ゆきももこの猫夢日記

ブログトップ | ログイン

九ちゃんを応援してね(^0^)/

この子も上野毛で保護された子です。
九ちゃんを応援してね(^0^)/_e0144012_14171835.jpg

現在入院中。
現場に通ってくれてるひろぞうさんとI村さんが捕獲中に見つけました。

ひろぞうさんからのメール↓

(前略)
7/9の夜10時ごろTNRのための捕獲中に上野毛で子猫がピーピー大声で鳴いているのが聞こえてきたので、なんだろうと行ってみると、民家のガレージに右前脚が千切れかかった九ちゃんが車の下におり、急きょ保護しました。痛みがひどくて鳴きわめいていたのでした。脚はぶらんぶらんで、腱一つでどうにかつながっているようなひどい状態でしたが、リンパ液が浸出しているものの血は止まっていました。時間もあまり経っていないのか、蛆もわいていないようでした。タオルをぎゅっと巻いて傷口を固定し、抱きかかえて連れ帰りました。元気もあってさかんに動き回ろうとしていたので、救急病院に連れて行かなくても、とりあえず命に別状はなさそうだと、我が家へ連れ帰りました。その晩は、できるだけ安静にして、食欲もあったので食べさせ、水分を補給し、傷口をできるだけ固定するようにして、一夜を明かしました。
九ちゃんを応援してね(^0^)/_e0144012_14173835.jpg

翌朝、ドクターのアドバイスに従い、傷口の水での洗浄や輸液、抗生剤消炎剤の投与などを行いました。洗浄すると、傷口からは1匹蛆が出てきました。
翌朝、病院へ。7/10の夜、切断手術実施。傷の断面が肉眼でもわかったのですが、スパッときれいに切断されていて、先生も車に轢かれたのではない、何かに挟まれたのかもしれない、とのことでした。この月齢で保護した子としては考えられないほど、非常に人なつこい子なので、素人の勝手な憶測ですが、鋭利な刃物か何かで虐待された可能性も否めないと思います。
白茶で3ヶ月位の男の子、撫でるとゴロゴロ言い、手を舐めてくれます。
3本足にも慣れリハビリを兼ねてケージから開放してあげると、病院内でボールを猛ダッシュで追いかけ回し、元気に走り回っています。
九ちゃんを応援してね(^0^)/_e0144012_14175358.jpg

食欲もあり、食事と排泄はまったく問題なし。室内飼育なら普通に生活できます。傷口が癒えて毛が生えてくるまでにはまだ2-3ヶ月かかるのかもしれませんが、性格の良い子なので、ぜひ良い里親さんを見つけてやりたいと思います。お力を貸していただければ幸いです。(後略)



すごく可愛い子ですよね。
退院後はひろぞうさんが保護してくれるそうですが、ひろぞうさんも私同様他にもたくさん世話しなくてはいけない子がいるので少しでも早く里親さんを見つけたいです。
どうぞよろしくお願いします!
by yukimomoko | 2008-07-31 00:48