オト助の食道狭窄とノムちゃん

何人かの方から、オト助の狭窄はビブラマイシンが関係しているのでは?とご心配いただきました。
他にもご心配おかけしていると思うので取り急ぎご報告します。

オト助の狭窄は、ご指摘あったように、たぶんビブラマイシンの投与によるものと思います。
これは実は「なんで~?」という日記を書いている時は、うすうす感じていました。
でも、本当にこんな続けて狭窄の子なんてまさかのまさかという気持ちが強くて。

ビブラは、風邪の時によく処方されるので、外猫で触れない子が風邪の時など、餌やりさん達もよく使うと思います。
症例として上がっていないだけで、けっこう多いのかもしれないです。
それで、野良ちゃんなんかは気が付かれずに死んでいるのかも。。。

私も、鼻水が黄色くなったらいつもビブラ。
オト兄妹たちだって、オト子ちゃんもオト美ちゃんもオト吉も、みんな飲ませていました。

お医者に限らずですが、人って自分の知らないことを聞いても最初は信じませんよね。
うちの先生も私が「ビブラでは?」と言っても半信半疑だったんですが、ラオさんやタナさんが貼ってくれたURL先を見せると、ちょっとその気になり、自分で検索して「ほんとだ!知らなかった!」と。

原因を決定するには早いかもしれないけど、可能性としてビブラ起因と考えるのが一番妥当で、
それなら、ぼやぼやしていないでしかるべき投薬をしないといけないとなって、
昨日から、何種類か調合した内服薬を出してもらって、オト助は順調に投薬できています。

これで効果があるか見て、でも、狭窄した食道は最終的にはやはり外科的処置になるのかもしれません。



*******************************

       皆さまリンクや宣伝よろしくお願いします!!     
       ■ 多頭崩壊現場の猫達の里親さん急募 ■
e0144012_22134477.jpg


◆特に読んで欲しい日記◆

ねこひと会
里親募集中の子達
一時預かり、搬送協力急募です!

にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ にほんブログ村 猫ブログ 猫 里親募集へ
by yukimomoko | 2009-10-17 14:47 | 猫の健康・猫との暮らし