今日の譲渡会

2019年02月04日00:06
今日の譲渡会は珍しく来客が多かったのですが、1匹の子に人気が集中してしまって、残念ながらねこひと会は成果なし。

でも実は、リンドウちゃんとムクゲちゃんにはお声がかかかったんです。

リンドウちゃんは、エイズキャリアだけど全然元気だし人馴れもばっちり。
むしろ甘えが過ぎて常に不満鳴きがあるので、鳴かれてもイライラしたり無視したりしない人でないと出したくありません。

そんなリンドウちゃんに声をかけてくれたのは、イイ感じの若いご夫婦で、リンドウちゃんの不満鳴きの話をしても嬉しそう。
私も期待で胸が膨らみました。

ところが、さんざん話してから「実は飼いたいのは私達ではなく70の母なんです。。。別居ですけど徒歩1分の所です。」と言うのです。

そういう肝心な話は最初に言って~(´Д`|||)

お住まいを訊ねると、うちからはそこそこ遠方。

リンドウちゃんはまだ若いし遊ぶ時も激しいし、お母さんには少し荷が重いと思いますよ。
近ければフォローも出来ますが、万が一逃がされた時も対応出来ないし、申し訳ないけどたとえ近くても、うちの保護猫は高齢者には絶対に出さないつもりです。
もうあまり遊ばないような落ち着いた猫で、保護主も近所なら或いは見つかるかも。。。そういう子を探してみては?そして、譲渡会にはお母様も一緒に来て頂くほうが良いですよ。

と、話すと、

母は外に出れないので、父だけでも大丈夫ですか?

と言うのです(; ̄ー ̄A

う~ん、、それだと他のボラさんでも(譲渡は)どうかな。。。(; ̄ー ̄A

もう少し考えないとね、と言いながら、若いご夫婦は帰っていかれました。


ムクゲちゃんのほうは、18歳の先住ちゃんがいる若いカップルでした。

彼女さんのほうが2匹目を希望しているようで、ムクゲちゃんは猫と上手くいきますか?と質問がありました。

ムクゲちゃんは猫と上手くやれるし、歳上の子にも可愛がってもらえると思いますが、例えフレンドリーな子でも高齢の猫ちゃんにはかなり負担になるのは間違いないし、下手すると寿命が縮まる可能性はありますよ?

と説明すると、

彼氏さんのほうは元からそれを気にしていたらしく、「ほら、だから言っただろ」と。

私も、先住ちゃんの事を考えると、けして気軽にお試しをオススメする事は出来ません。
そう説明すると、彼氏さんは「ほら、だから言っただろう」と言いながら、彼女さんは肩を落として帰っていかれました。

何も考えず、希望する人にぽんぽん出していれば、とっくに全頭決まっているのかもしれません。
そういう譲渡の仕方をする保護ボラは、実質私よりもたくさんの子を救えるのかもしれません。

でも、私はそういう譲渡は不幸な子をむしろ増やす可能性があると思ってますし、考えが足りずに猫を欲しがる人をご指導するのも保護活動の一環であると思っています。



↓ポチっと応援お願いします
にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ

◇ご支援のお願い◇

ねこひと会の保護猫はいつでも面会可能です。

お問い合わせは ねこひと会 yukimomoko55nekohito@gmail.com まで

※里親希望の方必読※【譲渡方針・譲渡の流れ】

【ねこひと会はフォスターペアレントも募集中♪】

*******************************
◆ゆきももこの特に読んで欲しい日記◆
◆ゆきももこの特に読んで欲しい日記2◆

↓一日一ポチよろしくお願いします
にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ
by yukimomoko | 2019-02-04 00:06 | 【里親探しの話】