Y公園捕獲めも(スコハウス黒親子)

2018年07月02日23:49
スコハウスのほうで先週見た黒親子、リリースするしかないのかとずっと気になって気になっていたら、ありがたい事にボラが保護してくれると言ってくれて、今日やっとやっと現場に行けました。

スコハウス。。。と言っても、とうとう段ボールハウスは撤去されたのか?しばらく前から敷物だけ敷かれた状況になっていて、まあ、あのハウスが疥癬蔓延の巣になってたから良かったわと思ってましたが、
今日は敷物さえ敷かれていなくて、敷地内はやけにこざっぱりと掃除され、周りはペットボトルがズラリ。

これはもしかしたら、とうとう本当に立ち退きになったのかもしれません。

黒親子は、先週見た時間、同じ場所に姿なし。
でも、捕獲器を仕掛けると、すぐに子猫1匹だけ出てきました。
後ろには母猫らしき大人の黒猫も。

しばらくして、子猫のほうゲット。
案の定、猫風邪と疥癬。
e0144012_17180377.jpg

それから少しして、母猫のほうもゲット。
e0144012_17184967.jpg
こちらはさほど状態悪くなし。
だけど、先週見た時は子猫は2匹だったのに、
捕まった子猫は母猫と一緒にちゃんと出てきたのに、

もう1匹は?どうして母猫や兄弟と一緒に姿見せない?
もしかして、死んじゃったかも。。。

その後も30分くらい張ってみたけど、気配なし。

ああ、、これは本当に手遅れになったのかも。。。と思いながら、ふと路地の奥を見ると、20mくらい先に黒子猫がひとりでいるのを発見!

なんで子猫だけ離れてあんな所に?!と少し思ったけど、とにかく捕獲器を移動。

と、ところが。。。!

子猫の後ろには母猫らしき大人の黒猫が!(・。・;

あれ?じゃあさっきのは、母猫じゃないのか?
まさか、黒親子が二組いるのか?
でもそう言えば、捕まえたほうのは、子育てしている母猫特有のやつれと言うか、哀愁みたいなのがなかったな。。。もしかして♂なのか?

とりあえず、もう1匹の黒子猫もゲット。
e0144012_17202300.jpg

この子も風邪。疥癬は先に捕まえた子よりもかなり酷いです。
そして、先に捕まえた子と比べると、一回り小さいのです。

やはり二組なのか?じゃあ、子猫はあと何匹いるわけ?もう泣きそう( ;∀;)

その後、もう子猫も現れず、もう1匹の母猫らしき黒猫も去ってしまったので、今日は早々に撤退。

子猫達は、病院にお預け。
小さいほうは900g弱、女の子。ほとんど全身に疥癬。
大きいほうは1.2Kg、男の子。かなり暴れる。けっこう手強そう。

母猫なのか♂なのかわからない黒成猫は、別の病院に不妊手術のためお預け。


これでスコハウス付近は、あと♂ぽい若い茶スコ1と、かなり酷い疥癬の若い黒白鉢割れ1、そしてさっき見た黒1。

遊歩道のほうは、例の餌やりに抱っこされる母猫と、その子猫達。先日保護したグレーミックス子猫達の、最後に残してきた黒子猫1。

癌の子の現場のほうも、今にも産みそうな妊婦らしき子がまだ捕れてないのが気になるし、とてもじゃないけど予定が立ちません(T-T)



↓ポチっと応援お願いします
にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ

◇ご支援のお願い◇

ねこひと会の保護猫は、NPO法人nekonokoの定期譲渡会Smile Catの定期譲渡会に参加するほか、各保護宅にていつでも面会可能です。

お問い合わせは ねこひと会 yukimomoko55nekohito@gmail.com まで

※里親希望の方必読※【譲渡方針・譲渡の流れ】

【ねこひと会はフォスターペアレントも募集中♪】

*******************************
◆ゆきももこの特に読んで欲しい日記◆
◆ゆきももこの特に読んで欲しい日記2◆

↓一日一ポチよろしくお願いします
にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ
by yukimomoko | 2018-07-02 23:49 | 猫活動・日本の愛護事情