追記・つぶやきより

普段思ってる事、って書いたけど、もう8年も前から言ってる…保護しなければ死ぬような子は後先なんか考えなくて良いからすぐに保護して欲しい

それを出来る人は実際にはとても少ないと思う…保護しただけでもよくやったとお礼を言いたい。
逆に、ボラは保護出来なかった人を責めてはいけない。

でもなんでもかんでも保護すりゃ良いってもんじゃない、本当に保護が必要か考えて。
そうでないのにどうしても保護したいなら最後まで投げ出さないで。

関わった人次第で動物の運命は変わる。私が手を出した為に助かった子もいれば苦しませた子もいる。
死なせた子を「仕方ない」では済ませないで欲しいのです。。。


関連日記:【偉い子ちゃんの事と普段思っている【責任】の事】


↓ポチっと応援お願いします
にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ

◇ご支援のお願い◇

ねこひと会の保護猫は、NPO法人nekonoko の定期譲渡会、Smile Catの定期譲渡会に参加するほか、各保護宅にていつでも面会可能です。

お問い合わせは yukimomoko55nekohito@gmail.com まで

※里親希望の方必読※【譲渡方針・譲渡の流れ】


【ねこひと会はフォスターペアレントも募集中♪】


*******************************

◆ゆきももこの特に読んで欲しい日記◆

◆ゆきももこの特に読んで欲しい日記2◆


↓一日一ポチよろしくお願いします
にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ
by yukimomoko | 2014-06-28 23:51 | うちの猫とゆきももこの気持ち

2014年06月28日21:58

助けてちゃん、26日昼の日記投稿の後、急に意識がはっきりして立ち上がり、声なしニャーしてくれたんです
e0144012_18433142.jpg

e0144012_18435219.jpg
e0144012_1844225.jpg
e0144012_18441386.jpg


あら!どちたの!?起きたの?動くの?鳴いてるの?イイコイイコ!
嬉しくてびっくりして、赤ちゃん言葉で話しかけまくって撫でまくりました

体力持てば絶対に乗り切れる!と希望が見えた瞬間でした


でも、15時過ぎから徐々に呼吸が辛そうになり、
これは酸素が必要なのではないか?と、レンタル酸素の手配したり、かかりつけ(本日休診のため)ではない病院に診てもらう準備をしていたら、30分の間にどんどん悪化して

もう断末魔の声を出し始めたので、ああ、もう無理なんだね…よくがんばった…と胸に抱いて撫でてあげました

そうして小さな命は16:35力尽きてしまいました…


助けてちゃん→助かったちゃん→そしてゆくゆくは「めちゃくちゃ悪い子ちゃん」とかなる出世名を夢想していたんですが…みんなにも応援してもらっていたのに…私がもっと上手くやれてたら助かったんじゃないかと…本当に可哀想な事をしました…
力及ばずですみません…

名前は「偉い子ちゃん」になりました
仮名ではなく正式名です

猫はみんな偉いですが、偉い子ちゃんも本当によく頑張って偉い子でした

汚れていた身体をさっききれいにしたら、ふわふわになって、顔も少し安らかになりました。
e0144012_18444946.jpg


可愛いね、偉かったね
e0144012_1845824.jpg



最初シラミでもいたのか、毛が刈られていますが、尻尾や耳の毛が長いので、もしかしたら長毛ミックスのゴージャス猫ちゃんだったのかもしれません

お葬式はいつもの火葬車にしてしまいました。
高いですけど…病院葬に出すのがどうしても嫌で…カンパいただいて活動している身なのに贅沢をしてすみません、大目に見てください

次は元気に生まれてきますように…元気なイメージでひまわりを添えました
e0144012_18465437.jpg


可愛いよ、偉かったよ
e0144012_18471623.jpg


がんばったね、ごめんね…
e0144012_18484142.jpg



最初に保護した人は、目をぐちゃぐちゃにして1匹でいた偉い子ちゃんに出くわして
自分では飼えないのに後先考えずに保護したのだそうです

すぐに知り合いのボラさんに連絡したらしいのですが、そのボラさんは「自分でした事なんだから自分でなんとかするよう責任持つように」と突き放したらしいのです

ボラが多少キツく言いがちになるのは、実際に「ボラなんだから引き受けるの当然でしょ!」と丸投げしようとしたり
「私は保護しただけだし自分の猫じゃないしお金ないし!」と言って責任逃れしようとしたり
それに対してちょっとでもたしなめると「私は自分の出来ることをしただけよ!何が悪いの!?」と逆切れしたりする人が本当にびっくりするくらい多いからなんですけどね…

この時のボラさんは実際はそんなにキツい言い方ではなかったかもしれないですが、保護した人は突き放されたと感じたのでしょう

それから自宅で介護したそうですが、ボラにはもうあまり相談しなかったようです。
一生懸命介護しても経験がないから適切に看れなかったようだし、家族みんなからも「飼えないのにどうするつもりだ」「無責任な」と責められ、自分でも「私は無責任な事をした、飼えないのに保護しちゃだめだったんだ」と自分を責めていたそうです

けれど、私はいつも思うのです
目の前で誰か困っていたら助けたいと思う、助けられずに通り過ぎても、しばらくは「どうなったかな?大丈夫かな?」と気になる

それが人情というものじゃないかと。

だから誰しも、ニュースなどで見も知らぬ人の不幸を見聞きして涙し、胸を痛め、良いニュースには嬉しくなったりほっこりしたりするのです

それが人情というものでしょう?

まして死にそうな命が目の前にあれば、助けたい、なんとかしたいと思うのは当たり前
後先なんか考えていたら助かる命も助からないじゃないですか

私は、行き倒れの子猫を一般の人が保護してくれただけで本当にありがたいと思います

そして、そんな人が困っていたり、悩んでいたりしたら助けてあげるのがボラなんだと思います

「だって私たち猫ボラが助けなきゃ誰が助けるの!?猫ボラしか助ける人いないじゃない!」

これは、すあまとかノンナちゃんとかの現場に行く途中で、私の猫ボラ師匠のマリアさんが言い放った言葉なんですが、私はそれ以来その言葉を私の座右の銘にしてるわけなんです

だから、私が出来ることは限られているけれど、死にそうな命があれば出来るだけのことは全力でやりたい
緊急の相談があれば全力で助けたいと思っています

もちろん最初から丸投げの無責任相談は困りますが…


責任の取り方、なんですが
例え自分で飼えないとしても、後先考えずに保護したとしても
それがイコール無責任なんではないのです
むしろ私は上に書いたように、その勇気を誉めてあげたい、お礼を言いたい

だからみなさんも、もし死にそうな命に出くわしたら、後先考えずどうか保護してあげて下さい

本気で助けたいと思った人には、必ず手助けしてくれる人が見つかるはずなのです。
そして、手助けしてくれる人が見つかったら、それから責任を全うすれば良いのです


偉い子ちゃんとたくさんの小さな仲間達から書いてと言われました(^^;

長い文章読んで下さりありがとうございました。






↓ポチっと応援お願いします
にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ

◇ご支援のお願い◇

ねこひと会の保護猫は、NPO法人nekonoko の定期譲渡会、Smile Catの定期譲渡会に参加するほか、各保護宅にていつでも面会可能です。

お問い合わせは yukimomoko55nekohito@gmail.com まで

※里親希望の方必読※【譲渡方針・譲渡の流れ】


【ねこひと会はフォスターペアレントも募集中♪】


*******************************

◆ゆきももこの特に読んで欲しい日記◆


↓一日一ポチよろしくお願いします
にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ
by yukimomoko | 2014-06-28 21:58 | 虹の橋に。。。