カテゴリ:猫活動・日本の愛護事情( 468 )

 

マイクロチップが入っていた保護猫の飼い主さん判明、の続き

マイクロチップが入っていた保護猫の飼い主さん判明の続きです。

さて、FAMに問い合わせてルーチェに飼い主さんがいる事が判明しました。

めぇちゃんの里親さんは、「これでルーチェは飼い主さんの元に帰れますね♪」と大喜びです。
でも私は、むしろ不安でした。

何しろ、その飼い主は、もう半年以上行方不明になっていた自分の猫を探している様子が全くありませんでした。

管轄の保健所や警察、県と市の愛護センター、どこにも迷子の届け出もありません。
ルーチェは、保護した場所近辺に最低4ヶ月もさ迷って、近辺の住民を心配させていました。
ルーチェの性格から、外で長距離移動したとは思えません。
つまり、もし迷子なら飼い主が探せばすぐに再会出来ていたと思います。

保護された後は近辺や動物病院に「保護しましたチラシ」も貼りましたが、問い合わせもありません。
FAMのHPには迷子の掲示板もありますが、そこにも捜索願いは出ていませんでした。

もし、遺棄でなかったとしても、そんな薄情な飼い主にルーチェを返したくないですよね。
それに、保護してくれてありがとうなんて言ってくれる人とは限りません。
勝手に病院にかけやがって!などと因縁をつける人ではないという保証もありません。
純血のアメショーだからネットで売りに出すんだとか言い出すかもしれません。

でも、所有者がどんな人であろうとどんな飼い方をする人であろうと、法的に【物】扱いの猫は、所有者が返せと言えば返さなくてはいけません。

ルーチェを保護した時から、そういう場合の覚悟もしていました。
もし、不適切な飼育しか出来ない人なら、飼育放棄してこちらに所有権を渡してもらうよう、全力で説得するつもりです。

飼い主への連絡は、最初はFAMが間に入るので直接出来ませんでした。
不安で胃痛になりながら半日待って、FAMから連絡が来ました。

「飼い主様とご連絡が取れたのですが、猫は元カレにあげたので自分にはもう関係ない、と言われております。。。」

やはりね…
元カレにあげたというのも本当かどうか…

と、思いながら聞いていたら、FAMさんがこう続けるのです。

「そこで元カレ様に連絡を取り、状況のご説明をしましたところ、元カレ様も猫を飼えなくなったので人にあげてしまったそうです…。」

元カレにあげたまでは本当だったのか…しかしこれまたひどい…あの子はそんなに転々とした挙げ句外で何ヵ月も凌いできたのか…

「それで?その元カレがあげた人の連絡先はわかるのですか?」

と訊くと

「あげた人との連絡は取れないそうですが、そういう事情なら元カレ様が、自分で引き取ると言われております。」

いやいやいや、とてもじゃないけどそんな人には心配でルーチェは渡せません。

というわけで、その元カレさんと話すことになりました。

なかなか連絡来ないのではと思ったら、FAMとのTELを切ってから10分もしないで元カレさんからTELがかかりました。

たぶん、元カレさんは自分達のした事がどれだけの人に迷惑をかけたのかわかっていないと思います。
何の悪びれもしないで、素直な感じでかけてきましたから。

元カレさんの話では、元カノと一緒にいた頃に、二人で猫を飼おうという話になり、ペットショップで子猫を買った。
その子猫がルーチェです。
その後、彼女と別れる事になり猫は自分が引き取ったが、ほどなく自分も引っ越しの為に飼えなくなった。
保健所に持っていくなんて絶対にしたくなかったから困っていたら、ほとんど行きずりの人が貰ってくれると言い、良い人に見えたのでその人の連絡先も名前も聞かずに猫を渡した、と。

私の予想は正に当たらずも遠からず、だったわけです。(前記事【マイクロチップの登録】参照)


あまりに浅はかで、 愛護のブログを読むような読者さん達はさぞ憤ると思いますが、 この程度の人は一般人にごろごろいるのだと思います。
ただ可愛いだけで後先も考えずペットを買う、普通に無知で浅はかなだけの、素直な善良な若者でした。

私は、もっともっと、たちの悪い人を想定していたので、むしろホッとしました。

そこで、猫の所有権を放棄してこちらに所有権を渡してもらうよう話して、すんなり了解を得る事が出来ました。

FAMの登録ですが、新しい所有者としてこちらの情報に書き換えるには、元の所有者(元カノ)から手続きしなくてはいけないそうです。

もちろん、そんな見ず知らずの元カノにこちらの個人情報を知らせる気にはなりません。
FAMさん自身がTELで、元カノが所有権放棄する事を聞いたのだから、元カノ抜きで手続きしてもらえませんか?と提案してみましたが、だめだと言うのです。

一連のFAMの対応は、親切でよくしてくれましたが、こういうケースを想定したマニュアルが出来ていないのでしょう。

その代わり、万が一またルーチェが行方不明になって問い合わせが来た場合は、元カノではなく直にねこひと会とめぇちゃんの里親さんの所に連絡が来るように手続きしてもらいました。

最後に、元カレさんには「生き物はこんな事になったら可哀想だから、これからは安易に飼わないでね。」と一言言っておきました。
元カレさんは、素直に「はい、もう絶対にこんな事はしません。本当にすみません。」と反省してくれたようでした。


もっと追及して何らかの形で責任を取らせる事も出来なくはないと思いますが、まあ、終わり良ければ全て良し、という事で…この件は終わりにしました。

ルーチェは、めぇちゃん&桃クロとびみょーな関係なんですが、そのうちそれなりに馴染むと思うので、そのままめぇちゃんちの子になると思います。



拡散のご協力や情報提供下さった皆様、本当にありがとうございました。




↓ポチっと応援お願いします
にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ

◇ご支援のお願い◇

ねこひと会の保護猫は、NPO法人nekonokoの定期譲渡会Smile Catの定期譲渡会に参加するほか、各保護宅にていつでも面会可能です。

お問い合わせは ねこひと会 yukimomoko55nekohito@gmail.com まで

※里親希望の方必読※【譲渡方針・譲渡の流れ】

【ねこひと会はフォスターペアレントも募集中♪】

*******************************
◆ゆきももこの特に読んで欲しい日記◆
◆ゆきももこの特に読んで欲しい日記2◆

↓一日一ポチよろしくお願いします
にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ

by yukimomoko | 2017-09-05 02:13 | 猫活動・日本の愛護事情  

マイクロチップが入っていた保護猫の飼い主判明(マイクロチップを入れている飼い主さん必見)

6月に保護したマイクロチップが入っていたのに登録がされていない(と当初思われていた)猫の飼い主が判明しました。。。

猫は、めぇちゃんと桃くろの里親さん宅で、仮名もルーチェと付けられて、すっかりまったりと暮らしています。

ルーチェのマイクロチップは、どうして当初は登録者がいないと判断されたのでしょう。

まず、動物病院で問い合わせてもらったマイクロチップ会社は、私達もよく知っているAIPO だったのです。
AIPOは、環境省も推奨しているマイクロチップの管理組織で、日本動物愛護協会、日本動物福祉協会、日本愛玩動物協会、日本獣医師会で構成されているそうです。

なので、犬猫を飼う人が自分でマイクロチップを入れてもらいに獣医に連れていくと、ほとんどの獣医はAIPO登録でマイクロチップを入れると思います。

ところが、ルーチェに入っていたマイクロチップは、AIPOではなく、FAMという団体が管理しているものだったのです。

これは、拡散希望の記事を読んでくれた方から頂いた情報で、その方も以前、マイクロチップの入った迷子の犬を保護した時に、飼い主に辿り着くまで大変でした、と、わざわざメールで教えてくださったのです。

それでFAMに問い合わせると、はい、アメショーのレッドタビーで間違いないですね?はい、一般の飼い主さまのご登録があります…と!


ちゃんと調べたわけではないですが、どうも、このFAMというのは、ペットショップと連携しているようなので、
ペットショップで購入した犬猫が登録されるほとんどが、このFAMなのではないかと。
(※大手のペットショップでは販売時にはマイクロチップが入れられている事が多い。前回の記事【マイクロチップの登録】参照)

ルーチェは予想通りにアメショーの純血だったようだし、きっとペットショップ出身なのでしょう。

このFAMは、純血種を飼っている人には知られているのかもしれませんが、
私達のような保護活動する側、迷子や遺棄された子を気にする人達、愛護関係のブログを見てくれるような人達、マイクロチップを確認する獣医、にはペットショップとの接点がなかなかないのであまり知られていないのでは、と思います。

知られていなければ、迷子になった時にせっかくマイクロチップを入れられていても飼い主になかなか辿り着けません。
もし、ペットショップで飼った子と暮らしている飼い主さんは、獣医さんで登録先を確認してもらって、もしFAMにしか登録されてなかったら、追加でAIPOにも登録してもらうことをお勧めします。


とにかく、そんなこんなで、やっとルーチェの飼い主に連絡が取れたのです。
ところが、その飼い主は…






時間がないので次回に続きまーす。



↓ポチっと応援お願いします
にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ

◇ご支援のお願い◇

ねこひと会の保護猫は、NPO法人nekonokoの定期譲渡会Smile Catの定期譲渡会に参加するほか、各保護宅にていつでも面会可能です。

お問い合わせは ねこひと会 yukimomoko55nekohito@gmail.com まで

※里親希望の方必読※【譲渡方針・譲渡の流れ】

【ねこひと会はフォスターペアレントも募集中♪】

*******************************
◆ゆきももこの特に読んで欲しい日記◆
◆ゆきももこの特に読んで欲しい日記2◆

↓一日一ポチよろしくお願いします
にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ

by yukimomoko | 2017-08-31 21:14 | 猫活動・日本の愛護事情  

イタイ相談者 続き

2017年07月24日09:24
今日の私は、昨夜の怒り続行中ですが、同時に落ち込んでもいます(-.-)
ゆきももこはダメボラだ…道を外しそうな人を感情的になって突き放してしまいました(-.-)

昨夜の日記の相談者です。
私だって、一般人に対して産まれる直前の子を堕ろせとか、そんなキツい事迫るつもりはありません。

でも、前回の出産から日が浅いのでお腹に入っているとしてもまだごくごく小さいんです。

去年の2ヶ月齢の子猫の里親も決められず、しかもそんな小さな子をまともに世話出来なくて家庭内野良化させ、♂♀の把握すらしておらず、春先ならともかくこんな初夏になるまで不妊手術せず、 ♂♀を隔離する事すら出来ず妊娠出産させ、
挙げ句その子猫を母猫から取り上げて育てようとして1週間で全滅させ。。 。

はっきり言って、動物とは関わって欲しくない部類の人ですよ。

そんな無知で思慮浅い人が、ただ「可哀想」という理由だけでまた産ませたら、子猫達もどうなるか心配だし、母猫の次のサカリ前にちゃんと手術出来るかも甚だ怪しいです。

近親交配だし何匹産まれるかもわからないし、前回死なせてるんだからまた死なせないとも限らないんだし、
と諭したんです。
そして、産ませるならば私はお手伝い出来ない事も。

でも返事はやっぱり「産ませます。他の人に頼むのでもう結構です」と。。。(-.-)

ぐっと我慢して優しく優しく
悪いことは言わないから…!考え直して…! と言いましたが、「色んな考えがあるでしょうが押し付けは良くないと思います。」などとのたまって聞く耳持たず。

これがまた、申し訳なさそうな謙虚な気持ちが微塵も感じられないしゃあしゃあとした口調なんですよ。

それまでの経緯でも少なからず迷惑をかけられていたので、だんだん私も腹が立ってきてしまって、

「何1つ自分で判断出来ないからこそ今のような事態になったのでしょう?
それならせめて、経験者の助言は聞かないとダメでしょう?
私が同じ状況なら、一から十まで経験者の言うこと聞きますけどね?!」と強く言ってしまいました。

そうなると、優しく言っても聞かない人が素直になる訳がありません。
もう決裂してしまって、それっきり。

私ももっと話を上手く合わせて、せめて猫達をこちらで確保するまでご機嫌とっておけば良かったのか…
とにかく会ってから説得すべきだったのか…


後で「〇〇区の多頭崩壊現場、実は数年前にゆきももこが関わっていたのにゆきももこは助けなかった!」なんて言われるような事にならなければ良いけど…(-_-;)


それにしても、相談者も餌やりもボラも、猫に関わる人達は何故かワガママでアクの強い人ばかり…
やればやるほど猫活動の限界を感じます(-_-)



↓ポチっと応援お願いします
にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ

◇ご支援のお願い◇

ねこひと会の保護猫は、NPO法人nekonokoの定期譲渡会Smile Catの定期譲渡会に参加するほか、各保護宅にていつでも面会可能です。

お問い合わせは ねこひと会 yukimomoko55nekohito@gmail.com まで

※里親希望の方必読※【譲渡方針・譲渡の流れ】

【ねこひと会はフォスターペアレントも募集中♪】

*******************************
◆ゆきももこの特に読んで欲しい日記◆
◆ゆきももこの特に読んで欲しい日記2◆

↓一日一ポチよろしくお願いします
にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ<

by yukimomoko | 2017-07-24 09:24 | 猫活動・日本の愛護事情  

イタイ相談者

2017年07月23日23:50
今私けっこうカンカンに怒ってるんですけど(-_-;)

家の中で保護している猫の不妊手術をしたいけど、触れなくてとても捕まらないので手助けして欲しいという相談。

これがまた、久しぶりにものすごくイタイ内容だったのです。

去年、近所の野良猫が子猫を産んでしまったのをどこかのボラに相談したら、そのボラが親子ごと保護して、子猫は1ヶ月ほど馴らしてその相談者宅に移動させ、里親探しをすることになった。。。
しかし、里親が見つからないまま子猫達は家庭内野良化、子猫の頃に把握出来なかったのか、春の終わりになってやっと♂3♀1の兄妹らしいとわかった時にはすでに遅し。
♀が妊娠してしまい、そのまま産ませ、産まれた子猫はわざわざ母猫から取り上げたのか?そこは書かれていませんでしたが、育児を試みたが育てられずに1週間で全滅したと。
また可哀想なことにならないよう早く手術してあげたい、これが終わったら自分も猫のボラに少しでも参加したい。。。

という…どこからつっこんで良いのかわからないくらいツッコミどころ満載です。

子猫産ませて死なせるなんて…気の荒いボラならそこだけで激昂するかもしれません。
私的にはボラ志望というところも少しイラッとしましたが、もちろん私は一言もお説教などせず、それはお辛かったですね、と慰め、親切に捕獲の手配をしていました。

メールのやり取りも、何と言うか…ちゃんと常識的に出来ない人で、捕獲の日時を決めるまでにも一苦労しました。
「母猫の捕獲をしてくれたボラさんとは上手くいかなくて…」と書いていたので、相手を怒らせたのかそれともそのボラさんからお説教されて自ら距離を置いたのか。。。
そんな風に思わせる相談者でした。

その相談者が、明日の捕獲予定日直前になってとんでもない事を言ってきたのです。

「女の子はすでにまた妊娠してるかもしれません。その場合は手術はしないで病院から連れて帰る予定です。」

里親募集はおろか、飼育もまともに出来てなくて、つい先日は産ませた子猫を死なせた人が、いったい何を言ってるのか…!

この猫ボラ活動を舐めきっている身の程知らずの相談者にガツンと言っちゃだめなんですかね?
我慢して優しく優しく相手しなくちゃいけないんですかね?
優しく言っても聞きそうにないんですけどね。

堕胎を拒むなら私は手を貸すことは出来きません。
でも手を貸さなかったらこの人の猫達どうなる事かと思うと、我慢して下でに出るしかないのでしょうか(-_-;)




↓ポチっと応援お願いします
にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ

◇ご支援のお願い◇

ねこひと会の保護猫は、NPO法人nekonokoの定期譲渡会Smile Catの定期譲渡会に参加するほか、各保護宅にていつでも面会可能です。

お問い合わせは ねこひと会 yukimomoko55nekohito@gmail.com まで

※里親希望の方必読※【譲渡方針・譲渡の流れ】

【ねこひと会はフォスターペアレントも募集中♪】

*******************************
◆ゆきももこの特に読んで欲しい日記◆
◆ゆきももこの特に読んで欲しい日記2◆

↓一日一ポチよろしくお願いします
にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ

by yukimomoko | 2017-07-23 23:50 | 猫活動・日本の愛護事情  

毛玉引きずり猫の毛刈り

2017年07月15日2:59
7.8相談、7.11保護の毛玉引きずり猫ちゃん
e0144012_16230984.jpg

餌やりさんの話では警戒心強く全く触れないということでしたが
e0144012_16275210.jpg

威嚇もなく穏やかそう
e0144012_16294971.jpg

相談者さん(ドリちゃん里親)からは「ボス」と呼ばれていたので♂かと思ったら女の子でした。
e0144012_16304920.jpg

年齢は10歳以上らしく、餌やりさんの話では、まだ一歳そこそこの頃に飼い主から置き去りにされたそうです。
e0144012_16322639.jpg

しかも同じような子3匹も。
他の2匹も数年は生きていたそうですが、今ではこの子だけになったんだそう。
この尻尾みたいなのは毛玉
e0144012_16370094.jpg

動画で写っていた長いのはすでにちぎれた模様
e0144012_16381562.jpg

毛玉の下の皮膚は思ってたより大丈夫そう
e0144012_16391885.jpg

全然触らせてくれる
e0144012_18090894.jpeg

麻酔かけて毛を刈る予定でしたが、触れるし高齢なので用心して、麻酔なしでやる事に。
e0144012_18102057.jpg

最初は怖がって大人しくしていた猫も、さすがに途中からキレてちょっと怖かったけど何とか終了。
e0144012_18104631.jpg

目が悪いと何かの死体みたいに見えなくもないごわごわの毛玉(^o^;)
e0144012_18111124.jpg

採血の結果まで待って、案の定腎機能少し悪いけど、さほどでもなく。
e0144012_18120386.jpg

エイズと白血病も陰性♪

7月14日、ゆきももこ宅へ。さすがにまだ背中を向けてハンストだけど
e0144012_18124403.jpg

触っても全然怒りません
e0144012_18132759.jpeg

皮膚は少しだけ爛れあり。大したことない。
e0144012_19284343.jpeg

こっちも大したことない。
e0144012_19444404.jpeg

なだめたら少し食べてくれたけど、
e0144012_19491909.jpeg

やっぱりまだあんまり食べたくないわ…
e0144012_19504430.jpg

夜、マルカンに移動
e0144012_19525640.jpg

撫でるとすぐ喉を鳴らしてくれます
e0144012_19545759.jpeg

お尻まで上げてくれました
e0144012_19561622.jpeg

餌やりさんは「この子は家猫にするのは無理と思う!」と言ってたけど、全然家猫になれるよ、良かったね。
e0144012_19570862.jpg

アタシ、10年も外で暮らしたの…
e0144012_20594749.jpg

子供の頃はお家で暮らしてたような気がするの…もうあまり覚えてないの…
e0144012_21103150.jpeg

手も舐めてくれました
e0144012_21004887.jpeg

良い子良い子~!
e0144012_21020417.jpg

苦労したけどこれからは幸せになろうね。
しばらく体調見てから、ドリちゃんの里親さん宅に移動の予定です(^^)


↓ポチっと応援お願いします
にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ

◇ご支援のお願い◇

ねこひと会の保護猫は、NPO法人nekonokoの定期譲渡会Smile Catの定期譲渡会に参加するほか、各保護宅にていつでも面会可能です。

お問い合わせは ねこひと会 yukimomoko55nekohito@gmail.com まで

※里親希望の方必読※【譲渡方針・譲渡の流れ】

【ねこひと会はフォスターペアレントも募集中♪】

*******************************
◆ゆきももこの特に読んで欲しい日記◆
◆ゆきももこの特に読んで欲しい日記2◆

↓一日一ポチよろしくお願いします
にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ

by yukimomoko | 2017-07-15 02:59 | 猫活動・日本の愛護事情  

昨年度の東京都の殺処分数

2017年06月28日02:09
都の愛護センターから引き出した新緑&明日子(あこ)ちゃん・絶賛里親募集中♪
e0144012_11400259.jpeg

この前、都の殺処分数(猫)がとうとう100を切ったとつぶやきに書きましたが、今日もう少し詳しく聞くと、殺処分以外にも収容され、死んだ(殺された)子はプラス586匹だそうです。
内訳は、

・センター収容されたうちの死亡数全体、680 匹

このうち、
・収容時すでに死亡、287
・怪我などでやむを得ず殺処分、205
・怪我も病気もない健康体だが殺処分、94

という事だそうです。

この死亡数全体のうち、乳飲み子がどれくらいの数なのかまだ集計が出されていないのですが、おそらく生まれたての子猫が殆どかと。

この、乳飲み子の数が減ってこそ、TNRの成果が出たということになるので、収容時すでに死亡の数も含めて、早くゼロにしたいものです。

でも、全体的に数がものすごく減ったのは確かだし、健康なのに殺さなければいけなかった数が100を切って、センターの職員さんはとてもとても嬉しそうでした。

【TNRの猫達】


↓ポチっと応援お願いします
にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ

◇ご支援のお願い◇

ねこひと会の保護猫は、NPO法人nekonokoの定期譲渡会Smile Catの定期譲渡会に参加するほか、各保護宅にていつでも面会可能です。

お問い合わせは ねこひと会 yukimomoko55nekohito@gmail.com まで

※里親希望の方必読※【譲渡方針・譲渡の流れ】

【ねこひと会はフォスターペアレントも募集中♪】

*******************************
◆ゆきももこの特に読んで欲しい日記◆
◆ゆきももこの特に読んで欲しい日記2◆

↓一日一ポチよろしくお願いします
にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ

by yukimomoko | 2017-06-28 02:09 | 猫活動・日本の愛護事情  

めも(高齢飼い主関連で都営団地の相談、ひなこトライアル順調、ペコ、しょうぶ)

2017年06月26日21:51
朝も早よから昨日の捕獲猫を病院に搬入、帰りに、都営団地で高齢者が猫を抱えて手放さないという相談の現場のリサーチ。

ちょっと見わたしただけで3~4匹目に入る。
最初この相談は、お婆さんの家の中の猫もどうにかして欲しいと言っていたが、今のところ家の中の猫は手が出せない(飼い主のお婆さんはかなり偏屈らしく、地域センターの職員が仲介に入り、腫れ物に障るようにして説得中。)ので、取り合えず外の猫を何とかしてほしいと。

何とかと言われても、ただ普通に外にいるだけの成猫は基本、保護はしないので、やれるとしたらTNRと、子猫がいればそれは保護しますが…餌付け出来ていないので捕獲器をたくさんかけて、入った猫は全て手術ということに…

しかし、そうなると、費用の面で尻込みしてしまって話が進まない。
住民達は、外の猫を何とかしてほしいとは言っても、自分達が費用の負担をする気はさらさらない。管理費から出すのもなかなかうんと言わない。

20匹いたとしても、助成金を使う上に私が最安になるよう病院を手配するんだから、そんなにたまらないほどの出費にはならないと思う…多目に見積もっても6万以内くらい。

何よりも、捕獲作業も搬送もボランティア(私)が無償でしてくれるのだから、それで野良猫問題が完璧とまではいかなくてもかなり解消されるのなら、当事者にとってはむしろお徳だと思うのよ私は。。

都営なので、都の政策である地域猫の費用として都から出せないか当たってみるよう助言。
たぶん無理なんだけど、都へそういう声が届くことも大事なので。

費用の面がクリアしたとしても、団地の周りには公園あり墓地あり緑道あり、隣接して同じ規模のマンションもあり。。。

一口に「外の猫を何とかして」と言っても
これはそーとー大変だと思うわけです。



午後は洋服の入れ替え
やっと冬物を仕舞えた!
ついでに、何年も着てない、今後も着ないであろう、かつてのお気に入りの服を何着か断捨離(;_;)


一昨日お届けのスケ番ひなこは、とても順調です。
今日は里親さんがお仕事の間、初めてのお留守番もちゃんとやれたようです。
里親さんはマメなヒナコ日記をつけて、それをそのまま私に見せてくれてます(*^^*)b



ペコは調子良く、しょうぶは不調。
でもしょうぶはササミのフリーズドライをだいぶ食べてくれました。



↓ポチっと応援お願いします
にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ

◇ご支援のお願い◇

ねこひと会の保護猫は、NPO法人nekonokoの定期譲渡会Smile Catの定期譲渡会に参加するほか、各保護宅にていつでも面会可能です。

お問い合わせは ねこひと会 yukimomoko55nekohito@gmail.com まで

※里親希望の方必読※【譲渡方針・譲渡の流れ】

【ねこひと会はフォスターペアレントも募集中♪】

*******************************
◆ゆきももこの特に読んで欲しい日記◆
◆ゆきももこの特に読んで欲しい日記2◆

↓一日一ポチよろしくお願いします
にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ

by yukimomoko | 2017-06-26 21:51 | 猫活動・日本の愛護事情  

マイクロチップの登録

2017年06月26日17:07
先日保護した茶のアメショ風の女の子は、なんとマイクロチップが入っていました。
しかし、登録者なし。

チェックしてくれた動物病院の予想では、ペットショップで買われた後、飼い主が登録手続きをしなかったのではないか?との事でしたが、
大手3ヶ所のペットショップに問い合わせたところ、どうもそれとも違うようです。

某コ〇マ…幼齢からすでにマイクロチップ挿入済み。ペット売買の際に購入者の情報をショップ側が登録。→ 登録者なしはありえない。

某クー&リ〇…同じく、ショップのほうで登録

某〇ティア… マイクロチップは意味がないので入れてないが購入者が希望すればその場で挿入可能。


ちなみに、最後の〇ティアに、「どうして意味がないのですか??」と問うと、面白い答えが返ってきました。
「迷子になった動物は警察に行く。しかし警察にはマイクロチップのリーダーがないので、一定期間過ぎても飼い主が現れなければ処分される。」
いや、警察から愛護センターに行くはずですよ?と教えたのですが、頑なに「いや、そんなことはない、すぐ殺される。自分の知識としてはそのはず。」と。
その人は殺処分も警察がすると思っているようでした。

話をマイクロチップに戻します。
3ヶ所しか確認してませんが、他のペットショップでももしマイクロチップを入れるとしたら、購入者任せで登録するのでは意味がないので、一旦はショップ側で登録するのが一般的なのでは?と思います。
(もちろんめっちゃいい加減な悪質ペットショップもたっくさんあるでしょうからあれなんですが)

では、購入者が捨てたのがバレないように、マイクロチップの会社に「死亡届け」を出して登録が削除された可能性は?マイクロチップのナンバーはわかるのだから、どこの獣医で入れてもらったかくらいは照合してわかるのでは?と思い、マイクロチップの会社に確認してみたのですが、
一度登録されたものは、その後死亡しても登録の記録は残るのだそうです。
なので、「登録者の該当なし」というのは、一度も登録されなかったという事で、一度も登録されてなければ、マイクロチップの会社には何の情報もないので何もわからないそうです。

ということは…個人のブリーダー が入れておいて登録し忘れているか、ボランティアが保護猫に入れて登録し忘れているか、飼い主が自分で入れたのに登録し忘れたのか。

どれかじゃないですかね…。

どちらにしても、今のところ迷子の捜索している様子もなし、問い合わせもなし。

悪く考えれば、安易な自家繁殖で自称「責任もって」安易な里親探しをした飼い主から、可愛い子猫の時に貰い受けた安易な里親が、最初はその気になってマイクロチップまで入れたけどすぐ面倒になり登録もせず、そのうち飽きて
大きくなって発情したので棄てられたとか。
あるいはペットショップで可愛い子猫見てテンション上がって飼ったわ良いけど人間の子供が産まれたとか引っ越しで置き去りにされたとか。。

当たらずも遠からずって感じじゃないでしょうかね…。



↓ポチっと応援お願いします
にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ

◇ご支援のお願い◇

ねこひと会の保護猫は、NPO法人nekonokoの定期譲渡会Smile Catの定期譲渡会に参加するほか、各保護宅にていつでも面会可能です。

お問い合わせは ねこひと会 yukimomoko55nekohito@gmail.com まで

※里親希望の方必読※【譲渡方針・譲渡の流れ】

【ねこひと会はフォスターペアレントも募集中♪】

*******************************
◆ゆきももこの特に読んで欲しい日記◆
◆ゆきももこの特に読んで欲しい日記2◆

↓一日一ポチよろしくお願いします
にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ

by yukimomoko | 2017-06-26 17:07 | 猫活動・日本の愛護事情  

依頼の捕獲現場(餌付けの有無は大事)

2017年06月21日23:18
先日、他区のボラさんから依頼のあった捕獲現場は、某有名会社の敷地内とその周辺でものすごく広大。
ちょうど美月の飼い主さんの入院先から近いので、昨日のお見舞い帰りにリサーチに行きました。

かなりたくさんいるようだと聞いていましたが、相談者は餌付け出来てると言うので安心して行ったのです。

ところが、相談者が来ても猫の姿は全然なし。
(普通は餌やりが来れば猫が集まってきます)

猫達は…?と問うと、さあ…?いつ来るかわからないですよ、どこにいるかもわかりませんから!

はい?なんですの?その返答は…

よくよく聞くと、餌はやってるが時間も場所もバラバラなんだと。。。Σ(×_×;)

それは餌付け出来てるとは言えないんですよ。
餌付けと言うのは、決まった時間に決まった場所でやる事で、それをやってこそ、無関係のボラが出向いてもスムースに捕獲が行えるのです。

でも、それは猫ボラ用語の餌付けであって、普通の人は「餌付け」と言えばただ餌をやれば良いと思うんですね。

この相談者さんも「自分はそこまで聞いてない!ただ餌付けしておけと言われただけだ!」と。

説明したボラさんもだけど、ちゃんと念押ししなかった私も悪いというわけですね(*_*)

とにかく、指定された時間に出向いたのに、全く猫の気配のない広大な場所です。
一応少し探索してみましたが、「よくここにいる」という場所にも気配すらありません。

餌やりが餌付けしてくれていないと、いつ出てくるかもわからない猫を何度も通って何時間も張りこむ余裕はないので、とにかくしばらく餌付けしてください、と言うと

「自分の仕事は不規則だし、あと2週間ほどで現場移動するから無理ですよ」と(*_*)

これでは、どうしようもありません。

こういう場合、相談者に捕獲器の使い方を教えて自分でやらせるのが良いのですが、
どうもこの相談者さん、私の話を全く聞いてないし、指示にも従ってくれなさそうなので、とてもじゃないけど捕獲器を使わせる気になれないのです。(かけっぱなしとかやらかしそうで)

話も的を得ないので、辛抱強く聞き出してようやくわかった事は、

「たくさんいる」と言っていたのは、ここではない少し離れたほうのエリアだという事、
もちろん、そちらのほうはたまに通るだけなので、猫の数は把握出来ていないし、手術済みかどうかも把握していない(たくさんいるというのも本当かどうか怪しい)、
今いるこの現場にいる猫は2匹で、自分が餌をあげるのもこの2匹、
他のエリアからたまにこちらにも猫が流れてくることがある

その程度でした。

そこで、次回は出来るだけ捕獲器を仕掛けて入った子はTNRし、ターゲットが捕れればそれで終わるという事になりました。

そんな風に相談者さんと話していたら、若い女性が話しかけてきて
「私も猫が気になっていて…TNRしたかったのですが、でもやり方がわからなくて…」と。

相談者さんよりもこの女性のほうが情報を持っていて、また違うエリアにいる猫達(これは全て耳カット=不妊手術済み)や、そこで活動しているボラさんとも会ったことがあるようでした。

この女性がどれくらい本気かわかりませんが、やる気があるなら捕獲の仕方を教えますから、と、取り合えず連絡先の交換。

そうこうしていると、運良く女の子が出てきたので、会社の敷地内に捕獲器を置かせてもらって、ほどなくゲット。

次回の捕獲の時にも敷地内に捕獲器を置かせてもらうようお願いしてきました。


↓ポチっと応援お願いします
にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ

◇ご支援のお願い◇

ねこひと会の保護猫は、NPO法人nekonokoの定期譲渡会Smile Catの定期譲渡会に参加するほか、各保護宅にていつでも面会可能です。

お問い合わせは ねこひと会 yukimomoko55nekohito@gmail.com まで

※里親希望の方必読※【譲渡方針・譲渡の流れ】

【ねこひと会はフォスターペアレントも募集中♪】

*******************************
◆ゆきももこの特に読んで欲しい日記◆
◆ゆきももこの特に読んで欲しい日記2◆

↓一日一ポチよろしくお願いします
にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ

by yukimomoko | 2017-06-21 23:18 | 猫活動・日本の愛護事情  

遺棄猫の相談

2017年06月15日23:46
原宿譲渡会の出掛けに、めぇちゃんと桃くろの里親さんから来た遺棄猫の相談が入ったのです。
明らかに遺棄と思われる猫がいると友達にずっと聞かされ続け、写真まで見せられて可哀想でたまらない。めぇちゃんとノア(桃くろ)と相性が良ければそのまま飼うし、相性悪ければ里親探しをしたいので保護したい、と。
里親さんの頼みなら即引き受けるのだけど、悪いことに里親さんは引っ越して現在は松戸。しかも生後4ヶ月の乳飲み子育児中。
猫の事を報せてきた友人は何もするつもりはなく、猫がいるのは川崎市。
それで私が川崎まで猫を保護しに行き、病院に入れてから松戸まで搬送することに。

幸い猫はベタ馴れだったので、その友人の大家さんご夫婦が素手でキャリーに入れてくれて無事保護。
迎えに行ってキャリーから小ケージに移し、風呂場に一晩。
e0144012_16400474.jpg

全然出たがらないし、ゴハンもよく食べてくれました
e0144012_16371764.jpg

でも不安そう。。。きっと苦労したんだね
e0144012_16414955.jpg



翌日病院搬送、ワクチン、諸検査。
e0144012_16423476.jpg


翌々日、松戸の里親さん宅まで搬送。

もちろん、その友人さんには迷子ポスター作らせ、保護した付近や動物病院などに貼らせてもらい、ネットも書き込みさせてます。
ただ、マイクロチップのチェックは病院のリーダーが壊れていて出来なかったので、猫が落ち着いたら里親さんに行ってもらう事に。

まあ、住宅街でいきなり現れ、人(特に女性)を見ると追うように走り寄っては、玄関前で閉められショボーン‥‥という生活を何ヶ月も続けていたそうなので、ほぼほぼ置き去り猫かと。

猫の扱い方や注意点、今後の予定など教えて早々に帰路に。
首都高もう怖すぎでしたが、何とか無事帰宅しその後体力が尽きてシンダ‥‥orz

松戸は遠かったけど、里親さんの4ヶ月齢の息子ちゃんとご対面出来たし、めぇちゃんと桃くろもチラッと見れたし、それは嬉しかったです。
ご主人は毎晩遅くまで残業の日々との事で会えませんでしたが、仲良く幸せそうに暮らしていました(*^^*)

そして猫ちゃんは、外に出たがることもなく、翌日にはケージフリーになり、里親さんの膝から降りないそうです。
(めぇちゃんと桃くろとは今のところ険悪だそうです(^_^;))



↓ポチっと応援お願いします
にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ

◇ご支援のお願い◇

ねこひと会の保護猫は、NPO法人nekonokoの定期譲渡会Smile Catの定期譲渡会に参加するほか、各保護宅にていつでも面会可能です。

お問い合わせは ねこひと会 yukimomoko55nekohito@gmail.com まで

※里親希望の方必読※【譲渡方針・譲渡の流れ】

【ねこひと会はフォスターペアレントも募集中♪】

*******************************
◆ゆきももこの特に読んで欲しい日記◆
◆ゆきももこの特に読んで欲しい日記2◆

↓一日一ポチよろしくお願いします
にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ****

by yukimomoko | 2017-06-15 23:46 | 猫活動・日本の愛護事情