までに約960件に上る。国は年内にも動物愛護法を改正し、対面販売の義務化を盛り込む方向で検討している。

 ネット販売では、業者のサイトに掲載された写真から客が好きなペットを選び、メールで注文するのが一般的。一度に多種類から選べ、価格も店頭販売より1~2割程度安い場合が多く、人気を集めている。

 国民生活センターによると、ペットのネット販売に関する相談は、熊本県内の特定業者への苦情が相次いで急増した09年度を除き、年間150件前後で推移。昨年度は164件(速報値)だった。

 ペットが感染症にかかっていることが多く、神奈川県の20歳代女性が30万円で購入、空輸で送られてきた子犬は、空港で引き取った日に体調を崩し、衰弱死した。代金をだまし取られる被害も相次いでおり、同センターは「ネット業者は連絡がとりにくくトラブル解決が難しい」と指摘する。

 環境省の調査でも、ネット販売などでは2割以上でトラブルが発生。購入されたペットの1割強は、健康状態が悪かったという。

 こうした事態を受け、同省の諮問機関は昨年12月、ネット販売について、業者に対し、事前に購入者とペットとの対面を義務化するよう提言。今月中にも、法改正の骨子案がまとまる見通しだ。

(2012年4月17日16時22分 読売新聞)



『ネット販売について、業者に対し、事前に購入者とペットとの対面を義務化するよう提言。』・・・・・?

一体なにを言ってるのだろう・・・?
そんなわけのわからないことを言っていないで、一日も早くネットの生体販売は全面禁止にしてください。

ボラ仲間たちのもとにも次々と捨て猫が保護されています。
春は転居のシーズン。イコール、捨て猫のシーズンです。
安易に買われた動物達は、安易に捨てられます。


※動物愛護の先進国では、ペットの生体販売は店頭でもされていません。




↓ポチっと応援お願いします
にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ

ねこひと会では、福島原発被災猫の一時預かり様を募集しています。
ねこひと会で保護している被災動物一覧はこちら→
また、猫の移動の際の搬送ボランティアさんも募集しています。
詳細はこちら→

ペットを探している飼い主様に教えてあげてください!
飼い主さんが自分で投稿もできます!
【アニマルファインダー】

希望者には無料で送付します!
【被災保護動物リスト集を作る会・この子達を保護しています】

応援しています!
にゃんこはうす
e0144012_38464.gif


*******************************
リンクのご協力お願いします!
       ◆◆◆SOS!世田谷区連続猫虐待事件!◆◆◆
e0144012_5262467.gif

◆ゆきももこの特に読んで欲しい日記◆

ねこひと会・里親募集中の子達
一時預かり、搬送協力常に募集中です!

↓一日一ポチよろしくお願いします
にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ

川崎市猫虐待里親詐欺事件第一回公判

2012.2.15 13:30~14:30
事件番号・事件名 平成23年(わ)第589号等動物の愛護及び管理に関する法律違反・詐欺

被告人 廣瀬勝海

裁判官 阿部浩巳
書記官 野崎

・・・・・・・・・・・・・・・・・

本日、例の事件の裁判傍聴に行ってきました。


裁判は13時30分開始でしたが、傍聴希望者が2時間前から多数集まり、傍聴席は抽選となりました。
100人強集まったうち、傍聴券が確保できたのは47名、他、報道関係者が7名。
被害者の方達も傍聴券を外してしまって、善意の方に譲っていただいたりしていたようなのですが、中にはとても裁判を傍聴できる心情ではないと、辞退する被害者の方もいたようです。

今回は、検事による起訴事実~起訴状朗読(犯行内容、動機、被告の供述、などの説明)に留まり、時間も、予定は1時間のはずがたったの30分で、14時ジャストに終了。


それでも、被害者の方達も始めて聞くような内容(特に被告の供述内容など)があり、傍聴席からはあちこち嗚咽やすすり泣きが聞こえました。
私も、具体的な話を聞くとかなり堪えてしまって、閉廷してからくやし涙がこみ上げてきました。

起訴事実によると、被告は、完全に自分のストレス発散、歪んだ快楽のためだけに里親募集の猫達をもらい受け、次々と残虐な方法で殺しています。

廣瀬被告は、ネットに流出した写真と同じ金髪のままで、少し伸びた髪をなでつけたような髪型に、同じく写真と同じふくよかな顔、緑色のトレーナーを着て出廷。
裁判官の呼びかけ時には、そちらを向いて淀みなく「はい!」と答え、誠実さをアピールしているように見えました。
裁判中、特にうなだれるという風もなく、ほとんど無表情な顔でじっと前をみていた被告は、大勢の目の前に晒され、被害者のすすり泣きの声を聞きながら、何を考えていたのでしょうか。

一番気になったのが、担当裁判官。
まったくやる気なさ気な感じで不安です。
と思っていたらマイミクさんが教えてくれた記事を見ていっそう不安になりました。


裁判は、裁判官の心情一つでどうにでも変わってしまいます。
たかが猫、と軽く見ていい加減な仕事をしてもらいたくありません。


犠牲になった、グンちゃん、ニコルちゃん、スキちゃん、キラちゃん、ミスティちゃん、助かったけれど心と身体に傷を負ったパクちゃん、マルちゃん、
そして名前がまだ挙がらなかったたくさんの子達と保護主さんの無念が、今後の裁判で晴らされることを願います。



第2回裁判は2012.4.25 14:30~の予定。


事件の詳細が書かれている、被害者のみりんたらさんのブログ

被害者の会の正式なHP

第2回目傍聴記事はこちら→

にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ

ねこひと会では、福島原発被災猫の一時預かり様を募集しています。
ねこひと会で保護している被災動物一覧はこちら→
また、猫の移動の際の搬送ボランティアさんも募集しています。
詳細はこちら→

ペットを探している飼い主様に教えてあげてください!
飼い主さんが自分で投稿もできます!
【アニマルファインダー】

希望者には無料で送付します!
【被災保護動物リスト集を作る会・この子達を保護しています】

応援しています!
にゃんこはうす
e0144012_38464.gif



↓一日一ポチよろしくお願いします
にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ

*******************************
リンクのご協力お願いします!
       ◆◆◆SOS!世田谷区連続猫虐待事件!◆◆◆
e0144012_5262467.gif

◆ゆきももこの特に読んで欲しい日記◆

ねこひと会・里親募集中の子達
一時預かり、搬送協力常に募集中です!
◆◆cat care housueでは、随時里親募集の子の面会可能です♪◆◆ 
             ♪♪毎週プチ里親会開催♪♪
e0144012_13203366.gif

詐欺罪は愛護法違反より重し

詐欺についての日記を2つ(→1つ目2つ目)書いたのですが、里親詐欺の男が詐欺罪で逮捕されたことがどんなにすごいことか、どうもあまりわかっていない人がいるようなので、うちのtanaがもっとわかりやすく書いてくれました。
どうぞtanaのブログ:MADAM-ZOO別館 をご覧下さい。

また、私もずいぶん喜んでいますが、まだ逮捕されただけなので、本当に喜ぶのはまだ早いのです。
逮捕の後は、これを検事が起訴するか。起訴されなければこの話はそこまでです。
検事が起訴すると、あとは裁判で、裁判官がどう判断してどう判決を出すか、ということになるわけなのです。


にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ

ねこひと会では、福島原発被災猫の一時預かり様を募集しています。
ねこひと会で保護している被災動物一覧はこちら→
また、猫の移動の際の搬送ボランティアさんも募集しています。
詳細はこちら→

ペットを探している飼い主様に教えてあげてください!
飼い主さんが自分で投稿もできます!
【アニマルファインダー】

希望者には無料で送付します!
【被災保護動物リスト集を作る会・この子達を保護しています】

応援しています!
にゃんこはうす
e0144012_38464.gif



↓一日一ポチよろしくお願いします
にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ

*******************************
リンクのご協力お願いします!
       ◆◆◆SOS!世田谷区連続猫虐待事件!◆◆◆
e0144012_5262467.gif

◆ゆきももこの特に読んで欲しい日記◆

ねこひと会・里親募集中の子達
一時預かり、搬送協力常に募集中です!
◆◆cat care housueでは、随時里親募集の子の面会可能です♪◆◆ 
             ♪♪毎週プチ里親会開催♪♪
e0144012_13203366.gif

県警が「譲る側にすれば猫は大切な財産」と認定!

昨日、詐欺罪についての記事を書いたばかりですが、今日は嬉しいニュースが入ってきました。
私達の望むように、「猫は譲る側にとっては大切な財産」と認定されての逮捕だったようです。
これは、元親の心情を汲んだということだと思います。
つまり、被害猫が血統書付きでなくても、雑種でも、元野良でも、ハンデのある子でも、ということだと思います。

被害者の方達の無念がこれで少しでも報われますように。

・・・・・・・
猫の里親募集サイト悪用 動物保護装い、虐待多発
2012年1月27日(金)1:25 産経新聞


 譲り受けた猫を、ストレス発散のために虐待する-。神奈川県警が摘発した動物虐待事件の容疑者の犯行ぶりが、愛猫家らに衝撃を与えている。容疑者はインターネット上の掲示板を利用し、愛猫家を装い、猫を引き取っていた。動物の里親を募る掲示板は多数あるが、悪意を持った引き取り手の確認方法がない。「同種事件は他でも起きている」という声もある。

 ◆詐欺の疑いで逮捕

 詐欺容疑で神奈川県警に逮捕されたのは、川崎市麻生区の会社員、広瀬勝海容疑者(45)。昨年11月に動物愛護法違反容疑で逮捕されており再逮捕となった。

 動物の虐待が絡んだ事件で詐欺容疑での逮捕は「極めて異例」(県警)。詐欺罪の立件には、人をだまして財物を交付させていたことの立証が必要。県警は「譲る側にすれば猫は大切な財産」と認定した。

 県警によると、広瀬容疑者は昨年11月、虐待して殺傷する目的にもかかわらず、ネットの「里親募集掲示板」で知り合った東京都内の無職女性(52)から子猫1匹を譲り受け、だまし取った疑い。

 「終生家族の一員として愛情を持って育てる」と書かれた誓約書に署名したが、翌日には猫を川に投げ捨てていた。「ストレス発散のため、虐待できる猫がほしかった」と供述しているという。

 ◆厳罰求め署名活動

 愛猫家の間では広瀬容疑者は“危険人物”として、逮捕前から知られていた。引き取った猫の死骸が見つかるなどしていたからだ。

 猫を渡したことがある里親探しのボランティアの女性によると、広瀬容疑者は「虐待する人間がいますが信じられない。本当にひどい」などと語っていた。

 だが、この女性が知人らと調べただけで、広瀬容疑者は昨年7月から最初の逮捕の11月にかけ21匹の猫を引き取っていた。女性は「取り戻せたのは4匹だけ。5匹が死骸で見つかり、残りは行方不明」と話す。

 この女性らは「悲惨な事件が二度と起こらないように」と厳罰を求める署名活動を展開。4千件の署名が集まったという。

 愛猫家たちにとって衝撃的だったのは、善意が前提の猫の里親探しが、悪意で利用された点だ。

 里親募集掲示板は猫や犬が殺処分される前に、引き取り手を見つけようという人たちが運営している。特定非営利活動法人(NPO法人)が運営主体となっている掲示板だけで、少なくとも20以上ある。中には年間800匹を超える猫や犬を扱う団体もある。

 ペットの法律問題に詳しい細川敦史弁護士は「今回のような問題は全国で起こっている」と指摘する。細川弁護士は平成17年、掲示板を通じ猫14匹を引き取ったのに、飼育を放棄されたとして愛猫家が起こした損害賠償訴訟に携わったことがある。猫の返還を命じる判決が確定したが、1匹も戻ってこなかった。

 掲示板の運営者らは引き渡し前に、面談や自宅の様子を確認するなどの条件を設けている。しかし、細川弁護士は「引き渡し条件のハードルを上げすぎると、引き取り手が減るというジレンマがある」と話す。

 ◆「大事件に発展も」

 猫などの動物虐待事件は後を絶たない。昨年は、埼玉県三郷市などで女子児童らが刃物で刺された事件で逮捕された少年(17)が、猫の殺害もしていたことが分かっている。

 精神科医で東工大教授の影山任佐氏(犯罪精神医学)は「将来に対する不安や家族内の悩みなどのストレスがはけ口として弱い動物に向けられる」と分析。「はけ口を社会的なエネルギーに変えるシステムをつくらなければ、いずれ大事件に発展する危険がある」と指摘している。


にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ

ねこひと会では、福島原発被災猫の一時預かり様を募集しています。
ねこひと会で保護している被災動物一覧はこちら→
また、猫の移動の際の搬送ボランティアさんも募集しています。
詳細はこちら→

ペットを探している飼い主様に教えてあげてください!
飼い主さんが自分で投稿もできます!
【アニマルファインダー】

希望者には無料で送付します!
【被災保護動物リスト集を作る会・この子達を保護しています】

応援しています!
にゃんこはうす
e0144012_38464.gif



↓一日一ポチよろしくお願いします
にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ

*******************************
リンクのご協力お願いします!
       ◆◆◆SOS!世田谷区連続猫虐待事件!◆◆◆
e0144012_5262467.gif

◆ゆきももこの特に読んで欲しい日記◆

ねこひと会・里親募集中の子達
一時預かり、搬送協力常に募集中です!
◆◆cat care housueでは、随時里親募集の子の面会可能です♪◆◆ 
             ♪♪毎週プチ里親会開催♪♪
e0144012_13203366.gif

里親詐欺逮捕の件

里親詐欺・虐殺の事件で、愛護法違反として逮捕されていた男が、詐欺罪として再逮捕されました。

これはすごいことだと思うのです。

なぜなら、詐欺罪というのは、財産を奪う、侵害することがないと適用されないはずだと思うのです。


『近況報告、完全室内飼い、終生飼育、不妊去勢』

ほとんどのボランティアは、これらの条件でもって譲渡していると思います。

ところが、1週間目の近況報告をくださいと言ったら「もうこれは私の猫だ!もう連絡してくるな!お前には関係ない!」と言われたら?
最初から増やすつもりで貰い受け、手術せずに何度も出産させていたとしたら?
事前に聞いていた自己紹介がことごとく嘘だったとしたら?

元親の立場なら怒り心頭、「嘘をつかれた!」「裏切られた!」「騙された!」と思いますよね。
これは「詐欺」でしょ!? だって、嘘をついて騙し取ってるんだから!

これらも悪質な場合は詐欺罪として罰するべきだと願っているので、里親詐欺、里親詐欺といつも言っていますが、

でも、現実は詐欺罪には適用されません。


可愛がると言ってもらいうけ、可愛がりもせず世話もせず、挙句には捨てて、しかも、常習者で繰り返し里親になる。。。

こんな奴でも、うまくやれれば虐待、遺棄罪になるでしょうが、詐欺罪にはならないはずなのです。


猫は法的には「物」扱い。
「物」ということは、所有者の「財産」なのだと思うのですが、ではなぜ詐欺罪適用とならないのか?

それはたぶん、私達にとってはかけがえのない大事な宝です、言わば財産です、といくら言っても、一般的には財産としての価値がないから、という事なのでしょう。
血統書付きの高額な猫だったら、また違うらしいのです。

要するに、法的には「里親詐欺」という詐欺罪はあり得なくて、検挙できることは不可能なはずなのです。

今回のは、だから、本当にすごい!と思ったのです。


今回の件は、お金をかけた保護猫だったということで適用されたのでしょうか?
それとも、私達の望んでいる意味での「里親詐欺罪」としてなのでしょうか?

2月15日の裁判で、詳細がわかると良いのですが。。。

とにかく、詐欺罪で逮捕されたというのは、すごいことだと思うのです。
詐欺罪は、愛護法違反なんかよりもうんと重いですよ。


今後の里親詐欺事件が起きた時に良い判例になってくれればと願います。

もっと詳しく→詐欺罪は愛護法違反より重たし

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

子猫をだまし取り、川へ投げ捨て殺した男を逮捕 .読売新聞

子猫を殺す目的でだまし取ったとして、神奈川県警麻生署は24日、川崎市麻生区岡上、自称会社員広瀬勝海被告(45)(動物愛護法違反で起訴済み)を詐欺容疑で再逮捕した。

 譲り受けた動物の虐待を巡って詐欺容疑を適用するのは全国的にも珍しいという。

 発表によると、広瀬被告は2011年11月、猫の新しい飼い主を捜すインターネット掲示板で知り合った東京都調布市の女性(52)から、虐待して殺傷する目的なのに育てるとうそを言い、雄の子猫1匹を譲り受けた疑い。子猫は引き取った翌日に、自宅近くの川へ投げ捨てて殺したという。調べに対し、広瀬被告は「かわいがる振りをした」などと供述し、容疑を認めている。

 広瀬被告は昨年11月、子猫計3匹を殺したとして動物愛護法違反(殺傷)容疑などで逮捕・起訴された。

(2012年1月25日10時22分 読売新聞)



にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ

ねこひと会では、福島原発被災猫の一時預かり様を募集しています。
ねこひと会で保護している被災動物一覧はこちら→
また、猫の移動の際の搬送ボランティアさんも募集しています。
詳細はこちら→

ペットを探している飼い主様に教えてあげてください!
飼い主さんが自分で投稿もできます!
【アニマルファインダー】

希望者には無料で送付します!
【被災保護動物リスト集を作る会・この子達を保護しています】

応援しています!
にゃんこはうす
e0144012_38464.gif



↓一日一ポチよろしくお願いします
にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ

*******************************
リンクのご協力お願いします!
       ◆◆◆SOS!世田谷区連続猫虐待事件!◆◆◆
e0144012_5262467.gif

◆ゆきももこの特に読んで欲しい日記◆

ねこひと会・里親募集中の子達
一時預かり、搬送協力常に募集中です!
◆◆cat care housueでは、随時里親募集の子の面会可能です♪◆◆ 
             ♪♪毎週プチ里親会開催♪♪
e0144012_13203366.gif

里親詐欺・虐殺事件の初公判期日が決定

被害者の会の方のブログより。


日時:2月15日(水)午後1時30分~
場所:横浜地方裁判所川崎支部



ただの虐待でも許せないのに、里親詐欺というのは、幸せにしたくて大事に育てた子を、「幸せにします」と約束して騙し取り、酷い諸行をするという、本当に最低の行為だと思います。
けれども、この事件は氷山の一角に過ぎず、実際にはもっとたくさんの里親詐欺、虐待、虐殺事件が起きていると思います。
気がつかない、気がついても泣き寝入り、というのがほとんどなのです。
この事件が裁判まで持ち込めたのは、被害者の方の行動力のおかげだと思います。


行方を見守りたいと思います。

関連記事


にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ

ねこひと会では、福島原発被災猫の一時預かり様を募集しています。
ねこひと会で保護している被災動物一覧はこちら→
また、猫の移動の際の搬送ボランティアさんも募集しています。
詳細はこちら→

ペットを探している飼い主様に教えてあげてください!
飼い主さんが自分で投稿もできます!
【アニマルファインダー】

希望者には無料で送付します!
【被災保護動物リスト集を作る会・この子達を保護しています】

応援しています!
にゃんこはうす
e0144012_38464.gif



↓一日一ポチよろしくお願いします
にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ

*******************************
リンクのご協力お願いします!
       ◆◆◆SOS!世田谷区連続猫虐待事件!◆◆◆
e0144012_5262467.gif

◆ゆきももこの特に読んで欲しい日記◆

ねこひと会・里親募集中の子達
一時預かり、搬送協力常に募集中です!
◆◆cat care housueでは、随時里親募集の子の面会可能です♪◆◆ 
             ♪♪毎週プチ里親会開催♪♪
e0144012_13203366.gif