ゆきももこの猫夢日記


~ゆきももこの活動日記 - 里親さん募集中 - ねこひと会
by yukimomoko
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28

カテゴリ:猫活動・日本の愛護事情( 483 )

猫活動の覚悟

H賀さんが倒れて色々大変だけど、実は何よりも大変なのがボラ仲間をなだめることなんです。
何しろこの人達は、私のようにしたくてしているのではないので、猫活動をやるという覚悟がないと言うか根性が欠けていると言うか。

H賀さんがいつか倒れたらこうなるのはわかっていた事なのに、「どうしようどうしよう」と泣き喚くばかりで 。。。

H賀さんが心配で泣くんじゃないんです。
外猫のえさやりを代わりにしなくちゃいけないから泣いてるんです。
挙句に「H賀さん、猫を置いていくなんてひどい!」とか「家猫を預かってくれる人がいるなら外猫を一匹でも預かってもらえないかなあ?」とか勝手な事ばっかり言いやがるんで ーー;

毎日のえさやりはたしかに大変なんです。
大体H賀さんがやっていた範囲が広すぎたんだから、無茶で無理な事をしていたんだけど、今さら泣いても仕方ないじゃないですか。
体がきつくてしんどいなら、一日置きにするとか範囲を少しずつ狭くしていくとか妥協するしかないじゃないですか。
猫は可哀想だけど、他にも餌を貰っているはずなんですよね・・・。

でも、そう言ったら「ゆきこさんはえさやりしてないから、あの子達を見たらそんな事言えないのよ~。」と責めるんですよ。
あのねえ・・・やりたくないっってあんまり愚痴るからそう言ってるんじゃないーー;

本当に心配で可哀想と思うなら、順番に少しずつ保護して、残りの子は苛められないように住民に理解を求めるしかないんですよ。
2年前からそう言ってたんだけど「だって・・・。」と言うばっかりで。
そりゃあね。仕事もしてるのに夜中のえさやりはきついと思います。
手伝えなくて悪いと思います。

大体ね、H賀さんをサポートするために作った会のはずなんですが、「置いていくなんてひどい」なんてどうして言えるんだろう?
「H賀さん心配しないであとは任せて。今までお疲れ様。」ってなんで言えないんだろう?
「家猫の預かりがあるなら外猫預かって」なんて勝手なことどうして言えるんだろう?
預かり先に猫1匹頼むのがどんだけ大変か本当にわかっているの?

挙句に「ゆきももこさんは餌やりしないから・・・」?
それを言っちゃあおしまいですよ。

やるなら泣き言言わないでやる。やれないならやれないでやれる事だけやる。
そうでないと続けられないと思います。
by yukimomoko | 2008-01-08 15:40 | 猫活動・日本の愛護事情

H賀さんとH賀さんの猫達

この狭い部屋で猫のためにだけ暮らしていたH賀さん。
e0144012_15142438.jpg


私の日記によく出るH賀さんって誰?と思っている方はこちら参照↓
「H賀さんのこと」

H賀さんですが、今回の症状の原因が、持病の膠原病にあるかもしれないとわかって、明日精密検査のために違う病院に「受診」です。
転院だと話が早いんだけど、検査して転院の必要があったら転院になります。
でも入院はさほど長くならないと思います。

問題は、退院してからの事。
姪御さんの住んでいるいなかに隠居してもらうことにしました。

残念だけどそうするしかないんです。
H賀さん、いつも私に漬物とか色々差し入れしてくれるだけでなく、「良いからとっておいて!」とお金をくれたり、
「私が死んだらできるだけ財産を残すようにするからね(笑)」とか言っていたので、少し財産があるのかと思っていたんだけど、
経済的にも破綻寸前、いや、ほぼ破綻状態でした・・・。

たくさんあった貯金はほとんど残ってなくて、収入は年金が10万円ちょっとと、貸している家の家賃20万円(H賀さんは自分の家を人に貸して、自分は汚い賃貸に住んでいる)で30万円以上あるんだけど、
そのうち外猫に月15万円使ってしまってるんですから。
そして家猫も、H賀さんは割と高いフード(銀のスプーンとかシーバデュオとか純缶が主食)なので家猫のお金も2~3万以上。
オヤツのナマリ節だけで月に2万。
しかも、住んでいるボロ家の家賃がなんと8万円弱。

駅から徒歩20分以上のボロボロの木造アパートで6畳と3畳の台所にお風呂なし。
電気代や水道代は共同。日当たりほとんどなし。
こんなところ3万円でもなかなか借り手はつかないのに、H賀さん、良いようにぼったくられてたんです。

それに避妊しない飼い主なんかに「これでしなさいよ」とお金を渡したりするんだから。。。
(もちろんそういう飼い主はお金を受け取るだけ受け取って手術はしない)

頼みの姪御さんももう60才で、しかも生活能力はなく体も弱くて働けない、今までもH賀さんの年金を仕送りしてもらっていたとか。
そういうの、私たち全然知らなかったんですよね・・・。

それで、入院費さえ払えるか払えないかという感じなので、姪御さんと一緒に区役所に行って、生活保護を受けれないか相談に行ってみたけど、やっぱり家を持っていたら受けられないそうです。
入院費だけは医療費限度額免除とかの手続きをしてもらえました。

H賀さんに「少し入院費が安くなる手続きをしてきたからね。」と言うと、まだ「良かったわ。その分猫に回せるわね。」とか言うんだからトホホです。
頭が少しボケちゃって、昔のようにお金があるつもりでいるみたいだと姪御さんがこぼしていました。
ボケるといっても、まだ66才くらいなんですけどね・・・。
無理がたたって年よりも10は老けて見えます。

昔・・・H賀さんも猫の事を始める前はゴルフしたりサッカーを見に行ったり、今のH賀さんしか知らない私が聞いても「本当に?」と思うような生活してたって。
それが、猫の事を始めて、ずっと一人で何年も毎晩毎晩。。。

数年前からH賀さんの応援をするという事で「学大キャットヘルパー」ができて、A原さんや私で捕獲の手伝いとか里子出しとか少しできたけど、えさやりの範囲が広すぎて猫はなかなか減りませんでした。

H賀さんのしてきた事は、ネットで愛護批判する人達に言わせるといわゆる典型的な「愛誤」だったと思います。
私も、キャパを超えたことをするのは結局自分が動けなくなった時に人に迷惑をかけるので良くないとわかっていました。

でも、型通りのきちんとした活動なんか現実的には無理な場合が多くて、それもこれも身勝手な人が多すぎる事と、無関心な人が多すぎるからで・・・私はやっぱりH賀さんの事は讃えてあげたい。
だからビビちゃんでもひげお達兄弟でも葡萄ちゃんでも健太でも、H賀さんが保護した子は無条件で即預かってきました。

2年前には「野良猫を減らす為の活動を陰で支えている人」として日経新聞の取材も受けたこともあるH賀さんですが、これが個人ボラのなれの果てなんですかねえ。。。
あまりに気の毒で、H賀さんの人生は一体なんだったのか?と悲しくなります。(H賀さんまだ生きてるけど)

もう一人暮らしはさせられないし、ちょっとでも動けるようになったら絶対にまた外の猫の世話をするし、田舎には姪御さん名義の家もあるし、そっちに行けば外猫のお金がかからない分、十分暮らしていけるし・・・目が行き届かなくなるのだけが心配だけど、仕方ないです。

H賀さんは母と同じ年で家族同然だし、私は本当はH賀さんが寝たきりになったら介護してあげたいとさえ思ってたんですが。

それで、姪御さんの田舎の家にも猫が10数匹いるし、先の事も考えて、H賀さんの猫をできるだけ里子に出して、田舎に連れて行く数を減らすくらいしか私にはできないから、連日手配して各預かり先へ猫達は移動中です。

猫達は、普段は穏やかに暮らしていて甘えん坊なんだけど、H賀さんが長く留守して不安な上に、毎日変なおばさん(私)が来て、仲間を拉致していくので恐怖でこわばってます。
昨日は引っかかれ、肛門腺を大量にかけられ、
今日も、ターゲットの子は捕まえられなかった。。。
一匹だけ去勢してないオスがいるからとっとと去勢しようと思ったのに。

H賀さんちの子はみんな良い子です。
未去勢のオスはオシッコの癖が悪いので(去勢してないからしたら治るかもしれないけど)その子だけ田舎に連れて行ってもらいます。
H賀さんもみんないなくなったら寂しいだろうし。

他の子は基本甘えん坊の子ばかりなので、良いおうちで可愛がってもらえれば、きっと幸せになれる。

野良ちゃんとあまり変わらない状態だったので、病院で駆虫、ワクチン、検査とかして移動させます。

無理にお願いしている場所もあるから、もっと負担が軽い方からの預かり先募集してます!
by yukimomoko | 2008-01-08 15:13 | 猫活動・日本の愛護事情

一時預かり募集!

H賀さんの入院で、色々ばたばたあって、あと、護摩ちゃんの嘆願書のほうも色々あって、どっちも私自身が大変と言うよりも他の人が苦労しているんですが、私も何だか疲労困憊。頭ガンガン。


H賀さんの猫達6匹。
里親覚悟での一時預かり先至急募集です。

・クロちゃん。メス。かなり高齢。気立て良し。健康状態悪そうな予感。
・キジトラちゃん。メス。片目。まだ若い?気立て良し。小麦似。
・キジ斑ちゃん。メス。美人。推定3~4歳。最初怖がり。
・墨班白2匹兄弟。約3歳。甘えん坊。元気。顔はおブス。
・白黒下半身ズボン。オス。年齢不詳。かなり怖がり。



もちろん、里親さんはできるだけ探す方向ですが・・・最悪里親になっても大丈夫という方にお願いするのが私の方針です。

できたらボラさんではなく一般の方希望です。
全然無理!と思っている方も、本当にありえないかどうか、今一度考えてみてください。

可能な方お問い合わせお待ちしています。
by yukimomoko | 2007-12-27 14:59 | 猫活動・日本の愛護事情

H賀さん倒れる

ついに恐れていた事が><

昨日から入院してます。

今からお見舞いに行ってきます><
by yukimomoko | 2007-12-21 14:50 | 猫活動・日本の愛護事情

お手伝い中に聞いたふたつの暗い話

昨日の作業は本当に疲れました。
何しろ一人暮らしの引越し一回分くらいの労働だったと思う~。
でも、お手伝い手当てにフードをだいぶいただきましたけど。

作業の合間に聞いた話。
ある昔ながらの住宅街で、無責任えさやりがいて猫が増えていた。
誰かが相談したんだろう、AさんとBさんが捕獲して手術をする事になった。
えさやりは、「うちじゃ餌あげてない!」とシカト。
でも、間違いなくその人が餌やってるんです。
だってね、みんなその人についていって、中には一緒にお布団で寝る子もいるんだとか。
よくいけしゃあしゃあと嘘がつけるもんだーー;

それから、順調に捕獲が進んであとオスが一匹となった時、えさやりが泣きついてきた。
大家や近所から、餌やり禁止を言い渡されて、猫に水もやれないって。
えさやりの話では、猫達が子猫の時はみんな可愛い可愛いと一緒に餌をあげたりしていたらしい。
でも多いし大きくなってきたら邪魔扱い。
Tさん達が出向いて大家達に色々話したけどだめ。

でもここまではよくある話。

大家その他のご近所達は、春からTさん達が捕獲器持って捕獲しているのを知っていたんだそうです。
で、「ボランティアが手術してるからやらせておこう」って事で、黙ってこっそり見ていたんだって。
それで、後一匹になったから、もうえさやりは禁止!ってなったらしい。
らしい、と言うか、そのご近所達がはっきりそうTさんに言ったそうです。
ずうずうしいと言うか恥知らずと言うか。

えさやり本人は泣きついてきたわりに「もう保健所に連れて行くから良いです!」と泣き喚くだけ。
このえさやりの家族は、何と獣医で、センター勤務なんだって。
なんだよそりゃ!

ああ、むかむかする・・・。

15匹くらいいるらしいです。
でも保護はできないので、餌場を移動させるしかない。
餌場の移動はなかなか難しいし、えさやりがやってくれなくなったら、Tさん達がやるはめに。

Aさんの愚痴。
「ボラ仲間が『2時にやって4時に回収したら良いじゃない!』って平然と言うのよ~!そんなの無理よ無理!私が死んじゃうわ~。」

そうだよね。Aさんだって、他のえさやりあるんだもん。。。
一箇所毎日同じ時間にやるだけでもえさやりは大変です。
どうして、よそのまでしなきゃいけないのだ。
でも、こんな風に結局ボランティアがえさやりまで押し付けられる事も決して珍しくないんですよね。


もうひとつの話。 こちらはもっとやるせないです。

頭にきながらも、何とか誰かが餌をあげてくれないかと考えたAさん。
近くにアヒルと犬を飼っていたおじさんを思い出して藁をもすがる思いで訪ねて行った。

そうしたら、たくさんいたアヒルの気配もなく、家は真っ暗。
ピンポン押すと、お爺さんが出てきたので、「息子さんは?」と聞くと
「息子は自殺しました。」(←本当に自殺したらしい)
Aさんが驚いて、「え!じゃあ、アヒルはどうしたんですか?」と聞くと、
「処分しました。」
「あの、2匹いた犬は?」
「処分しました。」

犬とたくさんのアヒル達、死んだ息子さんは、ガァガァ言いながら一緒にお散歩して可愛がっていたそうです。
おじいさんも、息子に死なれてショックだし世話できないと思ったんだろうけど・・・。

やるせない話聞かされて労働して、昨日は本当にくたびれました TT


*******************************

       皆さまリンクや宣伝よろしくお願いします!!     
       ■ 多頭崩壊現場の猫達の里親さん急募 ■
e0144012_22134477.jpg


◆特に読んで欲しい日記◆

ねこひと会
里親募集中の子達
一時預かり、搬送協力急募です!

にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ にほんブログ村 猫ブログ 猫 里親募集へ
by yukimomoko | 2007-12-04 18:33 | 猫活動・日本の愛護事情

世田谷の多頭崩壊

昨日夕方、目黒区のS川さんから久しぶりにメールが来ました。

*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*

ゆきこさん 元気ですか? 今ね OさんとSさんとYさんとKと私で多頭飼い崩壊の後始末をしています 避妊も去勢もせず 30匹以上になり アパートも強制撤去され大変な事になってます 4ヶ月から3ヶ月2ヶ月と子猫が16匹 小さい子猫は全部だし まだ中猫のスリスリ君達が後6匹位います サビから白黒の中猫がなかなか決まりません、その他に自分達の保護した子猫と頭が痛いです もし白黒のスリスリ君達をほしいひとがいたら宜しくお願いします みんな癒し系の性格のいい子達ばかりですOさんも80歳の高齢で断れませんでした。飼い主さんはお金もなくアパートも借りれない状態みたいです 親猫達はどうにか預かってくれている人が二人から三人いるみたいで 本当の数はわかりません
一匹でも出したく苦戦しています!宜しくお願いします親の避妊はほとんど終わりました。S川

*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*

そして今日S川さんから来たメール。 ( )内は私の注釈。

*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*

今子猫はあと5匹残留(里親が決まっていない)してまして Oさん宅に4匹とS川宅に1 匹になりました
手術終了済みの親が 13匹まだ終わってないメスが1匹 (まだ手術の月齢ではない中猫)オスが5匹になりました。
ゆきこさん Oさんが有り難いと宜しくお伝え下さいとの事でした、
後、手術後にラセン菌が手術した病院にて感染し 下痢嘔吐にて具合が悪い為 G動物病院にSさんが頭をさげ11匹今日から入院するそうです。
手術をした場所は神奈川県の病院でした。
それから1匹でも 引き取る覚悟で預かってくれるかたがいたら呼び掛けて頂けると助かります。S川

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

S川さんはすぐパニックになる人で、メールもちょっと意味不明なんですが、℡して聞いてもやっぱりイマイチわからなかった(爆)

私もさっと現場に行って見れたら良いんですが、できないからよくわからなくてすみません。

ただ、かなりお金がかかったという事と、中猫と成猫がまだ残っているという事くらいしかわからないんですが、私は預かれないし、「カンパでも集めますか?」って言ったらS川さんも普段人からカンパを貰うなんて頭に無い人なので「え?どこから?」という感じなのです。
私も先日多摩川ので集めたばかりなので、お金を集めるのはちょっとしんどくて、「じゃあ物資は?」と聞いたら「私達は良いけどOさんにしてあげて」と言うので。

Oさんという人は私が知らなかっただけで、あの近辺のけっこうボラ界では有名なんだそうです。
何しろ80代です。まじ勘弁して欲しいというのが本音><
だって80代のボラなんて、いつどうなるか心配で心配で、できれば聞き間違いであって欲しいと思ったくらい 。

Oさんはたった一人で何十年もTNRをやってきて、昔は区から功労賞を貰ったこともあるそうです。
でも今は都営住宅にご主人と二人で年金暮らし。
それなのにまだ外のエサやりもしてるんですね。
そして、ボラ仲間には有名であっても世間では誰も知る人もなく、そうして一生終わるのかしら・・・。
何だか自分の将来見てるみたいな気になって薄ら怖いです

H賀さんもそうだけど、もう引退してゆっくりして欲しいと思っても、ああいう人は体が動く限りやめられないんですよね。

Oさんみたいに長年がんばってきた人、私が応援しているH賀さんもそうだけど、どうしてそういう人が人知れず苦労してきたのにこんな不遇に遭っているんだか。
無責任な人の尻拭い、押し付け、無理解な人からの迫害。
個人ではいくらやってもやれる事は限界があるしキリがないんだって事です。

区の功労賞なんて!
そんなものもらっても、何の役にも立ちません・・・。

崩壊現場の世田谷区も、すでにS川さん達が相談済みだそうです。
と言うか、もう一昨年からずっと相談しているのに、一度「注意勧告」に来ただけだそうです。
法的に、劣悪飼育者を取り締まれないので、保健所も愛護センターも、注意勧告以上のことは何もできません。

飼い主の今後の事は、Sさんが一番近くに住んでいるので、Sさんが主となって世話するそうです。
飼い主は日本に永住権はあるものの、台湾の人で、何かと言うと「猫を置いて国に帰る」と言うんだって ーー;

S川さんのメールは里親・一時預かりもお願いと書いていますが、S川さんはいつもすぐパニックになる割りに、けっこうさくさく里親決まっていくので、そっちの心配は要らないと思います。
て言うか、いたら私に回してくださいって感じです
うちのが一匹減ったら一匹預かれますからね~。
by yukimomoko | 2007-11-25 14:43 | 猫活動・日本の愛護事情

今日は何も食べていないし外は寒いので

先週の土曜のこと。
猫達が庭を見て興奮しているので見てみたら、見るからに去勢未の野良♂といった感じの子が窓のすぐ側に来ていて、

「今日は何も食べていなくて腹ペコで、それに寒いし・・・中に入れてくれませんか?」と言うんです。

ああもう~TT
あなたは一体どこの誰?
e0144012_2274179.jpg
e0144012_2275019.jpg


近所で出入り自由の飼い猫は2匹。
外飼いしてるうちが一軒。
うちに来る定番の猫は約5匹。

この子は流れて来たのか初めてみる子でした。

今うちは賃貸だし、家族から「絶対に目を付けられるような事はしちゃだめだからね!」と釘を刺されているので、餌付けできない。

心を鬼にして知らん顔していたらいつの間にかいなくなりました。

毎日来たらどうしようと思っていたが、あれ以来あの子は見ません。

今日も冷たい雨。どうしてるかな。
いつもゴハンをくれる人の所に戻れたかな・・・。

(※ゆきももこはミクシイの過去日記を当時の年月日で少しずつアップ中です。)


↓一日一ポチよろしくお願いします^^
にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ にほんブログ村 猫ブログ 猫 里親募集へ
by yukimomoko | 2007-11-09 23:28 | 猫活動・日本の愛護事情

保護活動は甘くないんです、本当に。

可哀想な子を保護したい、しようと思っている、実際に保護した、って人が最近増えてきているのはとても良いことだし嬉しいんだけど、

可哀想な子がいます!でも私は保護できないから誰か助けてください!

って、それって『保護活動』と言えるのでしょうか。

『保護活動』を名乗りながら、餌付けもしてない、エサヤリと関わってもいない、地域への働きかけもしない、避妊手術のための捕獲もしまい、で、
ただ闇雲に「可哀想だから!」と保護し、

「可哀想な子がいたから連れて帰りました。でも自分では保護できないので誰か預かってください!」

そういう人がいると私はちょっと待ってと言いたくなる。
本当に本当に、その子は人を頼ってまで保護する必要がある子なのか?
その子が外で少しでも安心して暮らせるような努力をあなたはしたのか?
・・・と。

しかも、
「次の保護活動のために一時預かりさんどうかお願いします!」とやたら自分が「保護活動」をしていると強調。

そんな気軽に『保護活動』なんて言ってほしくないんですよ。

勿論、ただ少しずつ保護するだけ、という行為を否定するわけではありません。
それはそれで協力者がいればやれるだけやっても良いと思うし完璧に解決できなくても誰も責めることはできません。

けれど、みんな誰でもこういう事を始めると段々気がついてくるはず。

「保護してるだけではダメだ。」と。

保護して里親さんが見つかれば一番良いけど、保護しなくてはいけない子を減らさないことにはキリがない。
とにかく避妊しなくては・・・と。

それで、みんなエサヤリ、捕獲して避妊しているんです。
そして、黙々と避妊しただけでもやっぱり根本的な解決はしないのですから、地域への働きかけが必然だという事になるのです。

エサやりボラの苦悩は計り知れません。
その猫達すべて保護したいけど、すべてできるわけがない。
少しずつ、自分で何とか保護しようと思っていても、いつも「飛び入り」の保護が入って結局自分の餌場の子は後回しになり、そのうち外で儚い命を終えてしまいます。

でも、辛いけどそうするしかないんです。
外猫達の過酷な状況はどこも同じ。
保護場所がないのは誰も同じ。
人に迷惑をかけられません。

完璧な活動なんて誰もできないけど、自分で保護できない子のSOSをやたら発信するのはよく考えて欲しい。

しかもその上飼い猫かどうかもオスメスかどうかも、エサヤリがどんな人かも把握せずに、むやみに保護する・・・。
間違ってもそういうのが『保護活動』だなんて思って欲しくない。
それを声高に言って世間の勘違いさんを増やして欲しくない。
それは単なる『保護』であって、ヘタしたら保護という名の『拉致』になります。

とにかく、そういう人は「自分にできる事をしているだけよ!可哀想な子を一匹でも救えて良かったわ♪」なんて自己満足に浸っていないで、本気でやるべきことを考えて欲しいし、やれないならやれないで多大な迷惑を他人にかけていると自覚して行ってください。
できない事を誰も責めはしません。

もちろん、保護してもらえた子は幸せになったら嬉しい。
幸せになってくれたら「あの時保護しなかったら今頃は・・・」と、保護された事を嬉しく思うでしょう。

でもその陰で、もっともっと保護が必要だった子が保護されずにたくさん死んでいったという事も、ちゃんと知ってて欲しいなと。

そういう事です・・・。



以下、ボラ友さんのある日の日記より。

*************

私はSOSを発しない、SOSに手を出さない

私だって本当は、出来ればSOSを発したい猫を外でよく見付けます。

この間も、東京に台風が迫っていた日、暴風の中、風で飛ばされそうになりながらニャーニャー鳴いていたあの子、もう大人の猫だったけど、もしかしたら捨てられた子かもしれない。
その時は、痩せてはいないからエサはもらえている子か、どこかの家で半外飼いにされていて帰れなくなった子か、と思ったけど、やっぱり気になって次の日その子がいた場所に行ってみたら、大雨に打たれながら死んでいました。

母がまだ通院していたりで経済的にと、うちには保護できるスペースと時間が今はもう無いので、自分はあの子がいた場所を案内するぐらいしか出来ないのに、あの日、もしネットで助けを求めていたら、朝一で誰かが保護しに来てくれて、もしかして助かっていたのかもれない。
でも、きっと手を差し伸べようとしてくれる人は結局、自分と同じ状況だよとか、既にみんな、いっぱいいっぱいだよとか、どこかで無理していて大変だよ、と諦める。
私自身が手を出せないのだから、と諦める。
"諦める"とは語弊があります、端から考えません。

あと、よく知っている人の事で、本当に切羽詰まっていそうな案件でなければ、SOSに手を出しません。
新潟のだって練馬のだって埼玉のだって、本当に心配だし気になるし、みんな助かって欲しい。
だけど、うちに1、2匹なら大丈夫と思って、そこに手を出すと、長年エサやりしている場所の子達に申し訳無い気がしてしまう。
寒い日も暑い日も雨の日雪の日も待っている、そこの子達でさえ、うちに連れて来れないでいるのに(連れて来れるのなら、あの子達を連れて来ないと)。

まるで、助けて!と言った者勝ち。
困っている人や、危険な場所の人懐っこい野良猫や、明日の命も危うい犬猫は周りに山ほどいるのに。
例え話題にならなくても、人知れず、誉められることはなくても。

***************

ボラなら誰しも共感する悲しい日記だと思います。





にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ にほんブログ村 猫ブログ 猫 里親募集へ
by yukimomoko | 2007-09-28 21:37 | 猫活動・日本の愛護事情

子猫の保護の経緯は小説より奇・・・

Sさんと子猫ちゃん。
e0144012_224245.jpg

この子の兄弟は生まれてすぐ川に流されました;;

借金取りから隠れて川に住んでいるおっさんが餌付けしたお母さん猫が産んだ子達。
春にも産んでて、また7月に産んで、困ったので流した、でも全部いなくなると母猫が鳴くからと、この子一匹だけ残して。

なんという身勝手!いつも人間はどうして自分達を慕ってくるものに対してこうも勝手で冷酷なことができるのか。

おっさんの隠れているハウスに入る茂み。
e0144012_251840.jpg

ボラがここを見つけ出すのに1週間かかりました。

昨日話していて新たに、この母猫の母猫、つまり子猫のお婆ちゃん猫と、それが去年産んだ雌猫がいることがわかり
川原のホームレス(の猫)の世話をしているSさんはショックで卒倒しそうに。

こういう人はボランティアの苦労も知らないで、後になって平然とこういう追加話をするのです。
最初から言ってよ!と怒るSさん。

川原はきれいでした。
わんこが走れる芝生が広がってて空は夏の夕方の空。
e0144012_2142812.jpg

久しぶりに夕方の空をゆっくり見れた気がします。

昨日お母さん猫も一緒に病院に行き、駆虫とノミ取りしてもらいました。
e0144012_25566.jpg


お母さん猫は手術して、またおっさんの川原に戻します。
e0144012_261919.jpg

懐っこい子なので保護場所があれば保護したいけど・・・今回はできません。
元気で、できるだけ長生きして、苦しまないように生き抜いて欲しい。

子猫はもう離乳してるはずの大きさなのに、自分で食べないしオシッコも介助。
流された子の分もママが至れりつくせり世話をしてたからかな?
丸々太って栄養状態は良好です。
e0144012_271136.jpg
e0144012_271841.jpg
e0144012_272619.jpg

ぜっこね(絶叫子猫)だけどとっても良い子ちゃんです。
きっと天真爛漫な子になると思う~。


どうでも良いけど、このおっさん、
他のホームレスと違ってちゃんと家があって、なんと奥さんもいるのです。
明るいうちだけ借金取りから隠れるために川原に「別荘」を作ってるという事。
だから夜は家に帰って風呂も入れるし食事もして布団でちゃんと寝てるらしいーー;

なんだそりゃ~!


by yukimomoko | 2007-08-08 01:59 | 猫活動・日本の愛護事情

週明けに子猫を預かる予定

T川の河川敷にホームレスの世話をしに行ってるSさんから来週子猫を預かります。
かわらのホームレスさんは猫を持ってる人が多いのですが、将来のある子猫はできるだけ里子に出すようにボラが支援しています。
もちろん、大人の猫は順番に手術。

が、そのホームレスさん達から離れた場所にこっそりと居ついたおっちゃんが、猫をたくさん抱えていたそうです。
見つけた時のSさんのガーン!というショック、わかります~><
どうもホームレスと言うよりも借金取りから逃げて隠れてるらしい。
成猫が3匹に春生まれの子猫が6匹。
子猫達はすでに保護されました。
私が預かるのは約一ヶ月前に生まれた子。
5匹生まれたんだけど4匹はこのおっさんが川に流したんだそうですーー;
一匹残したのは子猫がいなくなると母猫が鳴いてうるさいから。
それで、母猫の手術賀済むまでは子猫を渡さないと言いやがるらしいのです
母猫の手術の予約が来週金曜しか取れなくて、それで保護も木曜しかできないという事でした。
先生にお願いして何とか月曜にしてと交渉中。
たぶん交渉はうまくいっているはずなので、月曜まで無事に生きててくれるならうちに来るはずです。
せっかく保護場所があるんだから一日も早く保護してあげたい。
by yukimomoko | 2007-08-04 01:27 | 猫活動・日本の愛護事情
検索
カテゴリ
ねこひと会について
☆譲渡の流れ
【かなでちゃんファミリー】募集中
【熊本被災猫】募集中
【マヨドレ・クニクニ】募集中
センター【どぶ子猫】里親決定!
センター【乳飲み子】里親決定!
【コンデンスミルク】里親決定!
【小熊部屋、タマミ、侘助】
【トリック(イギー)】募集中
【ジュンちゃん】募集中
【家庭内野良のレオとペコ】
【下半身クラブ】募集中
【頭の大きなしょうぶ】募集中
【ヒマワリ】里親決定!
猫活動・日本の愛護事情
猫の健康・猫との暮らし
巨大食道症のノムちゃん
★ねこひと会活動収支報告
☆お知らせやお願い
【東日本大震災】
【世田谷猫連続虐待事件】未解決
【便利屋が遺棄した子達】未解決
【上野毛~等々力TNR】
終了【2009.多頭崩壊・遺棄】
終了【2010.自家繁殖子猫達】
終了【2011.多頭崩壊子猫】
終了【2013.房総親子猫】
動物に関する事件やニュース
里子に行った子達2005~07
里子に行った子達2008~2010
里子に行った子達2011~2013
里子に行った子達2014~2016
虹の橋に。。。
うちの猫とゆきももこの気持ち
気分転換
代理募集
その他
【お婆ちゃんの猫達】
【里親探しの話】
【偉い子ちゃん】虹の橋に
2017.初乳呑みー
2017.親子猫
【新緑&明日子(あこ)ちゃん】
【美月】飼い主さんに死なれた子
【2017夏の子猫DMY】
ねこひと会の保護猫達
バッくん&パプリカ
【2017.秋のワインズ】里親募集中
里子に行った子達

サポーター募集中!


【終了】里親さん急募!


ペットのおうち
ペットのおうち

いつでも里親募集中
以前の記事
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 01月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 06月
2005年 05月
最新のトラックバック
里親会&写真展のお知らせ
from おっとりおとなネコ里親募集
※ 被災動物の安否確認サ..
from ETERNAL×PACE ~..
被災動物への支援
from MADAM-ZOO [別館]..
【猫吉散歩】~秋のドライ..
from 【猫吉日記】
ペット税について:ペット..
from TokyoianBlog
世田谷の猫「ソラ」ちゃん..
from 猫まっしぐらなスピ♪ライフコ..
警戒されてるわ~
from 里親募集中の猫さんの預かり日記
01/24 譲渡会@中目黒
from MADAM-ZOO [別館]..
何もできないって言葉
from ねこ☆にゃらーず
1月24日開催
from 里親さん募集中【保護猫日記】
その他のジャンル
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧