ゆきももこの猫夢日記

アビ君、小康状態?

(mixi日記です。コメントもそのまま)

わけありのアビ王子。優しい里親さん募集中!
http://www.nyanpararin.com/satooya/abi/index.html

この2日はアビ君もよく食べてくれるので嬉しい♪
といっても今までの治療食に一般食を少し混ぜるようにしたのです。
腎機能が悪化しないかちょっと心配だけど先生によっては治療食を食べるなら薬は不要、逆に薬を飲ませるなら普通の食事で良いです、とする場合もあるようなのでアビ君には少しでもオイシイものを食べさせてあげる事にしました。
下痢もなく良便です。

この前の添い寝以来、すごく甘えるアビ君。
でも一緒にいても部屋の外で何か物音がするたびに体をこわばらせています。
私が部屋に行かず、一人でいる間もそうしてちょっとした物音にビクビクして過ごしているのでしょうか。
そう思うと不憫でなりません。
なんとかうちの猫と一緒にしたいけど、無理かなあ…?
アビ君は本気噛みするからね><。

写真1.メンタム嗅いで「うっ」のアビ王子。この顔が可愛いのでついイジメテしまいます。
e0144012_18581979.jpg

写真2.ほっぺをつかまれるのが好きなアビ王子。
e0144012_18582645.jpg




<<前の日記へ ゆきももこの日記一覧へ 次の日記へ>>
コメントコメントを書く

則( ) 2005年06月05日 13:41
アビくん、ゆきこさんにはココロ許してるのね。
うちの「ふーちゃん」(何にでも誰にでもフーッと襲いかかるから「ふーちゃん」でした)もアビ君と同じような性格だったけど、一度なつくとものすごく情が深くて良い子なのよね

もーちゃんのしつこい鼻風邪

やんちゃなもーちゃんの里親さん募集中!
http://www.nyanpararin.com/satooya/mowata/index.html

なんだかちょっとぶり返してきたみたいです。
昨日、再受診して薬の量を増やしたんですが増やすよりも種類を変えたほうが良かったのでは?
明日また先生に聞いてみよう。
早く治ってもらわないと鼻の汚れがとれないし~。

もーちゃん自身はいたって元気です。
缶詰よりもカリカリ派だという事がわかりました。
ロイ○ルカナンのカリカリキトン用がお気に入りです。
体重は550g強。毎日大きくなってます。


写真1.2.「カリカリおししいな」の、もーちゃん。
e0144012_18532439.jpg
e0144012_18533457.jpg

写真3.自分のしっぽも食べるもーちゃん
e0144012_18534215.jpg

ゆきちゃん、食べれず。

(過去にミクシイで書いた日記です。コメントもそのまま)


今日はうちの長女ゆきこちゃん(12才)の口内炎がいよいよひどくなったので病院へ行きました。
本当はあんまり注射はしたくないけどお水もろくに飲めないし、寝ていても突然痛がって暴れるので可哀相でたまりません。
帰ってから溜まっていた里親募集の代理投稿や自分の投稿(もーちゃん)とかやったり、合間に他の猫が「可愛がれ」とうるさいのでなでなでし、そいつらが寝た隙に保護猫アビ王子の部屋に行ってなだめてゴハン食べさせたり。
そんな事していたらすぐに夕方になってしまいます。
H沢さん姉妹が昨日保護した子猫の写真を撮りに行かなければいけなかったのにちょっと疲れて今日は行けませんでした。
夜、猫活動の仲間A原さんにカリカリの差し入れ。

A原さんもいつも仕事が遅いのにがんばってます。
A原さんが猫活動及び都会での猫の飼い方についてのチラシを作ってくれているので週末近所にポスティングの予定。
でも明日も雨のようだし、いやになってしまう~><
すっきり晴れてくれないかな?

ゆきちゃんの食事の介助がけっこう時間がかかるのですぐにまた夜中になってしまいました。
このブログも始めてまだ間もないのに、きつくて「今日はさぼっちゃおうかな?」と思ったり。
今日もまだまだ寝られません。

写真1.もわ太のかくれんぼ。
e0144012_18454967.jpg

写真2.もわ太とうちの長男なおちゃん(12才)♂
e0144012_18453380.jpg

写真3.今日はよく食べてくれたアビ王子。食後の顔洗い。
e0144012_18454160.jpg





<<前の日記へ ゆきももこの日記一覧へ 次の日記へ>>
コメントコメントを書く
則( ) 2005年06月04日 02:57
あ~カワイソウ。
亡くなったうちの子は口内炎じゃなかったけど、やはり食べられなくてはき続けて・・・。どんどん痩せてとてもカワイソウでした。原因も分からなかったので、治療もできず・・・。
ゆきこちゃん、早く良くなるといいねーー。
ゆきこママもお疲れさま、自分の体も大切に。

 ゆきももこ 2005年06月05日 02:44
昨日は病院から帰っても食べられなかったゆきちゃんですが、今日は朝と夜、自ら欲しがってけっこう食べてくれました。
薬が効いたみたいです。
でも薬ってこんなに効くとかえってコワイですよね。
ゆきちゃんが食べられるなら今はそれで良いのかな…。

マイミクさんが遊びに来てくれました

。編集する 2005年06月03日01:35

mixiを教えてくれた則猫さんが遊びに来てくれました。
なんだか初めて会うのにそんな気がしません。
則猫さんのお目当ては保護子猫のもーちゃん。
「君がもわ太なの~♪」としばしもわ太をチョメチョメして楽しんでました。
もーちゃんも張りきって暴れまくり。
でも本当言うといつものほうが3倍くらい暴れン坊なんですよ。
今日はちょっと遠慮してたのかな?
それから二人で猫の話は勿論、なぜか昔の少女マンガの話で盛り上がってしまいました。
猫の話の時よりも興奮してしまってついつい喋りすぎてしまった私…。
則猫さんが帰る時、無理矢理マンガを貸してしまったりして、重かったですか?
則猫さん、ごめんね(^^ゞ
今度は私が遊びに行きます。よろしくお願いしまーす。

写真・則猫さんがいる間は雲隠れしていたぽん太。
e0144012_15475547.jpg

    お客が帰ったとたんコレですよ…。

<<前の日記へ ゆきももこの日記一覧へ 次の日記へ>>
コメントコメントを書く
則( ) 2005年06月03日 03:00 お邪魔しました。ほんとに楽しくて、すっかり時の経つのを忘れてしまいました。うちにも来てね!!
ゆきこさんちの子はもーちゃんはじめ、他の子たちも愛情たっぷり注いでもらって、とっても幸せそうでした。ゆきこさんに保護されたネコちゃん達は、ほんとに運が良かった。もーちゃんも安心して(?)暴れてるんだね。(笑) なな猫 2005年06月03日 09:29 わーー、わたしも行きたい~。(~は、せがんでる感じ) ゆきももこ 2005年06月03日 22:23 いや~ん、則猫さん、紹介文ありがとうございます。
なんか恥ずかしいです~。

なな猫さん、お近くにくる事があったら寄ってって下さいな。
ふふふ、臭いのでびっくりすると思うけど。 則( ) 2005年06月04日 02:42 えー、だって本当のことですもん。

保護情報

(※過去にミクシイで書いたものです。コメントもそのまま。)

今日も今日とて、です。
近所で猫活動しているH沢姉妹から夕方℡があってまた捨て猫発生です。
先々週は同じ場所に箱入りの乳飲み子が捨てられていましたが、H沢姉妹が見つけた時はすでに冷たくなっていました。
「今日は助けてあげられたわ~」とH沢さん(妹)は嬉しそう。
H沢姉妹はデジカメなし、パソコンなし、なので明日にでも写真を撮りに行きます。
三毛と茶白の女の子で1~2ヶ月。健康状態は良いようです。


大田区のMさんからも真っ黒クロの女の子保護の報告。
この子はまだ乳飲み子らしく、他の人が撮ってくれた写真が早速送られてきました。(写真)
e0144012_15451224.jpg



お蕎麦屋のSさんがブレッキーズのカリカリ(ワケありの処分品)を6箱入り10ケースも持って来てくれました。
おお~ん!カリカリが底を尽きようとしていたので大助かりです!
Sさん、ありがとう~。
んでも、10ケースは多すぎるので福岡の猫活動している猫友さんにおすそわけ。
それと同じく福岡の知る人ぞ知る捨て猫寺にも送る事にしました。
捨て猫寺には無責任な人が押し付けていった犬や猫がたくさんいます。http://www.remus.dti.ne.jp/~jg8pcs/seizenji.htm

去年玄関前に成猫を4匹も捨てられた我が家としては他人事ではありません。
捨て猫は犯罪です。
捨てたら死んでも良いという事です。
泣きながら捨てても猫は「捨てる時泣いてくれてありがとう」なんて思いませんよね。



・・・・・・・コメント・・・・・・・

なな猫 2005年06月03日 09:36
ああ、ほんとにそうですね。
わたしのマイミクさんで、地域猫活動をされてる方からこんな話を聞きました。

動物霊園に続く参道の途中に建物があり、お彼岸の期間に
里親募集の犬猫がゲージに入れられ並んでいます。
仔猫や子犬はほとんどいません。
成犬。成猫。ばかりです。
里親の理由のほとんどが、「長年一緒に暮らしていましたが
引っ越しの為、飼えなくなってしまいました。よろしくお願いします。」です。
ゲージの中に入れられた彼らは不安げにしています。
しかも飼い主がゲージの前にいることは珍しいのです。
犬のゲージの前で小学生4年生くらいの女の子が泣いていました。涙声で「お願いです。誰かもらってください。」「良い子です。」「お願いします。」と歩いている人に呼びかけていました。
理由は引っ越しでした。 ゲージの中の犬は、泣いている女の子を
じっと見ていました。犬は自分の事を考えていたのでしょうか?
自分の大好きな家族が泣いていることを考えていたのでしょうか?
とっても悲しい光景でした。 それ以来、深大寺には行っていません。

泣いてもらっても、捨てられたことは同じですね。

哀しいです。

ゆきももこ 2005年06月03日 22:31
なな猫さんのお話、悲しいですね。
その女の子もわんちゃんも可哀相です…。
色々事情があるでしょうが、本当にどうしようもない事情の人はほんのわずかですね。
殆どの人は動物の事よりも自分がより苦労しない方法を選んでいるのだと思います。
悲しい事にそういう事をしている人は「自称・動物好き」な場合が多いですね。
そんな人達は自分のしている事に自覚を持ってもう生き物は飼わないで欲しいものです。

H賀さんの猫達

20日(金)はH賀さん宅のカイちゃんにお薬を飲ませに行った。
カイちゃんは下半身不全麻痺でケージの中で暮らしている。
でも後ろ足は少し曲がっているが歩いたり走ったりはわりと普通にできる感じだ。
e0144012_3195138.jpg

少しおどおどしているが、他の子をオモチャで遊んであげていたらカイちゃんも遊びたそうにしていた。
後ろ足の踵が「床ずれ」になってジュクジュクしている。
H賀さんは「もうこの子は仕方ないの。」と言う。
ただでさえ忙しいのに、カイちゃんの下の世話、汚れたケージの掃除…H賀さんはよくやっていると思う。
でもやっぱり健康管理が十分にできていないから虫がいたりしてもなかなか気がつかない事が多いようだ。
今回の条虫はたまたま見つけられたので、駆虫剤を飲ませる事ができた。
H賀さんが疲れて帰ってくる前に、カイちゃんに駆虫剤を飲ませて(結構抵抗する(^^;))部屋の掃除をして、他の子達を遊んであげた。
まだH賀さんちの子を全員把握できていないが、いつも遊ぶ気満々の「みるくちゃん」、膝乗りが大好きな蓄膿症の三毛の「ミーヨン」
e0144012_321063.jpg


最初は隠れてばかりいたけど肩乗り大好きな「恭平と哲平兄弟」
e0144012_3213128.jpg
とか、
他の子もH賀さんちの子はみんな可愛い。
秋からまた状態の良い子を一匹でも良いから里子に出してあげたい。

H賀さんのこと

もわ太を最初に保護したのは近所で何年も猫活動をしているH賀さん。
私のいるボラグループはこのH賀さんが少しでも楽になるように避妊のための捕獲や里親探しのお手伝いをしています。
私がお手伝いするのは私よりも大変だな、と思う人。ちゃんとがんばっている人。

H賀さんは自宅から最寄駅まで(徒歩15分くらい)の間の野良猫の餌やりと避妊・去勢を、もう10年以上前からたった一人でやってきたのです。
H賀さんの毎日は朝から普通に仕事に出かけ、夕方帰ってきてから自分の家の猫の世話。
19時くらいから24時くらいまで寝て、深夜から外猫の餌の準備をして何十匹もの猫に配って歩くのです。
そして後片付けして帰るのが朝の5時過ぎ。
何しろ数が多いのでこんな時間になってしまうのです。
そして少しだけ仮眠をとりまた仕事に行きます。

時には近所から「この猫どうにかして」と無責任に猫を持ちこまれる事も。
こういった押し付けられた子の病院費、餌代をはじめ野良にかかる避妊代はすべてボランティアの自腹です。
行政から援助があると思っている人がいるようですが、一切ありません。

正直、このH賀さんのしている事間違っているかもしれません。
やり方には賛否両論あるでしょう。
けれど、一度餌をあげ出したら最後まで責任をとるというH賀さんの姿勢は立派です。
それにH賀さんのしている事がダメだというなら代わりにどうすれば良いのでしょう?
私にはやめろとはとても言えません。

不幸な子を減らすために具体的な何かをしている人以外は誰もH賀さんを責める事はできないと思います。
H賀さんの家には死にかけていたのを拾ったり行き場がなく引き取ったりした子が9匹いてみんなとてもおとなしくて良い子ばかり。
H賀さんに甘えたいけどなかなか甘えられないので(うちも同じだけど)ちょっと可哀相。
e0144012_2552325.jpg

写真は先日H賀さん宅へお部屋の掃除をしに行った時のH賀さんとH賀さんちの子達。
まだ若い子もいるので本当は里親探しをしてあげたい。