<   2008年 03月 ( 29 )   > この月の画像一覧

つくし

20日の里親会の後、なな猫さん宅からうちへ移動してきたつくしです。
e0144012_1101571.jpg

つくしは、ブブちゃんと同じく、年末に倒れて2月に田舎へ隠居したH賀さんの保護猫でした。
顔はブサだけど、まだ若くて甘えん坊なつくしは、兄弟の把生(ハオ)君も一緒に里親探しをするために保護。それぞれなな猫さん宅とtanaさん宅預かってもらいました。
それがどうにもつくしの性格がやんちゃと言うか、なな猫さん宅の猫達と相性が合わず、先住の小雪ちゃんがノイローゼになってしまったので、せっかくなな猫宅に馴れていたつくしには可哀想だけど、ゆきももこ宅へ移動となりました。

      移動した日はケージの中で過ごしてもらったつくし。
e0144012_1105151.jpg

         同じH賀さん出身のカイちゃんが興味津々^^
e0144012_1114164.jpg

         次の日からうちの猫と並んでゴハンを食べたり
e0144012_1121245.jpg
                探検したり猫饅頭になったり
e0144012_113223.jpg

e0144012_1131473.jpg

    やっぱりうちの猫に喧嘩をしかけたりして(でも負けているw)
e0144012_113438.jpg

   高いところが安心するようで、冷蔵庫の上からやたら甘えてくるつくし
e0144012_114560.jpg


    10日経ちましたが、相変わらず高いところがお気に入りです。
       うちの猫になかなか受け入れてもらえないみたい^^;
e0144012_1145587.jpg



       仮名 つくし 約4歳 元気な男の子

       顔は爺むさくブサ可愛いです。
       性格は猫らしく気まぐれ。
       でも鳴き声は可憐で甘え方はいじらしいです。
       健康状態良好。
       風邪の後遺症で涙目あり。
       ワクチン駆虫等の諸処置と去勢は済みです。

       やさしい里親さんをお待ちしています!

***********************************

至急!里親さん募集中の三兄弟
e0144012_17463619.jpg



旧・ゆきももこの猫夢日記はこちら

HP ねこひと会
by yukimomoko | 2008-03-31 11:26 | 里子にいった子達2008~2010

さようなら3月

今日で怒涛の3月が終わります。
月初めは自分の猫(オムツ猫のカイちゃん)が急性腎不全になって数日寝ずの看病でふらふら。

            やっと食べれるようになったカイちゃん。(夫溺愛)
e0144012_1015339.jpg


カイちゃんが危険な状態から脱してホッとしたとたんにペットショップ崩壊のチェーンメール騒ぎ。
ミクシイでは代理管理していたコミュだけでも13日深夜から同じトピックが10件以上立ち、次の日には日記ランキング1位になりました。
2日してチョコママさんの案件だと気がついて多忙なチョコママさんの代理でご支援の窓口。
数日間が嵐のように過ぎてやっと一息つけるかと思ったら里子の論丸の訃報。
落ち込んでいる暇もなく捕獲や新入り保護猫・・・そして終盤はKさんの件での相談。
シロクロシッポちゃん3兄弟の行き場を探していたけど間に合わずKさんの緊急入院。
本当に数日3時間睡眠でやっとまともに寝れたと思ったら次の日からまた3時間睡眠とかの繰り返しだった~。
こんな生活じゃ早く老けるだろうなぁ・・・orz

でも何かあった時にはつくづくボランティア同士の横の繋がり、ご支援・応援して下さる方のありがたさが身に沁みます。
Kさんのエスオーエス発信してすぐにボラ仲間を紹介してくださった人猫共生の会の内田さん、自分も保護猫がたくさんいるのに預かり申し出てくれた川崎のTさん、足立区のtanaさん、ボラじゃないのにお手伝いの申し出をしてくださった六郷のUさん、品川区のOさん、他にも遠方なのに真剣に考えてくださった方もいます。

そして搬送は世田谷区の里親さん。
お仕事の後のお疲れの所を埼玉まで運転して、しかもKさんの家の掃除、一時預かりを申し出てくれた府中のニャンママさん宅へ猫を移動させ、私を大田区まで送り届けてくださいました。
本当に本当にありがとうございました!
短期一時預かりのニャンママさん、3兄弟のお世話お手数ですがよろしくお願いします。

こうしてたくさんの人のご協力で3兄弟は何とか一時預かり先が確保でき、お蔭様で今お見合い予定が2件入っています。
良い縁が結ばれますように!



強風の吹き荒れた3月よサヨウナラ~♪
4月は雨。だけどきっと幸せの4月にします!
5月には花の花盛りの気持ちで迎えられるように。


***********************************

至急!里親さん募集中の三兄弟
e0144012_17463619.jpg



旧・ゆきももこの猫夢日記はこちら

HP ねこひと会
by yukimomoko | 2008-03-31 10:31 | うちの猫とゆきももこの独り言

Kさん入院につき緊急保護したシロクロシッポちゃん兄弟。

取り合えず府中の一時預かり宅にいるシロクロシッポ達、猫飼い初めての方からの問い合わせがあり、3日にお見合い予定。初めての人でも1匹より2匹が楽なのでできれば2匹をと勧めるつもり。
どうかうまくいきますように・・・。

それと、1匹は中野区の信頼できる預かりさんにお願いすることになった。
お見合いで2匹決まらなければやっぱり1匹の行き場が困ることになる。
お見合いがんばるしかない!

Kさんが保護して半年以上、仲良く寄り添ってきた子達だけどばらばらになってしまうのはちょっと不憫ですが仕方ありません。
ばらばらになっても幸せになれるおうちを見つけてあげたい。

Kさんが、病気で自分の世話もできないのに猫を保護していたのを責める人もいるかもしれませんが、これはある軽はずみなレスキュー劇の裏で起きたこと。

去年の夏にある人が、「埼玉のとある公園に可哀想な子猫がいっぱいいます!何とかしたいけど協力者はいませんか!?」という事をネットの掲示板に書いたのが発端でした。
子猫達は飢えと暑さで衰弱しており公園の管理側は猫へ冷淡で駆除すると言っているような話から、掲示板はぱっと盛り上がり、「誰か保護して!」「がんばってください!」といった応援や、「それだけ子猫がいるなら成猫達の手術もしなければまた猫が増えてしまう!」といった心配(?)や「公園管理側は動物愛護に反している!苦情を言うべきだ!行政に交渉を!」などなど・・・。

保護される前の公園でのクロちゃん。
e0144012_14164725.jpg


ところが掲示板に書いた本人はそこまでやるつもりはさらさらない。
「何とかしたいけど協力してくれる方いませんか?」と書いたのは、「自分は何もしないけど猫を何とかしたい。自分は何もしないけどそのために協力してくれる方いませんか?」というつもりだったのです。

書いた本人は大騒ぎになって明らかに困惑して逃げ腰でした。

私の知っているボランティアが、見るに見かねて子猫達だけ全頭預かると申し出ましたが、かかる費用を請求すると、その人は「そんなお金は払えない」と言って申し出を断りました。

言うまでもなく子猫を保護したらお金がかかります。
駆虫やワクチン、ウィルス検査だけでなく、衰弱している子猫だとまず治療ですから一匹何万かかるか・・・。
いい大人ならわからないはずはありません。
要するに最初から何もかも丸投げのつもりの人だったのです。

ボランティアの申し出を断ったその人は、結局その公園に集まってくれた人達に猫を押し付けていきました。
Kさんは、公園の対応についての協力ができるかもと思い出向いて、猫を3匹も押し付けられて帰ってきました。
病気もありますし、断れる判断力もなかったんだと思います。

最近は愛護活動への興味を持ってくれる方が増えてきて嬉しいことだと思うのですが、その一方で軽はずみな愛護や丸投げをして猫や周りの人に迷惑をかける人が多くいるのも本当です。
挙句、反省してくれずに「自分にできることをして何が悪い!」と開き直ったり。

動物に関わることは、気持ちがあれば誰でもできる事ではありますが、気軽にできる事でもありません。
軽はずみな行動で、何よりも猫達がもっと不幸になるかもしれないという事を忘れないで欲しいと思います。




***********************************

至急!里親さん募集中の三兄弟
e0144012_17463619.jpg



旧・ゆきももこの猫夢日記はこちら

HP ねこひと会
by yukimomoko | 2008-03-29 14:22 | 猫活動・日本の愛護事情

今年も商業アザラシ猟が始まってしまいました。

護摩ちゃんの署名集めの時にお手伝いしてくれた利枝さんが、アザラシ猟反対の署名集めています。
【カナダのアザラシ猟反対署名】

利枝さんが今月始めに自分で撮ってきた、今から殺されるアザラシです TT
e0144012_13243789.jpg


カナダでは幼いアザラシが主にファッションのために毎年乱獲されています。
イヌイットなどが行う古来からの生活のための漁ではありません。

この不条理な世の中になんとかしたい事がたくさんありすぎて、ふだん私は野良猫棄て猫だけに心血注いでいますが 、
このアザラシ猟は色々な意見や資料を自分なりに勉強して、今のままではいけないという考えに至りました。

私は昔、雑誌で偶然アザラシ猟の現場の写真を見てしまいました。
氷の上が真っ赤な血で染まり、血まみれのアザラシの死体が無数に転がっていました。
けれどただ可哀相だというだけで署名するのではありません。
伝統であれ習慣であれ、悪しきものは変えていかなければ地球の未来は暗いものになるでしょう。
これは動物のことに限らないですよね。

まだしていない方はぜひご協力お願いします。
署名は毎年利枝さんがカナダ大使館へ手渡しで渡します。


    ********************************************


4月19、20日  利枝さんのSORAと、tittiさんのブースがアースディに参加します。


環境問題を考えるお祭りなので、動物のことだけではないみたいです。
エコロジーのブースとかもあるし変な格好した人もうろうろしてます(笑)


tittiさんは4月6日に中目黒でフリマ&パネル展をします。


こちらも品揃え良く展示も充実しているので勉強にもなるしすごく楽しいですよ~。
こちらは私もちょっとだけ顔出すつもりです。
by yukimomoko | 2008-03-29 13:38 | ☆お知らせやお願い

緊急の預かり

昨年末から、Kさんの体調が思わしくないという話がありました。
Kさんは動ボラではないけど、ある人に丸投げされて3匹の子猫を保護しています。
里親探しも捗らないまま、子猫達はどんどん大きくなってきて、回りも「何とかしないと・・・。」と思っていた矢先でした。

ついに昨日、本当に緊急入院になり、猫達はKさんの家に取り残されてしまいました。
誰も世話に行ける人がいません。

緊急募集で搬送協力者と一時預かりを募り、何とか夜までに確保。
急ぎ埼玉まで猫を迎えに行きました。

猫達は、Kさんが保護して半年余り、本当に大事に慈しんで育てていたのでみんなきれいで性格も箱入りのお坊ちゃん達です。
e0144012_14313283.jpg
      
e0144012_14341948.jpg



でも、Kさんの家の中は惨憺たる有様でした・・・。

いわゆる「ゴミ屋敷」のような状態。。。
玄関を入ったとたんに鼻を突く異臭、足元は踏み場がないほどのゴミ、猫の砂、汚物、腐敗した食品類、書類、手紙、脱ぎ捨てのままの衣類、大量の本・・・。
台所の流しとトイレは汚水で詰まっていて、悪臭の源はどうもそこから。

Kさんの体調はそこまで悪くなっていたのです。

部屋の中を多少片付けないといけなくなり、靴を脱いで上がれる状態ではないので土足で上がって、とりあえず明らかなゴミだけをまとめてゴミ袋6つほど出し、怯える猫達をキャリーに入れて、一時預かりさん宅へ。
帰宅したのが午前2時になり私もへとへとになりました。
でも猫達は怖い思いをしてもっともっと疲れたでしょう。

一時預かりさん宅について恐る恐るキャリーから顔を出す猫達。
   
e0144012_14423182.jpg

   
e0144012_14425453.jpg

e0144012_1443636.jpg

猫達の一時預かりは緊急での引き受けなので短期間のお願いです。
長期になるとまた預かり先がなくなってしまいます。
できるだけ早く里親さんを決めたいと思っています。
もちろん保護猫はどの子もみんな一刻も早い里親さんを待っているのは変わりないんですが・・・。

Kさんは具合が悪く自身のこともできない状態の中、猫だけはきれいにしてくれていました。
本当に慈しんで育てていた子達です。
優しい、責任ある里親さんをお待ちしています。

至急!里親さん募集中の三兄弟
e0144012_17463619.jpg






***********************************

旧・ゆきももこの猫夢日記はこちら

HP ねこひと会


里親募集中の子達
by yukimomoko | 2008-03-28 14:44 | 里子にいった子達2008~2010

堕胎猫の死亡率

関連日記「不妊手術はエゴではありません」

「率」って言ってもちゃんとした資料ではなく、私がやった数ざっと数えてみて、手術数約100匹です。
大体女の子主体でやってるけど、発情期でない冬に捕獲するのでそのうち、4分の1以下が妊娠した子だとして、25匹以下くらいだったとする。
運が良い事に私の場合はまだ手術による死亡はないです。

ただ、この100匹のうち、リリースした翌日に事故で亡くなってしまった若い男の子がいました。
今もその子のことは忘れません。

実はつい先日も、私が使っている病院でありました。
出産直前の子が麻酔から覚めずに亡くなったそうです。
その子を捕獲したボラさんは私の4倍くらいの数を手術してるはずですが、死亡事故は「妊娠の子大体100匹して2匹くらいあった。」と言っていました。

たったそれだけの率でもいやですね・・・。
とその時も暗い気持ちになって、そのボラさんも泣いていましたよ。


お腹に入っていないと思って麻酔量を誤って(多くやりすぎて)亡くなった話も聞いた事があるけど、それは完全に医療ミスですね。
獣医のミスや不手際以外の、不測の事故はもっと少ないと思います。

飼い猫でも、手術を嫌がる人に勧める時は、無事に終わるまではこちらもおちおちできません。
めったにないとはわかっているけど・・・。



猫ボラ川柳。

 ー 地獄落ち 覚悟でしてます 野良堕胎 -
                 
                            byゆきももこ


***********************************

旧・ゆきももこの猫夢日記はこちら

HP ねこひと会


里親募集中の子達
by yukimomoko | 2008-03-26 15:13 | 猫活動・日本の愛護事情

不妊手術はエゴだ、身勝手だ、堕胎は可哀想、野良には野良の幸せがある・・・。

こういう考えは、猫達が置かれている、本当の地獄を知らない人の目線から出る、たぶん、今の日本で大部分を占めるであろう浅はかでお気楽な考え方。。。 と、前の日記で書きました。

妊娠の有無に関わらず、健康診断もしていない野良猫の手術をする事はどうしてもリスクが高くなります。

なぜ、私達がそんなリスクを押してまで野良猫の手術をしているか、
生まれたら可愛いに違いないとわかっている子をなぜ闇に葬らなくてはいけないか、わかりますか?

私達はエゴや身勝手でこんな悲しい事をしているのではありません。

身勝手なのは、自分の欲望のままに生ませる人達です。
身勝手な人間によって増やされた挙句、センターに持ち込まれもがき苦しんで殺される不幸な命が、東京都だけで年間、犬の殺処分数557、猫は6348です。(18年度)

猫の場合、ほとんどが生まれたばかりの子猫で、子猫達は袋に詰められガスを吸わされます。
持ち込むのは手術を「エゴだ」とか言って生ませている人か、猫を迷惑と思っている人達かがほとんどです。

センターで殺されなくても、野良の子猫は一年以内に病気や事故で亡くなる子が多数います。
お母さん猫は、体が回復しないうちにまた妊娠し、出産を繰り返し体力を消耗していきます。

保護して里親探しをしたくても、保護場所はなかなかないし、緊急で保護してあげなければ生きていけない「もう生まれている命」があります。
それさえも保護できず、諦めなくてはいけない事のほうが多いのです。

もし、本当に猫を心配し、人間の身勝手で殺される子を減らしたいと思って下さるなら、あなたにできることを何か手伝ってください。
人手もお金も保護場所も足りません。
今すぐでなくても良いのです。
まずは現実を知る事からでも・・・。


旧・ゆきももこの猫夢日記はhttpこちら。

HP ねこひと会
by yukimomoko | 2008-03-24 13:57 | 猫活動・日本の愛護事情

昨日の捕獲 堕胎

昨日は、どうしても捕まらないというお腹の大きい子の出張捕獲。
餌やりさんがずっとチャレンジしているけど失敗して、「お腹もどんどん大きくなってきたので今シーズンは諦めて生ませようと思う」、と言うので急ぎ出向いた。

餌やりさんは、ボランティアではなく公園の捨て猫7匹の世話をしているまだ若い人。
捕獲器は区から借りていたが、使い方をちゃんと指導してもらっていなかったらしい。

猫は美形の三毛ちゃん。かなり用心深い。
まだ若いのに2回目の妊娠らしい。

一昨日の子は妊娠ではなくただの肥満だったのでラッキーだったけど、この時期の捕獲はたいてい妊娠しているので堕胎させなくてはいけないので辛い。
特に昨日の子は、餌やりさんがいったん生ませて保護しようと思った子達なのでなおさら胸が痛みます。

堕胎させるなら一日も早くしてあげないと!
2時間粘って、無事に捕獲成功。

e0144012_10581451.jpg


捕獲から帰って、ミクシイの日記にこの事を書いたら、まったく面識のない通りすがりの人が
「お腹の大きい子を手術なんてして大丈夫なんですか??!!それで死んでしまった子もいること知ってますか?!」と書いていきました。

「質問です」と書いてあったけど、明らかに堕胎させる事について非難の気持ちのこもった発言です。
餌やりさんの日記にも乗り込んで「身勝手・・・」と書いていった通りすがりさん。

猫達が置かれている、本当の地獄を知らない人の目線から出る、浅はかでお気楽な、でも今の日本で大部分を占めるであろう考え方です。
そして猫活動に関わる者への無配慮で思いやりのない言葉。。。

この通りすがりさんは、これから先、どうして私達が泣く泣く猫達を堕胎させなくてはいけないか学んでくれるかな?
それとも悲惨な現状には気づかず、これからもずっと今のままで・・・?




少しでも多くの人に、日本の猫事情を知ってもらうために、これからも啓蒙活動をがんばりたいと思います。
それが私にできる唯一の事だと信じて。。。


***********************************

旧・ゆきももこの猫夢日記はこちら

HP ねこひと会


里親募集中の子達
by yukimomoko | 2008-03-24 11:04 | 猫活動・日本の愛護事情

今朝の捕獲は先々週からお腹が大きいのにずっと失敗してた子。
雨の後でお腹が空いていたのか、今朝はすぐに捕まった。
さっき病院からは妊娠してなかったと連絡あり。
ただのおでぶ?そうなの?おでぶちゃんなの??
e0144012_10404426.jpg

とにかくお腹にいなくて良かったー><;



実は、先週は先々週にA原さんが捕獲してくれた子を里親探しする方向で、保護場所がないか探していたんですが、
私も他に番狂わせで4匹ほどの保護場所が緊急で必要になり、そのうちの一匹つくしはうちで引き取る事になったし、他の人も手いっぱい。

それまで病院に預けていたんですが、諦めてリリースしました。

H賀さんが引っ越してもまだ気にしている子で、白の多い三毛ちゃん。
まだ若いので手術のついでにそのまま保護したかったけど、今のこの時期で人懐れも不明な子を無理に人に頼んでまで保護するのは、リスクのほうが高いという事で、仕方ないです。

捕獲してくれたA原さんが、余裕ができたら保護します。
それまで何とか生き延びて。。。
e0144012_10161490.jpg


***********************************

旧・ゆきももこの猫夢日記はこちら

HP ねこひと会


里親募集中の子達
by yukimomoko | 2008-03-22 19:42 | 猫活動・日本の愛護事情

もみもみブブちゃん


e0144012_1203025.jpg


e0144012_1205396.jpg


e0144012_1211276.jpg


くねくねドテンドテンした揚げ句、空中を揉み揉みしているブブちゃんです(*^^*)
優しい家族を待っています。

***********************************

旧・ゆきももこの猫夢日記はこちら

HP ねこひと会


里親募集中の子達
by yukimomoko | 2008-03-20 12:03 | 虹の橋に。。。