相談者さんの保護猫を移動

2017年12月07日 23:41
今日は、相談者さんが保護した春生まれの中猫を、smile catへ移動

この相談者さんは、猫初心者なのに庭に来る親子猫に餌付けを始め、子猫4匹は自分で保護するということでした。

と言っても春生まれの子猫達はすでに母猫と同じくらい大きくなった中猫。
しかも全く人馴れしていなくて相談者さんも触れないのです。

それを4匹も保護なんて、無茶だからやめときなさいと私が止めたのですが、どうしても保護すると。
挫折するかな?それならそれでリリースさせれば良いか、と思って試しに保護させてみたら、この相談者さん、意外に根性があり、私にさほどストレスをかける事もなく、そこそこの家猫に仕上げてくれました。

とは言ってもまだ触れないし、ご本人もちょっと年配の方なので、このまま猫を残しておけば、数年後には結局私が引き取る羽目になりそうだし…

里親募集しようと思っても、本人はろくな写真が撮れないし、だからといって私が行っても怖がってしまうのでやっぱりろくな写真撮れないし。

どうしたもんかと困っている時に、ちょうどsmile catさんが声をかけてくれて、本当にタイミング良くシェルターの空きが出来たと。

感謝感激雨あられ♪渡りに船とはこの事だね!
それで、まずは2匹お願いする事になりました。

という事で、smile catさんに行くために室内捕獲決行!

訪室すると、猫部屋でまったりコタツに入っていた猫らは、すでに超警戒体制。
まあ、そうだろう。

何しろ今の私は五十肩が酷いので、捕まえられるか自信がなかったのですが、カーテンレールから壁から部屋中逃げ惑う猫を追い詰め、何とか洗濯ネットに入れるまで約30分。
肩が痛くなければもっとスムースに捕まえられたのですが。

相談者さんも一緒にsmile catへ行き、月光さんに爪を切ってもらって、
e0144012_15250823.jpg
e0144012_15253727.jpg

無事ケージイン。
e0144012_15264762.jpg

幸せになれるからね、がんばるんだよ

それにしても、♀の中猫なのに大きい事(; ̄ー ̄A

現場は、バッくんパプリカの所から道一本離れた所なので、あちらの白長毛が洋猫の種を撒きちらして生まれたのかもしれません。
(その♂も今は手術済み)

疲れたけど、今日はそれ以外の用事はなかったので、しばらくぶりに少しゆっくり出来た1日でした。


あと、ご支援の物資がいくつか届きました。
いつも何故か消耗して弱っているタイミングに応援が届きます。
本当に涙が出るくらい嬉しいです。
それに、買い物に行く時間もない時にちょうどなので、ものすごく助かります。


やかまし部屋は、譲渡会の後からまた謎の胃腸炎?が流行っていて、グッタリはしてなくて食欲も全くないわけではないけど、何だか心配な日々です。


リビングからやかまし部屋に移動したしっぽなちゃんは、だいぶリラックスしている時間が増えてきました。



↓ポチっと応援お願いします
にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ

◇ご支援のお願い◇

ねこひと会の保護猫は、NPO法人nekonokoの定期譲渡会Smile Catの定期譲渡会に参加するほか、各保護宅にていつでも面会可能です。

お問い合わせは ねこひと会 yukimomoko55nekohito@gmail.com まで

※里親希望の方必読※【譲渡方針・譲渡の流れ】

【ねこひと会はフォスターペアレントも募集中♪】

*******************************
◆ゆきももこの特に読んで欲しい日記◆
◆ゆきももこの特に読んで欲しい日記2◆

↓一日一ポチよろしくお願いします
にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ

by yukimomoko | 2017-12-07 23:41 | 猫活動・日本の愛護事情