ゆきももこの猫夢日記

乳呑み子10日齢

2017年04月08日23:42
今年の初の乳呑みー達の写真アップしま~す。

来た日(1日)推定3日齢
e0144012_15351694.jpg
e0144012_15360936.jpg

臍の緒が付いてました。
体重100切っているのは久しぶりです。
e0144012_15365382.jpg


(2日)推定4日齢
e0144012_15395442.jpg

元気なサバ白ちゃん
e0144012_15405575.jpeg

体重113g 前日より11g増
e0144012_15414732.jpeg

哺乳瓶で何とか飲めました
e0144012_15425720.jpeg
e0144012_15434462.jpeg

お耳はまだぺたんこ
e0144012_15443070.jpeg

クロちゃん
e0144012_15451594.jpg

持った感じもサバ白ちゃんより細っこいです
e0144012_15460006.jpeg
e0144012_15465393.jpeg

体重は106g 前日より10g増
e0144012_15483872.jpeg

クロちゃんも哺乳瓶で何とか飲めました
e0144012_15473891.jpeg

e0144012_15492224.jpeg

e0144012_15500875.jpeg

黒はピントがなかなか合わない
e0144012_15511628.jpeg
e0144012_15520136.jpeg


(4日)推定6日齢
e0144012_15531228.jpeg

開眼の気配全くなし…あと2日くらいかな?
サバ白ちゃんは飲んだ後に初めて喉を鳴らしました
頭はゴルフボールより小さいです
e0144012_15541983.jpeg

尿道口に何か着いてるな?とよくよく見ると、ドロッとした尿が時々出ているようです。

もぐらかヤマネみたい(笑)
e0144012_15553435.jpeg


(6日)推定8日齢
e0144012_15592935.jpg
e0144012_16001739.jpg

サバ白ちゃんは昨日から両目が開きました。
e0144012_15562523.jpg

クロちゃんの目は開く気配なし
e0144012_15571150.jpg

e0144012_15575628.jpg

そして今日(8日)やっと10日齢
まだ哺乳瓶で上手く飲んでくれません。
e0144012_16033478.jpg

チュパチュパするばかりで全然飲めてません。
やっと飲みだした(-o-;)
e0144012_16041930.jpeg


クロちゃんはもっと下手。
e0144012_18550458.jpeg

時間がかかります。
e0144012_18554204.jpeg

でもやっと片目が開きました。
e0144012_18561335.jpeg

クロちゃんは下半身あちこちに皮膚病(たぶんカビ)があるし、少し弱々しいのです。

サバ白ちゃんの体重186g、クロちゃんは138g。
サバ白ちゃんとクロちゃんでだいぶ差がついてしまいました。

でもゆっくりで良いからね。
ゆっくり大きくなろうね。


↓ポチっと応援お願いします
にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ

◇ご支援のお願い◇

ねこひと会の保護猫は、NPO法人nekonokoの定期譲渡会Smile Catの定期譲渡会に参加するほか、各保護宅にていつでも面会可能です。

お問い合わせは ねこひと会 yukimomoko55nekohito@gmail.com まで

※里親希望の方必読※【譲渡方針・譲渡の流れ】

【ねこひと会はフォスターペアレントも募集中♪】

*******************************
◆ゆきももこの特に読んで欲しい日記◆
◆ゆきももこの特に読んで欲しい日記2◆

↓一日一ポチよろしくお願いします
にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ

めも(N町現場、親子猫、緊急依頼?、熊本猫 )

2017年04月06日23:57
【N町の現場】

昨日…公園の隣接住民の苦情処理→昨日のストレスの主な原因…私から見れば無責任餌やりと同じくらいにジコチュウで身勝手(-.-)
人の事どうでもいいとか言う人には、迷惑とか言う資格はないのでは?
しかし喧嘩してもしょうがないので、まあまあとなだめておく。
この人から少し詳しく餌やりの情報を2つ仕入れた。

そして今日…昼にお婆ちゃん餌やりの所にカリカリ持って行って、移動先には絶対に餌やりに行っちゃダメ!ここ(元の餌場)にしばらく置き餌でも良いからちゃんとたっぷり置くように!でないと戻ってこないよ? と3回目の指導

その帰りに公園のほうを見回ると、3匹ほどワラワラ出てきてすぐまとわりつく。

こういう目立つのがいると、通りすがりの猫好きがまた餌をあげてしまうので悪循環

夕方の買い物の時にまた見回ると、公園の奥のベンチにいかにも怪しい女の人がいる。
餌をあげているのか訊ねると「あげてないわよ」と言うが、その後の会話中には「あたしがあげてると…」という台詞が出ていた。
一昨夜のいりこばらまきOL風にしても今日の人にしても、言ってることは全部ホントとは思っていない…
しかし、苦情の人から聞いたのとは違う餌やりの情報を1つ仕入れる事が出来た。

今のところ、自宅の窓の下に置き餌している餌やりが1人、夕方と早朝の定期的餌やりがそれぞれ1人ずつ、不定期が3人、通い(お婆ちゃん餌やり)、が判明してる。

どの人も言う事を聞いてくれなさそうなので、考えただけで胃が痛くなる…

しかもこんな苦労しても「好きでやってんだろ!?」(←苦情の人に言われました)
なんて言われた日には
ほんとやる気なくなる┐(-。-;)┌


本当は夕飯の前に別の現場の捕獲予定だったけど、今日は家人が休んだので予定通りに動けませんでした(-.-)



【親子猫の相談】

昼前、知らない番号からのTELで、出たら女子高生が半泣きで

バイト先の友達が倉庫にいる親子猫を保健所に連れていくと言ってきたので必死で止めてるところです、どうしたらいいんですか?

という。

詳細確認すると、素人でも捕まえられそうな状況だったので、とりあえず親子ごと捕まえておけと指示…

子猫は生まれたてが3匹、母猫は爪も耳も真っ黒に汚れてるけど撫でさせてくれて喉まで鳴らすそう。
10日ほどそのまま母猫に育ててもらってからこっちへ移動の予定。


【緊急依頼?】

そして、夕方の買い物に行こうかな…と思っていた時、また知らない番号からTELが来て、出ると息も絶え絶えな話し方で
「ハァ…ハァ…ハァ…ねこひと…会ですか…ハァハァ…」

変態からのイタズラTELかと最初間違えたくらいで、
聞き取りにくくて何度も聞き返してわかったのを要約すると、
自分は猫を飼っているが、□□日前に(自分が)急患で運ばれてそのまま入院になった…家に猫が取り残されている…助けて欲しい…ハァハァ…

詳細聞き出すにはあまりにも電話口の話し方が苦しそうなので
取り合えずその人の入院先の病院へ。

向かう車中…□□日前からの□□のところが聞き取りにくかったけど、10日前…?もしグッタリしていたらすぐ病院に…ぐわ!今日に限って休診日だった!…そうだ、通り道のO病院は開いてるからそこに行こう…と言うか、もし10日前だったらもしかしたら死んでるかも…やだなやだな、死んでたら可哀想だな…

と思いながら行って、病室でその人に会って一番に「いつ入院したの?」と訊くと、「3日から…」と。
枕元の名札を見ると「4月4日入院」と書かれていた。

はあ~良かった…4日からならまだ3日しか経ってない。きっと大丈夫!

それから、簡単な念書を書いてもらって、お家の鍵を預かって、相談者さんのお家へ。

相談者さん、70代?くらいの初老の男性で悪く言えばホームレス、よく言うと仙人みたい(笑)

医者からは栄養失調で倒れたと説明されたそう。
仕事はなく家族も頼れる知り合いもいないと。
まあ、いたら私にTELしてくる必要ないですが。

「土足で上がっても構いません」と言っていたので、室内滅茶苦茶なの想像して入ってみると、キッチンに洗い物が溜まっていた以外は割りときれいにしていて、猫タワーもあるし、フードも良いものをたくさん買い置きしているし、ちゃんと生活していたらしい。

餌皿は空っカラの空っぽではなく、少しフードが残っていました。
e0144012_17500169.jpg


猫はというと…?
e0144012_17510931.jpg

ベッドのお布団をめくるといました。

怯えてるけど特に気分は悪くなさそう。
カメラを向けると写真撮らせてくれたので、触れないかと手を伸ばしたら、怖がって布団から飛び出して隅のほうに隠れてしまいました。

とりあえず、1日1回トイレとゴハンの世話しに行けば済みそうでほっとしました。



ーーー

【熊本猫】

来週、熊本の猫が3匹きます。
まだ去年のリンドウちゃんが残っているので、今回は申し訳ないけど里子に出やすい子、ノンキャリアで人馴れしていて猫とも上手くやれる子をと希望したのですが、現在熊本県のセンターにいる子はほとんど人馴れしてないかエイズキャリア。
にゃわんさんから数匹の写真が来たけど選ぶのも難しいし、エイズキャリアの子1匹と片目の子1匹、ノンキャリアの子1匹。

2匹はうちで、1匹はなな猫ホームに入る予定です。




↓ポチっと応援お願いします
にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ

◇ご支援のお願い◇

ねこひと会の保護猫は、NPO法人nekonokoの定期譲渡会Smile Catの定期譲渡会に参加するほか、各保護宅にていつでも面会可能です。

お問い合わせは ねこひと会 yukimomoko55nekohito@gmail.com まで

※里親希望の方必読※【譲渡方針・譲渡の流れ】

【ねこひと会はフォスターペアレントも募集中♪】

*******************************
◆ゆきももこの特に読んで欲しい日記◆
◆ゆきももこの特に読んで欲しい日記2◆

↓一日一ポチよろしくお願いします
にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ

今年の初乳呑み子

世間は入学式やらお花見やらですっかり春爛漫ですね。
私のほうは1日から乳呑み子が来ているのでお花見どころではありません(泣)
乳呑み子は2匹で1日の時点で推定生後3日齢、1~3時間おきの授乳で夜~朝は5時間開けますが、だからと言って5時間眠れるわけではなく、他の子の事やらあれこれしてたら結局3時間くらいしか眠れないので
睡眠不足で昨日が体力的に限界でした。

体重が100あるかないかの子はかなり久しぶりで緊張しましたが、今のところは何とか育ってます。
まだ頭がゴルフボールより小さいですが… まあ、そんなこんなで今現在でやっと1週齢になり、サバ白の子は昨日から目が開き始めました。

ただ、まだ哺乳瓶で上手く飲んでくれる確率が低く、シリンジ授乳しているので気は抜けません。

それと、一昨日から黒いほうの子が膿尿を出しているので少し心配です。

今年は桜は見れないで過ぎてしまうかなあ…(泣)

ま、猫ボラとしてはある意味春爛漫的な感じですかね┐('~`;)┌

画像は落ち着いたらアップしますね。



↓ポチっと応援お願いします
にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ

◇ご支援のお願い◇

ねこひと会の保護猫は、NPO法人nekonokoの定期譲渡会Smile Catの定期譲渡会に参加するほか、各保護宅にていつでも面会可能です。

お問い合わせは ねこひと会 yukimomoko55nekohito@gmail.com まで

※里親希望の方必読※【譲渡方針・譲渡の流れ】

【ねこひと会はフォスターペアレントも募集中♪】

*******************************
◆ゆきももこの特に読んで欲しい日記◆
◆ゆきももこの特に読んで欲しい日記2◆

↓一日一ポチよろしくお願いします
にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ
# by yukimomoko | 2017-04-06 13:47

めも(たっくん内定取消し、お婆ちゃん餌やりと他の餌やり、乳呑み子3日目、ペコとしょうぶ、)

2017年04月04日23:50
【たっくんの内定取り消し】
里親内定してたんですが、帰りを見送った後でもなんだかもやもやが消えず、やはりだんなさんの態度がイマイチ薄い事が引っ掛かっているんだな…と思いました。
お見合いに来て実際に猫に会うとテンション下がったり不安になったりする人はたくさんいます。
猫用品の買い物などで連絡が来る事になっていたんですが、2日経って先方からもその後音沙汰なしで、
気持ちの確認すると、案の定自信を無くして…でも取り合えずトライアルに入りたいと。
ただ、お届けの時期をGW明けまで延期して欲しいと言うので、内定するにはリスクの方が高いので、ボラの都合で申し訳ないけど白紙にしてもらう事になりました。

たっくん抱っこは出来ないけど十分可愛いし、やっぱりもっと納得いく人に決めてあげたいし、里親希望さんにはもっと安心感のある人好きの子が来たら紹介することになりました。



【相談のお婆ちゃん餌やりと他の餌やり】

先月の相談のお婆ちゃん餌やりさんに、捕獲の日にちを知らせるのにTELし、ついでに餌場を移動してしまってた子達は戻ってきましたか?と聞いたら、「まだなんです~!」と言うので、あれこれ聞いていたら、まだそっち(移動先)に餌をあげに行ってると。
だーかーらー!やっちゃダメって言ったでしょ? そっちでやるからこっち(元の餌場)に戻って来ないんでしょ?
戻るまでたくさん餌を置いて帰ってくださいね。と説明する。

気になったので夜見回ったら、元の餌場には1匹もおらず。
まあ、これは普段通り。
移動先の公園に行くとわらわら。
これは、普段とはだいぶ違う。
時間帯がたまたまなのか?
私がTNRしてない子は元からこの公園の子。
その子達のほうが人馴れしていて、すぐ側まで来てくれる子もいる。
マタタビあげながら写真撮っていると、お婆ちゃん餌やりが怒られたというお家の駐車場のほうから、バラバラバラッ!と大きな音がしたので急いで見ると、仕事帰りのOL風の人がいりこを大量に撒いてました。
あ、あ、ダメよー!と注意すると素直に謝ってくれたので良かったけど…
そのOL風さんが言うには、ここの子達の様子が数日前からおかしい、すごく飢えてるんです~!今日初めて!たまたまなんです!普段はやってないんです!と。
どうも嘘臭かったんですが、
目と鼻の先に餌場がちゃんとあるから大丈夫ですよ。と説明すると「あ~良かった!」と安心して帰って行きました。

私のほうはどうも気になったので、元の餌場のほうに餌を確認しに戻ってみる。
そしたら案の定お皿すら置いてませんでした。

戻ってこさせたいならちゃんと餌を置いておけとあれだけ教えたのになんなのまったく…(脱力)

そして公園のほうの餌やりも!
どこのどいつかまだわからないけど、いったい何してんの?!
1回やり出したらちゃんと、ずっと!責任もってやれ!まったくもう~!


【乳呑み子達】
推定やっと1週齢、体重は115g(黒)と125g(サバ白)
まだ頭がスダチより小さいです。
やっと哺乳瓶で飲めるようになってきたけど、まだ完璧じゃなくてシリンジ授乳も必須
体重は一応増えていて、今日は昼前に2匹とも[m:495]も出て、まあまあ順調かなと思っていたら、夕方から黒いほうの子がドロッとした濃尿と言うか、膿尿…?
2時間後のもやっぱり白い膿尿(T_T)
怖いよどうしようもうやだ(T_T)


【ペコとしょうぶ】
ペコは、一昨日は食べて昨日は食べず、今日は半分くらい。
一昨日がつ食いしたシーバデュオは今日は一粒も食べず。とにかく波がありすぎて(´д`|||)

しょうぶは、乳呑み子のミルクを分けてあげるようになってから調子が良く、昨日は久しぶりにキレキレだったし、今日は久しぶりに固形物(カルカンパウチ)を少し食べました。
[m:495]も久しぶりに良いのをしました。


しょうぶの事以外はもやっとする事ばかりの1日だった…




↓ポチっと応援お願いします
にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ

◇ご支援のお願い◇

ねこひと会の保護猫は、NPO法人nekonokoの定期譲渡会Smile Catの定期譲渡会に参加するほか、各保護宅にていつでも面会可能です。

お問い合わせは ねこひと会 yukimomoko55nekohito@gmail.com まで

※里親希望の方必読※【譲渡方針・譲渡の流れ】

【ねこひと会はフォスターペアレントも募集中♪】

*******************************
◆ゆきももこの特に読んで欲しい日記◆
◆ゆきももこの特に読んで欲しい日記2◆

↓一日一ポチよろしくお願いします
にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ

めも(しょうぶやや良しペコ悪し、乳呑み子1日経ち、たっくんお見合い)

2017年04月02日22:54
しょうぶは子猫のミルクと離乳食食べれました
ペコはササミパウチも残しちゃってほとんど食べてません

乳呑み子は、哺乳瓶で吸えたり吸えなかったり。
シリンジじゅにゅうはヒヤヒヤものだけど、体重が10gずつ増えたので一先ず安心か
写真撮ったけど黒のピント合わねー!


昨夜二時間くらいしか寝てなくて、今日はたっくんお見合い
…うーん…何と言うか、最初メールの印象と違いすぎて戸惑ったのと、たっくん見てのご主人の反応がイマイチ薄い気がしたのですが…
メールの誠実さを信じて内定にしました。



また今からミルク…(-.-)Zzz・・・・


↓ポチっと応援お願いします
にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ

◇ご支援のお願い◇

ねこひと会の保護猫は、NPO法人nekonokoの定期譲渡会Smile Catの定期譲渡会に参加するほか、各保護宅にていつでも面会可能です。

お問い合わせは ねこひと会 yukimomoko55nekohito@gmail.com まで

※里親希望の方必読※【譲渡方針・譲渡の流れ】

【ねこひと会はフォスターペアレントも募集中♪】

*******************************
◆ゆきももこの特に読んで欲しい日記◆
◆ゆきももこの特に読んで欲しい日記2◆

↓一日一ポチよろしくお願いします
にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ

めも(カボが終わる…、しょうぶペコ低空飛行、乳呑み子きた、イギー春だから裸に)

2017年04月01日23:06
乳呑み子ボラのアムちゃんに、しみトモ面白いよと勧められて読み出したコミコだけど、私が読んでいた漫画のしみトモ、おだやかじゃないね、喫茶店、ちよこや、高圧ポメ、ほとんど終わってしまうことになって
特にカボ!が道半ばで打ち切り最終回になるとわかった3月半ばからもうほんと気力がなくなって辛くて、まるで、希望に満ちてこれから社会人としてがんばろう!と思っていた新社会人の息子がふいに事故にでも遭ってやりたかったことが全て不可能になって、それでも悲しさや不安や不満を隠して元気に振る舞おうとしている、そんな姿をただ見ているだけで何もしてあげることが出来ない母親のような悲しさで、
とうとうその最終回が来週に迫ってきていて、もう大袈裟でもなんでもなく本当に気持ちが暗くて、書きたいことがたくさんあったはずの作者さんの気持ちを思うと悲しくて泣いてたんですが、このままの状態で1週間も過ごしたら私は参ってしまうと思って、さっきとうとう初めての課金して来週の先読みをしてしまいました。
読んで、それでますます泣きました。
今も泣きそうです。。
作者さんもカボ達も大好きでした(T_T)
コメ欄の熱烈カボ軍団の中に私と同じくらい本気で悲しんでいる人が何人もいます。
どうしてもどうしても、秋先生にカボの続きを書いて欲しいです(T_T)


と、本当はカボのコメント欄で書きたいんですが、コメントの仕方が未だにわからなくて
この気持ちを一体どうしたら…(T_T)

いい歳のおばさんがと引かれると思うのですが、ゆきももこは漫画が大好きなんです。
猫の事だけがんばってると思って応援して下さってた方をもしがっかりさせたならすみません… (T人T)



猫の方は、それなりにそれどころではなくて、
まず、しょうぶが日に日に良くなくなっていて、今日はほとんどまともに食べれてないので、仕方なくちゅーるをあげました。
ちゅーるだけはまだいくらでも食べれる勢いで食べてくれます。
あとは、好きだった物も本当に舐める程度でやめてしまいます。
点滴を50だけ増やそうかと試みたけど、吸収しなくてやっぱり、200㏄/1日がマックスです。
受診しても仕方ないしな…と思うけど、心の準備のために今の状態を把握しておきたいな
、という気持ちもあるけど、
やっぱりなかなか受け入れがたいと言うか
しょうぶが、かわいすぎて辛い。
最近、私の側を離れないようになりました。


ペコも食べさせる苦労は相変わらずで、毎日メタカム6滴。これで何とか食べれるけど、5滴に減らすともう食べれない。
7滴だとだいぶ食べる気になって催促もあるけど、6滴で食べてるなら出来るだけ量は絞っていきたい。


そんなこんなで猫の事をしなくちゃいけないのに、カボが終わることが悲しすぎてダラダラ怠けていたら、案の定と言うかバチが当たって、夕方から乳呑み子が来てしまいました。
生後約3日が、2ひき
体重は90と100です。

1時間~2時間おきの授乳でたったの2~4㏄飲んでます
なかなか難しいです


ただ、最近元気がなかったしょうぶが、乳呑み子をすごく気にして少し活気が出て授乳の邪魔をします
困るけど嬉しいです


イギーの服がもうみすぼらしいので一昨日脱がせて裸のイギーにしました。
そしたらマヨのイギー虐めがまた激しくなってしまいました。
裸だとムカつくのでしょうか?



もうまたミルクやらなくちゃ…



↓ポチっと応援お願いします
にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ

◇ご支援のお願い◇

ねこひと会の保護猫は、NPO法人nekonokoの定期譲渡会Smile Catの定期譲渡会に参加するほか、各保護宅にていつでも面会可能です。

お問い合わせは ねこひと会 yukimomoko55nekohito@gmail.com まで

※里親希望の方必読※【譲渡方針・譲渡の流れ】

【ねこひと会はフォスターペアレントも募集中♪】

*******************************
◆ゆきももこの特に読んで欲しい日記◆
◆ゆきももこの特に読んで欲しい日記2◆

↓一日一ポチよろしくお願いします
にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ

熊本県センターの2つの事件について

(この日記を読む前に、1つ前と2つ前の日記も見てくださいね。)

私は身近な事でイッパイイッパイなので、手が出せないような話は極力見ないようにしているし、お世話になったボラさん達のお手伝いも全然出来ていません。

でも、先日、マリアさんから熊本県センターによる2つの事件について、熊本県警に意見を送ってくれと言われたので、取り急ぎの意見を送ったのですが、1度見てしまうともうダメで、それからどうにもこの件が気になってたまりません。

結さんに確認したら、この件の署名は今後も無期限で(事件が解決するまで)続けるという事なので、私も書くことにしました。


熊本県は、平成26年からの動物愛護推進10年計画において、

センター引取数 50%減 、譲渡返還率 倍増 という10年後の目標を立てていました。

それなのに収容される以外にも、積極的に捕まえて引き取り数を自ら増やし、譲渡・返還どころか、 職員の判断で勝手に殺したなんて、どうしてそんな事になったのでしょう。

まず、熊本市のセンターやボランティアががんばってもがんばっても収容される動物が一向減らないのは、もはや震災は関係なく、
動物を終生飼養しなくてはいけないという県民の意識が低いからなのです。

収容された動物を安易に殺してしまった職員も、殺処分を減らそうという意識が低いのです。

この件について、
「病気や人に危害を及ぼす恐れのある動物を外に出すのは危険なので間違っていない」という趣旨の発言をした熊本県知事も、同じ程度の認識しかないということなのです。

熊本市センター職員さんと地元ボランティアさん達の業績で「熊本県は殺処分ゼロ」と良いイメージを持たれていましたが、
熊本県の本当の姿は愛護とはほど遠い意識の低さ、ということが明るみになったのが今回の事件なのだと思います。

もしかしたら、

「熊本県のセンターは処分する為の施設だったんでしょ? だったら収容された動物を処分したからって何が問題なの? 県に報告しなかったのはまずいのかもしれないけど…結局処分される運命だったんでしょ?仕方ないんじゃないの?」

なんて思っている人もいるかもしれません。

少し説明をすると、
たしかに、熊本県のセンターは殺処分の為の施設でした。
殺処分ゼロとして有名なのは、県のではなく熊本「市」のセンターのほうなのです。

それが、去年の震災があって、飼い猫が収容されてくる可能性が高くなったため、熊本県は県のセンターのほうでも殺処分停止の措置をとっていました。

そして震災後、東京都では全国自治体に先駆けて、熊本県動物管理センター収容犬猫を引き取り、里親探しをしてきました。

言うまでもなく、 熊本県が収容動物を殺処分するような事態にならないための手助けです。

ねこひと会でも、数匹と小数ながら熊本の被災猫を引き取り、幸せにするために尽力してきました。

ところが、今回明るみになった事件。

その殺処分停止措置期間中にも関わらず、熊本県の動物管理センター職員が県からの許可のない犬猫の殺処分を行った。。
しかも県への報告もせず内々で行ったわけですから、
行政による殺処分とは明らかに違ったもので、県職員による違法な殺処分、動物の虐殺と捉えられると思います。

そして、収容された動物以外にも、敷地内に迷いこんで来た猫を、わざわざ捕獲器で捕らえ、飼い猫の可能性があったにも関わらず、これも内々に殺処分してしまった件。

これももしかしたら、
「センターとか保健所が猫を捕獲して処分するのは当たり前の業務なんじゃないの?」

なんて思っている人もいるかもしれません。

しかし、どんな苦情があっても、行政が外にいる健康な猫を捕獲するという事はありません。
行政が外にいる猫(たとえそれが野良猫だったとしても)をわざわざ捕獲器で捕獲し、殺してしまうなどあってはならない異常な事なのです。

以上の事から、 一連のことは動物の愛護及び管理に関する法律違反と捉えられても仕方ない事なのです。

また 熊本県の動物管理センターでは、全国からの支援金で潤沢な資金が確保されているにも関わらず、収容動物は満足に餌も与えられず、負傷や病気があっても医療措置もとられず放置されるという事が日常的に行われています。

今、熊本県知事が『動物管理センター』の名称を『動物愛護センター』に変え、収容動物の殺処分をゼロにするという理想を掲げて話題になっています。
もちろんその事には賛同しますが

目標実現するためには、知事はまず足元で起きた動物愛護法違反の事柄をきちんと検証しておく必要があるはずです。

ここより転載(犬猫救済の輪活動ブログより)
僕たちだって生きたかった。
僕たちの声になってください。
二度とこのような悲劇がおきないように、
弘済会を告発するように知事にお願いしてください。
知事に、正しく理解していただかなくては、殺処分されてしまいます。


熊本県知事への直行便
https://www.pref.kumamoto.jp/chiji/entry/pub/AnsForm.aspx?c_id=6&entry_ins=1

熊本県知事室 秘書課
電話    096-333-2022
ファックス 096-385-2066
メール   hisyo@pref.kumamoto.lg.jp





↓ポチっと応援お願いします
にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ

◇ご支援のお願い◇

ねこひと会の保護猫は、NPO法人nekonokoの定期譲渡会Smile Catの定期譲渡会に参加するほか、各保護宅にていつでも面会可能です。

お問い合わせは ねこひと会 yukimomoko55nekohito@gmail.com まで

※里親希望の方必読※【譲渡方針・譲渡の流れ】

【ねこひと会はフォスターペアレントも募集中♪】

*******************************
◆ゆきももこの特に読んで欲しい日記◆
◆ゆきももこの特に読んで欲しい日記2◆

↓一日一ポチよろしくお願いします
にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ

熊本 14匹の件 (結さんのブログより転載)

(熊本)地震後の停止期間中に猫14匹殺処分 県発表
大森浩志郎
朝日新聞
2017年2月18日00時45分
 熊本地震後、飼い主からはぐれたペットを処分してしまわないよう、保護された犬や猫の殺処分を県が停止していた期間に、猫14匹が殺処分されていたことがわかった。県が17日、明らかにした。殺処分業務を担う県動物管理センターの運営委託先が県に報告をしていなかったという。

 県は昨年4月の地震後、県内に10ある保健所で保護された犬と猫を「被災ペット」と位置づけ、飼い主のいるペットを誤って処分しないよう、地震前に保護した犬と猫を含めて同年10月末までの殺処分停止を決定。譲渡会を開くなどして個人や動物愛護団体への譲渡を進めていた。

 だが、殺処分停止で収容スペースに限界が生じ、センターの運営を委託されている株式会社熊本県弘済会が昨年7月、人間に危害を加えるような猫を独自の判断で麻酔薬を用いて安楽死させたという。

 県は、収容数の増加に対応するため、昨年夏ごろからコンテナハウスを設置したり車庫や研修施設を活用したりしていたが、7月はそうした環境が整っていなかったという。県の担当者は「申し訳なく思っている」と話した。(大森浩志郎)



☆熊本県被災猫14匹七夕の悲劇 

14匹の叫び

ボクたち14匹は七夕の日に殺された。



新聞報道によると、熊本県動物管理センターは昨年7月,地震後の殺処分停止期間中にもかかわらず被災猫14匹を殺害していました。表向きは殺処分が止まっていると言っていましたが、嘘でした。

このことについて知事は「病気や人に危害を及ぼす恐れのある動物を外に出すのは危険なので間違っていない」という趣旨の発言をして、この殺処分を正当化しました。

犬猫救済の輪・TNR日本動物福祉病院では実際に 人慣れしていない子、病気の子を引き取ってケアしたのち、新しい飼い主様を見つけています。
殺処分ゼロの神奈川県も川崎市も、行政とボランティアが一丸となって譲渡に積極的に取り組んでいるからこそ、殺処分ゼロが続いているのです。

この14匹は本当に殺さなければならないほど危険な猫だったのですか?

殺処分したセンター管理委託会社「熊本県弘済会」は殺処分専門業者だそうですが、その人たちにきちんと猫たちのことを判断できるのでしょうか?

センター長も弘済会社員だそうですが、センター長自ら「動物管理センターは本来譲渡を推進する施設ではない」なんて言っているくらいです。

生かす努力をしたうえでの、やむにやまれぬ殺処分だったと言えるのでしょうか? 

本当に殺処分以外に方法がなかったのか、生かす工夫ができなかったのか、厳しく問いたいと思います。

熊本県が国の方針や他自治体の取り組みを学び、知識を持って業務を行っていたら、こんな安易な殺害は行われなかったと思います。

14匹をきちんと公開して譲渡に努めていれば、ボランティアによって譲渡された猫たちだと思います。
昨年7月の殺処分が知事が言われるように正しい選択だったのか、いい加減な判断による安易な殺害だったのか、はっきりさせるためにこの度知事あてに14匹の詳細を質問をいたしました。


本当にボクたちはそんなに危険な猫だったんだろうか?
狭く冷たいパイプの上で風邪をこじらせ苦しかったのにどうして治療してもらえなかったんだろうか?

ボランテイアさんに引き取られた仲間にはケンカっ早いのも、体が弱っているのもいた。
でも今はみんな 新しい家族が見つかって幸せをつかんだらしい。

ボクたちもボランティアさんのもとで頑張りたかったよ。

熊本県知事さん、ボクたちが殺された理由を教えてください。




(転載元・犬猫救済の輪の活動ブログ)




↓ポチっと応援お願いします
にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ

◇ご支援のお願い◇

ねこひと会の保護猫は、NPO法人nekonokoの定期譲渡会Smile Catの定期譲渡会に参加するほか、各保護宅にていつでも面会可能です。

お問い合わせは ねこひと会 yukimomoko55nekohito@gmail.com まで

※里親希望の方必読※【譲渡方針・譲渡の流れ】

【ねこひと会はフォスターペアレントも募集中♪】

*******************************
◆ゆきももこの特に読んで欲しい日記◆
◆ゆきももこの特に読んで欲しい日記2◆

↓一日一ポチよろしくお願いします
にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ

熊本県 捕獲されて殺された子の件 (結さんのブログより転載)

出遅れ感がありますが、まだ署名集めは続くという事なので、熊本県の動物管理センターのよる一連の事件について、結さんブログを転載します。

ーーーー

(以下、転載)

28年6月熊本県動物管理センターの檻に、各保健所からの収容猫ではない違う特別な印が付けられた猫が入れられていた。

同センター職員Aに尋ねると
A「車庫に仮置きしている支援物資のフードを猫が食い破っていたので捕まえました。」と答えた。
別のスタッフが同じ質問を職員Bにしたところ、
B「車庫の物資を破くから捕獲器で捕まえた。」と答えた。

(7月中旬)に同センターを訪問した際、違う特別な印を付けられた猫がいなくなっていたので、職員Aへ尋ねると
A「殺処分しました。」と答えた。
何故?と問うと、「凶暴だから」と言葉を濁した。
翌日、職員Aに電話をして、猫を捕まえて殺すことは犯罪だと伝えるも、反応が乏しく理解していないように感じた。
センター長は知っているのか尋ねると、「報告した上で処分した。」と答えた。


被災猫が「支援物資フードの袋を破った」という理由で駆除された。
支援物資フードは、被災猫を助けてほしいと支援者が寄付されたものではないでしょうか。
震災で飼い主とはぐれたか、野良猫であったかわかりませんが、とてもおなかが空いていたのでしょう。
彷徨いたどり着いたのが、熊本県動物管理センターの自由に出入りできるガレージのような物資の仮置き場。

支援フードの美味しい匂いに我慢できず、爪を立てて袋を破ってしまった。
その子が食べようとしたのがそんなに悪いことですか?
支援者が被災猫のために送ったフードで、被災猫が殺されることになってしまった。
殺されなければならないほど罪なことをしたのですか?

殺すことはないでしょう。

この哀れな子のことが頭に焼き付いて離れません。
殺して片づける、動物管理センターの業務は「致死処分」だけだと思い込んでいる人たち。

熊本県は抜本的な意識改革が必要です。
これ以上殺させてはいけません。


(転載元・犬猫救済の輪の活動ブログ)



↓ポチっと応援お願いします
にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ

◇ご支援のお願い◇

ねこひと会の保護猫は、NPO法人nekonokoの定期譲渡会Smile Catの定期譲渡会に参加するほか、各保護宅にていつでも面会可能です。

お問い合わせは ねこひと会 yukimomoko55nekohito@gmail.com まで

※里親希望の方必読※【譲渡方針・譲渡の流れ】

【ねこひと会はフォスターペアレントも募集中♪】

*******************************
◆ゆきももこの特に読んで欲しい日記◆
◆ゆきももこの特に読んで欲しい日記2◆

↓一日一ポチよろしくお願いします
にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ

丸投げ以上の負担をかけないで

こういう活動をしていると、色々な相談が来るものですが、ボラ仲間や里親さんなどからではない、全く見ず知らずの人からの相談は本当にいきなり、一方的にやってきます。

もちろん、それも不幸な猫を減らす活動の一環だと思っているので、少しでも助けになるならと、私に出来る限りのアドバイスをしたり、時には実際に現場に行ったり保護を引き受けたりもします。

けれど、いつも不思議で仕方がないのですが、相談者さんというのは、相談するという立場でありながら上から目線の人がとても多いのです。

何か勘違いというか、私達が仕事ででもやっていると思っているからなのでしょうか?
それとも、そもそも赤の他人を頼ろうとする人だから、非常識なのでしょうか?




■実例 1.
【優しくて常識的なこの私が、可哀想な猫の情報を与えてやるから何とかしろ。もちろん私は無関係だから何もしないがな?的な】

ついこの前ですが、こんなメールが来たのです。

(全文そのまま。地名のみ私が伏せ字)

野良猫あげてる年寄がいます。
⚪⚪サービスエリアの所に⚪⚪とか企業が駐車してるところで餌をあげてる方います。
迷惑なので注意した結果聞き入れてくれません。それどころか逆上です。
私は悪くないとか知らんとか。
自分には無理なので何とかしてください



この相談メール、文章はヒドイですが、丸投げ以外の何物でもない強い意思が感じられます(笑)

場所はものすごく遠くです。
私にそこまで行けと?(笑)
状況の説明も不十分だし、何より、自分の名乗りさえありません。
もしかしたら子供なのかな?とも思いましたが、
とりあえず、

迷惑って、どんな風に迷惑になってるのですか?
見ず知らずの人に相談するのに名乗りもないのですか?
名前くらい名乗ってくださいね。
自分は何もしないという丸投げ相談は無責任ですよ?

と返事しました。

もっと優しく言っても良いのですが、優しく言ってあげても無責任な人の無責任さは変わりません。
単にメールが苦手な責任感のある人なら、この程度のお説教で逆ギレすることはありません。

この相談者は案の定、早速キレて速攻で返事が来ました。

(原文まま)
貴方この道で飯を食べてるですよね。
素人とは違うんですよ。
ストレスを他人に当たらない様にしてくださいね
他にあたります。



やれやれ…┐('~`;)┌
最初のメールに書かれていた

「迷惑なので注意した結果聞き入れてくれません。それどころか逆上です。
私は悪くないとか知らんとか。」


というのは、自分自身の事だったのかな?




■実例 2.
【私の相手を迅速に、もっと丁寧にしろ!的な】

相談者さんには、相談している立場でありながら、自分の相手をまずしろ!という要求が強い人が割といます。

この前の相談者さんは、私の指示を聞くという約束はほとんど守ってくれなかったのです。
そのために生じた人間関係のトラブルを、私が裏で苦労して何とか取り持っている間、自分がないがしろにされた気持ちになったようなのです。
それで、色々と質問のメールが何度も来たのですが、何しろその人の相談を受けた為に体力と時間をとられ、なおかつ本当に死ぬか生きるかの緊急な相談を同時に受けたりもしていた時だったので、はっきり言って、何ヵ月先まで答えなくても誰も困らないような質問なんか、やっぱり後回しにしてしまいます。

それでも、待っているだろうと気を使って、取り急ぎの返事を出す事もあったのですが、
それがまた気に入らなかったらしく、あんな短いメールで済ますなんて失礼だ!と。。。

一体ぜんたいあなたは何様ですか?(笑)

その人の相手をしていた間の半端ないストレス…本来なら、ないはずのストレスですよね。
相談以上のストレスをかけないで欲しいです。




実例 3.【保護主の権利を主張するタイプ】

これは、自分で保護出来ないという相談者からの依頼を受ける場合に時々あるのですが、
丸投げした子について何だかんだと情報を要求したり、権利を主張してくるタイプです。

相談者さんから保護を引き受ける場合は、対象猫が本当に保護が必要な子で、かつ、相談者さんが本当に自分で保護を出来ない事情がある場合に限ります。
もちろんその保護を引き受ける場合には、かかる費用は頂くことにしています。

けれど、イメージ5割の相談者さんはお金を出してくれません。
たとえお金を出してもらっても、丸投げ相談は丸投げ相談なので、その後の猫の処遇等については口出し禁止、というお約束にしています。

と言うのも、度を超して保護主気取りで情報を求めたり権利を主張する人が時々いるからなのです。

今どうですか?元気にしていますか? 程度でも、場合によっては負担になる時もあるのですが、
やれ餌はそんなのじゃダメだとかやれあそこの病院に行けだとか、どこのどんな人に里子に出したのかとか、里親の住所氏名を教えろとか…

一番困るのは、せっかく里親さんが決まったのに、やっぱり自分で飼う、その子を保護したのは私なのだから返してくれと、保護主である事を主張。

保護主というのは、ある程度の責任を負う覚悟のある人の事で、何もしないで人に丸投げした人には、そんな権利はありません。

この活動を始めた頃には、この手の相談者さんに連続で当たってしまい、本当に翻弄されて困りました。

今は、上記のようなお約束を事前にしているので、少しは苦労が減りました。

それでも私は、相談者さんの心情を考え、その子がその後どうなったかのご報告は出来るだけするようにしていますけどね。。。



実例 4.
【もはや何が何だか…猫の事関係なく依存?するタイプ】

少し前の相談者さんがそうですが
行き倒れの子猫の保護を依頼してきたのです。
その子の状態は酷く、保護しなければ死んでいたと思うので、相談してくれただけでもありがたかったのですが。。。

1~2ヶ月ほどしてからです。
猫の様子を聞きたがるのではなく、 丸投げした言い訳を長々書いてくるから始まって、
「何か力になりたいので教えてください。」と繰り返すので、少額でもカンパしてくれれば嬉しいし助かります、と答えるとそれは何となくスルー… 。

そのうち、自分の人間関係の苦労や仕事の愚痴なども始まり、
どれも長文で、目を通すだけでも時間をとられます。(深夜です。)

もうこれで最後です、と書かれているのにすぐまたメールが来るんですよね。

翌朝、メールを数えたら一晩に8通も来ていました(*_*)

ゆきももこがいちいち相手をしたから頼られたんじゃないの?と思うかもしれませんが、この時はさすがにスルーしました(^o^;)


あなたの突然の大変な相談を快く受けてくれた相手に、相談以上の負担をかけないで欲しいです。



↓ポチっと応援お願いします
にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ

◇ご支援のお願い◇

ねこひと会の保護猫は、NPO法人nekonokoの定期譲渡会Smile Catの定期譲渡会に参加するほか、各保護宅にていつでも面会可能です。

お問い合わせは ねこひと会 yukimomoko55nekohito@gmail.com まで

※里親希望の方必読※【譲渡方針・譲渡の流れ】

【ねこひと会はフォスターペアレントも募集中♪】

*******************************
◆ゆきももこの特に読んで欲しい日記◆
◆ゆきももこの特に読んで欲しい日記2◆

↓一日一ポチよろしくお願いします
にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ