ゆきももこの猫夢日記

<   2015年 07月 ( 32 )   > この月の画像一覧

ほぼ黒チビちゃん

2015年07月31日12:08
センターから一昨日引き出した乳呑み子のうちの1匹は、案の定おかしいそうです。

まだ3週齢だし、レントゲンしか撮っていないからはっきりしませんが、頭の骨がとても薄くて、それに形もおかしくて
奇形っていうのかな。、。

目も、やっぱり風邪でどうのというのではなく、奇形で変な場所に眼球が落ち込んでるみたい
足がか弱いのも、頭のほうからなのか

先生からお顔の写真をたくさん撮られてはじゅかちかったよ~のほぼ黒チビちゃん

e0144012_16193557.jpg
e0144012_16195255.jpg
e0144012_16200538.jpg
e0144012_16201770.jpg
育たないのかな。。。長生きしないのかな。。。

でも一番ミルクを上手に一番たくさん飲むんだよ(;_q)
https://www.youtube.com/watch?v=L61T2C-UTZo

大きな検査はするつもりはありません
対処療法でできるだけ辛くないように、生きている間は楽しく暮らせるようにしてあげたいです。

他の妹達は、風邪少々以外はとても元気です。



↓ポチっと応援お願いします
にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ

◇ご支援のお願い◇

ねこひと会の保護猫は、NPO法人nekonoko の定期譲渡会、Smile Catの定期譲渡会に参加するほか、各保護宅にていつでも面会可能です。
お問い合わせは ねこひと会 yukimomoko55nekohito@gmail.com まで

※里親希望の方必読※【譲渡方針・譲渡の流れ】

【ねこひと会はフォスターペアレントも募集中♪】

*******************************
◆ゆきももこの特に読んで欲しい日記◆
◆ゆきももこの特に読んで欲しい日記2◆

↓一日一ポチよろしくお願いします
にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ


侘助、腎不全

2015年07月31日10:32
少し前から痩せた気がしていた侘助。

食欲もイマイチな気がするけど。。。この子は元々食い意地がないほうで、わかりにくい。
夜は一緒に寝ていますが、昼は忙しくて、タマミちゃんのことも心配なのにあまりは小熊部屋に行けなくて

スケジュールもイッパイで、今日やっと受診
血液検査したら腎機能がかなり悪くなっていました(;_;)

ガンとかでなくて良かったけど。。。(;_;)

侘助はなかなか写真が撮れないので、日記もなかなか書けませんが、ものすごい甘えん坊で本当に可愛いのです。

甘える侘助
https://youtu.be/OO9IzmvQbAs






↓ポチっと応援お願いします
にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ

◇ご支援のお願い◇

ねこひと会の保護猫は、NPO法人nekonoko の定期譲渡会、Smile Catの定期譲渡会に参加するほか、各保護宅にていつでも面会可能です。
お問い合わせは ねこひと会 yukimomoko55nekohito@gmail.com まで

※里親希望の方必読※【譲渡方針・譲渡の流れ】

【ねこひと会はフォスターペアレントも募集中♪】

*******************************
◆ゆきももこの特に読んで欲しい日記◆
◆ゆきももこの特に読んで欲しい日記2◆

↓一日一ポチよろしくお願いします
にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ

蹴とばしちゃうよ~

2015年07月30日23:45
センターから引き出したゆきもも~ズ、高い所も自由自在になってきました。

e0144012_06323093.jpg


綿ゆきちゃんは、女の子に見えないよね~…

e0144012_06324534.jpg


桃くろちゃんはなかなかイケメンに育ってると思うのですが…(親バカ)

e0144012_06325993.jpg


この子達はとっても甘えん坊で、いつもキッチンの足元にいるので、
ついつい蹴とばしてしまいます^^;

e0144012_06331572.jpg



↓ポチっと応援お願いします
にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ

◇ご支援のお願い◇

ねこひと会の保護猫は、NPO法人nekonoko の定期譲渡会、Smile Catの定期譲渡会に参加するほか、各保護宅にていつでも面会可能です。
お問い合わせは ねこひと会 yukimomoko55nekohito@gmail.com まで

※里親希望の方必読※【譲渡方針・譲渡の流れ】

【ねこひと会はフォスターペアレントも募集中♪】

*******************************
◆ゆきももこの特に読んで欲しい日記◆
◆ゆきももこの特に読んで欲しい日記2◆

↓一日一ポチよろしくお願いします
にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ


おかしい・・・

2015年07月30日10:41
昨日引き出した乳呑み子、推定3週齡。
e0144012_16053052.jpg
e0144012_16054745.jpg
やっぱりどうも、ほぼ黒の男の子の様子がおかしい気がする。。。
e0144012_16060224.jpg
e0144012_16061670.jpg
哺乳瓶は最初からよく吸ってくれて授乳は楽なんたけど、頭でっかちだし手足がか細く、動きが悪い気がする。
e0144012_16062804.jpg
頭頂部が少しボヨボヨしてる気がするし、触ると嫌がる。
e0144012_16064595.jpg
女の子達は昨夜まで哺乳瓶拒絶が激しくて苦労したけど、今朝から哺乳瓶受けいれてくれて、第1難関クリアしました。

ゾロマスクで手足ソックスの女の子
e0144012_16070888.jpg
e0144012_16072437.jpg
e0144012_16065733.jpg
オーソドックスな鉢割れの女の子
e0144012_16073776.jpg
e0144012_16095216.jpg
e0144012_16100379.jpg
しかし一気飲みはしてくれず、休み休みなので時間がかかってます^^;


↓ポチっと応援お願いします
にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ

◇ご支援のお願い◇

ねこひと会の保護猫は、NPO法人nekonoko の定期譲渡会、Smile Catの定期譲渡会に参加するほか、各保護宅にていつでも面会可能です。
お問い合わせは ねこひと会 yukimomoko55nekohito@gmail.com まで

※里親希望の方必読※【譲渡方針・譲渡の流れ】

【ねこひと会はフォスターペアレントも募集中♪】

*******************************
◆ゆきももこの特に読んで欲しい日記◆
◆ゆきももこの特に読んで欲しい日記2◆

↓一日一ポチよろしくお願いします
にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ

また来てしまった(-_-;)

2015年07月29日21:26

里親募集が滞ってしまう季節になりました。
去年の子猫はもう塩漬けにすることにしました(-_-;)
今年の子猫最優先で里親さんに出したいです。
でもでも!全然決まらな~い!
決まらないのにどんどん大きくなっていくー!

木賀へんになりそう(-_-;)

そんな時に昨日、センターから乳呑み子3匹どうですか?と依頼があり

さすがに断ったんだけど、今朝また「他(の引き取りボラさん)が見つからなくて。。。ダメですか?」と連絡が来て、私が断ったらどうなるんだ~?!と思うと、ついまた引き受けてしまいました(-_-;)

でもがんばるわ!がんばるしかないわ!

開き直って取りに行くと、残ってる子猫達と似たよう~な、地味~な子達(^_^;)
e0144012_15385657.jpg


ちょっと風邪で目が塞がっていたけど、軽症です

女の子
e0144012_15391939.jpg

女の子
e0144012_15393248.jpg

この男の子だけ目が少し悪くて、ちょっと様子が変な気がします。
e0144012_15394594.jpg

最初は眼球がないかと思いましたが、奥にちゃんとあるようです。

女の子達は哺乳瓶イヤイヤ騒ぎがすごくて難儀しましたが
この男の子はとてもうまく飲んでくれました。



↓ポチっと応援お願いします
にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ

◇ご支援のお願い◇

ねこひと会の保護猫は、NPO法人nekonoko の定期譲渡会、Smile Catの定期譲渡会に参加するほか、各保護宅にていつでも面会可能です。
お問い合わせは ねこひと会 yukimomoko55nekohito@gmail.com まで

※里親希望の方必読※【譲渡方針・譲渡の流れ】

【ねこひと会はフォスターペアレントも募集中♪】

*******************************
◆ゆきももこの特に読んで欲しい日記◆
◆ゆきももこの特に読んで欲しい日記2◆

↓一日一ポチよろしくお願いします
にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ

めも・レオペコ、サララ、侘助、タマミ

2015年07月29日04:02
レオが最近痩せたような気がするが、毎日ゴハンの催促はすごくて、それがまた可愛い。
長毛なので抜け毛もすごく、大きな毛玉をぶら下げているから捕まえて切ってしまいたい
レオペコは爪もかなり伸びていて、だいぶ前からベッドの上で引っ掛かって動けなくなってるから切ってやって!とだんなから言われている(レオペコの部屋はだんなの寝室)
けど、本当に最近レオペコはだいぶ近くにきてくれるし、写真は撮らせてくれないが見ている前で食べてくれるから、ここでまた嫌われたくない
と言うか、時間も体力もないし(-_-;)
せめて好きなゴハンをせっせと運ぶのであった。
(最近は銀スプパウチだけをご所望です)


サララは食べるようになった
と言うかすごい食欲で、相変わらず唸っているが、食欲に負けて唸りながら食べている
特にイギーが嫌いで、イギーがまた執拗にケージの中に手を入れたりガン見したりするので、サララの唸り声は最初よりもむしろ悪化した
これも、毛が長いので首回りに毛玉が出来ている
レオと一緒に何とかしないと。。。


侘助がなんだか痩せてきた気がする。。。

タマミちゃんの新しいしこりはどんどん大きくなっている。。。


↓ポチっと応援お願いします
にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ

◇ご支援のお願い◇

ねこひと会の保護猫は、NPO法人nekonoko の定期譲渡会、Smile Catの定期譲渡会に参加するほか、各保護宅にていつでも面会可能です。
お問い合わせは ねこひと会 yukimomoko55nekohito@gmail.com まで

※里親希望の方必読※【譲渡方針・譲渡の流れ】

【ねこひと会はフォスターペアレントも募集中♪】

*******************************
◆ゆきももこの特に読んで欲しい日記◆
◆ゆきももこの特に読んで欲しい日記2◆

↓一日一ポチよろしくお願いします
にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ

ヒマワリ、東大病院

2015年07月29日04:02
せっかく予約して行ったのに、今日は必用な検査が出来ない日でして、途中までなんです、また改めて来て下さい、と言われ愕然。
だったら検査が出来る日に予約入れてよ~!
東大病院はいつも、なんだかな、という感じだけど、今回の担当は本当にダメなんじゃないか?ととても不安でした(>_<)

ヒマワリ自身は検査のダメージもなく、喉が詰まる以外は元気です
早く治してあげたいのに。。。


↓ポチっと応援お願いします
にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ

◇ご支援のお願い◇

ねこひと会の保護猫は、NPO法人nekonoko の定期譲渡会、Smile Catの定期譲渡会に参加するほか、各保護宅にていつでも面会可能です。
お問い合わせは ねこひと会 yukimomoko55nekohito@gmail.com まで

※里親希望の方必読※【譲渡方針・譲渡の流れ】

【ねこひと会はフォスターペアレントも募集中♪】

*******************************
◆ゆきももこの特に読んで欲しい日記◆
◆ゆきももこの特に読んで欲しい日記2◆

↓一日一ポチよろしくお願いします
にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ

以前こんな事がありました(かなり長文)

(この記事は当時の覚書を元に書いています。)
2011年の多頭崩壊子猫のうち、ボラ友が丸受けしてくれて、里親出ししてくれた猫を取り戻したことがありました。

どんな話かというと。。。

正式譲渡から半年ほど経って、ユズ、カボスの里親さんと急に連絡が取れなくなったとボラ友が相談してきました。
お正月に近況写真があり、その後里親さんは「3匹目が欲しい」と、別ボラの子猫に申し込んできたんだそうです。

3匹目希望の理由は、思い入れのある色柄だから、との事。
里親さんは若い女性の一人暮らしでワンルームだったので、「3匹は狭いでしょうか?」と、スペース的な事だけ気にしているような内容だったようです
ボラ友は「スペースもだけど、将来の事まで考えてますか?子猫3匹は多いのでは?」と一応忠告をし、後の対応は子猫の保護主ボラに任せたそうです。
そして、子猫の保護主ボラと里親さんはメールやり取りし、とりあえず一度お見合いの日取りまで決まりました。

ところがお見合い当日、里親さんからは何の連絡もなく子猫の保護主ボラは待ちぼうけ食わされ、その後も連絡なし。

。。。という事があり、ボラ友からも里親さんにメールしてみたら、最初は返信なく、その次はメールが届かず返ってくるようになり。

子猫の保護主ボラがメールしても同じく返ってくると。

当時はインフルエンザ流行中の季節でもあり、独り暮らしなのでまさか倒れてるんじゃあ?と心配して携帯にTELしましたが、何度しても出ず、留守電も入れたけど連絡なし。

最後の手段で、緊急連絡先の妹にかけてみると、男性が出て、この携帯はずっと前から男性が使っている番号であり、男性は里親妹との面識まったくなし、という答でした。

契約書を書く時には、緊急連絡先及び保証人の欄には、ご実家を書いてもらうのがポピュラーですが、この里親さんの時は「実家は引っ越したばかりなので、まだ空で覚えていない」と言われ、ボラ友も「ああ、じゃあ良いですよ」と、妹の住所と携帯番号だけもらったそうです。

この契約書と同意書の妹連絡先は、妹本人が書いてくれた(里親談)そうです。

ボラ友から里親妹へのTELは、その契約書を見ながらなので、掛け間違えではありません。(2回かけ、2回とも赤の他人男性が出ています。)

お見合いはすっぽかし、テルは出ない、メールは返ってくる、緊急連絡先は赤の他人、ということでは、さすがにボラ友も動揺して、私に連絡してきたというわけです。

私も、そこまでいくとさすがに放置はできません。

そこで、当日のうちに里親宅に行く事にし、19時頃にボラ友と私の二人で里親宅訪問。里親宅は3階建て賃貸マンションの3階。

呼び鈴を何度か押しましたが出ません。
ドアを叩き、新聞入れから割と大きな声で何度か声をかけましたが、やはり出ません。
猫の鈴の音ははっきりわかりましたが、人の気配ははっきりわかりません。
まだ帰宅していないかもということで、ボラ友は階下に降りてマンション入り口で待機。
私は高い場所を探して、里親宅の灯りを確認。
窓辺に人影は見えませんが、灯りは点いているのはわかりました。

もう一度里親宅に戻り(この間約10分弱)、再度ボラ友がノックや声かけ。
声かけ内容は「連絡ないから心配になって会いに来ました」という内容。

しかし無反応。

また下に降り、ボラ友は入り口前で待機、私は大家宅に行き、事情を話して事件や病気の可能性もあると訴えると、大家も心配して来てくれて、大家がノックと声かけ。

すると3秒もせずにドアが開き、里親が出てきました。

元親(ボラ友)と見知らぬ女(私)と、大家さんまでが突然訪問してきたのに、特に驚いたり怯えた様子なく、不愉快な表情もなし。大家さんが「こちら(私達)が呼んでも出ないと言って心配して訪ねてきたんですよ?」と言っても「え?そうなんですか?」と涼しい態度。

マンション入り口でボラ友が待機していたのだから、里親さんが居留守していたのは明らかなんですが(出入り口は1ヶ所しかないので)
ボラ友が「私さっきから来てたんですよ~」と言っても
「あ、私さっき帰ったばかりなんです。」と涼しい顔で答える里親さん。

初対面の私が登場しても、大して戸惑った様子もなく、すんなりとお部屋に上がらせてもらいました。(大家はドアが開いたらすぐ帰る)

玄関からすぐ狭いキッチンと風呂場。奥に一部屋で、よくあるワンルームの間取り。
荷物が少なく生活感があまりない、きれいに片付いた部屋。

猫は2匹ともちゃんといて、きれいに普通に、ちゃんと育てていた様子。
部屋には大きなキャットタワーもあり。

猫皿は、水少しで餌は空。
部屋の隅には閉まったままの旅行用大型スーツケース1つ。

こちらは明らかに居留守されたわけですが、失礼がないように、内心恐る恐る、突然訪問の理由を話したが、里親はやはりソッと微笑をたたずんだままの表情で、不快そうでもなければ驚いた表情も申し訳なさそうな様子もなく、淡々と受け答える。

■妹の携帯番号が別人だった件
「え?そうなんですか?変わったのかな…。?あ、そうそう、変わったって言ってました。最近変わったんです。」

「でも電話に出た人はずっと前から使っている番号だと言ってましたよ?」 と突っ込むと
「え~?なんでだろう?」

携帯に妹の番号は登録していないの?と聞いて、それと契約書を照らし合わせてみると、番号が1つだけ違っており、「妹が書き間違えたんですね」と言う。

が、最近妹は番号を変えたと知っているならなぜ携帯に古い番号のまま登録されているのか?
新しい番号をその場で聞いてその場でかけろと言えば話が早かったかもしれないが、私もボラ友も、里親さんのあまりに不自然な態度にボーゼンとして、頭が回らなかった。

■子猫のお見合いに連絡なしですっぽかしの件は?

「え?急な仕事が入ったからってメールしましたが?」 と、これもびっくりもせず涼しい答え。

いえ、届いていません、と言っても激しく驚く様子も、謝る様子もなく「え~?そうなんですか?」

メールはパソコンから出したのですか?携帯から出したのですか?どのアドレスに出したのですか? と質問。
「パソコンから。え?どのアドレスへ?わからないな…」

来たメールにそのまま返信したという事?
「はい、そうですね」

その出したメールはどこ?メールの整理で削除したりする?最近削除した?
「削除は時々しますが最近はしていませんね」

その場で携帯もパソコンも確認してもらったが、出張でお見合いキャンセルというメールは見つからず。

「お見合いキャンセルのメールはなんて書いたの?」と2~3回聞いたが答えず。

その後、里親の同意を得て一緒にパソコンメールを探したが 子猫の保護主ボラとのやり取り自体1つもなし。
そして、迷惑フォルダは空。 ごみ箱フォルダも空。

結局状況説明つかず。

■ボラ友からのメールとTEL

ボラ友「私もメールを何度もしたのですよ?」
「え?来ていません」

これも、しばらく話した後「あ、そうそう、携帯のメアドも最近変えたんです」と。

■海外出張

ボラ友が「何度もTELしたし留守電も入れたのですが?」 と言うと

「海外に行っていて今日帰ったばかりなので気がつきませんでした」 と、ここで初めて、海外にいっていたと言い出す里親さん。

え!海外に行ってたんですか?さっき帰ったばかりなんですか?そんな急に海外に行けなんて言われるの?

「はい」「時々あるんです」程度の返事。

どういう仕事内容か、などはこちらもあえて聞かず里親も言わず。

「海外には違う携帯を持って行ったのでTELには気がつかなかった」 と。

置いていったほうの携帯は、帰国してすぐチェックはしないの?と聞くと
「しないですね。」とスッと答える。

恐縮しつつ、同意を得て携帯確認。
その、日本に置いていったほうの携帯にも、何故かボラ友の着信履歴なし。
留守電も入ってなし。
けれど、ボラ友の携帯のほうは、里親へ2回の発信履歴あり。


■メールや着信の確認
私達は当然のことながら、迫るような言い方もせず、悪いですね、悪いですね、と気を遣いながら、本人に確認してもらうよう依頼。それに対し里親は素直に、しかし急いだり焦ったりという様子ではなく、どちらかと言うとちんたら平然と、といった様子で、文字通りちんたら確認。
結果メールも履歴も「ない」「見つからない」。

で、再度見るよう促す時も優しく「もっとよく探してみて?」と。
しかしあまりに時間がかかるので、最後のほうはパソコンを横から覗かせてもらい、一緒に探す。もちろん、里親の同意を得て。
この時、直にパソコンを見てわかったのは、子猫の申し込みやり取りをしたであろう1月半ば付近のみ、メールがすっぽりと消えていたという不思議現象。

■ 居留守
謎だらけだが、居留守だけははっきりしている。しかしあまりにも里親が平然としているので、ついにボラ友が
「でも私達、一度ノックした後、ずっと下にいたんですよ。あなた下通ってないですよね?」と突っ込んだ。
すると、「へえ~?」と里親は
「お風呂に入ってたから気がつかなかったかも」

ボラ友も引かずに
「かなり大きな声で呼んだんですけどねー!」

狭いワンルームなので玄関と風呂場はすぐそこの距離。
シャワーを浴びていたら里親には訪問者の声も呼び鈴も聞こえないかもしれないが、ドアの外で必死で聞き耳を立てたボラ友が風呂場の様子に気がつかないのは不自然。

また、ドアが開いた時は最初のノックから30分以内だったが、本人は風呂上がりの様子全くなし。部屋も蒸気など湿気全くなし。
つまり、シャワーを浴びていたというのも明らかに嘘だと思ったが、里親の受け答えの態度に度を抜かれてツッコめず。
私も居留守については一概に里親を責める気はないので、あえて何も言わず。


■海外はいつから?どれくらい?

期間は「3週間、いや2週間、2~3週間ですかね」と曖昧な返事。
いつから?には即答出来ず、繰り返し問うと、手帳を見てゆっくりゆっくりと「23日からですね…」
23日は子猫のお見合いをすっぽかした日。

■そんなに長い期間猫はどうしてたの?

「知り合いに頼んで来てもらったんです」
その知り合いとはどう連絡取り合ったの?猫大丈夫?とか毎日聞くでしょ?
「え?毎日は・・・」

あ、そう、そうよね、毎日は聞かないかもね。でも時々は聞くでしょう?
「いえ、全然聞きません」

開き直ったというでもなく、申し訳なさそうなという風でもなく、全然悪びれないという感じでもなく、あくまでもスーッと答える里親さん。

質問は私がしていたんですが、里親さんが答えるたびに、ボラ友の口がぽかーん!と開いていきました。
私もくじけそうでしたが、何とか納得のいく返事を聞かないとこちらも帰れませんので、がんばって訊ねました。

でも長く猫の面倒をみてもらったのに、その知り合いに、無事に帰ったよ、とかありがとう、とか、帰宅したらまず連絡するでしょう?

「いえ、しないです」

しないですって…あんまりそういう事しないほう?

「しないですね」

じゃあ、今したら?したほうが良いんじゃない?
と促したが、

「今ですか?今は仕事が忙しいかも。。。」

携帯は手にするがメールもテルもしようとせず。 。。



■パスポートは?
子猫のお見合いを断ったというメールはなし、妹の電話番号は書き間違え?ボラ友の留守電や着信はなし、ペットシッターした友達には連絡しない、ということで、里親側としては、悪い状況になっているのに、相変わらずのらりくらりとした感じでラチがあかない。
私達も困ってしまって、
「そうだ!外国に行ったならパスポートがあるでしょ?それをみせてもらえたら全て信じられますから、見せてください。」

と、パスポートを見せるように促す。

すると「パスポートですか?」とまずタンスを探し、あれ?と首をかしげ。
次にバックとスーツケースをちらっと探し、「あれ?どこだろう。ない。」

熱心に探しているとも焦って探しているともまったく思えなかったが、一応「落ち着いて。ゆっくりと思い出して探して」と声かけ。

「帰ってすぐにお風呂に入ったんでしょ?パスポートだけスーツケースから出してもう仕舞ったの?仕舞わないよね?だったらバックかスーツケースの中なんじゃないの?バックをもっとひっくり返してよく探してみて?」と促しても、形ばかりに探すふり(にしか、見えない)

「海外から戻って、飛行機降りる時にハンコ押してもらって、それからどうしたの?
帰りは寄り道は?まっすぐ帰ったの?」と聞くと「あ♪」と言っておもむろにTELをかけ始め
「あ、私ですが、さっき届けた書類に私の私物入ってませんか?あ、はい、はい、あ、いえ、良いです」

TELを切った時にボラ友が「。。。会社にあったのね?」と言うと「ですね。」と涼しい言い方。

TELのかけ方も話し方も非常に不自然だったので、発信記録を確認させてもらうと、一応「カイシャ」という発信記録はあった。


■私だけで
2時間の間に、最初の15分ほど経ってからと、間に2度ほど、「尋問のように言ってごめんなさい。気を悪くすると思うけど、こちらもとても不安になっていて、あなたが嘘をついているのではと疑っている」と話す。「そんな状況になっているのはわかりますね?」と聞くと冷静な感じで「よくわかります」と。

私から「里親から連絡が途絶えた場合のパターン」について説明。。。一番多いのは勘違いや何かのミスでメールが届いていなかったという誤解。これは誤解が解ければめでたく解決。本当のトラブルとしては、ボランティアがおかしなことを言って里親を怒らせる場合ももちろんあるが、里親側が「聞きたくない」ことがあって拒否や、「話しにくい困ったこと」が起きた場合。「聞きたくない」というのは、したいことを止められた時や忠告された時。生ませたいとか、外に出したいとか、増やしたいとか、という願望に意見をされて逆切れ。「話しにくい困ったこと」は死なせたとか逃がしたとか。
そうした経験が実際あるので、連絡が取れなくなると不安になるし、そういう嘘や隠し事をされるのが一番私達は嫌やなのです、と話す。

少なくとも3回くらい「今私達は、あなたが嘘をついてるのでは?と疑っている。不安を拭う材料が欲しい。安心したいために来たのにことごとく妙な出来事ばかりで疑いが消えない。何か安心させてくれる確かなものはないの?」と。
もちろん、話し方は一生懸命に誠実に話しました。

さらに「疑いを晴らすために来たのに、結局なんだかわかりませんでした~と言ってそのまま猫を置いて帰るわけには行かないんですよ。」と私達の立場的な事情も話す。
里親は相変わらず落ち着いた微笑で「そうですよね、そうですよね、わかります」と答える。

それから、ボラ友が少し外に出なくてはいけない用事が出来、部屋に私と里親だけになった時があった。
「里親さんが元親を嫌いになったり面倒になったりでわざと連絡を絶とうとすることもある。それはそれで人間同士だから理解できる。もし貴女がボラ友にそういう感情を持ってしまって、今回わざとメールを無視したのなら、今私にだけ本当のことを言ってくれたらそれで良い。本当のことを話して欲しい。」と言ってみたが、 里親は
「本当にそんなんじゃないんです」としか答えてくれなかった。


■再度パスポート
パスポートは会社に取りに行けないですか?
パスポートを今、写メしてもらえない?

どちらの提案にも「うーん」とはっきりせず、「行けなくはないですけど・・・」「今(職場は)仕事が忙しいからメールできるかわからないし」と呟くように言って、具体的な行動なし。
「パスポートさえ見せてくれば簡単な話なんですが」と言ったのだが。。。


■猫引き取り
すでに2時間経ち、らちが明かないので、とにかくこのままではいったん猫を引き取らないといけなくなる、と話す。
それまでにも、猫はいったん連れて帰ると匂わせた話をしていたのに、初めて表情に焦り?のようなものが浮かび、
「え?どういう?」と。

そこでまた信頼関係が失われかけている現状を話し
「あなたが嘘をついてるのでは?と疑っている。不安を拭う材料が欲しい。何か安心させてくれる確かなものを提示して欲しいとさっきからお願いしているが、見せてもらえないでしょう?」
「疑いを晴らすために来たのに、結局なんだかわかりませんでした~というこの状況では、私達はそのまま猫を置いて帰るわけには行かないのです。」
と再度繰り返す。
「あなたにやましい事、後ろめたい事がないなら何の心配もないでしょう?」
「パスポートを取ってくれさえすれば良いのだから何日もかからないでしょう?」

この時の里親の表情は、無表情ながらも焦りが見られたように思う。
何か、手はないか。。。と考えていたような。。。しかしそれは私の印象であって、事実はわからない。

私も疲れてしまい「何か不安がありますか?」
と最後は少し強く言うと「いいえ」と
また、感情の読めない顔に戻っていた。

猫をキャリーに入れる時は、猫が怖がらないように、里親が猫を抱っこし、私達がキャリーを開いて閉じる。
特に辛そうな様子もなし。


■感情が読めない
文面では私達がひどく尋問したように思うかもしれないが、里親さんと私達は、猫を通しての友人、という関係が理想的と思っている。それだけ里親を信頼しないと大事な命は託せない。この時も、私は初対面だったが、親しみを込めて何とか誤解があるなら解決したいと思って一生懸命話した。
質問は食い下がってしたが、それに対して里親は怒りもせず困った様子もなく、泣きそうとか慌てるとか、そういう感情がまったく読めなかった。

もし我慢をしているなら可哀相かなと思い「何でも我慢するほうですか?」と聞くと「いいえ」と。
ボラ友が「感情を出さないほう?」と聞くと「はい、そうですね」と。


■新たに契約を
パスポートが無事見つかれば猫は返せるが、改めてねこひと会の契約書を書いてもらう事、身分証明書の提示(その場で出そうとしたが、これも素振りだけでなかなか出さなかったので「今は要りません」と言う)、確実に連絡が取れる保証人を立てる事、とすると説明。
里親は、はい、はい、と頷く。


■パスポートの提示拒否
その日の深夜、ボラ友の元に「同僚が私のパスポートの写真を送ってきました」、と写メがくる。
けれど、パスポートの写真は、出入国のハンコを押したページのみの物で、それが里親本人のパスポートなのかは断定出来ず。
これでは誰のだかわかりません、実物のパスポートを見せてほしい。日にちを決めてくれたらこちらも猫を連れて伺います、とボラ友が返すと、次のメールはいきなりキレた返事がきた。
要約すると、どうしてパスポートを見せなくてはいけないのか?写メで良いと言ったではないか?これ以上はプライバシーの侵害です、と。

こちらは、パスポートさえ見せてもらえれば猫は返せるのだと言っているのに、どうしてもパスポートを見せたくないということで、残念ながら、猫は返せないことになってしまった。


■決め手
こちらとしては、猫を可愛がっていたのはわかるので、絶対に取り返したいというつもりは全くなかった。
里親が話す事情(言い訳)は、「はあ?」というようなものばかりで、大切な書類に書く連絡先を一文字書き間違えただとか、 出したメールの内容を覚えていない、とか、メールがどこに行ったかわからないとか、なぜか送ったメールがどこにもないとか、

私のようなおっちょこちょいならありえそうな話ばかり、
だから、 そういう人もいるよね、、そういうこともあるよね、、とも思おうと思えば思えなくもなかった。
はっきりと嘘だとわかったのは居留守したことくらい。
そして、たとえ訪問時に居留守されたとしても、それだけで譲渡猫を取り戻すまでには、普通はならない。

客観的に考え、こちらは絶対取り返したいと言っているわけではないのに、最後の最後になってパスポートの提示を拒絶したことが、決め手となった。
他の事情(言い訳)も、全体的にやはり辻褄が合わな過ぎ、元々から契約違反をするつもりで里親になったのだと結論出さざるをえない。

■契約書を交わす意味
わざわざ契約書を書いてもらってまで猫を譲渡するのは、もちろん里親詐欺撃退のためがある。
この件の里親のように、連絡が取れなくなった場合、故意に連絡を断ったと思われた場合、契約時に嘘をついていたのではと思われた場合
事実確認をしないとすれば、里親詐欺も虐待もやり放題になってしまう。
私達は、上記のようなことが起きれば、事実確認をしなければならないのです。

■猫を可愛がっていても
当時、私達も「せっかく可愛がっていたのに、残念だね」と、少し里親さんを気の毒に思ったりもしました。
けれども、もしこの里親が、最初から嘘の連絡先を書いていたのなら、いくら可愛がっていても、里親詐欺と変わりありません。

ちなみに、この里親は、この後「猫を返すなら譲渡費用を返せ」と言ってきて、ボラ友に40万ほどを請求してきました。
飼育していた間の餌代、トイレ代、猫タワー代、もろもろ含めてです。
これにはボラ友もガッカリして、「信頼していたのに」と返したら最後はこんな返事が来たそうです。
「一度や二度話したくらいで信頼するほうが悪い。私は最初からあなたを信頼なんかしていませんでしたよ」と。


結局、この里親が本当は嘘をついていたのかどうか、今でもわかりません。
契約書の妹の住所は、Googleで見ると田んぼの真ん中で、人の住居はありませんでした。

一度や二度話したくらいで信頼するほうが悪い。。

それでも私達は、里親さんを信頼して大事な命を託します。
けれど、その信頼は壊れやすいのもたしかですから、里親さんも私達も協力して、信頼関係を大切に築いていかなければならないのです。


取り返した2匹の子達は、それから間もなく素敵な里親さんと廻り合い、今でも幸せにしています。


↓ポチっと応援お願いします
にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ

◇ご支援のお願い◇

ねこひと会の保護猫は、NPO法人nekonoko の定期譲渡会、Smile Catの定期譲渡会に参加するほか、各保護宅にていつでも面会可能です。
お問い合わせは ねこひと会 yukimomoko55nekohito@gmail.com まで

※里親希望の方必読※【譲渡方針・譲渡の流れ】

【ねこひと会はフォスターペアレントも募集中♪】

*******************************
◆ゆきももこの特に読んで欲しい日記◆
◆ゆきももこの特に読んで欲しい日記2◆

↓一日一ポチよろしくお願いします
にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ

猫の胃~腸ファイバー(カメラ)検査

2010年多頭崩壊一歩前の現場から里子に出たサスケの里親さんから最初に相談されたのは1ヶ月くらい前だったか。。。
4月頃から食欲がなくなってきて、嘔吐が頻繁になった、
ずっとではなく、よく食べて吐かない時もある、食べてしばらくするとげぽっ!と吐く、
かかりつけで貰っている薬も効かないし、血液検査もレントゲンも異常ない。。。

という事で、うちのかかりつけでセカンドオピニオン受けて、バリウムを飲んで上から下までの通過状態も診てもらった。

結果、異物や明らかな病変はなく。。。ただ、サスケのかかりつけでも言われていたが、腸壁の一部がやや厚くなっている部分あり

そこに、何らかの病変があるのでは?というくらいしかわからなかった

腸の動きを良くする薬と炎症を抑える薬の処方

あとは、かかりつけでステロイドの投与や更なる大きな検査(胃腸のカメラなど)相談してくださいということになった

それからしばらくして、サスケ、まあまあ小康状態です、と聞いていたが、先週また里親さんが暗い声でTELしてきて、最近また悪いので、検査を考えているがどう思うか?と相談

何しろ確定診断がつかなくては適切な治療が出来ないので、私なら取り合えずカメラくらいはやると思う、と返答
それよりも、ステロイドの投与を取り合えずして様子をみるという手もあるけど?と言うと、
かかりつけではまだステロイドの投与は試していなくて、もし検査をするなら、検査前にステロイドを使うと、検査がわかりにくくなるから、という理由だった

まあ、妥当な判断ですよね、と話し

それで、大学病院でも高度医療の専門病院でも、すぐ予約が取れるわけではないから、取り合えずすぐ予約したほうが良いということになった。

それからすぐ、里親さんから連絡があり、予約は早々に取れたが、仕事でどうしても行けない日で、医者の前で号泣してしまったと。

もう、「もちろん私が行きますよ!全然大丈夫!」

と言うしかないじゃない?

ゆきももこ、里親さんと里子ちゃんが困っていたら何でもやるわよ!

それで、代理で受診ということになり、
代理でゆきももこが行きますという話は、飼い主の里親から事前に連絡してもらい、飼い主の身分証のコピー、保証金50000円、かかりつけからの紹介状、かかりつけて貰った薬、それからサスケ。
これらを預かって病院へ。

大学病院ではなく、新横浜のほうの検査専門?のわりと小さな病院で、予約は9:30からだったが、時間通りに呼ばれる

サスケの状態を伝えて、サスケが連れていかれると待合室で待機

すぐにまた呼ばれ、採血、レントゲンの結果を聞く

採血は、貧血のみ
レントゲンは、お腹部全面に写るほどに腹水が貯まっていた
これだけではやはりわからないということで、カメラ検査の同意を求められる
これは、飼い主である里親にTELで直接聞くのだけど、こちらは初めからカメラ検査のつもりだから、話は早い

ただ、私も初めて知ったんだけど、猫のカメラ検査って、胃~12指腸までは上から入れて診て、大腸は当然下から入れて見るけど、途中までしか入らなくて、間のなんセンチかは見れないらしい。

エコーで、かかりつけからも指摘されていた「少し厚い部分」が、その見れない部位なのかどうかも、エコーではわからないらしい。

へえ。。そうなんだ。。。

でもとにかく検査してもらうことに。


大学病院だと、検査中もずっと待機
だけど、この病院は、一旦帰宅して良いデスヨ、と言われ、私も子猫のゴハンやらあるから、一旦帰宅

検査自体は、たぶん15~30分もかからないと思うが、麻酔をかけるので、麻酔から醒めるまで時間が要るわけです

夕方、無事終わって麻酔も覚めたので、19:30にむかえに行く

結果は、結局肉眼で直接見える範囲には異常がなかったと。。。

費用は約150000円

里親さんに明細を見せてもらったけど、妥当と言うか、良心的な値段だった

でも15マンもかけて確定診断つかずかあ~(>_<)

とにかく、今のままではどんどん衰弱するから、診断つかないけどやっぱりステロイドの使用となった
これで少し変わってくれれば良いんだが。。

帰路のサスケは、シーンとしていた行きと違って、キャリーの中でギャン鳴き
里親さんがいるからか。

元気で良かったわ、活気づいてるじゃん!

と、話しながら帰ったが、今後どうなるか。

サスケのためなら15万なんか!と言ってくれるありがたい里親さん、
(ちなみに、サスケも小さい時からよくオソソするらしい。)

この里親さんのためにも、ステロイド効いて元気になって欲しいよ、サスケ。。。


↓ポチっと応援お願いします
にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ

◇ご支援のお願い◇

ねこひと会の保護猫は、NPO法人nekonoko の定期譲渡会、Smile Catの定期譲渡会に参加するほか、各保護宅にていつでも面会可能です。
お問い合わせは ねこひと会 yukimomoko55nekohito@gmail.com まで

※里親希望の方必読※【譲渡方針・譲渡の流れ】

【ねこひと会はフォスターペアレントも募集中♪】

*******************************
◆ゆきももこの特に読んで欲しい日記◆
◆ゆきももこの特に読んで欲しい日記2◆

↓一日一ポチよろしくお願いします
にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ

遊ぶ綿ゆき桃くろ


2015年07月22日22:55

棚の中を調べる綿ゆきちゃん

e0144012_05431101.jpg

気になるわ...入るちかないわね、の綿ゆきちゃん
e0144012_05432554.jpg
どうやったら入れるのかちら?どうして入れないのかちら?…の綿ゆきちゃん
e0144012_05433884.jpg
中が見えてるのになぜか入れないのよね?の綿ゆきちゃん
e0144012_05441023.jpg
おかしいわ~?見えてるのに。。。の綿ゆきちゃん
e0144012_05443079.jpg
中が気になるのよ~の綿ゆきちゃん
e0144012_05453167.jpg
どうして入れないのかちら?どうやったら入れるのかちら?
e0144012_05455149.jpg
ねえねえ!
e0144012_05474005.jpg

ちょっと、見てないで来てくれないかちら?
e0144012_05472256.jpg

え?入っちゃダメって...
あたちの気持ちはどうしてくれるのかちら?の綿ゆきちゃん
e0144012_05521734.jpg

ボクはこっちに入る~!の桃くろちゃん

e0144012_05553441.jpg
入れそうでなかなか入れないよ~
e0144012_05563120.jpg
入れると思うんだよね、ウンショ!ウンショ!の桃くろちゃん
e0144012_06005041.jpg
おかしいな...入れない...の桃くろちゃん
e0144012_06010360.jpg
それより顔を見せて欲しい(願)
e0144012_06015471.jpg
顔を見せて欲しいです
e0144012_06021903.jpg
後ろ足の格好とシッポが可愛いけど、顔を見たいです
e0144012_06023036.jpg
ボクはそれどころじゃないんだよ、もう少しで入れそうなんだから!
の桃くろちゃん
e0144012_06024506.jpg
あとちょっとなんだよね、の桃くろちゃん
e0144012_06030236.jpg
あうー!入れない!の桃くろちゃん
e0144012_06031756.jpg
入れないから破壊活動に転じたらしい
e0144012_06032886.jpg
でもまだ諦めないぞ~の桃くろちゃん
e0144012_06034036.jpg


結局顔はほとんど見えませんでしたが、可愛さ加減はお伝え出来ましたでしょうか?(^_^;))

 可愛いゆき桃~ズの里親さんお待ちしてますよ~♡


↓ポチっと応援お願いします
にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ

◇ご支援のお願い◇

ねこひと会の保護猫は、NPO法人nekonoko の定期譲渡会、Smile Catの定期譲渡会に参加するほか、各保護宅にていつでも面会可能です。
お問い合わせは ねこひと会 yukimomoko55nekohito@gmail.com まで

※里親希望の方必読※【譲渡方針・譲渡の流れ】

【ねこひと会はフォスターペアレントも募集中♪】

*******************************
◆ゆきももこの特に読んで欲しい日記◆
◆ゆきももこの特に読んで欲しい日記2◆

↓一日一ポチよろしくお願いします
にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ