<   2016年 12月 ( 27 )   > この月の画像一覧

今年の〆らー

今年ももうすぐ終わりますね。

私は大掃除はキッチンだけ、お節は毎年ずっと作ってきましたが、今年はとうとう作らず、お雑煮とゆきももこ家お正月定番のマリネだけ作りました。
年賀状は…もう私の辞書から年賀状という言葉を削除しました(;_;)
でも里親さんからの年賀状待っています。
勝手ですね(;_;)


もうしつこいと思われるかもしれませんが、2016年という年は、私にとってはなかなかキツい年でした。
年明けから散々な事ばかり続いて、ずっと辛い辛いやめたいやめたいと言いながら過ごしてきた気がしています。
お正月に大切ならぶりータマミ、6月に可愛い侘助の看取りがありました。
この子達は保護猫のまま、保護部屋から出ることなく死んでいきました。
里子ちゃんの訃報も、若い子の亡くなる事が多かったのです。

猫の事だけでなく、熊本の地震がきっかけで、学生時代からの大切な友人を傷つけてしまって、もう取り戻せない事になってしまったり、
近しい人達の間で不幸が続いたり、
それはもう本当に悲しい事の連続でした。

その代わり、今年は自分の子の看取りがありませんでした。
年末には下降気味になると覚悟していたしょうぶも、今のところ絶好調で元気満々です。

例年と比べると介護のない日々はすごくすごく楽だ〜!と思いました。

それと、乳飲み子を1匹も死なせないで全頭無事に育て上げることが出来ました。
これはとても嬉しかったです。

そして、素晴らしいご縁もたくさんありました。
特に、触れない子やハンデのある子の里親さんがたくさん決まりました。
触れなかった子はすっかり甘えん坊になった子もいれば、未だに触れない子もいます。
残念ながら譲渡間もなく亡くなったり(優太)、今この大晦日も介護の真っ最中の子もいます(コンデンスミルク)
でもどの子も本当に溺愛してもらっています。溺愛してもらいました。


私が落ち込むたびに、暖かい応援を下さった皆さま、里親さん達、
そしてフォスターペアレント様

ボラ友達

みんなみんな本当にありがとう!の一年でした。


譲渡会にもなかなか参加出来ずに、ずっと塩漬けになっている子達が何匹かいますが、
ジュンちゃんと、マヨドレくらいはなんの問題もないのですから、来年には何としても里親さんを探してあげたいです。

年明けには、ボラ友達が手助けしてくれて、また高齢飼い主の猫を何匹か引き取ってくる予定です。


というわけで、今年はそのお婆ちゃん飼い主さんから引き取った問題児のポンポンらーで〆たいと思います!

ボクちん問題児じゃないもん…の、ポンポンらー
e0144012_02350438.jpeg


ボクちんお腹ポンポンら…Zzz…の、ポンポンらー
e0144012_02354951.jpeg


あーなんだかシマラナイ〆になってしまいましたが┐('〜`;)┌

皆さま、良いお年をお迎えください!

ーーーー
■今年里親さんが決まった子(仮名)
綿ゆきちゃん、キラキラちゃん、川太郎、ミルク、優太、ボーイ、ガール、カツオ君、ホトトギスちゃん、山ちゃん、青葉ちゃん、ヒマワリ、トリート、たんご、くす玉、ちまきちゃん、でん子ちゃん、れんげ、エイエイ、レイレイ、メイメイ、トイトイ、フィフィ、ムクドリ、ヒヨドリ、カワラヒワ、ヒバリ、くるん、まりん、もっと、ゆんちゃん、みっつん、コンデンスミルク、コマリちゃん(トライアル中)
計34匹

■今年の保護で里親探し続行中
かなでちゃん、たっくん、かなでママちゃん、リンドウ、礼音、花音、ポンポンらー
計7匹
■塩漬け(古株)の里親募集の子達
ジュンちゃん、クニクニ、マヨドレ、イギー、あしたべ、はぴかむ
計6匹
■TNRの猫
49匹



↓ポチっと応援お願いします
にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ

◇ご支援のお願い◇

ねこひと会の保護猫は、NPO法人nekonokoの定期譲渡会Smile Catの定期譲渡会に参加するほか、各保護宅にていつでも面会可能です。

お問い合わせは ねこひと会 yukimomoko55nekohito@gmail.com まで

※里親希望の方必読※【譲渡方針・譲渡の流れ】

【ねこひと会はフォスターペアレントも募集中♪】

*******************************
◆ゆきももこの特に読んで欲しい日記◆
◆ゆきももこの特に読んで欲しい日記2◆

↓一日一ポチよろしくお願いします
にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ
by yukimomoko | 2016-12-31 23:49 | ★ねこひと会活動収支報告

今年もたくさんの応援をありがとうございました。
ねこひと会 ゆきももこの活動収支報告です。


【10月】
10月は、2ヵ所の捕獲がありましたが、特にG町のほうは不特定の餌やりがいて少し大変でした。
その合間、去年の里子の仙豆(ごろーちゃん)のリンパ腫と、まさかの白血病陽転がわかり、里親さんと一緒に泣きました。
仙豆は一時危篤になりましたが、抗がん剤が効いてまた元気になり、里親さんと大事な時間を過ごす事ができました。
また、福島の被災猫で里親さんの元で幸せにしていた南天丸(満点丸)の訃報もありました。
里子ちゃんの病気や訃報は悲しいですが、里親さんの元で愛された事だけが救いだと思います。

活動内容の中に、里子ちゃんの不妊去勢の送迎があります。本来はそこまで元親がする必要はないと思いますが、里親さんがお勤めだったり、すぐ近くでついでの用があった時には私から声をかけて行う事があります。
それとは別に、仙豆の送迎の場合は、ノンキャリアで渡した子が陽転していた事、これについて私に落ち度があるわけではないと言ってもらったのですが、私の気持ち的に手を貸さずにはいられませんでした。せめてもの気持ち、それは私の自己満足なのかもしれません。。。

■10月の活動
2日 原宿譲渡会参加

3日 お預けのかなでママ引き取り→受診 マイクロチップ挿入
ジュンちゃん FF検査、マイクロチップ挿入
クニクニ FF検査と採血一般、マイクロチップ挿入
イギー 内服処方

7日 もっと 去勢、FF検査、マイクロチップ挿入

10日 ボラ友の猫搬送(里親宅お届け)
G町リサーチ

12日 N町 捕獲 (♀1 )
S町リサーチ
イギー 内服処方
13日 N町 捕獲 (♀2 )

14日 捕獲猫搬送とリリース

16日 リリース

17日 仙豆 里親さんと受診、送迎

19日 N町 捕獲(♀2 )

20日 G町 捕獲(♂4、♀2 )

21日 イギー 内服処方
でん子、くるん、去勢不妊の搬送
リリース

22日 あしたべ 受診
しょうぶ 受診
イギー 内服処方
くるん搬送
仙豆退院→転院搬送

23日 原宿譲渡会参加(まりん、もっと、カワラヒワ内定)

24日 G町 リリース
でん子退院搬送

26日 G町リリース
はぴかむ FF検査

28日 まりん、もっと お届け前の健診

29日 まりん、もっと お届け
G町 捕獲 (♂1 )
30日 G町捕獲

31日 G町リリース



■10月の支出■ 計 ¥ 117350
(内訳)
医療費 ¥ 75378
食費 ¥ 13368
ガソリン、P、高速代 ¥ 13700
譲渡会 ¥ 2000
その他(捕獲、ケージ用品、おもちゃ、首輪など )¥ 12904

■10月の収入■ 計 ¥ 120000
(みずほ)
TS様 ¥3000
YY様 ¥3000
HH様¥3000
しょうぶFP様¥9000(3ヶ月分)
MA様 ¥6000

(ゆうちょ)
あしたべFP様 ¥3000
TH様 ¥2000
ペコFP様 ¥6000(2ヵ月分)
SH様 ¥16000
リンドウFP様 ¥3000
はぴかむFP様 ¥3000
クニクニFP様 ¥6000(2ヶ月分)
NK様 ¥2000

(譲渡費用)
まりん、もっと里親さん ¥58000

■■10月末 残高 ■■
¥- 1064569



【11月】
仙豆の心配がまだ続いている時に、また若い里子ちゃんの訃報がありました。
こはにゃんが長生き出来なかったのは近親交配の遺伝病の為でした。飼い主が安易に自家繁殖した結果の犠牲だと思います。
でもこはにゃんも里親さんに愛されて幸せでした。だからこそ長生きして欲しかったです。
月半ばは、高齢飼い主さんが世話できなくなった猫を2匹引き取りました。
高齢飼い主が飼育困難になり処分される犬猫が年々増えています。この事をもっと真剣に考えて欲しいと思っています。

■11月の活動
1日 G町捕獲(♀1→ボラ友が保護、♂1)

2日 捕獲猫搬送
ボラ友猫搬送(2往復)

3日 G町捕獲(♂1)

4日 G町捕獲(♀1)
G町リリース

5日 G町リリース
G町保護猫退院→ボラ友宅に搬送
カワラヒワ 不妊手術、FF検査、マイクロチップ挿入

7日 N町捕獲(♂1)
カワラヒワ退院

9日 かなで、たっくん 去勢不妊、検便、マイクロチップ挿入
N町捕獲猫搬送とリリース

11日 ボラ友猫搬送(2往復)

12日 カワラヒワお届け

16日 高齢飼い主から成猫2匹引き取り、フロントライン使用
(ポンポンらー、コマリ )

18日 ポンポンらー、コマリ受診
採血一般、FF検査、ワクチン、マイクロチップ挿入

19日 中目黒譲渡会参加

27日 原宿譲渡会参加

28日 G町リリース

30日 トイトイ、フィフィ 不妊手術搬送




■11月支出■ 計 ¥ 79528
(内訳)
医療費 ¥37800
食費 ¥23699
ガソリン、P ¥10400
譲渡会 ¥2000
その他(捕獲、消毒、首輪、使い捨てカイロ等) ¥5629


■11月の収入■ 計 ¥82000
(みずほ)
TS様 ¥3000
YY様 ¥3000

(ゆうちょ)
あしたべFP様 ¥3000
TH様 ¥2000
リンドウFP様 ¥3000
SH様 ¥13000
はぴかむFP様 ¥3000
YM様 ¥20000

(譲渡費用)
カワラヒワ里親さん ¥32000



■■11月末 残高 ■■
¥- 1062097


【12月】
12月は、仙豆(ごろーちゃん)とコンデンスミルク(ミルミル)の心配に明け暮れてあまり活動も出来なかった気がしています。
10月にリンパ腫を発症した仙豆は、20日に里親さん達に看取られて旅立ってしまいました。
お届けからまだ3ヶ月しか経っていなかったコンデンスミルク(ミルミル)は、11月30日、FIPを発症してしまい、今も闘病中です。
続く里子ちゃん達の不幸で私もかなり参ってしまいましたが、里親さんの辛さとは比べようもありません。

良かった事は、高齢飼い主さんから引き取ったコマリに早々にご縁が舞い込み、お正月明けには正式譲渡になると思います。
それから、年末には体調を崩すのではと予想していたしょうぶが、お陰様で思いの外元気満々で年越しできそうです。


■12月の活動
2日 ヒヨドリ虚勢、トイトイフィフィ退院の搬送
しょうぶ 点滴処方

3日 ミルミル里親さんに介護指導

4日 花音お見合い、内定

5日 花音キャンセル

7日 イギー受診 皮膚炎組織検査、注射2種、軟膏処方

9日 N町 捕獲(♂1♀1)
コマリお見合い

11日 原宿譲渡会参加

13日 I町リサーチ
ミルミル里親さんに介護指導
しょうぶ 点滴処方

16日 コマリお届け

17日 中目黒譲渡会

18日 I町捕獲(♂1♀1)

19日 I町捕獲(♂2)
I町リリース

20日 イギー 内服処方
I町リリース

21日 イギー受診、採血一般、コンベニア注射、FF検査
マヨドレ受診、FF検査、マイクロチップ挿入

25日 原宿譲渡会参加

26日 リンドウ 受診、乳腺診察、マイクロチップ挿入

27日 レイレイ去勢の送迎

28日 I町捕獲(♀1 )



■12月の支出■ 計 ¥ 129142
(内訳)
医療費 ¥ 47498
食費 ¥ 33200
トイレ用品 ¥5007
ガソリン、P、高速代 ¥ 14000
譲渡会 ¥ 3000
預け費(smile cat) ¥ 21000 (礼音花音10月~12月分)
その他(ケージ用品、イギーの服、雑費など) ¥5437



■12月の収入■ 計 ¥ 96000
(みずほ)
TS様 ¥3000
YY様 ¥3000
YF様 ¥10000

(ゆうちょ)
あしたべFP様 ¥3000
TH様 ¥2000
WM様 ¥15000
リンドウFP様 ¥3000
ペコFP様 ¥3000
YM様 ¥10000
YM様 ¥20000
はぴかむFP様 ¥3000

(譲渡費用)
コマリ里親さん ¥21000

■■12月末 残高 ■■
¥- 1095239

ーーー
この他にも、フードやペットシート、しょうぶのオムツなど、本当にたくさんのご支援物資もいただきました。
各フォスターペアレント様の支えも本当に助かっています。

来年も身の丈に合った事を出来るだけがんばりたいと思います。
これからもどうぞ応援よろしくお願いいたします。

2016.12.30
ねこひと会 ゆきももこ



↓ポチっと応援お願いします
にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ

◇ご支援のお願い◇

ねこひと会の保護猫は、NPO法人nekonokoの定期譲渡会Smile Catの定期譲渡会に参加するほか、各保護宅にていつでも面会可能です。

お問い合わせは ねこひと会 yukimomoko55nekohito@gmail.com まで

※里親希望の方必読※【譲渡方針・譲渡の流れ】

【ねこひと会はフォスターペアレントも募集中♪】

*******************************
◆ゆきももこの特に読んで欲しい日記◆
◆ゆきももこの特に読んで欲しい日記2◆

↓一日一ポチよろしくお願いします
にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ
by yukimomoko | 2016-12-30 15:17 | ★ねこひと会活動収支報告

ミルミルと里親さん

2016年12月26日22:11
FIP確定したミルミルは、2ヵ所目の病院で内服薬など必要な物を処方してもらって、ずっと自宅介護をしてもらっています。

へなちょこなミルミルにあまり精神的な負担をかけたくないこと、もちろん体力的な負担も、という理由ですが、実は2ヶ所目の病院から、ミルミルの病気が他猫に伝染る可能性があるという理由で、もう来てくれるな、と言われたのです。

ちょっとあり得ない話と思いますが、野良猫お断りの病院はざらにあるし、私の知っている杉並区の某有名病院でも、エイズキャリアの子をまるでパルボのように戦々恐々と診られた事があって驚いた事がありました。
なので、白血病キャリアやFIPの患者をそのように扱う病院があってもおかしくないのかもしれません。

初めての猫をたった3ヶ月で介護することになった里親さんには、精神的に支えてくれる人が必要でした。
私も一生懸命フォローしましたが、直に会ってミルミルを診ながら適切な説明をしてくれる先生が必要です。

でも、里親さんももう動物病院不信になってしまって、もうどこに行けばいいかわからない、どこにも行きたくない、と言いました。
それで、出来る限り自宅介護でがんばろう…という事になったのです。

その頃はまだ、里親さんはミルミルを絶対に助けたい!と思っていたし、私もFIPを克服出来るかもという希望を持っていました。

だからこそ、高いインターフェロンの治療も勧め(ワンクールの治療で5万以上かかりました)、里親さんが辛いと泣いても強制給餌をさせてきたのです。

どうしても、希望が捨てられなかったのは、ミルミルのFIP確定診断の検査結果が「未知の変化が起きているためコロナのバイオタイプ(FIPウイルス)が確認出来ません」と書かれていた事、もしかしたらミルミルのFIPは克服出来るタイプのFIPなのではないか、まだそこまでわかっていないウイルスなのではないか、と思ったからです。

ウイルスというのは見つかっていない物もたくさんあるし、種類も多いしその上どんどん変異していったりします。
例えば、C型肝炎というのが人の病気であるのですが、これは同じ肝炎でもA型、B型、C型と違うウイルスから引き起こされる病気で予後も全然違います。
この肝炎だって、昔私が働き始めた頃にはC型というのはわかっていなくてA型とB型だけだったのです。
でもしばらくすると、どうもA型でもB型でもないのがあるぞ、と言われ出して、それからしばらくその謎の肝炎は「非A非B肝炎」という呼ばれました。
それからある時、C型肝炎ウイルスがわかってやっとC型肝炎という病名がついたのです。
(厳密にはD型、E型、F型などありますが、日本でのウイルス性肝炎はほとんどA、B、Cの3種のようです。)

人間の病気ですらそうなのですから、症例も研究も少ない猫のなんか、未知の事がたくさんあるに違いない、だからこそ、発症したら100%助からないはずのFIPを克服したような子達の闘病ブログが巷にたくさんあるのではないか?
ミルミルもその子達のように助かるんじゃないか?と、どうしても希望が捨てられませんでした。

ステロイド(プレドニン)、抗生剤、腹水が溜まるのを防ぐ薬、食欲の出る薬、
必要な薬は出してもらいました。
強制給餌も、里親さんが頑張ってad缶を 1 / 1日食べさせていました。

でも、ミルミルの体重はどんどん落ちて、あんなに大きな子だったのに今ではたったの3.3Kgになっていました。

そして、最近私は、悔しいけれどもうミルミルは助からない…という現実を受け入れています。
たぶん、FIPだけでなくリンパ腫があるか白血病の発症も併発しているかなのだろう… 。

でも、里親さんはまだ諦めきれませんでした。
ミルミルが死ぬのは絶対に嫌です!私も生きていけません!だってまだミルミル暖かいのに!こんなに可愛いのに!と。。。
泣きながら強制給餌をしていました。

介護の中で何が一番辛いかって、やっぱり強制給餌だと思うのです。
されるほうもするほうも辛くて、それでもがんばって食べさせる意味は、助かる事が大大前提なので、助からないなら強制的にするのは可哀想なのです。
でも、でも、食べさせることをやめる事は死ぬという事ですから、やめ時というのはなかなか決心がつきません。

私はどう言って里親さんにミルミルの余命を受け入れさせたら良いのかと悩みました。
あまりに絶望させても気力を失ってしまいます。

とにかく、どこかもう一度探して病院に行くのが一番良いと思いました。

最大限の薬を使い、ad缶を1缶/日食べさせているミルミルの、今の状態…
貧血はどれくらいなのか、腹水はどれくらいなのか、最初に見つからなかった腫瘍は今も本当にないのか、
それらの結果によっては、里親さんが泣きながら強制給餌をする必要性がわかります。

それで今日、里親さんが自力で探した3ヶ所目の病院を受診。

今度はやっとやっと本当に良い病院だったようです。

先生は、ミルミルの状態を聞いてももちろん普通の患者さんと同じように診てくれました。
そして、ミルミルにはもう何もしてあげられる事はない、残念ながら回復の見込みがないと、
はっきり、そして優しく説明してくれたそうです。

それで里親さんも、やっとミルミルの状態を受け止めて、最期までミルミルと穏やかに過ごします。。。と決意を新たにしてくれました。


里親さんから送られてくるミルミルは、まるで天使のような穏やかな顔で、本当にそんなに悪い状態なのかと思うくらいに可愛い顔をしているのです。

先生も、ミルミルがこんなに穏やかな様子をしているのは、飼い主さんの献身的な介護があってこそだろう、インターキャットなどの高い治療も無駄ではなかったと思います、もっと自分に自信を持って、と誉めてくれたそうです。


今夜からミルミルの強制給餌はもうやめることになりました。
皮下点滴は続けます。


どうかどうか、里親さんとミルミルの残りの時間が少しでも長く、そして幸せになりますようにと…



↓ポチっと応援お願いします
にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ

◇ご支援のお願い◇

ねこひと会の保護猫は、NPO法人nekonokoの定期譲渡会Smile Catの定期譲渡会に参加するほか、各保護宅にていつでも面会可能です。

お問い合わせは ねこひと会 yukimomoko55nekohito@gmail.com まで

※里親希望の方必読※【譲渡方針・譲渡の流れ】

【ねこひと会はフォスターペアレントも募集中♪】

*******************************
◆ゆきももこの特に読んで欲しい日記◆
◆ゆきももこの特に読んで欲しい日記2◆

↓一日一ポチよろしくお願いします
にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ
by yukimomoko | 2016-12-26 22:11 | 【コンデンスミルク】里親決定!

キコちゃまサンタさんからメリークリスマス♪
e0144012_19293500.jpg

ショウ太兄ちゃんもしぶしぶ…(笑)
e0144012_19305064.jpg

のんきなサブちゃんサンタもいるよ♪
e0144012_20200611.jpg

あたし良い子だからママの欲望に付き合ってあげてるの…の、アメちゃん(元あめまりも)
e0144012_20231291.jpg


最後はやっぱり俺様だろ?のぶりぶりサンタ(元総ちゃん)
e0144012_00402145.jpg

メリークリスマス!



↓ポチっと応援お願いします
にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ

◇ご支援のお願い◇

ねこひと会の保護猫は、NPO法人nekonoko の定期譲渡会、Smile Catの定期譲渡会に参加するほか、各保護宅にていつでも面会可能です。
お問い合わせは ねこひと会 yukimomoko55nekohito@gmail.com まで

※里親希望の方必読※【譲渡方針・譲渡の流れ】

【ねこひと会はフォスターペアレントも募集中♪】

*******************************
◆ゆきももこの特に読んで欲しい日記◆
◆ゆきももこの特に読んで欲しい日記2◆

↓一日一ポチよろしくお願いします
にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ
by yukimomoko | 2016-12-25 19:28 | 気分転換

ペットの介護

愛育しているペットが予後の悪い病気になった時、その介護は、相手が話せないこと、検査も治療も人間のと比べると不透明なこと、お金のこと、今の時代はネットなどでたくさんの情報が入るので選択肢がたくさん提示されてしまうこと、しかもその情報が正しいのかどうか確かめるすべも無いこと、
そういうことが飼い主を悩ませ、苦しませ、交互に押し寄せる希望と絶望の波に苦しめられる連続だと思うんです。

自分の判断、自分のしている事がこれで良いのか?間違ってるんじゃないか?かえって苦しめてるんじゃないか?みんな無駄なんじゃないか?
いや、今諦めたら助かるものも助からないんじゃないか? 今この子はまさに生きれるか死ぬかの境目で、鍵を握るのは自分にかかっているんじゃないか? もう無理なんじゃないか? いや、これから劇的に回復してくれるんじゃないか?…やっぱりでも無理なんじゃないか…?
そんな風にどの飼い主も分刻みで心が揺れて、介護の中でそれが一番辛いと思います。特に先行きがはっきりしない病気の場合は。
どの飼い主も、と上に書いたけど、その子の事を本当に大事に思っていればいるほど、本当にその子の事を考えている飼い主が苦しむのだと思います。
私も自分で言うのはなんですが、いつも苦しくて辛くて辛くて、自分の介護が当たっているのか外れているのか不安で不安で、死んだ後も後悔ばかりするんですよね…涙
でも、その時に出来る事、その時に一番良いと思った事(例えそれがハズレだったとしても)を、精一杯やってあげるしかないのではないでしょうか?
それは、飼い主がその子を想って決めたのなら、神様も誰も責めないし、その子にも伝わると思います。

今、クリスマスどころじゃなく必死で介護している飼い主さん達が、愛しい子と悔いなく穏やかに過ごせますように。


↓ポチっと応援お願いします
にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ

◇ご支援のお願い◇

ねこひと会の保護猫は、NPO法人nekonoko の定期譲渡会、Smile Catの定期譲渡会に参加するほか、各保護宅にていつでも面会可能です。
お問い合わせは ねこひと会 yukimomoko55nekohito@gmail.com まで

※里親希望の方必読※【譲渡方針・譲渡の流れ】

【ねこひと会はフォスターペアレントも募集中♪】

*******************************
◆ゆきももこの特に読んで欲しい日記◆
◆ゆきももこの特に読んで欲しい日記2◆

↓一日一ポチよろしくお願いします
にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ
by yukimomoko | 2016-12-24 13:54 | 猫の健康・猫との暮らし

マヨとイギー受診

2016年12月21日23:25
マヨドレとイギーの受診、AMに行くつもりが行き損ね、でも午後いちでがんばって行って参りました(*_*)

キャリーに入れる時は追いかけ回して汗だくでやっと捕まえました。もちろんふたりともオシッコ漏らし。

マヨはFF検査と、マイクロチップ挿入
イギーのマイクロチップは皮膚病が落ち着くまで延期


イギーは帰宅後またカビ用シャンプー
内服と着衣効果でだいぶきれいになって、かさぶたもあまり出ませんでした。

カビ内服はまだあと1ヵ月は続行の予定



↓ポチっと応援お願いします
にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ

◇ご支援のお願い◇

ねこひと会の保護猫は、NPO法人nekonokoの定期譲渡会Smile Catの定期譲渡会に参加するほか、各保護宅にていつでも面会可能です。

お問い合わせは ねこひと会 yukimomoko55nekohito@gmail.com まで

※里親希望の方必読※【譲渡方針・譲渡の流れ】

【ねこひと会はフォスターペアレントも募集中♪】

*******************************
◆ゆきももこの特に読んで欲しい日記◆
◆ゆきももこの特に読んで欲しい日記2◆

↓一日一ポチよろしくお願いします
にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ
by yukimomoko | 2016-12-21 23:25 | 【トリック】募集中

仙豆亡くなりました

2016年12月21日13:29
昨夜、日付が変わる少し前に仙豆(ごろーちゃん)は息を引き取りました。
まだたったの2歳半、里親さんの元に行ってからたったの1年2ヶ月でした。

里親さんは、仙豆を看取ってからすぐにTELをくれました。
泣きじゃくって、ずっと泣いて、本当に可哀想でした。
胸水なので、最期はたぶん、だいぶ苦しんだようでした。
目を開けてるんです…と泣きじゃくる里親さんに、お湯で体を拭いてあげて、ブラシをかけてあげるときれいになるからね、瞼も優しく撫でてあげると閉じさせてあげられるからね、と話しました。はい、はい、と泣きながら里親さんは、聞いてくれました。

一昨日、もうオソソをしています…という報告を聞いて、もう看取りの段階なので側にいてあげてくださいね、、と伝えていました。

それから昨夜の報告が来るまで、捕獲をしていても家事をしていても、今この瞬間に仙豆が苦しんでいる、今まさに死ぬ間際かもしれない、と思うと胸が苦しくて何も手につきませんでした。

でも私の辛さなど、直に看取った里親さんの辛さに比べたら、とるに足らないものです。
その辛さは何匹も看取ってきたのでわかるのです。
それなのに、なかなか連絡がないからとやきもきしたりして、私は悪い元親でした…

TELを切って少しすると、汚れていた身体をきれいに拭いてあげました…と仙豆の写真が届きました。
目は閉じられ、安らかにただ寝ているみたいな可愛い仙豆でした
痩せたようにも見えず、毛並みも滑らかそうな可愛い仙豆でした

里親さん達は2人ともお勤めの方なので、いない時に死んだらどうしようと心配でしたが、2人で一緒に看取れて良かったです。
仙豆、いえ、ごろーちゃんも嬉しくて安心だったことでしょう。
若い里親さんでしたが、大変な病気になって手がかかるようになっても看取ってくださいました。
最期まで可愛い可愛いと言ってくれて、本当によくしてくださいました。
本当に心から心から感謝しています。

ごろーちゃん、、
ごめんなさい、やっぱり仙豆と呼ばせてね…
可愛い可愛い愛しい仙豆
良い子の良い子の仙豆
またいつか私も会えるでしょうか…
またいつか会いたいです

それにしても今年は辛い事が続きすぎる…


↓ポチっと応援お願いします
にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ

◇ご支援のお願い◇

ねこひと会の保護猫は、NPO法人nekonokoの定期譲渡会Smile Catの定期譲渡会に参加するほか、各保護宅にていつでも面会可能です。

お問い合わせは ねこひと会 yukimomoko55nekohito@gmail.com まで

※里親希望の方必読※【譲渡方針・譲渡の流れ】

【ねこひと会はフォスターペアレントも募集中♪】

*******************************
◆ゆきももこの特に読んで欲しい日記◆
◆ゆきももこの特に読んで欲しい日記2◆

↓一日一ポチよろしくお願いします
にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ
by yukimomoko | 2016-12-21 13:29 | 里子に行った子達2014~2016

2016年12月19日23:59
今日のAMは、昨日の捕獲猫の搬入、その帰りにそのままボラ宅を回ってフードを配り、
終わって帰宅し、少し休んだらまたリリース猫を迎えに行って、現場にリリース。

お昼はカップ焼きそばだったので、晩御飯はちゃんと作りました。
今日は鯖の味噌煮、タコきゅう。鯖の塩焼きは私は何故か苦手で美味しく焼けないのですが、味噌煮は柔らかく美味しくできました。

痛恨のミス、があり
それは、昨夜の捕獲現場の事ですが、本当は夕方のリリースする時に残りの子の捕獲をする約束になっていたのに、仙豆の事で頭がいっぱいだったのですっかり忘れていて、リリースしに行った時に餌やりさんに「今日はどうしたら良いんですか?」と言われてやっと思い出しました。でももう時間的に無理で(だんながもう帰っていたので)
せっかく病院の予約してるのが勿体ないので、仕方ないから夜中に行くことになりました。。。はぁ~…



↓ポチっと応援お願いします
にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ

◇ご支援のお願い◇

ねこひと会の保護猫は、NPO法人nekonokoの定期譲渡会Smile Catの定期譲渡会に参加するほか、各保護宅にていつでも面会可能です。

お問い合わせは ねこひと会 yukimomoko55nekohito@gmail.com まで

※里親希望の方必読※【譲渡方針・譲渡の流れ】

【ねこひと会はフォスターペアレントも募集中♪】

*******************************
◆ゆきももこの特に読んで欲しい日記◆
◆ゆきももこの特に読んで欲しい日記2◆

↓一日一ポチよろしくお願いします
にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ
by yukimomoko | 2016-12-19 23:59 | その他

届きました

ご支援のフードがたくさん届きました。

世田谷区TK様
e0144012_15563844.jpg

e0144012_15571389.jpg
e0144012_15573650.jpg

墨田区TJ様
e0144012_15575596.jpg

練馬区KI様
e0144012_15581928.jpg

師走の忙しい時期に本当にありがとうございます。
いただいたフードは、ご支援を自分で募れない年配の個人ボラさんや保護数の多いボラ友にも配分させていただきました。
KI様からの療法食はしょうぶが喜んで食べています。
e0144012_15590532.jpg

お陰様でしょうぶも元気に年を越せそうです。



↓ポチっと応援お願いします
にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ

◇ご支援のお願い◇

ねこひと会の保護猫は、NPO法人nekonokoの定期譲渡会Smile Catの定期譲渡会に参加するほか、各保護宅にていつでも面会可能です。

お問い合わせは ねこひと会 yukimomoko55nekohito@gmail.com まで

※里親希望の方必読※【譲渡方針・譲渡の流れ】

【ねこひと会はフォスターペアレントも募集中♪】

*******************************
◆ゆきももこの特に読んで欲しい日記◆
◆ゆきももこの特に読んで欲しい日記2◆

↓一日一ポチよろしくお願いします
にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ
by yukimomoko | 2016-12-19 23:58 | ★ねこひと会活動収支報告

イギーの検査結果

2016年12月19日23:50
イギーの首回り、肩甲骨の回り、本当に酷くて痛々しく悪化してます。

服はあまりにほつれてしまったので脱がせていたのですが、着せてるほうが掻き壊し防止になるので、夜中に大捕物をして、ほつれ防止処置をした服を再び着せました。


そして今日、皮膚炎の結果が出たのですが、皮膚糸状菌症…まさかの真菌でした。

という事は、ムヒカ子猫が持ってきてリビングに蔓延したカビが、イギーにだけは特別酷く、特別長く、特別しつこく影響したということか?

でも、最初のカイカイはカビではありませんでした。
今はそうでも、最初の元の皮膚炎はカビではなかったのです。
結局、高くて痛い検査をしたけど原因不明という事でしょうか。

とりあえず今はカビという事で、またカビの内服開始です。

犬猿の仲なのにお互い気づいてなくて一緒にケージで寝ているイギーとはぴかむちゃん
e0144012_17410165.jpg



↓ポチっと応援お願いします
にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ

◇ご支援のお願い◇

ねこひと会の保護猫は、NPO法人nekonokoの定期譲渡会Smile Catの定期譲渡会に参加するほか、各保護宅にていつでも面会可能です。

お問い合わせは ねこひと会 yukimomoko55nekohito@gmail.com まで

※里親希望の方必読※【譲渡方針・譲渡の流れ】

【ねこひと会はフォスターペアレントも募集中♪】

*******************************
◆ゆきももこの特に読んで欲しい日記◆
◆ゆきももこの特に読んで欲しい日記2◆

↓一日一ポチよろしくお願いします
にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ0
by yukimomoko | 2016-12-19 23:50 | 【トリック】募集中