再広報 千葉県「動物保護条例」の制定を求める署名のお願い!
千葉県には、ほぼ全都道府県が定めている「動物の愛護及び管理に関する条例」がありません。

どうしても千葉県に「千葉県「動物保護条例」の制定をしなければいけません。
無関心を関心に替えたくて・・・。
皆様に風を起こしていただければ!と思います。

千葉県の犬猫事情ですが、日本の方なら日本中の方が署名できますので、ぜひご協力をお願いします。
千葉県の犬、猫を助けるために、署名のご協力を再度お願いします。


現知事の堂本暁子知事の在任は今期限りだそうです。
堂本暁子知事の在任中に署名を提出するので
9月いっぱいで締め切るかも!?と「地球生物会議(ALIVE)」さんに聞きました。
今日「地球生物会議(ALIVE)」の方へ集まっている数を確認しました。
3万通ほど集まっていると回答を頂きましたがまだ必要な状況とのことです。
現知事の堂本暁子知事は今期限りだそうです。
堂本暁子知事がおられる間にこの陳情を出すそうです。


首都圏では千葉県のみに動物保護条令がありません

☆千葉県には千葉市と船橋市には条令があります。

千葉県の方はこのことを知っているのかな?

確かに船橋市は地域ねこ活動が盛んです。

千葉市にはさほど感じませんが・・・。

全国の都道府県でこの条令のないのは石川県、佐賀県、長崎県、千葉県のみです。


また、皆様千葉県の行政に気づいてもらう為に「動物保護条令」を作ってもらうことを「千葉日報社」と「 あき子ホットライン - 」へ メールで送ってください。
みなさんの力で行政を動かしましょう!!!

皆様のご協力を宜しくお願いしますm(_ _)mm(_ _)mm(_ _)m

◎「ちばの耳より情報満載 千葉日報ウェブ」
県内の社会問題・事件事故について →http://www.chibanippo.co.jp/contact/

あき子ホットライン -

e-mail  governor@mb.pref.chiba.lg.jp

 ※平成19年4月1日からメールアドレスが上記のとおり変わりました。

http://www.pref.chiba.jp/syozoku/a_hisyo/chiji/hotline/hotline.html




地球生物会議(ALIVE)→http://www.alive-net.net/index.html


条例 ― 地域の動物行政 →http://www.alive-net.net/companion-animal/locallaw/chiba-jourei.html


千葉県に日本一の動物保護条例を! →http://www.alive-net.net/companion-animal/locallaw/chiba-jourei.html


署名用紙をご希望の方は、ALIVEまでご連絡下さい。
署名用紙はダウンロード(PDF)できます。両面でお使いください

署名の趣旨(おもて) (730.6KB)→http://www.alive-net.net/companion-animal/locallaw/Chiba-syomei1.pdf

署名用紙(うら) (405.7KB)→http://www.alive-net.net/companion-animal/locallaw/Chiba-syomei2.pdf

署名用紙 送り先  ■郵便・FAX・電話でお申し込みの場合は…

〒113-0021 東京都文京区本駒込5-18-10-102
TEL:.03-5978-6272 FAX: 03-5978-6273

地球生物会議(ALIVE)宛て



千葉県「動物保護条例」の制定を求める署名
千葉県知事 堂本暁子 様

  千葉県には、ほぼ全都道府県が定めている「動物の愛護及び管理に関する条例」がありません。県では、行政の手で殺処分される犬と猫は1万6800頭(平成17年度)に及び、虐待や劣悪飼育、希少動物の密売、悪質動物業者等、多くの動物問題を抱えています。私たちは、社会の最弱者である動物が保護されるため、行政が実効力のある条例を定め、適切な施策が取られるよう求めます。条例制定の際には下記の項目を入れ、生物多様性に配慮した全国で最も先駆的な条例となるように、要望致します。

1、犬猫に生きる機会を

 千葉県では平成17年度で1万6800頭もの犬と猫が殺処分されています。この数を減少させるために効果的な施策を定める必要があります。まず犬猫の引き取りの際に、飼い主に新たな飼い主探しや不妊去勢をすすめるなどして、できるだけ引き取り数を減らしていくこと、持ち込みの飼い主には動物達の最後を見届けさせるなどして二度と飼育放棄をしないよう促すこと、犬猫の収容期間を延長するともに、一般譲渡を促進すること、譲渡の際は飼い主に十分な説明を行い、譲渡後の経過を把握するなどして再放棄の防止に努めること、動物をゴミ同様に定時定点収集する業務は順次縮小廃止すること等により、犬猫の殺処分数の速やかな減少を図るようにお願い致します。

2、動物取扱業者の規制を厳しく

 県内のペットショップなどで犬や猫の他に国内外のさまざまな野生動物が流通・売買されていますが、その飼育状態や衛生状態はたいへん劣悪で、虐待飼育の状態です。密猟された野鳥を堂々と販売している店さえあります。悪質業者に対しては営業停止措置を含めた厳しい措置をとることができるよう、条例で動物取扱い業者を登録制か許可制とし、予告なしの立ち入り調査を行い、劣悪飼育や虐待に対して厳しい措置がなされるようお願い致します。

3、危険動物の飼育の規制強化を

 危険な野生動物がペットとして売買されていますが、飼育が難しいため、しばしば遺棄され、あるいは逃げ出して生態系に悪影響を及ぼすなどの問題が起こっています。生物多様性確保の観点からも飼養に許可が必要な危険動物(指定動物)の範囲を広げるなどして野生動物の飼育規制をおこなうとともに、飼育の許可条件をより厳しくすること、飼育者には1頭ごとの個体登録を義務付け流通経路を明らかにさせ、動物の入手先、譲渡の場合は譲渡受先、自家繁殖等の別を明記させること、希少動物の場合は、種の保存の観点から適切な保護施設に収容できる体制を設けるようにお願い致します。

4、実験動物施設の届出制、及び情報公開の規定を

 ペットショップやブリーダーの施設から売れ残りの犬や猫が実験施設に売られています。また犬や猫を違法捕獲して動物商や実験施設に売る業者もいます。改正法では実験動物業者は動物取扱業の届出の対象から除外されているため、このような実態が把握できません。また、実験施設では、毒性試験、感染症、放射線、遺伝子組み替えなど一般に多大な影響を及ぼす研究が行われており、たいへん不安です。行政は、少なくともどこにどのような施設が存在するかを把握するために、施設名、所在地、責任者名、動物の種類と数を届け出制とし、住民に知らせるべきと考えます。また、行政においても動物愛護法の精神から、教育や研究機関における実験動物の取り扱いに配慮し動物を使わない方法への啓発普及を促進されるようお願い致します。

5、市民参加の促進を

 千葉県には、動物を安易に捨てる飼い主、動物の習性を無視した虐待飼育、限度を超えた多頭飼育、病気や衰弱の放置などが多いのは、何よりも啓発普及活動の遅れが原因と考えられます。動物愛護法では、都道府県等に動物愛護推進員を置くことができるとしています。動物の習性にあった適切な飼い方や不妊去勢の啓発普及、収容された犬や猫の一般譲渡の促進、動物愛護センターの活用など、どれも熱意ある市民ボランティアの参加が必要不可欠です。市民の動物保護活動を支援するとともに、動物愛護推進員を設置し、かつ広く人材を募るために公募制とするようお願い致します。
# by yukimomoko | 2008-09-01 12:21 | ☆お知らせやお願い
色々なボラさん①餌やりさん
動物ボランティアには犬猫だけではなく色々あるんです。
ウサギ専門、ネズミ専門、野生動物専門・・・。

また、保護ではなく啓蒙専門。
例えば毛皮反対とか、法律を変えよう!とか、実験動物反対!とか。

また、「動物愛護」というより「社会活動」という認識でやっている人。
(ちなみに私はこれのつもりですけど。)

それぞれの立場があり、やれる事も考え方も違います。

猫専だって、色々ありますよね。
まず、個人と団体でだいぶ違うと思います。
個人の人は、個人同士で繋がりのある人もいれば、自分だけでこつこつやるのが好きな人もいる。

猫ボラが他の動物ボラと違うのは、「外の猫」問題があること。
外の猫問題は、猫の愛護事情の大きな足かせになっていて、この
外の猫問題を解決しなければ、殺処分数は減らせないと言っても良いでしょう。

これはとても大きな社会問題なのに、問題の根底が何のか、解決するためにボラが何をしているのかなどが複雑でわかりにくいのです。


猫専ボラの種類を大雑把に分ければ、以下のようになりますね。

1.餌場を持っていて、外の猫の世話をする人(もちろんルールを守ったちゃんとした餌やりさん)
2.餌場以外のTNRを行う人
3.地域猫活動をしている人
4.里親探し・・・①自分では保護しないけど人から預かって里親探しをする人。
          ②自分で保護して里親探し
          ③保護はしないで代理で里親探し

5.保護も里親探しもしていないけど、ネットやイベントなどで啓蒙をしたり行政への働きかけをする人




1~4.は、かぶっている場合もあります。
1~4.のどれかやりながら、5.の啓蒙をする人もいます。
5.は、まったく実践の経験がない人もいれば、昔はやっていたけど今は啓蒙に専念しているという人。


みんなそれぞれなんですよね。
だから一般の人は、ボラだからってすぐに「なんで保護しないの?」とか「保護したら良いのに!」とか言うのはちょっと待って欲しい。

動物の活動は保護がすべてではないんですよ。
それに、ボラだからと言ってみんながみんな行政や警察へ働きかけを行えるわけではありません。

得手不得手は当然あるし、それぞれが色んな事情があって、その中で精一杯やれる事をやっているというのを知って欲しい。


ボラのやっていることを知ってもらい、できる事を協力して欲しい。
問題点を改善するために一緒に考えて欲しい。

そのために、(あくまでも私の視点になりますが、)上記の説明を少しずつしていけたらと思います。


今日はまず、1.の、外の子の世話をしている人達について。

私のようなへたれには絶対にできないので、毎日の餌やりをしている人を私は尊敬しています。

でも、まず、びっくりされるかもしれませんが、餌やりボラさんには、保護・里親探しに対し、否定的な人がわりといます。

里親探しはとても手間がかかるので、単に「時間が無い」と思っている人もいるのかな・・・。
お金も不妊手術をするのより何倍もかかるので、金銭的な理由でやらない人は多いはずです。
何しろ多数匹の面倒を見ている人が多いのですから、保護を諦めざるをえない場合もあるんです。

そういう理由でなしに、里親探し自体に否定的な方もいらっしゃいます。

これは、たぶんですが、過去に里親探しをして不良里親に渡してしまい、悲しい思いをしたとかで、

「ちゃんとした里親を探してあげる自信がない。里親に出してもっと不幸になってしまうより、目の行き届く手元に置いておいたほうが安心だ」という考え方になってしまっている方。
(H賀さんも最初はそうでした。)

こういう方は年配の方が多く、元々昔ながらのやり方(アンケートやお届けなし。条件なし。)で里親探しをした結果なので、ちゃんとした里親さんを代理で見つけてあげて、幸せにしてあげる喜びを知れば、考え方も少し変えてくれます。

けれど、たまにとても頑なで、保護ボランティアに対し「里親探しするなんて!」と、あからさまに毒を吐くような、偏った考え方の人もいらっしゃいます。

そして、餌やりしていない人に対し「餌やりもしてないのよ!」と馬鹿にしたり。

これはもう、思っているだけでなく相手に向かって言うというのは、人間性の問題ですがね^^;

猫が好き、猫が可哀想、という同じ気持ちのはずなのに、微妙な考え方の違いで色々ずれが出てきて、反目しあったり軽蔑しあったりするのは悲しいですね。

もちろん、平行して保護もしている餌やりボラさんはたくさんいます。


餌やりを始めるきっかけもさまざまです。
ほとんどは、単なる猫好きさんが、自宅前や公園、通り道などで見かけた猫に、なんの気なしに餌をあげ・・・から始まります。
あげると喜んで食べる。いつもお腹をすかせている。行くと待っているようになる。
それで、やめられなくなってしまうんですね。
けれど、餌をあげていたら、最初1匹と思っていたのがどんどん増えてきます。
そして、子猫を生んでさらに増えていきます。
行くと、最初は1匹だったのが、20匹も待っているようになる。

どんなにのんきな人でも「これはマズイ!」と思います。

ここで、マズイ!と思って、どうしたら良いか考え、行動に出れば、その人は「無知餌やりさん」から「外の猫のお世話をする餌やりさん」に昇格(?笑)するんです。

反対に、「猫が増えても構わない」「人が迷惑と言っても構わない」「お腹空かせてる子にゴハンあげて何が悪い!」「産まれた子猫が死ぬのは仕方ない」などと思って、何も行動しない人は、迷惑餌やりと呼ばれるのです。

餌やりを始めたきっかけというのは、好きで始めたわけではない人も意外と多くいます。

知り合いに頼まれて・・・と言う人。
餌やりが転居、経済的な事情、健康状態の事情、心理的な事情、などで途中でいなくなったり放棄したりで、飢えた猫を見兼ねて・・・という人。

特にボラは、高齢の餌やりの代わりや、無責任餌やりの代わりで、尻拭い的に餌場が増えていくケースが多くあります。

ですが、一般の方にはこのへんの違いはあまり受け入れてもらえません。
餌やり=すべて迷惑。というのが一般の方の認識ですね。

野良猫の被害を減らし、数を減らすには、餌付けはどうしても必要です。
また、TNR後の餌場の管理・把握をするにも、餌付けは欠かせません。
単に、「生きているから食べさせないと。」という愛護の気持ちだけではないのです。

これはぜひ一般の方達には知って欲しいところです。


それと、愛護初心者の人にもぜひ知っていて欲しい、餌やりボラさんの苦労について。

餌やりボラさんの気持ちというのは、経験していない人にはちょっとわからない辛さと苦労があると思うんです。

雨の日も雪の日も毎日自分を待っている子達。
中には甘えん坊の子もいる。家までついてきそうな勢いの子もいる。
手術が間に合わず生まれた子猫もいる。
でも、保護してあげられない辛さ。
病気の子がいてもなかなか治療までできない場合も。
それはちょっと本当に経験してないとわからない辛さですね。

あと、外の餌やりさんの苦労には、苦情への対応というのがあります。
「ちゃんとした餌やりをしていれば苦情を言う人も減る」というのが、私達が無責任餌やりさんを改心させる時に使う殺し文句なのですが、実際はどんなにちゃんとしても苦情を言う人は言うし、ひどい嫌がらせもあります。
そんな時、手術させる時だけ調子良いことを言っていた行政は何の口添えもしてくれません。

毎日が針のむしろみたいだと思います。

それから、もっとストレスになるのは、猫達が今日も無事に暮らしているかどうかという心配。
外の子はいくら元気でもゴハンをいっぱいもらっていても、いつも死と向かい合わせの生活です。

今日もみんなちゃんと来るだろうか。誰も欠けていないだろうか。
いつも来る子が何日も来ない時の不安と、亡骸を見つけた時の虚しさ、悲しさ。

経験してみないとわからないと思います。

餌やりは猫活動の基本ですね。
年配のボラさんは、すべてそこから始まった。という人がほとんど。
これをしていない人は本当に本当の厳しさってまだわかっていないと、ゆきももこは思うのです。



色々なボラさん②TNRボラさんについてはこちら→
# by yukimomoko | 2008-09-01 11:22 | 猫活動・日本の愛護事情
上野毛~等々力・TNRをした猫達
(※12月15日写真10枚追加で、計74匹分)

ご協力ありがとうございます。
上野毛のTNRの活動収支報告です。
随時追記しているのでご確認ください。

全部載せられないのでTNR済みの子達はここに載せます。

Kさんの手伝いで主にSさん、Iさん、Nさん、Tさんが捕獲・搬送をしてくれています。
写真は現場から届いた順に追加していますが、Nさん、Tさんが普段から記録をとる習慣がないため、撮り忘れた猫もありますのでご了承ください。



e0144012_9141355.jpge0144012_9144199.jpge0144012_914536.jpg




e0144012_9151626.jpge0144012_9154459.jpge0144012_92852.jpg





e0144012_9284479.jpge0144012_9285934.jpge0144012_9291440.jpg




e0144012_9293216.jpge0144012_9294317.jpge0144012_92955100.jpg




e0144012_9301383.jpge0144012_9302535.jpge0144012_93038100.jpg




e0144012_9311151.jpge0144012_9312581.jpge0144012_9342336.jpg




e0144012_9344530.jpge0144012_934593.jpge0144012_935115.jpg




e0144012_9353830.jpge0144012_9355051.jpge0144012_936152.jpg




e0144012_9364693.jpge0144012_9365958.jpge0144012_937925.jpg




e0144012_9372861.jpge0144012_9374093.jpge0144012_9375770.jpg





e0144012_959518.jpge0144012_9593995.jpge0144012_10113782.jpg




e0144012_1012488.jpge0144012_10123822.jpge0144012_1013061.jpg




e0144012_10131022.jpge0144012_10132565.jpge0144012_10134520.jpg




e0144012_1013567.jpge0144012_17393662.jpge0144012_17395230.jpg




e0144012_1740887.jpge0144012_17495516.jpge0144012_15143198.jpg




e0144012_15183169.jpge0144012_0351180.jpge0144012_0353068.jpg




e0144012_035572.jpge0144012_0363289.jpge0144012_1213556.jpg




e0144012_122713.jpge0144012_1222755.jpge0144012_1224778.jpg





e0144012_1242158.jpge0144012_124405.jpge0144012_124840.jpg






e0144012_1243617.jpge0144012_1253032.jpge0144012_1254766.jpg






e0144012_1261263.jpge0144012_20193891.jpge0144012_20195246.jpg





e0144012_20201315.jpge0144012_20205141.jpge0144012_12341567.jpg






e0144012_12343749.jpge0144012_12345343.jpge0144012_1235196.jpg





e0144012_12354923.jpge0144012_12361668.jpg






*****************************

※※都内で虐待・里親詐欺※※
里親探し中の方はくれぐれもお気をつけください。

◆特に読んで欲しい日記◆

旧・ゆきももこの猫夢日記はこちら

ねこひと会里親募集中の子達
# by yukimomoko | 2008-08-31 18:06
豪雨の被害
ここ最近の集中豪雨。
去年もお手伝いにいったホームレスのおっちゃん達、心配してたんですが、やっぱりかなり被害が出てるみたいで。
去年の事があるから猫は大丈夫みたいなんですが、フードが全部水浸しだか流されただか、詳細はまだわかりません。
おっちゃん達の服もどろどろのびしょびしょなので着る物と、猫のフードも一緒にSさんが配ってきます。
私もちょっとだけ手伝ってきます。


去年の多摩川フォト (ミクシイ入ってない方見れなくてすみませんすみません><)

2007台風9号の被害

台風9号から一ヵ月後

多摩川猫ハウス


*****************************

上野毛の猫達も悪天候の中がんばっています。
e0144012_975150.jpg


九ちゃん、再手術の経過もよく元気に遊んでいます。
e0144012_962913.jpg


九ちゃんとその仲間達を応援してください!
どうかよろしくお願いします!

*****************************

※※都内で虐待・里親詐欺※※
里親探し中の方はくれぐれもお気をつけください。

◆特に読んで欲しい日記◆

旧・ゆきももこの猫夢日記はこちら

ねこひと会里親募集中の子達
# by yukimomoko | 2008-08-30 11:33 | 猫活動・日本の愛護事情
綿菓子ちゃんやりたい放題
障子貼り直したばかりなのに一日で(T▽T)
e0144012_16191054.jpg
e0144012_16192173.jpg


食卓にも当然のように乗ってる綿菓子ちゃん。
e0144012_16215015.jpg


里親さん募集中です^0^/

*****************************

上野毛のTNRへのご支援を集めています。
九ちゃんとその仲間達を応援してください!
どうかよろしくお願いします!

*****************************

※※都内で虐待・里親詐欺※※
里親探し中の方はくれぐれもお気をつけください。

◆特に読んで欲しい日記◆

旧・ゆきももこの猫夢日記はこちら

ねこひと会里親募集中の子達
# by yukimomoko | 2008-08-23 01:55
上野毛~等々力のTNRと保護の活動収支報告
上野毛~等々力の現場で保護された子達、TNRされた子達に関する報告ですが、当初カンパを集めるつもりでなかったためと、主に動いている現場のKさん、Tさん、Nさん達が多忙なため、一部は正確な金額が出せていません。特に子猫の保護~里子出しにまでかかる費用は、Tさん、Kさんに確認したゆきももこの推定で書かせてもらっていますが、実際よりも確実に少ないであろうと思います。その点ご了承ください。
また、捕獲に必要な餌付けのための餌、一晩に何十缶もの缶詰代は含まれていません。

*****************************
上野毛~等々力のTNRへのご支援を集めています。
e0144012_14592193.jpg

九ちゃんとその仲間達を応援してください!
どうかよろしくお願いします!

e0144012_15424090.jpge0144012_15434163.jpge0144012_1544534.jpg







【※12月24日更新】

2008/6/3 子猫3匹保護(里親決定)医療費 約33900e0144012_14542819.jpg
e0144012_14552994.jpg







2008/6/4 メス1匹TNR 11295
    子猫3匹保護(麦わら達里親決定)医療費 約43800
e0144012_16542636.jpg

2008/6/18 メス2匹TNR 21840
     メス3匹TNR 33885

2008/6/19 子猫4匹保護(里親決定) 約47200

2008/6/20 子猫2匹保護(ウルルとサララ) 約27600e0144012_16553577.jpg
    メス1匹オス3匹TNR 38880

2008/6/23 オス4匹TNR 24780
    メス1匹TNR 11295

2008/6/26 メス2匹オス3匹TNR 35175

6/24+7/4 子猫1匹保護(里親決定) 9630
    メス1匹TNR 11295
     子猫3匹保護 約33900

2008/7/6  オス2匹TNR(含・消炎剤注射1本) 17730e0144012_16591648.jpg
e0144012_16593248.jpg











2008/7/7   オス1匹TNR 6195
         メス1匹TNR 11295

2008/7/9  オス2匹TNR 12390
     子猫1匹保護(九ちゃん)e0144012_1733970.jpg

2008/7/11 オス4匹TNR 24780

2008/7/12 メス1匹TNR 13295

2008/7/14 子猫3匹保護 約35900
    子猫2匹(綿菓子達)16000

2008/7/17 深夜搬送費   2060
e0144012_17494824.jpg
2008/7/19 メス1匹TNR 13100

2008/7/20 オス2匹TNR 12390
    メス1匹TNR 11000

2008/7/21 メス3匹TNR  33000
    オス1匹TNR  9195
     記録用写真プリント代 750

2008/7/23 メス2匹TNR 22000

2008/7/24 子猫1匹保護(ニーヨ里親決定) 5040
e0144012_17252030.jpg


2008/7/25 メス2匹TNR 22590

2008/7/26 オス1匹TNR 6195

2008/7/29 メス1匹TNR 11295

2008/8/4 メス1匹TNR 11295

2008/8/15 九ちゃん再手術
         術後の経過良好
e0144012_1724345.jpge0144012_17245155.jpg







2008/8/16 オス中猫1匹事故死通報あり回収e0144012_17115259.jpg







2008/8/18 オス(コッコちゃん)1匹怪我にて保護e0144012_17345953.jpge0144012_17351592.jpg








2008/8/20 子猫3匹行き倒れの通報あり1匹のみ遺体回収。約3ヶ月齢。残り不明。

2008/8/25 一部住民(マンション組合)と餌やり・カンパについての協力要請(今後話し合い続行予定)

2008/9/12 綿菓子ちゃんトライアル

2008/9/15 メス1匹TNR  9450 

2008/9/17 メス2匹TNR 18900 

2008/9/20 九ちゃん退院里親さん決定 

2008/9/22 綿菓子ちゃん正式譲渡

2008/9/25 コッコちゃん退院 関節固定、骨折処置、入院約一ヶ月 110000

2008/9/28 サララちゃん里親決定e0144012_442742.jpg

2008/9/29 中猫1匹(葉太くん)保護→去勢・ウィルス検査・駆虫 11000

2008/10/1 オス1匹TNR4250



2008/10/2  メス2匹TNR18900
           子猫3匹保護18000→里親決定

2008/10/3  コッコちゃん里親決定
          メス2匹TNR18900

2008/10/4  メス2匹TNR18900

2008/10/10 メス3匹TNR28350
          
2008/10/11 葉太くん里親決定e0144012_4481475.jpg

20081016 メス2匹TNR18900

2008/10/17 メス2匹TNR18900

2008/11/12 オス1メス1匹TNR13700

2008/11/14 a href="http://yukimomoko.exblog.jp/9089111/" target="_blank">子猫1匹保護(もぐたん)< 8000

2008/11/17 オス1メス1匹TNR13700

2008/11/19 オス1メス2匹TNR23150

2008/11/25 病気猫1匹(にゃんにゃん)保護治療8000

2008/11/27 メス2匹TNR18900

2008/11/28 オス1メス3匹TNR32600

2008/11/29 オス1メス1匹TNR13700

2008/12/12 もぐたん里親決定

2008/12/13 中猫1匹保護(ウサ美ちゃん)
          不妊手術ウィルス検査ワクチン駆虫15450

2008/12/30 ウサ美ちゃん里親決定
 




その他捕獲の猫達

計 TNR  79匹分  678590
    保護猫 31匹分医療費 423420
    雑費 3150


【支出合計 1105160円】



★★ご支援★★

2008/6/20 地元住民の方より  11000円

2008/7/2   同上         50000円   

(ゆうちょ)
2008/8/5 UH様 3000円
2008/8/6 KR様 5000円
2008/8/11 KM様 15000円
YT様 2000円
2008/8/20 AT様 2000円
SR様 10000円
2008/8/21 YY様 3000円
2008/8/22 MM様 6000円  

107000

(ねこひと会口座)
2008/8/4 SA様             3000円
         ST様             5000円
     ソトネコネット様 5000円
2008/8/8 HN様         10000円
      KA様         1000円
2008/8/11 FK様        10000円
      SF様        3000円
      コアサ様 20000円
2008/8/12 KA様  2000円
SA様 3000円
2008/8/13 MH様  2000円
2008/8/18 OM様 10000円
TT様 7000円
2008/8/20 MA様 5000円
2008/8/22 KY様 5000円  200000 

2008/8/25 NR様             20000円
         MR様            20000円
2008/8/26 I 様               2000円
         WK様            10000円
2008/8/28 OM様            14000円
2008/9/1 シャンマオ様          3000円
          YY様              3000円
          MM様            10000円
2008/10/2   YI様             3000円
2008/10/27 WM様           10000円
2008/10/30 MM様           10000円


          
    【ご支援合計 305000円 】



   【差し引き残高 -800160円】




※※12月31日追記※※
12月31日にて上野毛~中町のカンパ募集は打ち切りました。
なお、現場での活動は今後も続けていきますが、私自身も時間がないため活動報告も合わせて打ち切りたいと思います。
この件でのご質問、ご支援のお問い合わせ等ありましたら、下記アドレスへメールをください。

yukimomoko55nekohito@gmail.com

たくさんのご支援とご協力本当にありがとうございました。




上野毛・中町の猫達

ミクシイフォトアルバム(ミクシイ見れない方はごめんなさい)


*****************************

※※都内で虐待・里親詐欺※※
里親探し中の方はくれぐれもお気をつけください。

◆特に読んで欲しい日記◆

旧・ゆきももこの猫夢日記はこちら

ねこひと会里親募集中の子達
# by yukimomoko | 2008-08-22 15:12
遊ぶつくし2
ピンクのふわふわボールで遊ぶつくし。
e0144012_1942347.jpg
e0144012_1943453.jpg


ちょっとキモい寝姿。(特に下半身に注目)
e0144012_1944717.jpg


最近トイレに住んでます。何とかいう妖怪みたい(笑)


普通に遊んでいるだけなのに普通以上におばかに見える可愛いつくしの里親さん募集中です~!
# by yukimomoko | 2008-08-21 19:11
イズミちゃんリハビリ中
虐待されていたワンコの日記のイズミちゃん。

犬ボラさんにケアしてもらっています。
e0144012_1905182.jpg

今はこんなにお腹見せてゴロゴロしているそうです^^

あと少しで里親募集できそうだ言っていました^^v


*****************************

上野毛のTNRへのご支援を集めています。
九ちゃんとその仲間達を応援してください!
どうかよろしくお願いします!

*****************************

※※都内で虐待・里親詐欺※※
里親探し中の方はくれぐれもお気をつけください。

◆特に読んで欲しい日記◆

旧・ゆきももこの猫夢日記はこちら

ねこひと会里親募集中の子達
# by yukimomoko | 2008-08-20 15:22 | 猫活動・日本の愛護事情
ウルルとサララお試し飼いへ
8月16日

シャーシャー兄妹のウルルとサララちゃん、やっとお届けしてきました。
がんばって馴れて幸せになってもらいたいです。
e0144012_18584645.jpg
e0144012_18585962.jpg



ウルルとサララは九ちゃんと同じ上野毛の現場で保護されました。

上野毛のTNRへのご支援を集めています。
九ちゃんとその仲間達を応援してください!
どうかよろしくお願いします!


*****************************

※※都内で虐待・里親詐欺※※
里親探し中の方はくれぐれもお気をつけください。

◆特に読んで欲しい日記◆

旧・ゆきももこの猫夢日記はこちら

ねこひと会里親募集中の子達
# by yukimomoko | 2008-08-18 15:22
嘘、隠し事をして猫を譲受するということ(長文ですがどうか全部読んでください。)
保護猫を里子に出してから、こちらの希望で返してもらう事があります。
私も、一昨年一度ありました。
里親さんは事前に聞いていた話と違い、病気が重くとても普通の生活ができていませんでした。
夫がフォローするという話でしたが、夫の仕事中、ほとんど寝たきりの奥さんには小さな子猫達の世話はとても無理でした。
また、飼育経験にも嘘があり、ほんの数ヶ月前に子猫を飼育放棄していたことがあとでわかりました。

返してと言われて里親さんは嫌がりました。
「どうしてもだめですか?この子がいないと生きていけない」
電話の向こうで泣かれましたがでも私は引き下がりませんでした。

本当は里親さん夫婦はとても良い方達だったのだと思いますよ。
私も一度は決めた方達ですから・・・。
里親さん夫婦は泣きながら子猫達を戻しに来てくれました。
飼育放棄した子猫がいたことに私は触れませんでしたので私が知ってしまったことには気が付いていませんでした。
触れなかったのは、見抜けなかった自分にも落ち度があると思ったからです。
自分のふがいなさが里親さんを傷つけたし猫に辛い思いをさせたと思ったからです。
その場でも泣かれ罵られ私は土下座してお見舞い金を渡して子猫を無事に取り戻しました。
でももしこの夫婦が逆切れしていたら私は言ったでしょう。
【嘘や隠し事をされなかったらあなたに渡しはしなかった。】と。

たった3日で2匹は劇痩せしておりその後もひどい下痢で入院しました。
まだ一ヶ月齢くらいでしたので、一日遅れていたら手遅れになっていたかもしれない。
取り返してよかった。
今でもそう思います。
この子猫達はその後里親さんが見つかりました。

知り合いのボラさんでも、つい最近同じようなことがありました。
返してと言われ、紹介した人は激怒し、繰り返し言いました。
「あの人はとても優秀な方です!」
里親さんは泣き叫んで、周りも元親ボラを責め立てました。
でも元親さんはいくら泣かれても責められても取り返さないといけないけなかったのです。
あの里親さんの元では小さい子猫はやはり死んでいたかもしれません。
優秀なだけでは儚い命を無事に育てることはできません。
この元親さんも取り戻しに際して相手にお金を包んでいます。

こういったトラブルの時、猫ボラ様はそんなに偉いのかという悪態をつかれることもしばしばあります。
もちろん、こちらにも不備があったから間違った譲渡(仮でも)をしてしまった責任と罪はあります。

でも聞かされていた事が事実と違い。それが猫の命に関わるかもしれないと感じた時は、どんなに相手に泣かれようと激昂されようと、猫は取り戻させていただきます。
その時に人間へ同情していたら取り返しのつかないことになってしまいます。
取り戻すのは命に関わるかもと判断した場合がほとんどです。

猫の命と人の心。
単に欲しかった猫がもらえない、猫が欲しくてたまらないのに断られる失望感、やっともらえたと喜んで世話していた子をまた奪われるショック、そういった類の「人の心の傷」と、失ったら取り戻せない「法で十分に守られていない小さな命」とを比べたら、私はどう言われようと猫の命が優先ですし、またその考えが間違っているとも思いません。

けれど、取り返せた場合は幸運です。
誓約書があっても取り戻せない場合もあります。
また、取り戻しても手遅れになる場合もあります。

ねこひと会のメンバー、タナさんのブログをご覧ください。
タナさんが、「幸せになるんだよ。里親さん、どうかよろしくお願いします。」と託したリクとコタは亡くなりました。

私は強く言いたい。
猫に限らず動物を育てるのはただ「好き」「欲しい」だけではだめなんだと。
それを自覚してもらうためにも里親募集は色々な質問をさせてもらい適切な飼育ができる人か、またその猫がそのおうちに合っているかどうかを判断させていただくのは【絶対に必要】だと。

私達が里親さん候補に色々と質問するのは、猫も人も幸せになれるかどうかを判断するためです。
興味本位でも個人情報集めでもありません。
こんな事まで聞くの?と思われるかもしれませんが、最小限の確認をさせていただきます。

もちろん、メールだけでなく直接お話しその結果、「この人ならこの子を幸せにしてくれる」と信じて託すのです。
審査は厳しいほうですが、「条件よりも人柄」に重きを置いて選びたいという思いから、譲渡前の交流は慎重に、でも心からの信頼を持ってさせていただいています。
その交流を「かけひき」と表現した方もいましたが、そんな悲しい言葉ではなく人と人との心の交流です。

でも、その段階で嘘をつかれたり隠し事をされてはどうしようもありません。

リクとコタの里親Aさんはカップルでの申し込みでした。
先住猫が3匹いるのに子猫2匹と成猫1匹を希望されました。
彼女が体が弱く子供を産めないので、猫をわが子として可愛がりたいとの話でしたが、6匹は多すぎる事を伝えるとそれ以上増やさないと約束したので、子猫だけ譲渡することにしたそうです。

病気の人や同棲カップルを条件だけで差別したくない、質問時に口ごもるなど多少感じた違和感も「病気からくるもの?」と思おうとしたタナさんの善意が仇になりました。

リクコタが亡くなってタナさんは冷静になろうと努めているのが痛々しいほどでしたが、実際はやはり信じて裏切られた事と2匹の死のショックでかなり混乱していました。
私自身も2匹の死の報せの時に、タナさんに何を言ってあげたのか覚えていません。
一度電話を切った後であっ!と思い、相手に2匹の死は報せないようにとメールを入れました。
何故なら、こういうケースでよくありがちなんですが、相手が2匹の死を知れば、タナさんが猫を奪って死なせたと言うだろうと考えたからです。
それから、可哀想な子猫達の遺体の解剖をするほうが良いと話しました。
解剖についてはタナさんのほうが積極的で、「このままでは気持ちが整理できないから死因はなんとしても調べたい。」と。
また私はこの件で「嘘をついて里親になっても罪にならない」と思っている人達への警告の意味でも訴えて欲しいと思いましたが、それがどんなに辛く大変なことか想像できるので私からはタナさんに強く言えません。
でもこれもタナさんのほうが積極的に「法で裁けるならそうしたい」と言ってくれました。

Aさんははどう贔屓目に見ても適切な飼育ができているとは言えない状態。

リクとコタに関しては、お届け直後で怯えている2匹を、タナさんから「しばらくケージに入れておいて下さいね。」と言われていたにも関わらず、その夜から開放し、それからもうどこに隠れたか捜しもせずに放置していたと思われます。
そうでなければもう4ヶ月齡の健康だった子が車で1時間弱移動しただけで死ぬでしょうか。しかも2匹共・・・。

他から集めた子猫がいましたが、そちらは怖がりでないらしく姿が確認できたそうです。
その子達はいったいこれからどうなるのか・・・・。
かろうじて世話はできても、済的にも無理があるので不妊手術をするかどうかも疑問でした。
しなければ一年後には50匹になってしまいます。
けれどその猫達を私達が奪う権利はもちろんありません。
他、行政からの行使力もありません。

2匹の遺体を解剖すれば死因は特定できたと思います。
そうすれば相手の行為が「飼育放棄(ネグレクト)」という虐待として咎める事ができるはず。
ほかの子の所有権をこちらに渡させて、保護することができるかもと思いました。

けれどその夜わかったのですが、解剖が諸事情でできなかった事。
それと、混乱していたタナさんは相手にすぐ連絡し2匹の死を告げていました。
案の定、Aさんは子猫が死んだと聞かされて悲しむよりも一切の謝罪も悔恨の言葉もなく、

「うちでは元気だった。食欲も旺盛だった。」(←リクコタは天袋の隅に兄妹一緒に怯えて潜んでいたそうです。Aさんはどこにいるかもわからない状態で放置していたので元気も食欲も確かめているはずがありません。)、
「あなた方が取り返す時に乱暴にしたから死んだんじゃないの?」(←怯えていたので天袋から出す時かなり暴れたようです。)
と、こちらにだけ非があるように言いました。

そこまで言われては穏便に話を済ませたいと思っているタナさんも黙っておられず
「あなたのした事は詐欺ですよ?反省していただけないなら裁判に訴える事だってできるんですよ?」というような事を言ったそうです。

するとAさんはいっそう逆上して
「嘘はついたが詐欺ではない!どうして嘘をついたかって?嘘をつかないともらえないじゃないか!本当の事を言ったらくれたのか?」
「詐欺だって!?逆にそっちが恐喝罪だろう!裁判をやって裁くと里親を脅す団体!こんな愛護団体聞いた事無い!差別だ!人権侵害だ!虐待団体だ!」
とまさによくあるパターンの愛護批判です。

私が、間が悪い事に金土日と体調を崩し、タナさんが心配でしたが思うように体が動きませんでした。
電話は毎日ありましたが、かなり参っているようで心配でした。
「みんな一度はこういう経験をするんだよ。」とか「タナさんは悪くないよ。」とか「これを悲しい悔しいだけの事で済まさないで学んでいこう」とか、どんな言葉も慰めにはならないし虚しいだけだとわかっています。

タナさんは自分を責めていました。
私も、問い合わせの時点から色々アドバイスをしていたので責任を感じていました。
私がもっと口うるさく言っていれば・・・。

その後も、私が知らない間に何通かメールのやり取りをしていたので、今はお互い何を話しても話し合いになるはずがないし里親宅にいる猫達も心配だし、弁護士さんに相談するまでとにかくもう相手との交流はやめるようにしてもらいました。

リクとコタのためにも、タナさんが前に進んでいくためにも、里親Aさんがむやみに集めたであろう猫達を何とか救うために手を打っていました。
裁判も起こす覚悟で弁護士さんとの面接も決めていました。

ところが、弁護士に相談に行くという日に、Aさんから急に謝罪と、猫達の保護依頼がありました。
世話をできないのにたくさん集めたことを反省している、亡くなった子猫にも申し訳ないことをした、と。
けれど、嘘をついたことでどれだけの事が起きたのか、本当にわかって反省してくれているのかは疑問です。
私もAさんと話をしましたが、ただ漠然と「大変なことになった」。と感じているだけのようでした。
引き取った子達について「元気で良い子にしていますよ」と伝えると「ああ、良かった・・・。」と言ったのが救いです。

とにかくそれで急遽、Aさん宅から保護してきた6匹。
色々なボラさんに協力してもらい、3匹はタナ宅、3匹はなな猫宅へと落ち着きました。

この子達のうち3匹はAさんがセンターから引き出した子です。
残りの3匹の元親は、「一度くらい産ませよう♪」と安易に自家繁殖した人で、もう自分では飼えないのでと全権を私達に委任してきました。

この日記を書くに当たり、元里親のAさんには、Aさんからタナさんへ対して発した言動などを使わせてもらうことを承諾してもらっています。
これはAさんを糾弾するための日記ではないので。
ただ、これを読んで里親候補の方、里親探しをしている方、またAさん自身も、いろいろと真剣に考えて欲しいという思いです。


亡くなった小さな命に合掌・・・。


*****************************

※※都内で虐待・里親詐欺※※
里親探し中の方はくれぐれもお気をつけください。

◆特に読んで欲しい日記◆

旧・ゆきももこの猫夢日記はこちら

ねこひと会里親募集中の子達

活動へのご支援をお願いします!ねこひと会 ご寄付のお願い
# by yukimomoko | 2008-08-17 19:15 | 猫活動・日本の愛護事情
  

~ゆきももこの活動日記 - 里親さん募集中 - ねこひと会
by yukimomoko
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
検索

サポーター募集中!


【終了】里親さん急募!


ペットのおうち
ペットのおうち

いつでも里親募集中
以前の記事
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 01月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 06月
2005年 05月
最新のトラックバック
里親会&写真展のお知らせ
from おっとりおとなネコ里親募集
※ 被災動物の安否確認サ..
from ETERNAL×PACE ~..
被災動物への支援
from MADAM-ZOO [別館]..
【猫吉散歩】~秋のドライ..
from 【猫吉日記】
ペット税について:ペット..
from TokyoianBlog
世田谷の猫「ソラ」ちゃん..
from 猫まっしぐらなスピ♪ライフコ..
警戒されてるわ~
from 里親募集中の猫さんの預かり日記
01/24 譲渡会@中目黒
from MADAM-ZOO [別館]..
何もできないって言葉
from ねこ☆にゃらーず
1月24日開催
from 里親さん募集中【保護猫日記】
ブログジャンル
猫
ボランティア