~ゆきももこの活動日記 - 里親さん募集中 - ねこひと会

by yukimomoko

<   2014年 01月 ( 20 )   > この月の画像一覧

歯がうっすら生えてきた

2014年01月30日22:25
チビチビ達、まだまだ波があって怖いけど、体重は一応毎日順調に増量↑

サバ斑♀ちゃん
e0144012_16263660.jpg

サバ白♂ちゃん
e0144012_16265521.jpg

黒キジ♂尾太ちゃん
e0144012_16275338.jpg

黒♀ちゃん
e0144012_16281744.jpg

顔をお見せなさい(笑)
e0144012_16283486.jpg

黒キジ♂尾細ちゃん
e0144012_16285443.jpg



ミルクの後の行き倒れ風(笑)
e0144012_16292293.jpg
e0144012_16293298.jpg


兄妹同士でちょっかい出したりも。
e0144012_16334020.jpg


e0144012_16341033.jpg
e0144012_16343362.jpg

早く仮名を決めなきゃね。


↓ポチっと応援お願いします
にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ


◇ご支援のお願い◇


ねこひと会の保護猫は、NPO法人nekonoko の定期譲渡会、smile catの定期譲渡会に参加するほか、各保護宅にていつでも面会可能です。

*******************************

◆ゆきももこの特に読んで欲しい日記◆


↓一日一ポチよろしくお願いします
にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ
by yukimomoko | 2014-01-30 22:25 | 里子にいった子達2014~2016

侘助受難

2014年01月30日17:09
侘助、うちでの呼び名はわー君なんですが、そのわー君、
ブブちゃんと一緒に暮らした元々の白血病部屋から、小熊~ズの白血病部屋に移って、だいぶ経ちます。

最初はタマミちゃんに虐められてましたが、今は…
やっぱり虐められています^^;

タマミちゃんは人が大好きで、人に対しては超絶可愛いけど、他猫に対しては厳しいなあ^^;


こんなに甘えているわー君

e0144012_02522616.jpg


ただ甘えているだけなのにしっかり監視しているタマミちゃん^^;

e0144012_02525445.jpg
e0144012_02533698.jpg


アタチ以外の猫は不要なの!のブラウニータマミちゃん。

e0144012_02534785.jpg


わー君は、保護した時から鼻風邪持ちで、最初の頃は投薬したり病院でネブライザーしたりいろいろやったんですが、もうほとんど慢性蓄膿のようになっていて、常に鼻水を飛ばしまくっています。

それが1月の極寒だった日辺りから酷くなって、鼻水が膿性になって鼻音もひどくなってました。
さぼっていたサプリの投与を再開したんですが、ここ数日はわー君から腐ったような匂いが…--;

病院で抗生剤を出してもらい、2種のサプリと一緒に朝晩投与中


わー君の鼻水にも白血病のウィルスがたっぷり混ざっているんだろうな…。

と、思うと、保護部屋の汚染度が一気に上がった気がします。

鼻水も乾いて粉になって空気中に飛んだりしたらどうなんだろう…など考えると、ちょっと神経質になってしまって、消毒を噴霧する加湿器でがんがん加湿中。

それから、私が小熊部屋に行くと、すかさず甘えようと飛びかかってくる小熊~ズを無視して、まず壁や床やリネンの上の鼻水チェックして消毒。
わー君がクシャミしたら、飛散った鼻水を拭きとって消毒。

せっかく甘えてきてくれても、顔の近くでクシャミされると、かかりますから、可愛がりを中断して消毒。
消灯後もクシャミの音がしたらいちいち電気をつけて消毒。

ちょっと神経質過ぎるかな?
でも気が付かないでいるとこんな風に固まって取るのも大変になるし^^;

e0144012_02535794.jpg

タマミちゃんの監視といい、オバちゃんの消毒といい、わー君もオチオチできないねえ^^;




by yukimomoko | 2014-01-30 17:09 | 【小熊とオヤツ達】募集中

港ちゃんお届け

2014年01月29日23:20

昨日は房総親子のイケメン(鼻くそ族)王子・港ちゃんのお届でした。

キャリーを置くと、そうとは知らず、自分から入ってきた港ちゃん。
ふたを閉めると、なになに?ときょとんとしていました。

キャリーの周りに総ちゃんも来て「何?何?」

お母さんのみなみちゃんや、兄弟の総ちゃんと一緒にいるところを引き離して、1匹だけ…
かな~り胸が痛みました;;

港ちゃん自身は、車の中でも落ち着いたので道中は気が楽でした。

里親さんのおうちに着いた港ちゃん、ちょっとだけビビってるかな?
e0144012_14301630.jpg


港ちゃん以上にビビっているのは先住猫の富士男くん
e0144012_14304520.jpg
e0144012_14311166.jpg
e0144012_14313315.jpg


ほらほら、お友達だよ!強引に顔合わせ(笑)
e0144012_14321026.jpg


しばらくすると富士男くんも興味津々になってくれました
e0144012_1531978.jpg

e0144012_15335828.jpg
e0144012_15341933.jpg
e0144012_15344445.jpg


興味津々というか、ガン見です(笑)
e0144012_15165476.jpg
e0144012_15171462.jpg

e0144012_15223269.jpg


「なんなんだろうな~」の港ちゃん
e0144012_15233815.jpg


うん、これならきっと大丈夫だね。

港ちゃんは、私が帰る時も特に寂しがったり怖がったりしませんでした。
こういう子だとい私も気が楽です。

おうちに帰ったら、みなみちゃんも総ちゃんも、港ちゃんがいなくなった事にまったく気が付いていませんでした^^;

こういう子達はほんっと気が楽ですね^^;

なにはともあれ、港ちゃん、無事正式譲渡できますように!
がんばれ~!




↓ポチっと応援お願いします
にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ


★更新しました→【ねこひと会活動収支報告】

◇ご支援のお願い◇


ねこひと会はいつでも里親さん募集中~♪

※里親希望の方必読※【譲渡方針・譲渡の流れ】

ねこひと会の保護猫はNPO法人nekonoko の定期譲渡会、Smile Catの定期譲渡会に参加するほか、各保護宅にていつでも面会可能です。

お問い合わせは yukimomoko55nekohito@gmail.com まで

*******************************

◆ゆきももこの特に読んで欲しい日記◆


↓一日一ポチよろしくお願いします
にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ
by yukimomoko | 2014-01-29 23:20 | 【房総親子猫】房ちゃん募集中
2014年01月29日23:19

毎年苦労するのに、どうして毎度忘れているのか…
乳飲み子の育児はやっぱり大変です。

今回の子達は、難易度は中くらいなれど、なにしろ小さいから気を抜けない。
しかも5匹だから時間がかかる=休めないーー;

最初はサバ班♂ちゃんで、次の日は黒♀ちゃんが、といった具合で。

1匹ずつ順番にミルクイヤイヤになり、シリンジで強制授乳


強制授乳も、意識がない子に比べれば、けっこう強引に入れても誤嚥しないので、楽ではありますが、何しろ5匹もいるから時間がかかるーー;

それにしても、便秘でもなければ下痢というわけでもないのに飲まないのは、きっとお腹が痛いとか、むかむかするとか、小さいながらにあるんだろうなあ。

だいたい1~2日でまた飲むようになってくれるので、そんなに深刻に心配はしていないのですが、だからと言って強制授乳は手抜きできません。
サボれば次の日の体重が減ってしまうので、嫌がられても、眠くても、やるしかないのです。

写真なしです。写真撮る余裕なし><


↓ポチっと応援お願いします
にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ


★更新しました→【ねこひと会活動収支報告】

◇ご支援のお願い◇


ねこひと会の保護猫は、NPO法人nekonoko の定期譲渡会、Smile Catの定期譲渡会に参加するほか、各保護宅にていつでも面会可能です。

*******************************

◆ゆきももこの特に読んで欲しい日記◆


↓一日一ポチよろしくお願いします
にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ
by yukimomoko | 2014-01-29 23:19 | 里子にいった子達2014~2016

凛ちゃんおやすみなさい

昨日は凛ちゃんの1ヵ月目の月命日でした。

凛ちゃんというのは、私のボランティア生活初めの頃、たしか2年目の保護猫ちゃんです。
訃報が届いたのは、亡くなった日の夕方でした。

「元気です」という年賀状を出した後に、急に具合が悪くなり、色々治療してもらいましたが、だめだったそうです。
その年賀状は年明けにちゃんと届きました。
年賀状にはもっと詳しく状況が書かれていて、亡くなる2週間ほど前から闘病していたようでした。
これからも凛ちゃんを大事にしていきますとあり、また泣けてしまいました。
状態がかなり悪かったらしいのですが、里親さんは元気になると信じていたのでしょう。


凛ちゃんは、当時住んでいた町の、メイン商店街でTNRをした時の保護猫でした。
床屋の裏のお婆さんが増やした茶系の一族で、このお婆さんが無責任餌やり、だけでなく、不妊手術反対、耳カットも反対という真正迷惑餌やりだったので、捕獲は難儀しました。

数匹いた大人の猫達は手術してリリースしましたが、子猫達は栄養状態が悪く、1匹は床屋の裏とそのお婆さんの家の間の、じめじめした汚い地面の上でぼろ切れのように死んでいました。

当時まだそんなにキャパもなかった私でしたが、手のひらに乗るような子猫のその死体を見てとても耐えられなくなり、同時期らしい3匹の子猫達を保護。
みんなそっくりな茶白系でした。

風邪で目鼻はぐちゃぐちゃ、がりがりに痩せていましたが、みんな人懐こい子達で
うんと元気に育つようにと仮名を元気1、2、3と付けました。

2と3は後で女の子とわかり、床屋の裏だからトコちゃん、チビトコちゃんという仮名に変更。

元気くん1は、入院した動物病院の看護婦さんが里親になってくれました。

トコちゃん、チビトコちゃんは大岡山のご夫婦に二匹でもらってもらいました。

凛ちゃんは、その後少し遅れて保護した、4番目の元気くんでした。

同時期の保護猫達の中でも、おっとりして気立てが良く、ちょっとへなちょこの甘えん坊さんで、愛しかったです。

保護時期が遅れた為に、元気4君の里親さんはなかなか決まらないまま月日が経ち、12月になりました。

この年の12月、私の経験不足で大変な事が起きました。
元気4君より小さい子猫達が、パルボという怖い伝染病でバタバタと死んだのです。

パルボは、それはそれは恐ろしい病気で、昨日無邪気に遊んでいた子猫が今日はなんだか少し大人しいなと思ったら、翌日にはもがき苦しんであっという間に死ぬような病気です。

泣く暇もなく部屋中ハイター消毒し、リネン類や子猫のおもちゃなどは全て焼却。
地獄のような経験でした。

元気4君も他の保護猫達も、3種ワクチンを打っていたのでパルボは大丈夫のはずでしたが、
パルボのあまりの恐ろしさに、私は万が一を考えて、急いで里親を探さなくてはと思いました。

そんな時に、エイズキャリアのダイちゃんコウちゃんと、そして元気4君にも、
奇跡のようにご縁が来たのです。

天の助けとばかりに、無理なスケジュールを組んで、急いでダイちゃんコウちゃんと同じ日に、凛ちゃんもお届け。

年末の、ちょうど同じ頃だったのです。

お届けの時、里親さんのお家で怯えて固まっている凛ちゃんを見て、
たしか中学生くらいだったおとなしそうな娘さんが

“たまらない…”

という表情で「可愛い…」と呟いてくれたのがとても嬉しかったです。

元気4君、きっとこのお家の末っ子として可愛がってもらえるだろう…と思いました。

それでも、この甘えん坊の子が最期はどんな風に亡くなるだろうか、大好きな家族に見守られて安心して旅立てるだろうか、寂しい思いをしたり苦しんだりしないだろうか、
私を親だと思っているのに、いきなりどうして知らないお家に置いて行くのだろうとさぞ驚くだろう、などと

考えただけで胸が張り裂けそうになり
帰りがけに、私は里親さんの前で大泣きしてしまいました。

里親さんは驚いて、「大事にします。心配しないで下さいね。」と一生懸命慰めて下さいました。

私は、あれから約250匹以上の子を里子に出してきましたが、今もどの子も出すのは辛いし、全ての里子ちゃんを想うと、幸せになったとわかっていても、相変わらず泣きそうになるのです。

元気4君は、凛ちゃんという可愛い名前をの付けてもらい、幸せになりました。

里親さんご家族は、約束した通り、凛ちゃんを大切に愛育して下さいました。

凛ちゃんは、最期はもしかしたら苦しんだかもしれません(命の終わりはどんな場合でも少なからず苦しむものです)
看取った里親さんはお辛かったと思います。
けれど凛ちゃんは、大好きなお母さんがそばにいてくれて、心は安らかだったと思います。

私は、もしまた里親さんご家族が猫を飼いたいという気持ちになったら、また私の里親になって欲しいと思います。

凛ちゃんの里親さんは、本当に素晴らしい里親さんでした。

凛ちゃん、また生まれ変わってお母さんやお姉ちゃんに会いにおいでね。

それまではゆっくりのんびりしていてね。


凛ちゃん、可愛い思い出をありがとう。
里親さん、本当にありがとうございました。




↓ポチっと応援お願いします
にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ


★更新しました→【ねこひと会活動収支報告】

◇ご支援のお願い◇


ねこひと会の保護猫は、NPO法人nekonoko の定期譲渡会、Smile Catの定期譲渡会に参加するほか、各保護宅にていつでも面会可能です。

*******************************

◆ゆきももこの特に読んで欲しい日記◆


↓一日一ポチよろしくお願いします
にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ
by yukimomoko | 2014-01-28 15:14 | 里子にいった子達2014~2016

絶好調の白丸

2014年01月27日23:38

18日から風邪で熱発し、食欲を失くしていた白丸さん、
注射をしてもらったらすぐに良くなって、前回の日記の後すぐに食べてくれました。

大好きな退院サポートで食欲が戻った白丸
e0144012_12181419.jpg


翌日にはいつものようにケージで食べてくれるように。
e0144012_12183570.jpg
e0144012_12184392.jpg


翌々日には、ゴハンの時間でもないのに自らソファーの下から出てきて
e0144012_1219347.jpg


なんと!勝手にカリカリを食べに行きました(笑)
e0144012_12193758.jpg
e0144012_12194981.jpg


俺はカリカリもけっこうイケるんだよ の、白丸
e0144012_1220253.jpg


そして、昨夜の白丸ですが、整えてあげると後ろ足でしっかり体を支えられるようになっていました。
e0144012_12202521.jpg


と言っても、食べ終わって向きを変える時に、いつものようにヘナッとなってしまいましたが^^;

でも、だんだん麻痺が改善しているのはたしかなようです。
腎不全がかなり悪い白丸ですが、このままずっと絶好調だと良いな~。


自転車に轢かれて下半身麻痺になった白丸は、フォスターペアレント様を募集しています。
詳しくはこちらをご覧ください↓
【いつでもフォスターペアレント募集中♪】

↓ポチっと応援お願いします
にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ

◇ご支援のお願い◇

ねこひと会の保護猫は、NPO法人nekonoko の定期譲渡会、Smile Catの定期譲渡会に参加するほか、各保護宅にていつでも面会可能です。

お問い合わせは yukimomoko55nekohito@gmail.com まで

※里親希望の方必読※【譲渡方針・譲渡の流れ】

*******************************

◆ゆきももこの特に読んで欲しい日記◆


↓一日一ポチよろしくお願いします
にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ
by yukimomoko | 2014-01-27 23:38 | 下半身クラブ【白丸】虹の橋

真冬の乳飲み子育児中

2014年01月26日02:45

21日に、愛護センターから引き取ったチビチビ達は、
目が開いて1日~2日目くらいだったので、推定生後10日~2週間といったところ。
仮のお誕生日を1月10日としてみました。

こんな季節に、お外の猫が産んで2週間も健康でいれるわけがないので、おそらく家猫が産んだ子猫を、2週間だけ育てさせたあと、飼い主の手で母猫から引き離して、愛護センターに持ち込んだのだと思います。

仮名まだなんですが、まあまあ順調に育っています。
とは言ってもやはり乳飲み子の育児は大変で、難易度は中くらいですが、私はもうすでに死に体に…--;
こんなことで春になったら一体どうなるのかーー;


初日、ミルクのあとのチビチビ達
e0144012_16372797.jpg

e0144012_19521411.jpg
e0144012_1952306.jpg


23日の体重測定
e0144012_19563132.jpg

e0144012_19594299.jpg
e0144012_200346.jpg

e0144012_202074.jpg
e0144012_2021453.jpg


こんなに小さくてもケージから出して~!とギャー鳴き^^;
この時まだ目もあまり見えてなくて、耳も聞こえていないはずなんですがね^^;
e0144012_20447100.jpg
e0144012_20505.jpg
e0144012_2051633.jpg
e0144012_2053149.jpg
e0144012_2054666.jpg


だいたい健康な子猫でも、最初はよくミルクも飲んで、下痢もしないので一安心かなと思っていたら、2~3日すると急にミルクの飲みが悪くなったりします。

根拠はないのですが、経験で感じるのは、母猫のミルクから人工乳に変わって、それが体に影響する(下痢や便秘など)のに2~3日かかるのかなと・・・。
そして元気な子は1日~2日で乗り切って、弱い子は長引くようです。

25日、乳首吸いもげっぷも上手だったサバ白♂ちゃんがいきなり飲めなくなってしまいました。
e0144012_2084795.jpg
e0144012_209953.jpg


昨日までは「どんな状態でも即飲み」だったのに…ぐったりはないが、覇気がなくボンヤリした感じはなんとなく一昨年のまりも~ズの意識低下の時に似ている。

見てない時に何かあったのか??これだから子猫はイヤ><。

飲めなくても飲んでくれなくても、こんな小さな乳飲み子には強制的にでもミルクをあげないといけないので、シリンジで強制授乳。

翌日には元気になって「ミルク~!」「出して~!」
e0144012_2093759.jpg
e0144012_2095651.jpg
e0144012_20101742.jpg


ホ…取りあえず一安心




今のところ、黒キジ♂(太尾)ちゃん
一番体が大きいです。ミルクの飲みも不安なしで、げっぷもお上手です。
e0144012_20153143.jpg
e0144012_20154771.jpg


サバ白♂ちゃん
このまま元気復活して欲しい><。
e0144012_20162864.jpg
e0144012_20164368.jpg
e0144012_2017251.jpg


黒キジ♂ちゃん(細尾)
e0144012_2252076.jpg

ごくごく飲み過ぎて、鼻からミルクをブー!と出すので、今はシリンジ授乳に切り替えました。
e0144012_2255031.jpg
e0144012_2261256.jpg

e0144012_22133522.jpg

ミルクが鼻腔に残ってぶぅぶぅ鳴るので、「こより」で強制クシャミ処置(これがまた時間がかかるのですわ)と点鼻。


黒♀ちゃん
e0144012_22141785.jpg

めちゃくちゃヤンチャ。怒る子で「おこ子」と呼んでます。
ミルクは飲めたり飲めなかったり。
e0144012_22205767.jpg

体が一番小さく、ちょっと心配です。


サバ班♀ちゃん
よく鳴きミルクも欲しがり乳首吸い付きも良いけど、やや空吸い(吸ってないのにちゅぱちゅぱするだけ)を楽しむ傾向があるので、授乳に若干時間がかかるたら><
ウンチも良いのをたくさんしています^^v
e0144012_22312744.jpg
e0144012_22314919.jpg


ミルク飲んでお腹いっぱい
e0144012_22351847.jpg
e0144012_22353414.jpg


みんな無事に大きくなろうね。オバちゃん寝落ちしないようがんばるよ~。


↓ポチっと応援お願いします
にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ


★更新しました→【ねこひと会活動収支報告】

◇ご支援のお願い◇


ねこひと会の保護猫は、NPO法人nekonoko の定期譲渡会、Smile Catの定期譲渡会に参加するほか、各保護宅にていつでも面会可能です。

*******************************

◆ゆきももこの特に読んで欲しい日記◆


↓一日一ポチよろしくお願いします
にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ
by yukimomoko | 2014-01-26 02:45 | 里子にいった子達2014~2016
先日の依頼捕獲は、手術するな!と言う真正無責任餌やりのいる現場でした。
これはもう、何を言ってもお話にならなくて、おまけに捕獲の妨害もするので、見つからないように作業しなくてはいけません。
ターゲットはたったの2匹でしたが、依頼者が餌付けしているわけではなく、しかもそういう妨害を避けての作業なので、けっこう無駄に時間がかかりました。
寒かったです。。。

あとでわかったのですが、その真正無責任餌やりとは別にもう一人、2区にかけて広範囲に餌やりしているとして、ボラ間ではけっこう有名な迷惑餌やりも出没するエリアでした。

そちらは手術反対というわけではないんですが、お金がなくて?手術はせずにただ餌をばらまくというタイプの迷惑餌やりさん。
これが車で広範囲に残飯のような(本人は一生懸命手作りしているらしい)餌を、器にも入れずに地面に直置きし、もちろん片づけもせず猫が食べるのも見ずに去っていくわけです。

お手製?の練り餌にチーチクのトッピングの置き餌
e0144012_6492067.jpg


車で広範囲に餌をばら撒くタイプの迷惑餌やりは都内あちこちにいるようです。

こういうタイプも、いくら住民から苦情を言われても、ボラが優しく諭しても、絶対に餌やりはやめません。
ある意味、根性があります。

こうした迷惑餌やりの存在は私達の活動の大きな妨げになるんですが、一般の人にはそうした迷惑餌やりと、給食ボランティア(餌やりボラさん)の活動との区別がつかないので、これまた活動の弊害になっています。

不幸な猫、猫トラブルを減らすためには、一般の人に猫ボラがどんな活動をしているか知ってもらい、それを容認してもらうことがとても大事だと思います。


捕獲は2時間ちょっとでターゲットの女の子ゲット。
e0144012_6505596.jpg


それから1時間して男の子ゲット。
e0144012_6512256.jpg


女の子のほうは人馴れしているので、依頼者が保護して里親探しをする予定でしたが、残念ながらエイズと白血病のダブルキャリアでした。
おそらく、この地域はけっこう蔓延しているのでしょう。

e0144012_6521568.jpg

せっかくきれいにしてケージに移したのにね…;;

けれど、無理な保護はいけません。
保護する人のキャパ超えの保護は猫も不幸にしてしまいます。

一応、依頼者さんに、ダブルキャリアだったけどどうしますか?と確認すると、びっくりして動揺して、保護出来ないとかリリースするのも可哀想とか散々悩んで、終いには一生ケージに入れて飼うと言い出だしたりもしましたが、結局リリース。

無理な保護はイケません。何年生きるかわからないのに、今後一生ケージに監禁されるより、元いた場所で仲良しのクロちゃんと一緒のほうがマシです。

可愛いサバ白ちゃん、勇ましいクロちゃん、ふたりとも出来るだけ元気で長生きしてね。

この依頼者さんは、保護出来なかった代わりに、今後の餌やりをすることを決めてくれました。
もちろん、置き餌せず後片付けもきちんとね。



↓ポチっと応援お願いします
にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ


◇ご支援のお願い◇


ねこひと会はいつでも里親さん募集中~♪

※里親希望の方必読※【譲渡方針・譲渡の流れ】

ねこひと会の保護猫はNPO法人nekonoko の定期譲渡会、Smile Catの定期譲渡会に参加するほか、各保護宅にていつでも面会可能です。

お問い合わせは yukimomoko55nekohito@gmail.com まで

*******************************

◆ゆきももこの特に読んで欲しい日記◆


↓一日一ポチよろしくお願いします
にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ
by yukimomoko | 2014-01-25 23:12 | 猫活動・日本の愛護事情

寝落ち

2014年01月22日 07:38

3時のミルクをあげて寝る予定が寝落ちしてしまい5時起きでミルク
e0144012_15544025.jpg

こんな小さくてもケージを出たがります^^


↓ポチっと応援お願いします
にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ


★更新しました→【ねこひと会活動収支報告】

◇ご支援のお願い◇


ねこひと会の保護猫は、NPO法人nekonoko の定期譲渡会、Smile Catの定期譲渡会に参加するほか、各保護宅にていつでも面会可能です。

*******************************

◆ゆきももこの特に読んで欲しい日記◆


↓一日一ポチよろしくお願いします
にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ
by yukimomoko | 2014-01-22 07:38 | 里子にいった子達2014~2016
2014年01月21日 19:49

e0144012_15351439.jpg


まだ全然乳飲み子(目が開いたばかり)だから、死なせないで育てられるか不安(-.-;)
白血病やエイズが出ないか不安(-.-;)
ノンキャリアでもすぐ大きくなって残るのも不安~(-.-;)


↓ポチっと応援お願いします
にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ


★更新しました→【ねこひと会活動収支報告】

◇ご支援のお願い◇


ねこひと会の保護猫は、NPO法人nekonoko の定期譲渡会、Smile Catの定期譲渡会に参加するほか、各保護宅にていつでも面会可能です。

*******************************

◆ゆきももこの特に読んで欲しい日記◆


↓一日一ポチよろしくお願いします
にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ
by yukimomoko | 2014-01-21 15:31 | 里子にいった子達2014~2016